February 09, 2009

ストック

2月9日、
きょうは風もなく、おだやかな日差しです。
2月の陽を浴びて、卓上のストックが・・。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)

20080207_sutokku_09227.JPG

独特の香りがありますね・・。

20080207_sutokku_09215.JPG

ナノハナやハボタンアリッサムと同様、
アブラナ科の植物です。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 02:23 PM | コメント (0)

January 30, 2009

雪女王

1月30日、
きょうは鈍よりした空ですね。
午後から雨になるそうです。
乾燥しきっているので、ちょうど良いかも・・。

きょうは植物園の温室にあった「雪女王」という
アロエの一種をお届けします。
こんな花が咲いていました↓

(写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
20081206_雪女王_00696.JPG

アロエ・アルビフローラという学名のようです。
マダガスカル原産のユリ科の多肉植物です。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 11:02 AM | コメント (0)

January 21, 2009

アリッサム

1月21日、
きょうは午後からお天気がくずれるとか・・?

寄せ植えによく使われる「アリッサム」をお届けします。
ニワナズナ(庭なずな)という別名の他、甘い香りがあるので
「スイート・アリッサム」とも呼ばれます。 
地中海沿岸原産です。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
20090104_arissamu_01360.JPG

草丈10センチ程の小さな花をいっぱい咲かせ、カーペット状に
広がります。
鉢やプランターやグランドカバーに植えられます。
花期がたいへん長く、1月~6月くらいまで咲いています。 
花色は白の他、桃、赤紫もあります。
4 枚の花びらが特徴のアブラナ科の植物です。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 08:35 AM | コメント (8)

January 15, 2009

ジャノメエリカ

1月15日、
きのう、ベランダにあったシコンノボタンが、
この寒いのに蕾を付けていたので部屋に入れたら、
今朝、花を開きかけました。

きょうは、「ジャノメエリカ」をお届けします。
「蛇の目エリカ 」と書きます。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
20090104_jyanomeerika_01366.JPG

雄しべの黒色の葯が蛇の目のようだということで、
名付けられました。
南アフリカ原産の常緑低木です。

20090104_jyanomeerika_01368.JPG

小さな釣り鐘型のピンクの花で、雄しべの黒色が特徴で、
黒蕊(しべ)エリカとも言われるそうです。

20090104_jyanomeerika_01369.JPG

ツツジ科の植物です。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 08:34 AM | コメント (6)

January 13, 2009

コトネアスター

1月13日、
きのうの18時過ぎ、大きな大きな満月のようなお月さまが
見えました~うっとり・・。
それにしても、きのうも寒かったですが、きょうもとても寒いです。
こちらも雪雲が見え、あっという間に雪が舞ってきて、一時は
吹雪状態に・・(→o←)ゞあちゃー!
外に干した洗濯物をあわてて部屋へと取り入れました。ふ~(^_^;;)。
いつもより暖房を強くしているのに、まだ、寒いよぉ。

さて、きょうは・・まだ実が残っていた「コトネアスター」をお届けします。
(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
20090104_kotoneasuta-_01453.JPG
 
コトネアスターのオータムファイヤーかな?

20090104_kotoneasuta-_01456.JPG

中国原産で、日本には明治初めに渡来したそうです。
高さ1メートル程の低木で、小枝が弓状に曲がり、横に這うように
広がる性質があるので、壁や段差のある場所などに垂らしたり、
グランドカバーにも利用されます。

20090104_kotoneasuta-_01458.JPG

バラ科の植物です。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 10:20 AM | コメント (8)

January 10, 2009

ギョリュウバイ

1月10日、
きのうの冷たい雨があがり、きょうはいいお天気ですが、
風が出ていて寒いですね。
部屋の中の根茎性ベゴニアのアンバー・グロー
数日前から花が付いています。

さて、きょうは、この地方は暖地なので、冬でも戸外で
花を付けている「ギョリュウバイ」をお届けします。
「御柳梅」と書きます。
ギョリュウ(御柳)に似ており、梅のような花を咲かせる
ので名付けられました。
ニュージーランドやオーストラリアの原産です。
「マヌカ」とも言います。
「マヌカハニー」で有名ですね^^。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
20090104_gyoryuubai_01372.JPG

葉は先端がとがった形をしており小さくて堅いです。

20090104_gyoryuubai_01382.JPG

花の大きさは1センチ程でした。

20090104_gyoryuubai_01374.JPG

花色はピンクの他、白、赤もあります。
また、一重の他、八重咲きもあります。

フトモモ科の常緑低木です。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 09:59 AM | コメント (4)

November 14, 2008

フウセントウワタ

11月14日、
きょうもいいお天気~♪
きのうは高校時代の友達と一年ぶりに再会し、
常滑まで行ってきました。
昔をしのぶ煙突が青空にそびえたっていました^^。

その常滑で出合った植物をお届けします。
坂の多い道を歩いていたら、あるお宅の前に何やら
緑の風船が・・^^;
「フウセントウワタ」でした。
「風船唐綿」と書きます。
南アフリカ原産でわが国へは1936年頃入ったそうです。
熱帯地方では野生化しているそうですが、こちらでは
切花用に栽培されます。
暖地では庭に植えられますが、寒さに少し弱いらしい。
常滑は知多半島にあり、まさに暖地です^^。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
20081113_huusentouwata_09814.JPG

高さは1~2メートル程で、長さ10センチ程の細く長い葉は
向かい合って付いています。
柔らかいトゲのある、5~6センチ程の緑の風船のような実
の形が、面白くてインパクトがあります。
この実はよく生け花材料に使われます。

20081113_huusentouwata_09811.JPG

晩秋になるとこの実が割れて、中から綿毛と種が出てくるそうです。
綿と種も見てみた~い^^。

蕾もまだ付いていました↓

20081113_huusentouwata_09810.JPG

花は実ほどはインパクトありませんが、巾着のようで?
なかなかに立体的です。少し毛深くもあります。

20081113_huusentouwata_09812.JPG

ガガイモ科の常緑低木です。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 09:37 AM | コメント (8)

November 03, 2008

カナムグラ

11月3日、
曇ってて、やや寒いですぅw
ベランダで、シコンノボタン.の蕾が紫色をはみ出していますが、
きょうは開きそうにないですね・・^^;

河川敷でアレチウリと覇権を競っていた「カナムグラ」をお届けします。
「鉄葎」と書きます。
強靭な蔓の性質を「鉄」にたとえ、「葎」は草が生い茂って
絡み合った様を表すそうです。
雌雄異株のつる植物です。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
20081025_kanamugura_09098.JPG
↑写真は雌花

葉は5~12センチ程の深く切れ込んだ掌の形、
縁にギザギザが多く、表面はざらついています。
茎から葉柄にかけて刺があり、花にも毛が多いです。

雌花はビールのホップの花にそっくりです。
下垂れして咲きます。

20081025_kanamugura_09112.JPG

最初、雌花は緑色ですが、受粉後に赤紫色を帯びるようになります。

20081025_kanamugura_09085.JPG

雄花は河川敷で撮りそこねたので、違う場所で撮ったものを
載せます^^;
少し湿り気のある場所で、葉の間から伸びてすくっと立ち上がり、
ややまばらに花を付けていました。↓

20081101_kanamugura_09238.JPG

雄花は花びら5枚の緑色の小さくて地味な花でした。

20081101_kanamugura_09241.JPG

クワ科の植物です。

*昨日午後に↓fab Photo Galleryを更新しました↓のでご覧ください。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 08:09 AM | コメント (2)

November 01, 2008

キヅタの花

11月1日、
朝から行楽日和ですね~。
きょうから三連休の方もいらっしゃるかと思いますが、
皆様いかがお過ごしでしょうか?

さて、きょうは、ヤツデカクレミノなどの仲間の「キヅタ」を
お届けしましょう。
河川敷沿いの大きな木に「キヅタ」がよじ登っていました。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
20081025_kiduta_08963.JPG

少しアップで・・

20081025_kiduta_08964.JPG

ハッとするようなキヅタの花が咲いていました。

20081025_kiduta_08965.JPG

綺麗だな~♪
5枚の花びらや5本の雄しべがあります。

20081025_kiduta_08968.JPG

↑画面左上の縦じま模様が見えますか?
ハナアブの仲間のキゴシハナアブが蜜を忙しく舐め回っていました。

20081025_kiduta_08970.JPG

雄しべも花びらもほとんど無くなっているのもありました。
花が終わると、アブやハチの類に替わり、今度はヒヨドリなどの
鳥が熟した黒い実をついばみにくるようです。

北海道南部~琉球の低地に分布しています。

過去記事→キヅタの実

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 09:11 AM | コメント (2)

October 25, 2008

チコリ

10月25日、
きょうは曇り・・。
長野ではこの土、日と”そば祭り”とか・・。
(w_-; ウゥ・・行きたいけど、行けません・・(´∩`。)グスン

気を取り直して^^;
きょうは料理にも使う「チコリ」をお届けします。
別名キクニガナ(菊苦菜)とも言います。
これが「チコリ」の花です。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
20081017_tikori_08703.JPG

7~10月に咲きます。
花は半日花なので、咲いてる内に摘み取り、花びらをサラダに
散らしたり、砂糖菓子にするそうです。
ヨーロッパ原産です。
別名「アンディーブ」(フランス語)とも呼ばれています。

葉はこんなふうでした↓

20081017_tikori_08706.JPG

サラダコスモという会社から国産のチコリが生産販売されています。
そういえば、今年、中津川に行った時、”ちこり村”と看板を立てて
いるのを見つけましたよ。
モヤシやスプラウトと同じ、水耕栽培で作られる発芽野菜です。
しゃきしゃきとした水々しい食感で独特の苦味があります。
スーパーで野菜として見かけるのは、軟白栽培され、白く結球した
円錐形のチコリの芽です。
最近は、結球していないものや、紫色のものなどたくさんの種類が
出ています。

その他、葉を焙煎して抽出したノンカフェインのお茶も作られている
そうです。
また、根を焙煎したチコリコーヒーもノンカフェインコーヒーとして有名
だそうです。

キク科の植物です。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 08:06 AM | コメント (4)

October 23, 2008

ミズヒナゲシ

10月23日、
早朝、雨が降っていましたが、今は止んでいます。
きょうは”霜降”。
もう少ししたら、ベランダのベゴニアを部屋に入れなくては・・と
毎年思う頃です^^;

きょうは「ミズヒナゲシ」をお届けします。
先日、植物園の池に行ったら、まだ咲いていました。
「水雛芥子」と書きます。
花の形がケシに似ていて水面に咲くことから名付けられました。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
20081017_mizuhinagesi_08617.JPG

一日花で直径4~5センチ程の大きさです。
別名はキバナトチカガミ、ミズウチワ 、英名ではウォーターポピー。
南米原産のつる性水草で、日本へは昭和初期に導入されました。

花は7~10月に次々と咲きます。

20081017_mizuhinagesi_08619.JPG

葉は艶があり丸いです。

20081017_mizuhinagesi_08616.JPG

ミズヒナゲシという名前は、生きた化石メタセコイアを
発見した三木茂博士の命名だそうです。

水草でアサザと並んで人気があるそうです。

ハナイ科の植物です。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 08:44 AM | コメント (8)

October 22, 2008

ミントバーム

10月22日、
今まで緑の実が多かった玄関のカラタチバナの実が、
みんな赤い実になりました。
あいにくお天気は下り坂ですが、曇り空に赤い実を見ると、
何だかうれしいです^^。

さて、きょうはいい香りがする「ミントバーム」を紹介します。
中国原産のシソ科の落葉低木です。

20081017_mintoba-mu_08717.JPG

ナギナタコウジュ(薙刀香薷)の仲間です。
葉は、向かい合って付いており、縁には粗い
ギザギザがあります。

20081017_mintoba-mu_08711.JPG

淡紫色の唇形の花を片側だけに密生して付けます。

20081017_mintoba-mu_08712.JPG

シソとハッカの混ざったような芳香があります。

20081017_mintoba-mu_08713.JPG

白い花のもあります。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 08:41 AM | コメント (2)

October 21, 2008

サルビア・レウカンサ

10月21日、
きのうベランダにツマグロヒョウモンがやってきました^^。
すぐに飛び立っていってしまったので(≧[◎]oパチリはなし(>_<)

きょうは、思わず肌をすりよせたくなる?!秋の紫の花^^
「サルビア・レウカンサ」をお届けします。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
20081017_sarubia reukansa_08625.JPG

原産地は メキシコです。
メキシカンブッシュセージともアメジストセージとも言われ、
まるでビロードのような手触りがある紫の花を咲かせます。

20081017_sarubia reukansa_08626.JPG

高さは1~1.5メートル程になり、大株になるうえ、紫の鮮やかな
花を付けるので秋の花壇で目立ちます。
とても丈夫で、栽培する人が増え、目にすることも多くなりました。

20081017_sarubia reukansa_08629.JPG

紫のガクから、このように紫の花が咲くものと、
白い花が咲くものがあります。

シソ科の植物です。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 08:34 AM | コメント (8)

October 19, 2008

タイワンモクゲンジ

10月19日、
秋の日はつるべおとし・・
まだ、午後3時前なのにもう陽が陰ってきました。

おとといの午後3時半過ぎ、誰もいなくなった公園を
歩いていたら、黄色の花がいっぱい道に落ちていました。
上を見上げたら、樹に黄色の花が咲いていました。
「タイワンモクゲンジ」でした。
きょうはこの「タイワンモクゲンジ」をお届けします。

「台湾木槵子」と書きます。
台湾の原産です。
ムクロジ科の植物です。
台湾から導入され、そのムクロジの漢名が「木槵子」で、
その音が「モクゲンジ」ということで名付けられたそうです。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
20081017_taiwanmokugenji_08768.JPG

9~10月頃、樹上に黄色の花を咲かせます。
街路樹や公園樹として利用されています。

20081017_taiwanmokugenji_08770.JPG

高さ10~15メートル程の落葉高木です。

20081017_taiwanmokugenji_08772.JPG

沖縄には昭和50年代後半に導入されているそうです。
緑化植物として導入され、夏は緑陰を作り、秋には黄色い花を
咲かせ、その後は見ごたえのある実を生らせ、人々を楽しませて
くれるそうです^^。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 02:33 PM | コメント (0)

October 14, 2008

アキノタムラソウ

10月14日、
朝から結構、雨が降っています。

きょうは「日本のサルビア」といわれる「アキノタムラソウ」をお届けします。
山の道端に数本咲いていましたが、どれも少し傷みかけていました。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
20081004_akinotamurasou_08124.JPG

「秋の田村草」と書きます。
残念ながら名の由来は不明です。
秋の名が付けられていますが、夏、7月頃から咲き始め、
11月頃まで咲くそうです。
高さ20~50センチ程でした。
長い花穂をのばし、花が付いています。
長さ約1.2センチ程の筒状で唇形をした花が、ガクから4~6個
ひとつの節に付き、日光の来る方向に偏って付いています。
それが、茎に5~15段程、付いています。

20081004_akinotamurasou_08130.JPG

ひとつの花の花びらの上の方に黒っぽく見えるのが雄しべで、
2本ありますね。
雌しべは白く1本ツクンと花びらから飛び出ているように
見えますが、わかりますか?
(ピンボケで見にくくてすみません。)

山形県以西の本州~琉球 に分布しているそうです。
シソ科の植物です。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 09:36 AM | コメント (2)

October 13, 2008

リンボクの花

10月13日、
秋晴れのいいお天気\(*^▽^*)/
各地で秋祭りが盛んに行われていますね~♪
そういえば、きのうも広場で法被(はっぴ)を着た子どもたちが
集まっていましたっけ^^。
今はお囃子の太鼓の音など、風に乗って聞こえてきます♪

きょうは「リンボク」をお届けします。
「橉木」と書きます。
別名はヒイラギガシ(柊樫)、あるいはカタザクラ(堅桜)
とも言うそうです。
日本の固有種で、本州(茨城県、福井県以西)~沖縄の
山地の谷間など、湿気の多い所に生える常緑高木です。
高さ10メートル程でした。

(写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
20080920_rinboku_07993.JPG

白い小さな花が穂のようになって付いていました。
遠すぎて、ひとつひとつの花の様子はよくとらえられません
でした(>_<)。
でも、花だけ見ると、何か少し、以前に紹介したウワミズザクラにも
似ている花でした。

葉は互い違いに付いており、表面は光沢があり、縁は波うち、
葉先は細く尖っています。

この木は大きくなった木なので、葉にギザギザがありませんでしたが、
調べたら、若い木は、葉のギザギザが鋭く尖って針状になることが
特徴だそうです。
材は堅く細工物に利用されるそうです。

バラ科の植物です。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 10:19 AM | コメント (0)

October 10, 2008

アキチョウジ

10月10日、
ここ数日のうちに穂高では雪も降ったとか・・
涸沢は紅葉の見ごろは今週までとか・・
ひと月遅れで平地にも紅葉シーズンがやってくるはずですが・・。
きのうもきょうもこちらは昼間は26度前後と暑いくらいです^^;

きょうは山の木陰に咲いていた、その名も秋にピッタリ、
「アキチョウジ」をお届けします。
「秋丁字」と書きます。
(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
20081004_akichouji_08163.JPG

岐阜県以西~九州の山地の木陰など、やや薄暗い所に生えます。
葉は向かい合って付き、柄があります。
葉裏は白っぽいです。
茎はシソ科らしく四角で、ルーペで見たら下向きに毛がありました。
縁にゆるいギザギザがある葉にも、まばらに毛がありました。

20081004_akichouji_08177.JPG

片側に並ぶ穂状の花は、青紫色の唇形で、上は浅く4つに
分かれてめくれ、下は舟形で前に突き出ています。
長い筒状の花は2センチ弱です。
花にも細かい毛があります。

20081004_akichouji_08168.JPG

ちょっとわかりにくいですが、ガクの上の方は3つに分かれ、
下は2つに分かれています↓

20081004_akichouji_08170.JPG

花は8月から10月頃に咲きます。

参考:過去記事→セキヤノアキチョウジ

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 09:20 AM | コメント (2)

October 09, 2008

ミカエリソウ

10月9日、
きょうは、やっと、山で撮った写真が載せられます^^;
山の林の縁の湿った所に数本まとまって生えていました。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
20081004_mikaerisou_08185.JPG

「ミカエリソウ」です。
「見返草」と書きます。
花がきれいなので振り返って見ることから名付けられたそうです。
「見返草」と聞いて、思わず菱川師宣の肉筆美人画「見返り美人」
を思い浮かべましたが・・。
どうやら、名を付けた方は一番美しい時のこの花を見ることが
できたのでしょうね~^^。
別名は雄しべの形からイトカケソウ(糸掛草)とも言われるそうです。

20081004_mikaerisou_08187.JPG

高さは50センチ程でした。
「見返草」と言うように、草か?と見えますが、茎が木化し、
草と木の中間的な存在だそうです。
葉は向き合って付いており、縁には鈍いギザギザがあります。

20081004_mikaerisou_08181.JPG 

下から上に咲き上がっていくようです。
花が3つずつまとまって、向かい合って付いているようです。
ピンク色をした雄しべと雌しべが花びらの外に飛び出ています。

20081004_mikaerisou_08184.JPG

すぐ上↑の写真のはまだ若いらしく、上の方の花は鱗状の
苞に被われています。

福井県以西の本州に分布しています。
シソ科の植物です。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 12:04 PM | コメント (2)

October 05, 2008

コガマ

10月5日、
きのうは良いお天気で、昼から2時間たらずでしたが、
久しぶりに山へ出かけました。
山ではまだまだツクツクボウシが健在でした。
自宅近くでも、2日の午後2時過ぎ頃にツクツクボウシの
声を聞きました^^。
きょうは朝からもう雨が降ってきました。
きのう山で撮った写真はまだ準備できてないので^^;
先日撮った「コガマ」を紹介します。
「小蒲」と書きます。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
20080913_kogama_07501.JPG

本州~九州の池や沼などの水辺に生えています。
ガマによく似ていますが、全体的に小型です。

20080913_kogama_07505.JPG

穂の長さは 6~10センチ程で、葉の幅は狭く
細っそりしてます。

20080913_kogama_07514.JPG

穂の上部の雄花の集まりがあった所に赤トンボが止まりました。
ウインナーソーセージに見える部分は雌花の集まりで、
綿毛と種子がつまっているそうです。

20080913_kogama_07516.JPG

ガマ科の植物です。

(赤トンボは○○アカネ?誰か教えて~^^;)

同じ仲間の過去記事もよかったらご覧ください→ヒメガマ

*いつもfabをご愛読いただき、(^人^)ありがとうございます。
昨日、3年5ヶ月めでアクセス数8万を超えました。
これもひとえに皆様のおかげです。
ありがとうございますm(_ _)m

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 09:25 AM | コメント (14)

September 30, 2008

ルリスズカケ

9月30日、
台風の影響か、雨も降り、急にここんとこ涼しくなり、
じっとしていると寒いくらいです。

さて、先日、東山植物園を歩いていたら、連れ合いが
「ルリスズカケ」が咲いてると教えてくれました。
半日陰に咲いていて、初めて見る紫っぽい花でした。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
20080920_rurisuzukake_07910.JPG

これが「ルリスズカケ」です。
互い違いに照りのある葉が付いています。
茎は斜めに出て枝垂れています。

20080920_rurisuzukake_07914.JPG

葉の付け根に、紅紫色のブラシ状の花が付いています。
調べたら、7~9月に咲くそうです。
上から見たところです↓

20080920_rurisuzukake_07909.JPG

ゴマノハグサ科の植物です。

この「ルリスズカケ」は園芸種です。
自生種としては、トラノオスズカケ、キノクニスズカケ、スズカケソウ
があるそうですが、どれも、今まだあるのか?ないのか?は謎です。
なぜなら、記載があった図鑑も約20年前に書かれたものなので・・。
あ~っ、あったらいいなぁ。見てみたいなーっ!

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 10:00 AM | コメント (6)

September 26, 2008

ノシラン

9月26日、
起きた時は虫や鳥の音でにぎやかでしたが、今は雨音と、
時折の雷の音だけが聞こえてきます。
こんな日はテンションが落ちる私ですが、気をとり直して・・。

きょうは白い花を下垂れて咲かせていた「ノシラン」をお届けします。
「熨斗蘭」と書きます。
茎が扁平になっていて、アワビを「のし」たノシ(熨斗)に似ている
ので、また、葉はラン(蘭)のようなので、名付けられたようです。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
20080920_nosiran_07875.JPG

7~9月に白、または淡紫色の花が下向きに付きます。
葉は厚く、光沢があります。

20080920_nosiran_07876.JPG

関東以西~南西諸島に分布しています。
庭にも植えられていますが、自生地は海の近くの林の中だそうです。

20080920_nosiran_07877.JPG

1個の花のしべの付き方などは、ちょっとナスの花に似てるかも?

20080920_nosiran_07878.JPG

うつむき加減に咲く白い花の様子は、本格的な秋の訪れを
待ち望んでいるかのように見えました。

ユリ科の植物です。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 10:45 AM | コメント (6)

September 18, 2008

シモバシラの花

9月18日、
朝から雨・・。

きょうはシモバシラの花をお届けします。
えっ?もう?あの氷の霜柱?
いいえ、残念ながら違います(^^;)
植物にもシモバシラという名を持つ草があるのです。

まだ、少ししか開花してませんでした。
高さ60~100センチ程で、秋に長さ7~8ミリの花を付けます。
シソ科の植物です。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
20080913_simobasira_07408.JPG

花は片側だけに片寄ってつきます↓
花が咲いてない固体を撮ってしまい、わかり辛くてすみません。

20080913_simobasira_07413.JPG

4本の雄しべと1本の雌しべが花びらより突き出ています↓
しべの先がピンク色ですね。

20080913_simobasira_07409.JPG

葉は向かい合って付いており、縁には粗いギザギザがあります↓

20080913_simobasira_07412.JPG

関東以西~九州の山地の林内に分布するそうです。

この花は、厳冬に毛管現象により枯れた茎が地中の水分を
吸い上げ、霜柱のような氷の結晶の花を咲かせるので、
シモバシラと名付けられました。
別名はユキヨセソウ(雪寄草)というそうです。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 07:55 AM | コメント (2)

September 09, 2008

セキヤノアキチョウジ

9月9日、
きょうは重陽の節句ですね。
朝5時に寒くて目が覚めました。
そろそろ、窓をぴったり閉めて寝ないといけないかな~^^;

きょうは長野県の某渓谷にあった「セキヤノアキチョウジ」を紹介します。
「関屋の秋丁子」と書きます。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
20080719_sekiyanoakichouji_05890.JPG

関屋は関所のことで、役人が見張る小屋や関守の住む建物を
さすそうです。
アキは秋咲きのこと、チョウジは丁子のこと。
箱根の関所の番小屋(関屋)の周辺でたくさん見られた
というのが名の由来なのだそうです。

20080719_sekiyanoakichouji_05886.JPG

花は筒状で2センチ程、胴長で先は唇形。

20080719_sekiyanoakichouji_05897.JPG

何だか狐の顔っぽい?(笑)

葉は卵形で先は尖っており、向かい合って付いています。

20080719_sekiyanoakichouji_05899.JPG

花の柄は1センチ程あり、散った後のガクは5つに分かれ、
先が尖っていました。

20080719_sekiyanoakichouji_05893.JPG

関東地方と中部地方に分布しているそうです。
山地の林の縁や、湿った沢沿いに生えます。
シソ科の植物です。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 07:29 AM | コメント (8)

September 08, 2008

カンノンチクの花

9月8日、
きのうは白露、でもここのところ、昼間は33度と気温も
上がって例年の残暑が戻ってきたようです(^^;)
きょうも午後4時半頃にツクツクボウシの声が聞こえました。

きょうはきのう咲いたのに気づいた、玄関先のカンノンチクの
花をお届けしましょう。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
20080907_kannontiku_07002.jpg

「観音竹」と書きます。
チクと名が付いていても、竹ではなく、ヤシ科の植物です。
幹や葉の形が、竹に似ていることから名付けられました。

写真中央より向かって左に花が見えます。

20080907_kannontiku_07004.jpg

花が咲くとは、ビックリ!初めて花を見ました^^。
原産地は中国南部だそうです。

20080907_kannontiku_07000.jpg

何でもカンノンチクの花が咲くのは珍しいとか・・。
株がとても丈夫で十分に育った場合も花を咲かせる
ことがあるそうですが・・フムフム・・
古株になったり、根詰まりしても、花を咲かせる場合が
あるそうです・・Σ( ̄ロ ̄lll) ガビーン

わたくし、かれこれ12年ほど世話をしていますが、
植え替えをした記憶はございません_(・_.)/ コケッ。

今年は頃合いを見て、植え替えしたほうが・・
いいんでないか~い?!( ^_^)/▽☆▽\(^_^ )

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 07:52 PM | コメント (4)

September 05, 2008

ヤブハギ

9月5日、
午後4時過ぎても蒸し暑くてか?ツクツクボーシが鳴いていました。
もう、きょうは金曜日ですね~。今週は何やかやと忙しい週でした。
住宅地にある空き地に萩が群生しているのを見ました。
花屋さんにはリンドウ、ワレモコウ、オミナエシ、ケイトウ等、
秋の花がメジロ押し^^。

きょうは阿寺渓谷で見た「ヤブハギ」を紹介します。
「薮萩」と書きます。
(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
20080719_yabuhagi_05913.JPG

北海道~九州の山地の林内に生え、高さは60~100センチ程。

20080719_yabuhagi_05912.JPG

茎はあまり枝分かれせず、葉は茎の下の方に集まって付いていました。
葉柄があり、葉の幅は狭かったです。

20080719_yabuhagi_05906.JPG

花は蝶形で長さ3~4ミリと小さな花でした。

20080719_yabuhagi_06175.JPG

マメ科の植物で、花期は7~9月です。

20080719_yabuhagi_05910.JPG

もう、今頃は実が付いてるかな?

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 05:26 PM | コメント (10)

August 22, 2008

イブキフウロ

8月22日、
朝晩はめっきり涼しくなりましたね・・(^。^;)ホッ!

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
20080713_ibukihuuro_04932.JPG

赤沢休養林で咲いていた「イブキフウロ」です。
「伊吹風露」と書きます。

20080713_ibukihuuro_04935.JPG

わが国の固有種で、本州の群馬、長野、岐阜県と
滋賀県の伊吹山に分布しています。

20080713_ibukihuuro_04933.JPG

高さは30~80センチ程で、7~8月に花が咲きます。

20080713_ibukihuuro_04931.JPG

花びらの先が3裂に切れ込んでいるのが特徴です。
フウロソウ科の植物です。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 08:47 AM | コメント (8)

August 21, 2008

アカソ

8月21日、
なぜだか?私としてはメチャ早起きしてしまいました^^;
だんだん空が明るくなってきました。
猿投山の稜線も赤くなってきました。

きょうは渓谷にあった「アカソ」をお届けします。
「赤麻」と書きます。
茎や葉柄が赤みを帯びることからこの名があります。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
20080719_akaso_05855.JPG

北海道~九州の山地のやや湿った所に分布します。

20080719_akaso_05853.JPG

高さは50~80センチ程で、葉柄とともに赤色を帯びています。
葉は向かい合って付き、先は大きく3裂し、真ん中のは尾っぽ
のように長く尖るのが特徴です。
葉の縁には粗いギザギザがあります。

20080719_akaso_06150.JPG

雌雄同株で花期は7~9月。

20080719_akaso_06087.JPG

上の方の花?はこんなふうでした↑
(あれっ?誰かお客さんがいる^^)
下の方の花はこんなふうでした↓

20080719_akaso_06149.JPG

古くは、カラムシ、ヤブマオなどと衣服の
植物繊維の材料にされたようです。
イラクサ科の植物です。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 05:34 AM | コメント (4)

August 17, 2008

ムラサキニガナ

8月17日、
王滝渓谷にはいったとたん、ツクツクボウシの声が聞こえてきました。
この渓谷は大岩や奇岩が多く、鬱蒼としていました。
途中の道端に「ムラサキニガナ」を見つけました。
もう、終わりがけでしたが・・。

きょうはこの「ムラサキニガナ」をお届けしましょう。
(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
20080815_murasakinigana_06631.JPG

「紫苦菜」と書きます。
花がニガナの花に似て、紫色のため名付けられました。

20080815_murasakinigana_06625.JPG

本州~九州の山地のやや暗い林内に生えます。 
茎はひょろひょろして細いです。
葉は互い違いに付いて、下方のものは羽状に裂けています。

20080815_murasakinigana_06635.JPG
 
花は6~8月に咲き、直径1センチ程で下向きに付きます。

20080815_murasakinigana_06637.JPG

キク科の植物です。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 02:29 PM | コメント (2)

August 13, 2008

ウワバミソウ

8月13日、
きょうはお盆の迎え火を焚く日。
この頃、TVなどでも怖い怪談話などほとんどやらないので、
きょうはお盆だし、少しこわっ!ヾ(≧Д≦*)ゞ と思う名の
「ウワバミソウ」をお届けしましょう~(笑)

渓谷の道端脇の薄暗い所にまとまって生えていました。
「蟒蛇草」と書きます。
ウワバミとは蛇のこと、今にも蛇が出そうなところに生えるので、
名付けられました。
北海道~九州の渓流沿いの斜面や崖地などの湿った所に生えます。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
20080719_uwabamisou_05692.JPG

葉は柔らかく、互い違いについて長さ5~6センチ程でした。
縁には荒いギザギザがあり、先は尾のように細長くなって
尖っています。
花が付いていました。

20080719_uwabamisou_05691.JPG

雌雄異株です。
雄花には柄があり、雌花には柄がないそうなので、
これは雌花のようです。

何だか怖そうな名ですが、”ミズ”とも言うそうで、
山菜として食べられるそうです。

イラクサ科の植物です。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 02:24 PM | コメント (0)

August 10, 2008

ダイコンソウ

8月10日、
きのうからお盆休みにはいった方もおられることでしょう。
きょうはお盆のお墓参りに行きます。

さて、渓谷シリーズ、まだ続々・・。
渓谷の音が聞きながら道を歩いていくと、やや暗い林縁に、
黄色の花が目に飛び込んできました!

「ダイコンソウ」です。
「大根草」と書きます。
えっ?あの大根?
あの食べる「ダイコン」はアブラナ科で、
この「ダイコンソウ」はバラ科です。
全く別物です^^;
根元の葉が大根の葉に似ているので名付けられたそうです。
肝心のこの根元の葉が撮れなくてごめんなさい(~_~;)

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
20080719_daikonsou_06011.JPG

高さ30~50センチ程。
上のほうにある葉は3裂し、縁にゆるいギザギザがあります。

20080719_daikonsou_05713.JPG

茎や葉には柔らかい毛が生えています。

20080719_daikonsou_05708.JPG

黄色の花の直径は1.5~2センチ程で5枚の花びらがあります。
雌しべも雄しべもいっぱいあります。

20080719_daikonsou_06019.JPG

真ん中の薄緑のモジャモジャ?は雌しべです。
花の後、雌しべの先が伸びてカギ形になるそうで、これで実は
「ひっつきむし」になり、人や動物に運ばれます。

詳しくはこちらをご覧下さい→ダイコンソウの種子

北海道~九州に分布しています。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 08:41 AM | コメント (4)

August 07, 2008

オオカモメヅル

8月7日、
きのう降った雨のせいか、昨夜は涼しく感じられました。
きょうは8と7で花の日ですね^^。
さて、きょうのお花は?

きのうの”オオ”つながりで?「オオカモメヅル」を紹介します^^。

渓谷の林の縁を歩いていたら、小豆色の小さな花を付けている
植物を見つけました。
w(゚o゚)w オオー!これは「オオカモメヅル」!初めて見ました!

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
20080719_ookamomeduru_06028.JPG

「大鴎蔓」と書きます。
"実の綿毛を見て、カモメの胸の羽毛を連想した"
"副花冠がカモメの目の周りの模様に似ているから"
"つるに2枚ずつ付いている葉がカモメの飛ぶ姿に似ているから"
など、名の由来は諸説あり^^;

柄のある葉っぱの付け根に、小豆色の小さな花をまとめて
咲かせています。
ガガイモ科の植物です。

20080719_ookamomeduru_06032.JPG

花期は7~9月で結構毛深いお花です。
写真がブレてしまい、申し訳ありませんが、星形に5裂する花びら
には毛がいっぱいあるの、おわかりでしょうか?
花の直径は5~6ミリ程でした。

花の真ん中の黄緑っぽい所の周りにある、暗い茶色のポツポツ
のように見えるのは「副花冠」だそうです。

「副花冠」といえば、同じガガイモ科のトケイソウにもありましたね。
ブログ内過去記事→トケイソウ その3

日本全国に分布し、山の林縁に生えているつる植物です。

20080719_ookamomeduru_06034.JPG

柄のある葉の長さは7~12センチ程で、2枚ずつ向かい合って
付いています。

20080719_ookampmeduru_06024.JPG

それにしてもオオカモメヅルというのに、お花はちっちゃ~~!^^;
不思議~♪

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 08:19 AM | コメント (2)

August 06, 2008

オオアワダチソウ

8月6日、
昨夜は暑いのと、途中で蚊取り線香が消えてしまったようで
蚊の生贄にされ、まともに寝れませんでした_(・_.)/ コケッ。
きょうも厳しい暑さが続きそうですが、めげてもいられません。
さぁ~、今から洗濯、洗濯~。
暑いので水を触るのは気持ちいい~!アワワワ~♪
ってことで・・ん?
きょうは「オオアワダチソウ」の紹介です^^;
もちろん?「大泡立草」と書きますヨ。
北アメリカ産の帰化植物で、明治頃から栽培されていたものが
日本全国の荒地や河川敷などに野生化したものらしいです。

渓谷の道端横に咲いていました。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
20080719_ooawadatisou_06069.JPG

何だかセイタカアワダチソウに似ていますが、
それほど大きくありません。
高さ50~150センチ程。

20080719_ooawadatisou_06064.JPG

7~8月に咲きます。
セイタカアワダチソウは秋に咲き、花の咲く時期が違います。
このオオアワダチソウは秋にはすべての花が終わっている
そうです。
キク科の植物です。

20080719_ooawadatisou_06066.JPG

おまけ:オオハナアブ(大花虻)が来ていました。

20080719_oohanaabu_06065.JPG

オオハナアブは幼虫が水生のため、池や湿地が多い草原で
よく見られるそうです。

20070719_oohanaabu_06067.JPG

丸っこくて可愛い~♪

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 07:28 AM | コメント (6)

August 01, 2008

クサボタン

8月1日、
きょうから葉月、朝からアブラゼミとクマゼミの大合唱。
ベランダではシコンノボタンが今朝3つ、花開きました。

さて、渓谷シリーズの続きです。
渓谷の道端の崩壊地に釣鐘形の花が咲いていました。
「クサボタン」です。
きょうはこの「クサボタン」をお届けしましょう。

「草牡丹」と書きます。
葉の形がボタン(牡丹)に似ていることによります。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
20080719_kusabotan_05884.JPG

本州の山野、草原、林縁などに生えます。
高さは50~1メートル程です。
葉は向かい合って付き、、葉縁にギザギザがあります。

20080719_kusabotan_05867.JPG

花のように見えるのはガクだそうです。
細長い釣鐘形で下向きにつき、先端の部分は4つに分かれ、
外側にカールしています。
花の色の濃淡には変異が多く、このようにピンクがかったもの、
淡青色、白っぽいものもあります。

20080719_kusabotan_05880.JPG

雌雄異種だそうです。
これは雄株で雄花かな?
キンポウゲ科の植物です。
有毒です。

*7月に載せた植物を↓fab Photo Galleryに更新しました↓のでご覧ください。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 08:27 AM | コメント (4)

July 30, 2008

イケマ

7月30日、
昨夜は意外に過ごしやすかったです^^。

さて、木がいっぱいだった渓谷の道を更に行くと、急に
明るくなり、日向の場所に出ました。
お日様、カンカン照りの所に花を付けている植物が・・。
おぉ~!「イケマ」でした!
「イケマ」というのは、「太い根」というアイヌ語だそうです。
また、「生き馬」の意味だという説など名の由来については
諸説あります。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
20080719ikema_05852.JPG

茎から柄を出し、ハート形で先が尖った葉を向かい合って付け、
他の植物に絡みついていました。
葉は長さ5~9センチ、幅4~8センチ程でした。

20080719_ikema_05833.JPG

花は、7~8月に葉の脇から柄を出して、白い小花を十数個
球形に付けます。
花ひとつは直径6~8ミリ程で5つに深く分かれています。

甘い匂いに誘われてセセリ蝶やアリが蜜にたかっていました。
アリさん、この蜜の味、イケマすか~?・・(*^m^*) ムフッ

20080719_ikema_05846.JPG

各地の山の林の縁や、日当たりのよい草地の藪に生えています。
根は有毒 だそうです。
ガガイモ科のつる植物です。
ガガイモと同じように、種子にきれいな羽根があるのでしょうね。
種も見てみたいものです。

興味がある方は下記の過去記事もご覧下さい。
(アンダーラインをクリックして下さい。↓)
ガガイモ
ガガイモの種

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 10:39 AM | コメント (6)

July 29, 2008

ツルアジサイ

7月29日、
きのうの突風のような風で、玄関にあった木立ベゴニアの
鉢が3つ倒れて、花が折れてしまいました。
花には気の毒なことをしました(u_u;)

きょうの渓谷シリーズ(まだ、まだ続きますよ^^)は
「ツルアジサイ」をお届けします。
「蔓紫陽花」と書きます。
つる性のアジサイです。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
20080719_turuajisai_06237.JPG

北海道~九州に分布する落葉植物です。
林の縁や岩の上などに生えます。
以前にアップしたイワガラミによく似ています。
茎は気根を出して木や岩を這い登ります。

20080719_turuajisai_06242.JPG

葉は向かい合って付き、長い柄があります。
葉の縁にはやや細かいギザギザがあります。
6~7月に飾り花(じつはガク)を持つ花を付けます。

20080719_turuajisai_06239.JPG

ユキノシタ科の植物です。
別名はゴトウヅルとも言うそうです。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 10:40 AM | コメント (2)

July 28, 2008

タマアジサイの蕾

7月28日、
渓谷の音を聞きながら山道を進んでいくと、ヤマアジサイ
ガクアジサイコアジサイより遅咲きの「タマアジサイ」の蕾が
咲いていました。
「玉紫陽花」と書きます。
蕾のときに丸い球のようになっているのでこのように名付けられました。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
20080719_tamaajisai_05618.JPG

高さ1~1.5メートル程です。
葉は大型でやや厚く、赤い柄があり、先が尖っています。

20080719_tamaajisai_05620.JPG

葉の両面には毛がありザラザラしています。
縁に細かいギザギザがあります。

表↓
20080719_tamaajisai_06230.JPG

裏↓
20080719_tamaajisai_06231.JPG
少し白っぽく、葉脈が浮き上がっています。

本州(宮城県南部~紀伊半島の太平洋側、伊豆諸島、長野県、
新潟県~福井県の日本海側)に分布しています。
山地の渓谷や沢沿いの木陰に多く生えています。

20080719_tamaajisai_05679.JPG

開花期は8~9月だそうですが、そろそろ・・かな?
開花しているところも見たいものですが・・(^_^;)
装飾花が白のガクアジサイに似ているそうです。
ユキノシタ科の植物です。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 08:02 AM | コメント (6)

July 17, 2008

ミヤコグサ

7月17日、
きのう、今年お初に咲いたシコンノボタン、今朝散っていました。
朝から花への水遣りなど大忙し!でした。
汗が玉になり、やがて流れるほど・・きょうも暑いですね^^:

さて、赤沢休養林に咲いていた植物のシリーズ、
きょうは、群生していて遠目にも目を引く黄色の花をお届けします。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
20080713_miyakogusa_04940.JPG

花の形が烏帽子(エボシ)に似ているので、エボシグサとも
呼ばれます。
きのうは靫(靫草)、きょうは烏帽子(烏帽子草)、なんだか、
時代劇の世界ですね^^。

本名は「ミヤコグサ」です。
「都草」と書きます。
京都に多かった事からミヤコグサの名が付いたとする説など、
諸説あるそうです^^;

20080713_miyakogusa_04943.JPG

古くから自生するミヤコグサは、各地の日当たりのよい
道端や荒れ地に生えています。
茎は地面を這って広がります。
春から秋まで1センチ程の蝶形の花 を咲かせます。

20080713_miyakogusa_04945.JPG

ひとつの茎に普通2個の花を付けます。
鮮やかな黄色が緑に映えますね。
遺伝子学的にも重要な花になってきているそうです。
マメ科の植物です。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 10:31 AM | コメント (2)

July 16, 2008

ウツボグサ

7月16日、
昨晩9時頃から、今年初の月下美人が咲きました^^。
ご用とお急ぎでない方はこちらもどうぞ↓
過去記事→ゲッカビジンゲッカビジン その2

さて、きょうは赤沢自然林の樹林下にあった紫の花、
「ウツボグサ」をお届けします。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
20080713_utubogusa_04963.JPG

「靫草」と書きます。
「靫(うつぼ」とは武士が矢を入れて持ち歩いた用具のことで、
長い竹かごで作り、その外側を虎や熊、猿などの毛皮や鳥の羽で
覆ったものです。
毛ばだった花がその靫に似ているので名付けられたそうです。

20080713_utubogusa_04972.JPG

シソ科の植物らしく、茎は四角張り、葉も向かいあって
付いています。

20080713_utubogusa_04961.JPG

上から見たところ↓

20080713_utubogusa_04965.JPG

ひとつだけ、もうしぼんでしまっていたので、花の数は
11個を数えました。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 09:35 AM | コメント (6)

July 15, 2008

キソガワサツキ

7月13日、
朝10時頃、またトケイソウが開花しました\(*^▽^*)/
7月8日から4輪め、もう蕾はありません。

さて、昨日の続き、赤沢自然休養林の植物を取り上げます。
きょうは「キソガワサツキ」をお届けしましょう。
本名は「サツキツツジ」(皐月躑躅)といいます。
その名の通り、陰暦の五月に咲くツツジの意味です。
木曽川沿いの地域ではサツキツツジを「キソガワサツキ」と
呼ぶようです。
今回は「キソガワサツキ」で 紹介したいと思います。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
20080713_kisogawasatuki_05114.JPG

本州の中部以西に自生し、5月から7月にかけて川岸の岩場
などに咲くツツジ科の植物です。

20080713_kisogawasatuki_05108.JPG

水辺が好きなようです。

20080713_kisogawasatuki_05135.JPG

岩場に根を張って可憐な花を咲かせています。

20080713_kisogawasatuki_05134.JPG

あっ、綺麗な蝶が来ました!

20080713_kisogawasatukiとmiyamakarasuageha♂_05133.JPG

ミヤマカラスアゲハではないでしょうか?

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 04:37 PM | コメント (8)

July 14, 2008

クモキリソウ

7月14日、
きょうは暑くてたまりませんね~、ふ~(^_^;;)
きのうは朝から長野県まで出かけ、森林浴してきました(*^^)v
駐車場から一歩森の中に入るとヒンヤリ~~^^。

きょうは相方が帰る寸前に見つけた久々のラン~♪
「クモキリソウ」をお届けしましょう。
山の林沿いの木の下に生えていました。
緑一色なのでなかなか目立ちませんが、連れ合いはこういう
地味めの花が好きなようで、すぐに見つけましたヨ^^。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
20080713_kumokirisou_05391.JPG

「雲切草」と書きます。
「雲」という字が当てられていますが、花の姿が「蜘蛛」の子に
似ており、蜘蛛の子を散らすように見えるので、雲散り草が訛って
クモキリソウという説や、蜘蛛をまっ二つにすると足が四本ずつ
になることから蜘蛛切り草とか、はたまた、霧のかかるような所で
見られるから雲霧草とか、諸説あるようです^^;

20080713_kumokirisou_05395.JPG

日本各地に分布するそうです。
ラン科の植物です。
高さは15センチ程でした。
くるっとまるまった所がラン特有の唇形の花びら。
花の形が面白いですね~♪
根元に向かい合って2枚の葉が付いていました。
葉の縁には細かいギザギザがありました。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 04:22 PM | コメント (5)

July 11, 2008

アンゲロニア ・グラッシェ

7月11日、
珍しく早朝に公園を散歩してたら、木の上のほうから
「ジーッ」という鳴き声、どうやらハルゼミ?のようでした。
次の公園に行くまでの間の大きなお屋敷の塀に
アブラゼミっぽい?のが黙ってくっついていました。
そして、公園に着いたらクマゼミがシャーシャーと
元気に鳴いていました。
今年初めてのものばかり~♪♪

そして今年初めてのもの・・つながりで?
今年、こんな花、初めて植えてみました・・。

この頃よく行く八百屋さんの店先に、
可愛い花が並んでいました。
マンションのプランターに植えようと買ってきました。
「アンゲロニア ・グラッシェ」というお花です。
なんでも、高温多湿の日本の夏にとても強く、
「夏の救世主」というふれこみなんだそうです。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
20080708_angeronia_04631.JPG

色はラベンダーと表示してありました。
ラベンダーというより、やや青みがかったピンクに見えます^^;

20080711_angeronia_04870.JPG

やや細長い葉は向かい合って付いています。
次の葉は90度回転して付いています。
葉の縁には少しギザギザがあります。
その他、葉の裏は少し灰色がかった緑色で、
真ん中の葉脈だけがくっきり浮き上がっていました。

20080711_angeronia_04860.JPG

花びらは上2、下3の5つに分かれているように見えます。
尖った雌しべが1本、雄しべが4本ありました。
凹凸のある合弁花には細かい毛がいっぱい。
真ん中の窪みには斑模様が入っていました。

20080711_angeronia_04862.JPG

ガクは5つに分かれていました。

20080711_angeronia_04876.JPG

ゴマノハグサ科の植物です。
うまく育ってくれるといいんだけど・・。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 11:04 AM | コメント (4)

July 10, 2008

ウメモドキの花

7月10日、
ここんところずーっと、朝、いつもの場所でコシアキトンボ
群舞が見られます^^。
夏はやっぱりトンボかな?

さて、きょうはまたまた、湿地で咲いていた小さな小さな
「ウメモドキの花」を紹介します。
「梅擬」と書きます。
葉の形が梅の葉に似るということで名付けられたそうです。
モチノキ科の植物です。
本州・四国・九州の山地の湿った所に生える落葉低木です。 
雌雄異株でこれは雌株のようです。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
20080607_umemodoki_03658.JPG

雌花です。
花びらはわずかに紫がかった淡いピンク色。
こちらは5枚。

20080607_umemodoki_03660.JPG

葉の表面には、わずかに毛があり、縁には小さなギザギザがあります。
こちらは4枚ですね。
花の大きさは3.5ミリ程です。
どちらももう実が付いているのも見えますね。

少し離れて、せせらぎのある所へくると、大きなトンボがいました。
思わず(≧[◎]oパチリ

20080607_mukasiyanma_03624.JPG

ウメモドキに止まるムカシヤンマ↑
7センチ程の大きいトンボでした。
本州と九州 の林や湿った浅い流れのある所にいるそうです。

*後でこの写真を見たら、トンボが止まったのはウメモドキの雄株
だったことがわかりました。
が、その時は小さい花に目が止まらず、大きいトンボに目が(@_@)
いってしまいました(^^;)
雄花の拡大写真は撮りそこねました≧▼≦;) アチャー

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 10:35 AM | コメント (8)

July 07, 2008

オオバギボウシ

7月7日、
きのうは一日中冷房にあたっていたので、夜クーラーを
切って窓を全開したのに寝苦しく、寝不足です(ーー;)
きょうは七夕・・なのにやっぱりお天気は悪く、洗濯物を
干して網戸を拭いていたら、雨がおっこちてきました^^;

前に撮りためていた「オオバギボウシ」を紹介します。
「大葉擬宝珠」と書きます。
蕾の形を橋の欄干につく擬宝珠(ギボウシ)に見立て、
大きな葉っぱの擬宝珠ということです。

北海道~九州の山野の草地や林の中に生えています。
庭の木陰に植えられることも多く、これもそうでした。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
20080606_oobagibousi_03429.JPG

葉面は大きく広く、葉の元はハート形をしています。
葉脈がはっきり出ています。
長い花茎を葉の上に出し、ロート形の花を咲かせます。

20080606_oobagibousi_03433.JPG

ひとつの花の元にはクルンと巻いたような”苞(ほう)”↑
が付いてます。上の写真で、わかりますか?
”苞”とはひとつの花を抱く小形の特殊化した葉のことです。

20080606_oobagibousi_03431.JPG

江戸時代から観賞用の花として植えられ、多くの品種が
作り出されました。斑入りの葉のもあります。
ヨーロッパや北アメリカは夏が日本ほど暑くないので、日本より
ギボウシ類の栽培が盛んでガーデニングの主役になっているようです。

ユリ科の植物です。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 10:41 AM | コメント (2)

July 06, 2008

サボテンの花

7月6日、
きのうもすごく暑かったですね、ふ~(^_^;;)。
なのに、なぜか?おととい、きのうと大きなプランター
3つに花を植えました。
蚊取り線香持参で完全武装(笑)して植えたのですが、
汗がしたたり落ち、たまりませんでした^^;;

さて、買い物帰りに、一階の屋根に届くほど(2メートルちょっと))
の立派なサボテンを見つけました。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
20080627_saboten_04391.JPG

黄色の花が人目を寄せ付けます。

20080607_saboten_03938.JPG

掌状の肉厚の葉の先に花が付いています。

20080607_saboten_03933.JPG

こんなにいっぱい!

20080607_saboten_03934.JPG

開いた花の大きさは3~5センチ程ででした。

20080704_saboten_04592.JPG

サボテンの花が見られたので、車の中でつい、
♪ほんの小さな出来事に 愛は傷ついて~♪
と、思わず鼻歌~♪(=^_^=) ヘヘ

帰宅して調べたら、どうも単刺団扇(たんしうちわ)
という南米産の大型種らしい。
持ち主の方に長いこと、いっぱい愛情をかけられた結果でしょうね。
これからこのお家を「サボテンの家」と勝手に呼ぼっと・・(^_-)-☆

サボテンはギリシャ語kaktos「刺のある植物」の意味、
確かに撮影中も手に細かい刺がささりチカチカと痛かったです(~_~;)
綺麗なものには刺がある・・然り。

その他、近郊の春日井市はサボテン生産量が日本一なんですよ(*^^)v

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 09:18 AM | コメント (4)

July 04, 2008

キカラスウリ その3

7月4日、
おはようございます。

昨日の午前中にアクセス数が70000回を超えました。
これも皆様のおかげです。
ありがとうございました!
今後ともfabをご愛顧のほどお願い申しあげますm(_ _)m。

さて、きょうは夜にキカラスウリが咲いている様子を
やっとお届けすることができます(*^^)v

昼間は花びらの先端の糸状のものがクルクルに巻いて
しぼんでいますが、夜はこんなふうに伸びていました。
フラッシュをたいて撮影しました。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
20080630_kikarasuuri_04479.JPG

咲いて間がないものをアップしましょう。

20080630_kikarasuuri_04471.JPG

やや上から・・

20080630_kikarasuuri_04468.JPG

風よ、止まれ!

20080630_kikarasuuri_04463.JPG

こんなん撮れましたけど・・^^:

20080630_kikarasuuri_04469.JPG

やや青臭いですがコクのある香りを漂わせていました。
撮影中には姿を見なかったですが、蛾がやってきそうです。

その他、カラスウリの根からとった澱粉(デンプン)は
天花粉(てんかふん、ベビーパウダー)として利用されるそうです。

*6月に載せた植物を↓fab Photo Galleryに更新しました↓のでご覧ください。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 07:59 AM | コメント (10)

July 02, 2008

キカラスウリ

7月2日、
少し前から気になっている藪がありました。
住宅地の中にある藪の縁に、先月途中から何やらつる性らしい
白い花のようなものがいっぱい付いているのを何度か
車窓から見てたので・・。
ついにそばまで行って撮ってきました!
おぉ~、やっぱり「キカラスウリ」でした。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
220080626_kikarasuuri_04331.JPG

高いフェンスに囲まれており、片側は車道で車が
結構通り、(¬_¬)ジロッ とドライバーに見られつつ、
フェンスの網目越しにズームして撮ってきました。
ふ~、汗だらけ?(^_^;;)

20080626_kikarasuuri_04334.JPG

「黄烏瓜」と書きます。
カラスウリに似て黄色の実をつけることから
名付けられました。
つる性で巻きひげがあり、人家の垣根や
林の縁の木に絡みついて高く伸びます。
雌雄異株で、これは雄花のようです。

20080626_kikarasuuri_04335.JPG

昼間撮った写真なので、花びらの縁の糸状の
ものがクルクルと巻いてしまっています。

20080626_kikarasuuri_04340.JPG

キカラスウリは夜咲くものと聞いています。
夜咲いている様子も見たいものです

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 10:09 AM | コメント (6)

June 30, 2008

アーティチョーク

6月30日、
あるお庭に見上げるほどの背丈に青い花が印象的な植物を発見!
大きすぎて全体が撮れないよ~(^^;)

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
20060618_a-thicho-ku_04080.JPG

アーティチョークの様だ!
ちょうど、庭に出て草刈をしてらっしゃったので声をおかけしたら・・
たいそう喜んでくださり枝を1本くださることに・・(^^;)
高さは2.5メートル程もあり、腕いっぱい伸ばして切ってくださいました。
開いた花がひとつと蕾がふたつ付いた枝でした。
葉や茎にも刺がいっぱい!ア痛タタ~!
帰宅して花瓶へ・・
花が重くて重心が低い花瓶でないと倒れてしまう(>_<)。
そして、きょうで五日目。

20080630_a-thicho-ku_04453.JPG

蕾だったふたつにも花が開きました!

20080630_a-thicho-ku_04448.JPG

後ろ姿です。
茎も葉もしっかりしてます。

20080630_a-thicho-ku_04445.JPG

アーティチョークは「朝鮮薊(チョウセンアザミ)」のことです。
フランス料理やイタリア料理の食材として、三浦半島などで
少量作られているそうです。
ゆでたアーティチョークはユリネや栗やジャガイモに似た食感
だそうですが、わが国では観賞用のほうが多いと思います。

野生のアザミを古代ギリシャ、ローマ時代以降、品種改良を進め、
今の姿となったそうです。
地中海沿岸原産で江戸時代にオランダから渡来した植物です。
植えたいですが、広い場所がないと植えられません(>_<)。
キク科の植物です。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 10:43 AM | コメント (10)

June 29, 2008

チダケサシ

6月29日、
きのう、車で街の大通りを走ったら、分離帯にアメリカデイゴの
赤い花が目に付きました。

きょうは薄いピンクの花を付ける「チダケサシ」の花を紹介します。
「乳茸刺」と書きます。
「乳茸」というキノコをこの茎に刺して持ち帰ったので、
名付けられたそうです。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
20080619_tidakesasi_04142.JPG

高さ1メートル程でした。
距離がなくて、全体像が撮れませんでした。
しかも風が吹いてブレてしまいました(>_<)。
本州~九州に分布し、山野のやや湿った草地に生えます。

花はこんなふうに付いています。
20080619_tidakesasi_04144.JPG

先のほうはまだ蕾がかたいです。

20080619_tidakesasi_04143.JPG

ひとつひとつの花びらはほっそりしてます。

20080619_tidakesasi_04149.JPG

茎には毛が生えています。
雄しべの葯は淡紅色~青紫色で微妙な色合で綺麗です。
ハナアブ?がお仕事してました^^。
ユキノシタ科の植物です。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 10:20 AM | コメント (4)

June 28, 2008

アイイロニワゼキショウ

6月28日、
どんよりした空の色ですが、窓を開けると鳥の声が聞こえてきます。
きょうは5月に紹介したニワゼキショウの仲間で、
瑠璃色の花を付ける「アイイロニワゼキショウ」を紹介します。
「藍色庭石菖」と書きます。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
20080619_aiiironiwazekishou_04173.JPG

北アメリカ原産の帰化植物だそうです。
やや湿り気のある日当たりの良い草地に生えていました。

20080619_aiironiwazekishou_04182.JPG

高さは20~30センチ程です。

20080619_aiironiwazekishou_04167.JPG

瑠璃色の花びらは6枚で、先が糸状に伸びています。

20080619_aiiironiwazekishou_04183.JPG

アヤメ科の植物です。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 08:10 AM | コメント (4)

June 27, 2008

アサザ

6月27日、
テーブルの上にあるヤマモモの実が熟してきました。

梅雨の季節は何だか心が晴れないこともありますね・・。
空の色のせいかしら?
心が少しでも晴れるよう?きょうは水辺ある黄色の花、
「アサザ」を紹介しましょう。

「浅々菜」と書きます。
名前は浅い水辺に生えるところから
葉が蓴菜 に似ているところから 花蓴菜(はなじゅんさい)
の別名もあるそうです。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
20080619_asaza_04217.JPG

ミツガシワ科の浮葉植物だそうです。
本州、四国、九州に分布します。
かつては各地の湖、沼、ため池に見られましたが、今は
環境省レッドリストの絶滅危惧Ⅱ類にランクされているそうです。

20080619_asaza_04211.JPG

開花期間は6月頃から10月頃までと長いです。
虫媒花でイチモンジセセリなどのチョウやハナアブ、ハチが
寄ります。

20080619_asaza_04223.JPG

湖底の泥中を地下茎が横に這い増えていきます。
葉は、ほぼ円形で水面に浮かび、周辺にうねっているような
ゆるいギザギザがあります。

20080619_asaza_04215.JPG

黄色の花の縁はフリンジ状になっていています。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 09:00 AM | コメント (2)

June 26, 2008

イヌヌマトラノオ

6月26日、
朝からせわしない鳥の声が何度も聞こえるので、気になって
ベランダに出ると階下の庭の青楓の陰にシジュウカラを発見!
最初、一羽と思ったら、もう一羽現れ、番いかな?と・・。
そしたらまた、2、3羽来て、地上で落ち葉をひっくり返したり、
餌を探しているようでした。
可愛い姿でした^^。

きょうは、先週上京した時に撮った「イヌヌマトラノオ」を紹介します。
「犬沼虎之尾」と書きます。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
20080619_inunumatoranoo_04191.JPG

高さは70~100センチ程です。、
葉は互い違いについて、細長くて先は尖っています。

20080619_inunumatoranoo_04129.JPG

オカトラノオとヌマトラノオの雑種だそうです。
関東北部の湿った草地に生えます。
サクラソウ科の植物です。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 10:24 AM | コメント (6)

June 25, 2008

ハンカイソウ

6月25日、
先週の途中から窓越しにコシアキトンボの姿を見るようになりました^^。
毎年、やってきてグルグル旋回しています(@_@)

さて、きょうは「ハンカイソウ」というキクの仲間を紹介します。
「樊會草」と書きます。
名前は中国の漢の武将の樊會(劉邦の家来)に由来します。
「鴻門の会」で、項羽から劉邦を危機一髪で救いだした豪傑です。
他の草に抜きん出てすっくと伸びる堂々とした姿を樊會に例えて
名付けられたそうです。

(写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
20080619_hankaisou_04118.JPG

距離もあったのですが、すっくとした力強いイメージには
いまいちでしたかね(^^;)
静岡県以西の本州、四国、九州に分布しています。
湿原の周辺や、湿った半日陰の草原に生えます。
草丈は1メートル強程になり、直径10センチ程の花が付きます。
特徴である深く切れ込んだ葉は一部しか撮れませんでした(>_<)。
キク科の植物です。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 08:08 AM | コメント (8)

June 24, 2008

クサフジ

6月24日、
やった~!やっと晴れた!
洗濯、おお急がし~^^。
洗濯機まわしながら・・のナガラ族^^

きょうはフジの花に似た「クサフジ」を紹介しましょう。
「草藤」と書きます。
花が藤の花のようで、藤と違って草なので「クサフジ」と
名付けられました。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
20080619_kusahuji_04154.JPG

北海道から九州の日当たりのよい草地や河原、林の縁に
生えるつる植物です。

20080619_kusahuji_04152.JPG

フジと違って上向きに立ち上がって咲きます。

20080619_kusahuji_04161.JPG

マメ科の植物です。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 08:18 AM | コメント (8)

June 23, 2008

タカトウダイ

6月23日、
今にも泣き出しそうな空に赤い花・・
赤いミニシクラメンが今朝また咲きました。
今月に入って2輪目、こんなことは初めてです。

きょうは湿った野原に地味に咲いていた
「タカトウダイ」を紹介します。
「高燈台」と書きます。
「トウダイ」とは、灯明を置く燈台のこと。
トウダイグサ類の中でも草丈が高いので、
「タカトウダイ」と名付けられました。
トウダイグサ科の植物です。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
20080619_takatoudai_04148.JPG

高さは50~80センチ程です。
真っ直ぐに伸びた茎の下の方はヘラ形の葉が
互い違いに付いています。

上から見ると、こんなふうです↓

20080619_takatoudai_04190.JPG

茎のてっぺんから5本の茎が放射線状に伸びています。
それぞれの先に3枚づつの葉がひとかたまりになって
付いています。

このひとかたまりをアップすると、こんなふうです↓

20080619_takatoudai_04134.JPG

3枚の葉の真ん中にまた、クルッと巻いたような葉と、
黄色っぽい花が見えます。
葉の付き方や花がユニークですね。

20080619takatoudai_04136.JPG

タカトウダイは変異が多いらしいです。
本州~九州に分布しています。
日当たりのいい山地の道端や草原、荒地や湿地に生えます。
茎や葉など折ったりすると白い乳液を出し、有毒植物だそうです。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 08:07 AM | コメント (2)

June 22, 2008

ガクアジサイ

6月22日、
きょうも雨、蒸しますね~^^;
先日、鬱蒼とした林の中で「ガクアジサイ」の群落が目にとまりました。
ちょっと距離がありましたが、写真が撮れたので、皆さんに
おめにかけたいと思います。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
20080619_gakuajisai_04202.JPG

ガクアジサイは・・
房総半島、三浦半島、伊豆半島、伊豆諸島、小笠原等の海岸に
自生する日本の固有種だそうです。

20080619_gakuajisai_04198.JPG

外側の白い花に見える部分は萼(ガク)が変化した「装飾花」です。

20080619_gakuajisai_04200.JPG

装飾花のアップも普通の花のアップ画像も今回は貼れず、残念!

20080619_gakuajisai_04205.JPG

代わりにオオシオカラトンボ♂とのコラボをおまけしておきました^^。

*アジサイに関しての過去ログがあります。
よかったら、こちらへもどうぞ↓
アジサイ
アジサイ その2
アジサイ その3

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 09:04 AM | コメント (6)

June 21, 2008

ノハナショウブ

6月21日、
朝から梅雨らしいお天気、きょうは夏至だとか・・。
この季節、あちこちの花菖蒲園が見ごろですね^^。
きょうはハナショウブの原種である「ノハナショウブ」を紹介します。
「野花菖蒲」と書きます。
そのまま、野に咲く花菖蒲「ノ ハナショウブ」の意味です。
5月下旬から咲きはじめ、そろそろ終わりがけでしょうか?

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
20080619_nohanashoubu_04150.JPG

北海道から九州の山野の湿地もしくは湿った草原に生えています。
紫色の美しい花ですが、有毒だそうです。

20080619_nohanashoubu_04151.JPG

花びらの元に短い黄色の筋が1本入るのが特徴です。
(画像をクリックして拡大してご覧ください。)
少しわかり辛くてすみません。5倍ズームでこれが限界でした^^;

アヤメ科の植物です。
全国的に絶滅危惧種になっているそうです。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 11:44 AM | コメント (0)

June 12, 2008

アカバナユウゲショウ

6月12日、
朝は雨が降っていましたが、ほどなく雨があがり、やや
蒸し暑かったですが、今は涼しい風が吹いています。

きょうは、ホタルが出るという水辺の脇に咲いていた
可愛いピンクの花「アカバナユウゲショウ」を紹介します。
「赤花夕化粧」と書きます。
花が夕方に開くことからこの名前になったそうですが、
昼間咲いていました(^^;)。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
20080607_akabanayuugeshou_03875.JPG

高さは10~60センチ程。
葉は互い違いに付き、縁には浅いギザギザがあります。
直径1.2センチ程のピンク色のきれいな花をつけます。
花びらは4枚です。
花にある赤い筋が目立ちますね。

20080607_akabanayuugeshou_03873.JPG

アカバナ科の植物です。
南アメリカ原産です。
関東以西の本州、四国の道端や空き地などに生えています。
明治時代にアメリカから渡来し、観賞用に栽培されていたものが
野化したものと思われます。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 04:47 PM | コメント (6)

June 10, 2008

ツルアリドオシ

6月10日、
梅雨の晴れ間でいいお天気そう~♪
北海道ではスズランが満開だそうですね。

きょうは、やや暗い林の中の水が染み出ているような所で、
小さく可愛い姿で咲いていた「ツルアリドオシ」を紹介します。
「蔓蟻通し」と書きます。
外見がアリドオシという植物に似て、つる性であることから、
名付けられたそうです。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
20080607_turuaridoosi_03547.JPG

北海道~九州の山や林内のやや湿った所に生えます。
葉は向かい合って付き、卵形で長さ1~1.5センチ、幅0.5~1.2センチ程。
葉は常緑で厚く光沢があり、縁に波状のギザギザがあります。

20080607_turuaridoosi_03541.JPG

茎の先に、長さ1.5センチ程で、先が普通4つに分かれた白い花
が2個ずつ、くっついて付いてます。

20080607_turuaridoosi_03542.JPG

径1センチ程の白い花の中には毛がいっぱいあります。

20080607_turuaridoosi_03557.JPG

アカネ科の植物です。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 07:44 AM | コメント (6)

June 08, 2008

カモノハシ

6月8日、
きのう、きょうと梅雨の中休み、いいお天気です。
きのう、豊橋の湿地に6年ぶりに行ってきました(^_^;)
面白い名の植物を見つけたので紹介しますね^^。
「鴨嘴」と書いて、「カモノハシ」です。
あれっ?植物にも「カモノハシ」ってあるの?
と思った方、あるんですっ(^_-)-☆
イネ科の植物です。
穂が一見ただの棒状に見えますが、じつは背中合わせに
2つに割れ、その2 つに割れた花穂が鴨のクチバシに似て
いるので、名付けられたそうです。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
20080607_kamonohasi_03697.JPG

草丈は30~70センチ程。
葉の幅は0.5~1センチ程、長さ15~30センチの線形で、無毛。
本州~九州の湿地に生えます。

20080607_kamonohasi_03700.JPG

穂は長さ3センチ程でした。
穂から紅ショウガ?のようなのが突き出ていますね^^。

20080607_kamonohasi_03703.JPG

これは雌しべの柱頭だそうです。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 02:16 PM | コメント (12)

June 06, 2008

スイセンノウ

6月6日、
皆さん、こんばんは~。
きょうはアップするのが大変遅くなってしまいました。

友達のU氏宅で咲いていた「スイセンノウ」を紹介します。
「酔仙翁」と書きます。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
20080606_suisennou_03408.JPG

高さ50~60センチ程です。
5月~6月に直径2.5センチ程の花が咲きます。
葉は向かい合って付きます。

20080606_suisennou_03413.JPG

茎葉が白い毛で覆われ、灰緑色に見えます。
葉など触ると、ビロードのような感触で気持ちいいです。
それで別名はフランネル草だそうです。

20080606_suisennou_03411.JPG

花びらは5枚です。
ナデシコ科 の植物です。
乾燥に強く、一度生えると、こぼれ種から増えることも
多いようです。
南ヨーロッパの原産の帰化植物です。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 10:23 PM | コメント (8)

May 31, 2008

コメツブツメクサ

5月31日、
きょうで5月も終わり。
雨の止み間もどんよりとした空模様が広がっています。

きょうは近くの公園で見つけた「コメツブツメクサ」を紹介します。
「米粒詰め草」と書きます。
シロツメクサの仲間ですが、非常に小さいことから名付けられました。
別名はキバナツメクサとも言います。
ヨーロッパ原産の帰化植物で、明治後期に渡来したそうです。
全国の荒れ地や芝生、道端に生えています。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
20080508_kometubutumekusa_02662.JPG

葉は長さ1センチ程の3枚の葉からなり、縁には不揃いなギザギザ
があります。

20080508_kometubutumekusa_02663.JPG

長さ3ミリ程の蝶形の花が数個球状に集まっています。
マメ科の植物です。

*5月に載せた植物を↓fab Photo Galleryに更新しました↓のでご覧ください。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 03:08 PM | コメント (0)

May 25, 2008

タチイヌノフグリ

5月25日、
今、うちの水槽の中はにぎわしいです。
グッピーの赤ちゃんが次から次へと生まれているのです。
こんなことは初めてです^^。

きょうは小さな青い花を付ける「タチイヌノフグリ」を紹介します。
ヨーロッパ原産で、明治時代に渡来した帰化植物です。
オオイヌノフグリに似ていますが、茎が立ち上がるので、
「タチイヌノフグリ」と名付けられました。
「タチーイヌノフグリ」ということです。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
20080508_tatiinunohuguri_02622.JPG

オオイヌノフグリよりやや遅れて咲き始めます。
高さ7~10センチ程でした。
茎葉に短い毛が生えていました。

20080508_tatiinunohuguri_02623.JPG

花もオオイヌノフグリよりも小さく、径3~4ミリで目立ちません。
そして、花の柄はありません。
ゴマノハグサ科の植物です。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 10:06 AM | コメント (4)

May 21, 2008

ニワゼキショウ

5月21日、
きのう、出かけた先の公園にセンダンの花が咲いていました。
保育園児がたくさん遠足に来ていました^^。

きょうは公園の芝生によくある「ニワゼキショウ」を紹介します。
「庭石菖」と書きます。 
葉の形がサトイモ科の「セキショウ」に 似ていて、
庭によく生えるため、名付けられたそうです。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
20080508_niwazekishou_02658.JPG

アヤメ科の植物です。
花からはすぐにわからないかもしれませんが、
葉の形を見るとアヤメの葉を小型化したような形ですね。
“菖”の字からもわかるかもしれません。

20080508_niwazekishou_02637.JPG

北アメリカ原産で1887年頃(明治の中頃)に観賞用として
渡来した帰化植物です。
日当たりのいい芝生や荒地に生え、直径 1センチ程の
白や赤紫の花を付けます。
花びらは6枚で、中心部は黄色です。

20080508_niwazekishou_02618.JPG

きれいで可愛い花ですね。
群生すると見ごたえがありそうです。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 10:07 AM | コメント (8)

May 20, 2008

カタバミ

5月20日、
昨晩は結構降りました。
風もあり、台風の影響とか・・。
こちらは、先ほどから青空が見えてきました^^。

庭などの雑草としてお馴染みの「カタバミ」を紹介します。
「片喰」あるいは「傍食」と書きます。
葉の一部が欠けているように見えることから名付けられました。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
20080508_katabami_02636.JPG

葉は 3 枚のハートが合わさっているような形ですね。
雨が降ったり、夜になると葉を閉じます。
黄色の花びらは 5 枚です。
カタバミ科の植物です。

20080508_katabami_02633.JPG

その他、茎や葉にシュウ酸を含み、酸味があるそうです。
繁殖力が強く、抜くのが困難である事から、「(家が)絶えない」
に通じ、家運隆盛や子孫繁栄として家紋にも使われています。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 07:58 AM | コメント (6)

May 18, 2008

スイカズラ

5月18日、
お昼過ぎ、きのう開いたトケイソウがしぼみました。
皆さんに見てもらえてよかったです^^。

きょうは日本各地の山野や空き地に生えているツル植物の
「スイカズラ」を紹介します。
これはすぐ近くの雑木林の縁に生えていました。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
20080508_suikazura_02587.JPG

「吸い葛」と書きます。
英名はJapanese Honeysuckleです。
洋の東西を問わずスイカズラの花を口にくわえて蜜を吸うことが
行われていたようです。
別名の「ニンドウ(忍冬)」は、常緑であり冬でも耐え忍んで
葉を落とさないから名付けられたようです。

20080508_suikazura_02585.JPG

花は並んで2個ずつ付きます。
筒状の花で、5枚の花びらのうち4枚はくっついていて、上向きに
反り返り、1枚は下に反っています。唇を開いたような形です。
花は 2 個ずつ並んで付きます
5本の雄しべと長い雌しべ1本があります。

20080507_suikazura_02555.JPG

きつくない甘い香りがあります。

20080508_suikazura_02586.JPG

花は、はじめ白いけど徐々に黄色くなります。
白から黄色に変化する花を乾燥させて、「金銀花」として
お茶にします。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 04:42 PM | コメント (6)

May 17, 2008

トケイソウ その4

5月17日、
キジバトが巣作りのため、細い枝などくわえてマンションにある
ヤマモモの茂みにせわしく行き来しています。
今朝10時過ぎ頃、ベランダに出たら・・
あらっ?トケイソウの蕾に変化がありました。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
20080517_tokeisou_02936.JPG

ガクの部分が開いていました。
しめしめ(*^m^*)、きょうにも咲くかしら?と、とりあえず(≧[◎]oパチリ!
そしたら、いきなりパンッ!と爆ぜたよに・・
生まれたてのホヤホヤ状態はこちら↓

20080517_tokeisou_02939.JPG

この間、1分程。
ええ~っ?うっそ~!(@_@)

数分のうちに花びらもシャンッ!となり背筋を伸ばして(笑)このとおり↓
20080517_tokeisou_02944.JPG

お約束の雌しべの様子↓

20080517_tokeisou_02948.JPG

この花は雌しべの先が3つに分かれ、普通でした。
先回載せたのは何らかの原因で突然変異したものかもしれません。

今回、偶然にもトケイソウの開花の瞬間に出会えたのはラッキーでした(*^-゜)vィェィ♪

咲いたばかりのせいか、鼻を近づけると甘~いトロピカルフルーツの
香りがしました(*^-^*)

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 12:07 PM | コメント (8)

May 14, 2008

トケイソウ その3

5月14日、
夕方6時頃、帰宅し洗濯物を取り入れようとしたら・・
あら~っ!
夏に咲くと思っていた我が家の鉢植えのトケイソウが、
もう咲いていてびっくり!
確か、朝はまだ固そうな蕾だったのに・・。
初めての開花でした!やった~(*^^)v
ここ数日寒いくらいでしたが結構耐寒性があるんですね~。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
20080512_tokeisou_02806.JPG

あれ~っ?
よく見ると、普通は3つに分かれているはずの雌しべが、
なんと、4つに分かれているではありませんか?!
ひゃぁ~ヾ(≧▽≦)ノ、これって珍しい?

花の大きさは7センチ程でした。

20080512_tokeisou_02815.JPG

放射状にひろがる糸状のブルーの部分を植物学の専門用語で
「副花冠 」あるいは「副冠」というそうです。
花びらと雄しべの間にある花びらに似たものをいいます。
「副花冠 」の根元をアップしますね。

20080513_tokeisou_02843.JPG

すごい模様でしょ~♪

20080513_tokeisou_02853.JPG

蕾がもうひとつ付いていました。
これも観察して、また4つに分かれているか?確かめてみよっと!

*トケイソウについてもっと知りたい方はブログ内過去記事をご覧下さい。
トケイソウ
トケイソウ その2

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 12:15 PM | コメント (12)

May 13, 2008

ベニバナハコネウツギ

5月13日、
ちょっと前に友達のUさんにいただいた花・・。

この花、見たことありますか?
ハコネウツギに似てるけど、みんな紅色の花ばかり??

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。
20080507_benibanahakoneutugi_02682.JPG

調べたら「ベニバナハコネウツギ」でした。
「紅花箱根空木」と書きます。

20080507_benibanahakoneutugi_02684.JPG

ハコネウツギの園芸種で初めから紅色の花のものです。
スイカズラ科の植物です。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 09:39 PM | コメント (4)

May 11, 2008

シナモンゼラニウム

5月11日、
雨の「母の日」・・。
ベランダで鉢植えにしているシナモンゼラニウムを紹介します。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
20080511_sinamonzeraniumu_02706.JPG

ゼラニウムの中で特に芳香を放つ品種を、センテッドゼラニウム
(匂いゼラニウム)と呼びます。
そのひとつである「シナモンゼラニウム」。
名のようにシナモンの香り(特に葉に香りが強い)がします。

20080511_sinamonzeraniumu_02710.JPG

生葉をジャムや紅茶などに香りづけをしたり、乾燥させてポプリ
にすることもできます。

20080505_sinamonzeraniumu_02397.JPG

フウロソウ科の植物です。
可愛いピンク色の花に雨粒がかかっていました。

参考:他のセンテッドゼラニウム↓
ローズゼラニウム、レモンゼラニウム、ライムゼラニウム、
アップルゼラニウムなど。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 09:53 AM | コメント (8)

May 10, 2008

ホオノキ

5月10日、
知多で獲れたコオナゴの新物が出回っていたので、
買って食べたらとても美味しかったです^^。

きょうは「ホオノキ」を紹介します。
「朴の木」と書きます。
北海道から九州に分布するモクレン科の落葉高木です。
高さ30メートル、直径1メートル以上になるものもあるそうです。
樹皮は灰白色で、葉は長さ20センチ~45センチになるそうです。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
20080507_hoonoki_02545.JPG

葉の裏は白っぽかったです。
花も大型で大人の掌より大きな白い花が付いていました。

20080507_hoonoki_02542.JPG

花の直径は15センチ程でした。

葉は芳香があり殺菌作用があるために、朴葉寿司やほお葉餅
使われます。

落ち葉となった後も比較的火に強いため、味噌や他の食材を
のせて焼く朴葉味噌、朴葉焼きなどにも使われます。
また、大きい葉を利用して、古くから食器代わりに食物を盛ったり
包んだりされてきました。

また、高歯の下駄である朴歯下駄にも使われるそうです。

樹皮は厚朴(こうぼく)または和厚朴といい、生薬にします。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 01:52 PM | コメント (2)

May 09, 2008

ツルキンバイ

5月9日、
奥三河の山地の林に生えていました。
「ツルキンバイ」を紹介します。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
20080427_turukinbai_02139.JPG

「蔓金梅」と書きます。
バラ科の植物です。
高さは10センチ程でした。

20080427_turukinbai_02138.JPG

葉がはっきり写せませんでしたが、菱形で縁に深いとがった
ギザギザがある小さい葉が3枚でひとつになっています。

20080427_turukinbai_02137.JPG

黄色の花は直径1.8センチ程でした。

関東以西~九州に分布しているようです。
4~6月に咲くそうです。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 12:14 PM | コメント (5)

May 08, 2008

ニョイスミレ

5月8日、
ベランダではボリジの花が咲いています。
2日程前、マツバボタンの種を蒔きました^^。

きょうは「ニョイスミレ」を紹介します。
「如意菫」と書きます。
葉の形が僧侶の持つ仏具の「如意」に似ているので
名付けられました。

別名はツボスミレ(坪菫)とも言います。
これは山地の少し湿り気のある林内に生えていました。

(写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
20080427_nyoisumire_02107.JPG

(茎葉ははっきり写せず^^;)
茎は斜めに伸び、高さは5センチ程でした。
葉は先の尖った心形~腎形で葉の元はくるりと巻いた
ようになっていました。

花には紫の筋がありました。
開花はスミレの仲間の中では最も遅いそうです。

北海道から九州まで見られるそうで、
数もタチツボスミレの次に多いらしいです。

「如意」の意味はこちらへ
東京国立博物館「如意」

*4月に載せた植物を↓fab Photo Galleryに更新しました↓のでご覧ください。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 08:46 AM | コメント (3)

May 06, 2008

ムラサキケマン

5月6日、
連休最終日、風も多少あって初夏そのもの・・^^。
ベランダのアイス・バーグという薔薇が一輪咲きました。
とてもいい香りです^^。

きょうは奥三河で出会った「ムラサキケマン」を紹介します。
「紫華鬘」と書き、紫色の華鬘という意味です。
華鬘というのは仏具のことで、その花姿が似ているので
名付けられたそうです。
別名はヤブケマン(藪華鬘)と言います。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
20080427_murasakikeman_02275.JPG

全国の平地等のやや湿った所に生えているようです。。
高さは 20 センチ程でした。

20080427_murasakikeman_02258.JPG

葉は鳥の羽根のような形です。
長さ1.2~1.8 センチ程の紅紫色の筒状の花を多数付けます。
ケシ科の植物です。
毒草です。

参考:「華鬘」についてもっと知りたい方はこちらを
華鬘(けまん)

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 09:42 AM | コメント (8)

May 05, 2008

カキドオシ

5月5日、
きのうはとてもいいお天気で、友人宅で15人と一匹で
バーベキューをして一日過ごしました。
一年に1~2度会う仲間ですが、ワイワイ、ガヤガヤと・・。
主催者一家の皆さま、大変楽しい一日を(^人^)ありがとう
ございましたm(_ _)mペコリ

きょうは残念ながら、雨の「こどもの日」となってしまいましたね。
立夏でもありますが、雨でやや肌寒い・・。

気をとり直して生命力の強い「カキドオシ」を「こどもの日」の
きょう、紹介したいと思います。
「垣通し」と書きます。
花後の茎が地面を這って伸び、垣根の下を通り抜けていくほど
なので、名付けられました。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
20080427_kakidoosi_02076.JPG

北海道~九州の道端や空き地などに普通に生えています。
いわゆる雑草ですが、たいてい日の当たる草地に群生していて、
よく見るととても綺麗な花です。

20080427_kakidoosi_02257.JPG

高さ5~15センチ程でした。
シソ科の植物です。
花は長さ1.5~2センチ程の唇形で模様があります。
腎臓型の葉の縁には丸っこいギザギザがあります。

20080427_kakidoosi_02274.JPG

茎葉に結構毛が多い他、花の中の方にも毛が生えていました。

古くから民間薬としても使われているそうです。
別名のカントリソウ(癇取草)は、子供の癇(かん)を
よく治す薬ということから名付けられたそうです。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 03:07 PM | コメント (2)

May 04, 2008

シロモジの花

5月4日、
きのうはとても暑かったですね。こちらは30度を越えました^^;
私は、また、鉢の植え替えをしました。
つれあいは熱帯魚の水槽の大掃除を担当^^。
きょうもいいお天気~♪
「みどりの日」ですね^^。
各地で植樹祭などあるのかしら・・。
ということで、きょうは木をとりあげたいと思います。
明るい林に黄色の花を付けていました。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
20080427_siromoji_02229.JPG

「シロモジ」だと思います。
「白文字」と書きます。
名の由来は「黒文字」に対して、だそうです。
(黒文字の名は若枝の表面に出る斑紋を文字に見立てたもの)
また、昔はシロモジの種から油を絞って灯火用に使ったそうです。
中部地方以西から九州の山地に生えています。
高さは5メートル程の落葉樹です。

20080427_siromoji_02226.JPG

葉に先立って黄色の花を付けます。

20080427_siromoji_02225.JPG

花のアップです。↓

20080427_siromoji_02223.JPG

クスノキ科の植物です。

余談:この時期のクスノキ科の樹木(ダンコウバイやシロモジ、
クロモジ、アブラチャン)はどれも花だけ見るとよく似ていて
困ります(´へ`;ウーム
葉が出てくると葉の形で見分けられますが、花と樹皮だけでは
見分けがつきにくくて・・(^^;)

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 08:17 AM | コメント (10)

May 03, 2008

クサノオウ

5月3日、
きょうから4連休の方も多いのでは?
いいお天気ですね。
今朝、友達のMさんにいただいたイソトマの花が咲きました~♪

きょうは、ツバメの来る初夏に素朴な黄色の花を咲かせる
「クサノオウ」を紹介します。
「草の王」と書きますが、皮膚病の「瘡(クサ)」の優れた薬草
であることから、「瘡の王」という説があるそうです。
古代ギリシャの時代から神話と共に薬用とされてきたようです。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
20080427_kusanoou_02260.JPG

北海道~九州にかけての山麓や平地の道端や、
日当たりのいい草地に群がって生えています。
高さは30センチ程でした。

20080427_kusanoou_02262.JPG

直径2センチ程の黄色の花は花びら4枚です。
茎や蕾に毛が多いです。

20080427_kusanoou_02263.JPG

ケシ科の植物です。
21種ものアルカロイドを含む有毒植物です。
*有毒植物について、もっと知りたい方はこちらもご覧下さい
毒草を食べてみた
この本の130~133ページに「クサノオウ」が載っています。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 02:07 PM | コメント (2)

May 01, 2008

シロバナエンレイソウ

5月1日、
いよいよ、新緑や薫風の五月・・。
fabもおかげさまで丸3年経ち、きょうから4年目に突入。
読者の皆様、これからもどうぞよろしくお願い申し上げますm(_ _)mペコリ。

さて、きょうは奥三河に生えていた「シロバナエンレイソウ」を紹介します。
「白花延齢草」と書きます。
別名はミヤマエンレイソウ(深山延齢草)と言います。
「延齢草」の名の由来はわかりません。
有毒植物とされています。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
20080427_sirobanaenreisou_02158.JPG
↑この写真は上から撮ったものですが、高さは20~30センチ程でした。
12センチ程の3枚の丸みを帯びた菱形の葉が輪生しているのが特徴。

北海道から九州の山地のやや湿り気のある明るい林内に生えます。
エンレイソウは褐紫色の花を付けますが、これは白い花を付けます。
直径2センチ程の花は横向きに付きます。

横向きの花ばかりでしたが、これだけやや上向きに花が付いていました。
20080427_sirobanaenreisou_02164.JPG

外側の緑色の3枚のガクと、内側の3枚の白い花びらは、
どちらも先がとがり、長さはほぼ同じです。
子房は普通クリーム色をしています。

20080427_sirobanaenreisou_02160.JPG

雄しべの数も6つと、雌しべは1つですが、写真ではわかりにくい
ですが、先が3つに裂けています。

ユリ科の植物です。

余談ですが、北大の校章には花の大きな”オオバナノエンレイソウ”
がモチーフとして使われています。
北大寮歌「都ぞ弥生」にも歌われているようです。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 11:48 AM | コメント (5)

April 29, 2008

フデリンドウ

4月29日、
お昼間3時間半ほど、鉢の植え替えをしました。
大鉢ではないものの、17鉢も植え替え、本日は終了。

きょうは明るい林の縁に咲く「フデリンドウ」を紹介します。
「筆竜胆」と書きます。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
20080427_huderindou_02114.JPG

花の閉じた形を筆の穂先に見立て名付けられたようです。

20080427_huderindou_02118.JPG

日当たりの良い林の斜面に点々と咲いていました。
同じ色のスミレがたくさん咲いており、よく見ないと
見落とすところでした。

20080427_huderindou_02122.JPG

高さは3センチ程で、花の直径は1センチ程でした。
ちょっと厚めの葉が向かい合って付いていました。

20080427_huderindou_02123.JPG

北海道~九州に分布するそうです。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 05:52 PM | コメント (2)

April 26, 2008

ケキツネノボタン

4月26日、
午後から雨があがったら、結構強い風が・・^^;

きょうは「ケキツネノボタン」を紹介します。
「毛狐の牡丹」と書きます。
毛が多く、姿がキツネノボタンに似ているので名付けられました。
(葉が牡丹の葉に似ているから狐の牡丹と名付けられたそうです。)

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
20080419_kekitunenobotan_01623.JPG

本州、四国、九州の田畑の縁などに普通に見られます。
名のとおり、茎葉に毛が多い。

20080419_kekitunenobotan_01631.JPG

高さ20~60センチ程。
黄色の直径1センチ程の花びら5枚の花を付けます。

20080419_kekitunenobotan_01629.JPG

キンポウゲ科の植物です。
有毒植物です。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 02:10 PM | コメント (5)

April 24, 2008

ヤマモモの花 その2

4月24日、
きょうは雨・・。
結構強く降り込んでいます。

きのうお友達の家に「ヤマモモの雌花」が咲いてると聞いて、
さっそく撮らせていただきました。

これが「ヤマモモの雌花」です!
(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
20080423_yamamomo♀_01934.JPG

上から見たところです↓
20080423_yamamomo♀_01936.JPG

どうです?
何だか紅しょうががくっついているみたいでしょ^^。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 09:24 AM | コメント (10)

April 23, 2008

シロヤマブキ

4月23日、
あるお宅のお庭に「シロヤマブキ」が植えられていました。
「白山吹」と書きます。
バラ科の落葉小低木です。
白花のヤマブキのように見えるかもしれませんが、
これはヤマブキではありません。♪ややこしや~。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
20080416_siroyamabuki_01516.JPG

ヤマブキ(黄色)は花びらが5枚ですが、シロヤマブキは 4 枚です。

20080416_siroyamabuki_01515.JPG

去年の実がまだ落ちずに残っていました。種子も4つできます。

20080416_siroyamabuki_01518.JPG

葉は向かい合って付いています。これもヤマブキと違うところです。

シロヤマブキの方はバラ科の中ではかなり特殊な存在のようです。
国内の自生(中国地方の石灰岩地など)は貴重なもので、
レッドリストにも絶滅が心配される植物として掲載されているそうです。
よく庭木で見られるのは園芸種のシロヤマブキです。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 08:40 AM | コメント (2)

April 22, 2008

ゲンゲ

4月22日、
ツツジ咲く林の縁を歩いていたら・・

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
20080419_rinpen_01813.JPG

おっ!レンゲを発見!
周囲を見渡してもレンゲはこれ一輪のみ。
貴重なるレンゲと思い(^v^)、アップしますね。

20080419_renge_01834.JPG

さて、植物図鑑で「レンゲ」を探しても出てきません(´へ`;ウーム。
植物学ではレンゲのことを標準和名で「ゲンゲ」というそうです。
ですから「ゲンゲ」で調べてくださいね。
中国原産で室町時代に渡来した帰化植物で、「ゲンゲ」は
中国での呼び名がなまったものとのことです。

紅紫色の花が車輪状に並んでいる姿が、ハスの花(蓮華)に
似ていることから、そういう名前になったのだそうです。

20080419_renge_01827.JPG

マメ科の植物です。
マメ科の植物は、空中の窒素を固定する根粒菌の働きにより、
土の中に植物にとって栄養分となる窒素を蓄えます。
なので、ゲンゲをそのまま水田にすきこむことで、緑肥として
活用することができる、ということです。
でも、レンゲソウが一面に生えているのどかな田園風景は、
今はあまり見られなくなりました。

その他、岐阜県の県花になっています。
また、「レンゲの蜂蜜」でも有名ですね。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 03:07 PM | コメント (8)

April 21, 2008

キュウリグサ

4月21日、
きょうのお昼間は暑いくらいでしたね。
半袖姿や日傘も目につきました。

きょうは「キュウリグサ」を紹介します。
キュウリの匂いがするから、キュウリグサ~♪?
もちろん、「胡瓜草」と書きますヨ。

葉を揉むと胡瓜の匂いがするのでこの名前がつきました。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
20080406_kyuurigusa_01312.JPG

全国の道端や野原に生えています。
茎がひょろひょろ伸びています。
高さは 10 センチ程でした。

20080406_kyuurigusa_01297.JPG

ムラサキ科の植物です。
花は3 ミリくらいで、花びらは5枚あり、澄んだ空色をしています。
ワスレナグサの花に似ていますが、ワスレナグサより小さい花です。

20080406_kyuurigusa_01300.JPG

さぁ、皆さんも葉を揉んで匂いを嗅いでみてくださ~い。
ホントにキュウリの匂いがしますよ^^。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 05:01 PM | コメント (12)

April 20, 2008

ヤマモモの花

4月20日、
きのう、きょうとお天気が良くなり、新緑の勢いも増してきました。
きょうは”穀雨”とか・・。

「ヤマモモの花」が咲いていたので、紹介します。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
20080405_yamamomo♂_01224.JPG

5メートル程の雄株でした。

20080405_yamamomo♂_01223.JPG

これは雄花ですね。
色はくすんだ橙色っぽく、長さは4センチ程でした。

「山桃の花」は高知県花になっています。

もっとヤマモモについて知りたい方は、過去記事もご覧ください。
ヤマモモの実

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 10:39 AM | コメント (4)

April 18, 2008

タネツケバナ

4月18日、
二日もしっかり雨が降ると、お日様が恋しくなりますが、
カタツムリは喜び、あちこちで姿を見かけました。

きょうは「タネツケバナ」を紹介します。
「種浸け花」と書きます。
水稲の種籾を芽だしのために水に浸ける頃に、
この花が咲くために名付けられました。
北海道~九州の田畑や野原に生えます。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
20080405_tanetukebana_01106.JPG

高さは15~30センチ程で、葉は互い違いに付きます。

20080405_tanetukebana_01112.JPG

白色の花を十数個付けます。
花びらは4枚あり、アブラナ科特有の十字形をしています。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 08:54 AM | コメント (4)

April 17, 2008

マツバウンラン

4月17日、
きょうはまとまった雨ですね。
先月から気づいていたのですが、ハーブを植えた鉢に違うロゼット
が出現したので、何かな?と思ってたら、「マツバウンラン」でした。

きょうは、このひとり生えの「マツバウンラン」を紹介します。
「松葉海蘭」と書きます。
葉が松葉に似て、花がウンラン(海蘭)に似ているので、
名付けられたようです。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
20080417_matubaunran_01534.JPG

直径1センチ程の花の中央部は白くぷっくりとしています。
ゴマノハグサ科の植物です。

北アメリカ原産の帰化植物で、本州~九州に分布しています。
日当たりのいい芝生や道端に群生しています。
1ヵ所に数本から数十本集まって生えます。

20080412_matubaunran_01488.JPG

細い茎の高さは20~60センチ程です。
上のほうに付いている松葉のような葉は、長さ2~3.5センチで、
まばらに、互い違いに付いています。

20080406_matubaunran_01270.JPG

根元の葉はロゼット状でした。
20080417_matubaunran_01550.JPG

マツバウンランは私にはとてもなつかしい花です。
雑草扱いですが、15年程前に「何だろう?綺麗な花だな。」と思い、
初めて図書館で調べた花でした。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 01:32 PM | コメント (8)

April 16, 2008

ガマズミ

4月16日、
毎朝、家の窓から見えるケヤキやアベマキが、
日に日に緑の面積を増やしています。

きょうは「ガマズミ」を紹介します。
「莢迷」と書きます。
ガマズミの意味は神つ実であるという説はじめ、キョウメイ(莢迷)が
カメになり、さらに訛ってガマになり、ズミは実が酸っぱいから
という説などあり、はっきりしません。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
20080405_gamazumi_00965.JPG

北海道(南西部)から九州の山地や丘陵地の明るい林や草原に
生える、高さ2~3メートル程の落葉低木です。
葉の長さは5~14センチ程で、縁にゆるいギザギザがあります。
スイカズラ科の植物です。

20080405_gamazumi_00970.JPG

秋には野鳥が大好きな甘酸っぱい赤い実がなります。
果実酒にもなるそうです。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 09:30 AM | コメント (6)

April 14, 2008

ルピナス

4月14日、
雨上がり、葉っぱに水滴が・・。
何の葉っぱか?わかりますか?

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
20080403_rupinasu_00813.JPG

「ルピナス」です。
別名は「昇藤(のぼりふじ)」とも言います。
花の様子がフジに似ており、花が下から咲き上がるためです。

20080414_rupinasu_01503.JPG

マメ科特有の美しい蝶形花です。
以前から欲しかったのですが・・
やっと我が家のベランダにやってきました。

20080403_rupinasu_00848.JPG

ラテン語の「lupus(オオカミ)」が語源で、
どんな土地にも育つたくましさから名付けられたそうです。
南北アメリカ、南アフリカ、地中海沿岸の原産です。

古代エジプト時代から栽培されている植物です。
昔は食用、飼料用に利用されていましたが、
今はもっぱら観賞用に栽培されています。

20080411_rupinasu_01438.JPG

高さは50~150センチ程になります。
その他、最近は矮性種も多く出回っています。
下の写真の青、赤は矮性種です。

20080414_rupinasu_01500.JPG

花色は、紫、青、赤、ピンク、オレンジ色などカラフルで、花壇に
植えるととても映えます。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 10:44 AM | コメント (8)

April 08, 2008

サルトリイバラの雌花

4月8日、
今朝は公立中学の入学式、雨があがって風が出てきたせいか
風に乗って桜の花びらが次から次へと飛んできます。
電線にツグミがお出ましでした。
窓から見える猿投山も午後の青空に姿を現しました。

きょうはきのうの続き、「サルトリイバラの雌花」を紹介します。
きのうの雄花とは少し離れた所で見つけました。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)

20080405_sarutoriibara♀_01146.JPG

少し寄ると雌花はこんなふうに付いています。

20080405_sarutoriibara♀_01141.JPG

もっとアップで・・。

20080405_sarutoriibara♀_01138.JPG

雌しべの頭の先は3つに分かれていますね。
今、薄黄緑色の子房がやがて赤い実になるんですね。

花の向こうに見える巻きひげのようなツルを伸ばして、
他の植物にからみついて生きています。

ついでに、名の由来の硬いトゲ↓です。
20080405_sarutoriibara_01147.JPG

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 02:40 PM | コメント (8)

April 07, 2008

サルトリイバラの雄花

4月7日、
きょうは小学校の入学式のようでしたが、曇り空ながら
どうにかもったようですが、今にも降り出しそうです。
まだマスク姿の私ですが、土曜日に久々に取材に出かけました。
すっかり春めいて木々の動きも活発でした。
足元に、たった12センチ程の小さなサルトリイバラでしたが、
花が咲いていました。

きょうは「サルトリイバラの雄花」を紹介します。
サルトリイバラは雌雄異株です。
これは♂のようです。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
20080405_sarutoriibara♂_01062.JPG

花も葉っぱと同じ黄緑色をしているのであまり目立ちません。

20080405_sarutoriibara♂_01055.JPG

雄しべが6本見えますね。

20080405_sarutoriibara♂_01059.JPG

ユリ科の特徴がよく出ている花です。


ブログ内過去記事も併せてご覧ください。

サルトリイバラの実

サルトリイバラの実 その2

*3月に載せた植物を↓fab Photo Galleryに更新しました↓のでご覧ください。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 02:06 PM | コメント (9)

March 31, 2008

ニワウメ

3月31日、
3月は本当に風に苦しめられました。
きょうも雨上がりの強風です。
買い物途中、大回りをして桜のある道を通り、
車窓から花見をしました。
花びらが風に舞い散っていました。

きょうは4日前に撮った「ニワウメ」を紹介します。
いつもより少し早く咲いた、実家のニワウメです。
「庭梅」と書きます。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
20080327_niwaume_00585.JPG

バラ科の植物です。
中国原産の落葉低木です。
日本には古くに渡来し、観賞用として庭に植えられてきました。

この木は細くて1メートル程しかありませんでした。
しかも倒れ気味に咲いていました。

20080327_niwaume_00610.JPG

花は梅のようで、直径は1.5センチ程です。
一重で5枚の花びらが可愛い。
実は食べられるとのことです。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 02:45 PM | コメント (16)

March 30, 2008

サクラバハンノキの花

3月30日、
こちらでは今、雨が降ってきました。
この雨で散る桜も・・。

きょうは先日撮った「サクラバハンノキ」の花を紹介します。
「桜葉榛の木」と書きます。
ハンノキの仲間で葉が桜に似ているので桜葉ハンノキと
いうそうです。
カバノキ科の落葉植物で、今はこんな状態です。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
20080315_sakurabahannoki_00225.JPG

高さは10~20メートル程になります。
福島、栃木、新潟、石川、福井、長野、岐阜、静岡、
愛知、三重、滋賀、兵庫、岡山、広島、山口、宮崎の
各県に分布しています。

20080315_sakurabahannoki_00234.JPG

丘陵地の湿地に生えています。

20080315_sakurabahannoki_00233.JPG

国のレッドリストでは準絶滅危惧種だそうですが、
ここ愛知県ではリスト外とされています。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 04:07 PM | コメント (9)

March 26, 2008

オオバヤシャブシの花

3月26日、
車を運転していたら、二度もツバメを見ました。
もう、ツバメか・・とツバメは5月と思っていましたが・・。
お天気が下り坂なのか?・・

きょうは「オオバヤシャブシ」の花を紹介します。
「大葉夜叉五倍子」と書きます。

福島県から和歌山県までの太平洋岸に分布するそうです。
高さは5~10メートル程です。
樹皮は灰褐色で、 老木になると樹皮がはがれています。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
20080315_oobayashabusi_00256.JPG

花は3月から4月にかけて、葉の展開前に咲きます。

20080315_oobayashabusi_00254.JPG

雄花は太くて大きく、長さ4~5センチで垂れ下がって咲き、
雌花は上部に1つが上向きに咲いています。

20080315_oobayashagusi_00252.JPG

雌雄同株です。

20080315_oobayashabusi_00253.JPG

カバノキ科の植物です。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 03:29 PM | コメント (9)

March 24, 2008

カンザキアヤメ

3月24日、
今朝残っていた雨もお昼前後から止み、風も出てきました。
きょうは終業式のところも多かったようですね。
もう、春休み~♪

きょうは3月まで咲く、冬のアヤメ・・「カンザキアヤメ」を紹介します。
何だか人の名前みたいって?^^;
「寒咲き菖蒲(文目)」と書きますヨ^^。
アヤメ科の植物です。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
20080315_kanzakiayame_00158.JPG

普通のアヤメと違って、15~20センチ程と草丈は短いです。
日当たりが良い所が好きなようです。
地中海東部の原産です。

20080315_kanzakiayame_00160.JPG

淡青紫の色あいと文目模様がバッチリです。
11月末から3月までと花期も長い常緑植物です。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 02:59 PM | コメント (12)

March 23, 2008

トサミズキ

3月23日、
きのうは満月でしたね~。
少し、かさをかぶっていたようですが・・。
きょうはお彼岸明け。
随分と暖かくなり、ここ2,3日でマンションのケヤキも急に
芽吹いてきたようです。

春を告げる黄色の花のひとつ、「トサミズキ」を紹介します。
「土佐水木」と書きます。
名のとおり、高知県の蛇紋岩地帯や石灰岩地帯などに
自生する落葉低木です。

これは開花直前の花ですね↓
(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
20080315_tosamizuki_00182.JPG

江戸時代の中頃には観賞用に栽培されていたそうです
変わった花の付き方が面白いですね~。
高さは1.5~3メートル程で、枝分かれします。

20080315_tosamizuki_00189.JPG

淡黄色の花の葯は紅色で雄しべは5本あります。

20080315_tosamizuki_00187.JPG

花の後に葉が出てきます。
マンサク科の植物です。

同じマンサク科の仲間の
ヒュウガミズキ
もご覧ください。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 01:34 PM | コメント (6)

March 22, 2008

ウグイスカグラの花

3月22日、
今朝8時頃、「ケキョ、ケキョ」とウグイスの初鳴きで
目が覚めました。
うれしくなって、花粉のことも忘れて窓をそーっと開けて
みると、いました!いました!サザンカの植え込みの中に
姿を確認!単独で枝から枝へと谷渡り、最後に椿の木を
下から上に移って行き、どこかへ・・。

毎年、南側の庭に出没するのですが、今年は北側の庭に
姿を見せてくれました。
残念ながら写真は撮り損ねましたが・・(^_^;)

ということで、きょうは急遽、「ウグイスカグラ」の花を
紹介することにします。
以前からずーっと撮りたいと思っていたのですが、
先日ダンコウバイの花を撮りに行った時、近くで偶然咲いて
いたのです。わぁお!(☆o☆)

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
20080315_uguisukagura_00088.JPG

これが「ウグイスカグラ」(鶯神楽)の木です。
名の由来としては、鶯が木の茂みに入り飛び跳ねる様が神楽舞に
似ているからだという説があるそうですが、確かにそう思います。

小枝が多く、鶯がかくれんぼしているように見えるので
"うぐいす隠れ"がなまったとの説などもあり、フムフムと・・(^^)

北海道~四国の山野に生え、高さ1.5~3メートルの落葉低木です。
とっても小枝が多い。

20080315_uguisukagura_00083.JPG

スイカズラ科の植物です。
細長い柄の先に漏斗状で筒形の1センチ程の小花を咲かせます。
花や葉に毛がありません。

20080315_uguisukagura_00085.JPG

サーモンピンクの色も可愛いですね。

20080315_uguisukagura_00076.JPG

今度は実も撮りたいな~と、また、欲が出てしまいます(~_~;)

*多分、きょうでアクセス数が6万を突破すると思います。
これも皆様のおかげです。ありがとう(^人^)ございますm(_ _)m

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 12:01 PM | コメント (10)

March 20, 2008

シキミの花

3月20日、
珍しく朝から雨模様の春分の日でしたね。
雨が降らなければお彼岸でお墓参りに行く予定でしたが・・。
今は「木の芽おこし」の雨もやみました。

さて、きょうは墓地に多く植えられる木、「シキミ」の花
を紹介します。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
20080315_sikimi_00053.JPG

植物園で撮った「シキミ」です^^;
庭には植えられることの少ない木ですね。
花は少しクリーム色がかって見えます。

20080315_sikimi_00051.JPG


きょうのように、雨に濡れたシキミの花も風情があるものです。

20060420_sikimi_07596.JPG

「ゆかしさよ 樒(しきみ)花咲く 雨の中」(与謝蕪村)

シキミの名の由来等についてはブログ内過去記事をご覧
ください。→シキミの実

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 03:54 PM | コメント (12)

March 18, 2008

ニシキマンサク

3月18日、
霞のせいで家の窓から猿投山も見えません。
きょうは植物園で2月から咲いていた「ニシキマンサク」が、
もう終わりがけではありましたが咲いていたので、紹介します。
「錦満作」と書きます。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
20080205_nisikimansaku_09152.JPG
(2/5 16時頃撮影)

マンサク科の植物です。

20080205_nisikimansaku_09151.JPG
(2/5 16時頃撮影)

日本海側の富山県から福井県の多雪地の山地に自生し、
高さは2~5メートルになるそうです。

20080315_nisikimansaku_00179.JPG
(3/15 12時頃撮影)

マルバマンサクの一品種だそうですが、この写真のは
栽培種のようで、花びらのつけ根から赤っぽい色が
にじみ出ているようにも見えます。

同じマンサク科のブログ内過去記事→シナマンサク
ご覧ください。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 09:14 AM | コメント (11)

March 16, 2008

ダンコウバイの花

3月16日、
きのう、きょうと4月の陽気でしたね。
この陽気に誘われて花も一気に開花かと・・。
私もダンコウバイの開花が気になり、花粉が怖いの
ですが、思い切って出かけたところ・・
やはり咲いていました!

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
20080315_dankoubai_00118.JPG


20080315_dankoubai_00107.JPG


20080315_dankoubai_00112.JPG

2月に載せたダンコウバイの蕾もあわせてご覧いただけると、
ダンコウバイについてもっとわかるかと思います。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 04:20 PM | コメント (14)

March 11, 2008

ヒヤシンス

3月11日、
だんだん春めいてきましたね。
きょうは、白いヒヤシンスの「カーネギー」を紹介します。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
20080311_hiyasinsu_09960.JPG

12月の23日に水栽培をはじめて、きのうほぼ満開に
なりました。
前々から学校時代にしたっきりのヒヤシンスの水栽培を
やりたいと思っていたのですが・・
12月に買い求めた時は、もう花屋さんには在庫が少なく白
しかありませんでした。
しかも3個だけ・・迷わず買いました^^v
2個を水栽培、一個は鉢植えにしてベランダに出しました。
ヒヤシンスの球根は9月から販売しているとのことでした。

20080311_hiyasinsu_09975.JPG

2ヶ月半で咲いたことになります。
とても強い香りなので、一部屋に一個で十分です^^。
ナルシストの香りかな?アハハ~~。

ベランダのはズングリとして、まだ、蕾です↓

20080311_hiyasinsu_09983.JPG

ユリ科の植物です。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 01:02 PM | コメント (20)

February 21, 2008

ダンコウバイの蕾

2月21日、
雨水も過ぎて、きょうは風のない日向は、春模様でした^^。
さて、久々に戸外のお花を・・と「ダンコウバイ」を紹介します。
「檀香梅」と書きます。
別名はウコンバナ(鬱金花)とも言います。
ウコンのような黄色の花が咲くことから名付けられたようです。

サンシュユ
とともに春を告げる黄色の花ですが、まだ、蕾でした。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
20080216_dankoubai_09591.JPG

クスノキ科の落葉低木です。
本州(新潟県、関東以西)、四国、九州の暖地の山地に生え、
まばらに枝分かれして3~7メートルになるそうです。
葉が出る前に花が開きます。

20080216_dankoubai_09594.JPG

これはまだ蕾ですが、開花するとこの黄色は早春の山の中では
目立つでしょうね~。

庭木にも使われます。
満開の時の花が撮れるといいなぁ。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 02:21 PM | コメント (14)

February 06, 2008

シナマンサク

2月6日、
きょうは友達の家にある「シナマンサク」の花を紹介します。

「支那満作」と書きます。 
マンサク科の植物です。
春に他の花に先駆けて咲くので ”まず咲く花”ということで
”まんさく”になったそうです。
また、花がたくさんつくので「豊年満作」から命名されたとも・・。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
20080206_sinamansaku_09162.JPG

中国原産の落葉樹で庭木などに利用されます。
葉は長さ8~16センチになり、写真のは8センチ程でした。
高さが2メートル以下の低いものでは、開花時でも枯れ葉が枝に
くっついて残っていることが多く、同じ1本の木でも高い位置では
落葉することが多いそうです。

20080206_sinamansaku_09165.JPG

開いた黄色の花びらは細い縮れたリボンのような形で4枚あります。
長さは1.5~2センチ程です。
毛が多いガク片も4つです。

20080205_sinamansaku_09100.JPG

中心部が赤っぽい花は1月中旬頃から3月にかけて咲きます。

リボン状の花は、”巻取り笛”のようにも見えます。
何だか愉快な花ですね^^。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 08:58 PM | コメント (12)

January 30, 2008

チャイニーズ・ハット

1月30日、
今朝はどうやらいいお天気になり、洗濯しました。
水揚げした花々の蕾がほころんできました。
白、黄、ピンク、赤のフリージア・・いい香りがしています。

きょうは植物園の温室の「チャイニーズ・ハット」を紹介します。
これは別名なのですが、こちらの名の方がとおりがいいので
これで紹介しますね。
(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
20080113_chaini-zuhatto_08062.JPG

耐寒性がなく、温室で咲いています。
原産地はインドやヒマラヤにかけての亜熱帯地方です。
大正末期に渡来したそうです。

20080113_chaini-zuhatto_08061.JPG

丸い皿のようなガクが帽子のようにも見える事から
この名前が付いたそうです。
確かに、つばのある帽子のようなのがガクで、
その真ん中からピューと筒状に出ているのが花なんですね。

20080113_chaini-zuhatto_08063.JPG

高さは2~3メートルになります。
花色はレンガ色からオレンジ色、淡黄色などがあるようです。

本名は「ホルムショルディア・サングイネア」と言います。
クマツヅラ科の常緑低木です。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 10:01 AM | コメント (8)

January 28, 2008

フチベニベンケイ

1月28日、
スーパーに出かけたら、休憩スペースで咲いていた花を見つけました。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
20080124_hutibenibenkei_08351.JPG

園芸種で「花月」という名の古くからある多肉植物ですが、
「金のなる木」の別名もあります。

20080124_hutibenibenkei_08347.JPG

艶のある緑色をし、葉の縁の上方に赤みが入っています。
冬から春にかけて、淡いピンクの星形の花を付けます。
乾燥にも強いようです。

20080124_hutibenibenkei_08349.JPG

原産地 は南アフリカ です。
ベンケイソウ科の植物です。

*「フチベニベンケイ」を1月のfab Photo Galleryに追加しました↓

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 08:59 AM | コメント (13)

January 26, 2008

タイワンツバキ

1月26日、
今冬、初めての氷点下の朝でした。
昼頃になって気温が上がってきました。
ベランダのキルタンサスもいくつか花が咲いてきました。

きょうは植物園の「タイワンツバキ」を紹介します。
ツバキ科の植物です。
名のとおり、台湾、中国南部、ベトナム原産の高木です。
15メートルになるそうですが、この木は2メートル程でした。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
20080105_taiwantubaki_07792.JPG

葉は楕円形で肉厚で艶があり、先は丸くて縁にはゆるいギザギザがあります。

20080105_taiwantubaki_07791.JPG

花はヒメシャラの花を大きくしたようで、椿の花のように厚くはなく
雪が解けていくようなはかなげな白い花が美しい。

この木の花はそんなに大きくなかったのですが、径8~10センチ
(葉の長さ10~15センチ)にもなる大型の花だそうです。
西日本では庭木に用いられるそうです。

*「タイワンツバキ」を1月のfab Photo Galleryに追加しました↓

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 11:37 AM | コメント (10)

January 18, 2008

アシズリノジギク

1月18日、
この頃、最高気温が一桁で寒い日が続いていますが、
きょうは陽が射して窓辺はあったかです。
根茎性ベゴニアの花↓も咲いてきました。
アンバー・グロー

さて、きょうは足摺岬に咲くという「アシズリノジギク」を
紹介します。
「足摺野路菊」と書きます。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
080105_asizurinojigiku_07857.JPG

高知県の足摺岬から愛媛県の佐田岬にかけて分布しています。
写真は東山植物園で撮りました。

080105_asizurinojigiku_07858.JPG

キク科の植物です。

葉の縁が白くなっているのが特徴です。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 10:57 AM | コメント (8)

January 16, 2008

シマカンギク

1月16日、
あちこちでロウバイなど咲いて、いい香りが漂ってきます。
きょうはソシンロウバイと同じ黄色の野菊「シマカンギク」
を紹介します。

「島寒菊」と書きます。
寒菊は冬でも花が咲いているからだそうですが、島の意味は不明。 
別名はアブラギク(油菊)とも言うそうですが、江戸時代にこの花を
油につけて、火傷や切り傷の薬に使ったためだそうです。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
080105_simakangiku_07819.JPG

キク科の植物です。
近畿以西、四国、九州の日当たりの良い山野に生えます。
丈は30~80センチで匍匐します。

080105_simakangiku_07818.JPG

葉にはギザギザがあります。
花は直径2~2.5センチ程。

西日本の黄色い野菊の代表だそうです。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 01:25 PM | コメント (14)

January 12, 2008

フルクレア

1月12日、
雨の土曜日ですね・・。
きょうは東山植物園の温室にある「フルクレア」を紹介します。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
080105_hurukurea_07701.JPG

ブラジル原産のリュウゼツラン科の植物です。
葉からは、ロープになる繊維が採れるそうです。
花も咲いていました。

080105_hurukurea_07697.JPG

帰宅してから調べたら、昭和59年にここの中南米室ができた時
から存在しており、去年12月に温室でなんと35年ぶりに咲いた
花らしい。w(゚o゚)w オオー!

080105_hurukurea_07699.JPG

終わった花も多く、花は少なくなったようですが、貴重な花の写真
が撮れてよかったです\(*^▽^*)/。

香りがいいらしいですが、高い位置にある花なので、確かめることは
出来ませんでした(x_x)。

花を咲かせるのに30~40年かかり、 一生に一度しか花を付けない
ということです。 
今回花を咲かせたことで、この木はもう枯れるかもしれません(ーー;)。

フルクレアよ、花を咲かせてくれてうれしかったよ!
(^人^)ありがとう。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 07:56 AM | コメント (14)

October 24, 2007

イヌヤマハッカ

10月24日、
きょうは、「霜降」。
でも、最高気温23度とTVで言ってました。
いいお天気~!

林縁で10月の初めに撮った「イヌヤマハッカ」を紹介します。
「犬山薄荷」と書きます。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
071007_inuyamahakka_04229.JPG

高さ60センチ程でした。
シソ科の植物です。
茎は四角で、葉は向かい合わせに付いています。

071007_inuyamahakka_04233.JPG

花はこんなふうでした。

071007_inuyamahakka_04231.JPG

「ヤマハッカ」に似ていますが、上の方の花びらに縦の
線状の模様がないので、「イヌヤマハッカ」としました。

関東地方から中部地方に分布しているそうです。
 

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 09:08 AM | コメント (12)

October 20, 2007

シコクママコナ

10月20日、
きのうの雨もあがり、きょうはいいお天気・・。

きょうのお天気のように2年前からわからなかった花の名が
きょう、わかり、すっきりしました。

さっそく、岐阜県の森で咲いていた、その花を紹介しましょう。

「シコクママコナ」です。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
051001_sikokumamakona_00016.JPG

「四国飯子菜」と書きます。
この種子は若い頃は真っ白で米粒(飯粒)のように見えるそうで、
そのことからママコ(飯子)の名がついたともいわれています。

また、自力による光合成の他、他の植物の根に寄生もする
半寄生植物だそうです。

高さは10センチ程、葉の長さは2センチ程、
花の上部はピンク色ですが、下部は白色、内部に黄斑が
あります。

051001_sikokumamakona_00011.JPG

東海以西、四国、九州の林内や林縁に生えます。
ゴマノハグサ科の植物です。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 12:05 PM | コメント (8)

October 12, 2007

ムラサキミミカキグサ

10月12日、
日差しのある」いいお天気になりました。
ハナミズキの赤い実も目だってきました。

きょうは、地元の愛知県の湿地にあった「ムラサキミミカキグサ」
を紹介します。
「紫耳掻草」と書きます。
黄色の花をつけるミミカキグサに対し、紫色の花をつけるので。

タヌキモ科の植物です。
泥中に捕虫嚢を持ち、小型の動物プランクトンなどを捕まえる
食虫植物です。

北海道から九州の湿地に分布し、夏から秋にかけて、
大きく口を開いたような形の小さな紫色の花を咲かせます。

071007_murasakimimikakigusa_04459.JPG

上からの写真です↓
071007_murasakimimikakigusa_04458.JPG

高さは3~4センチ程で花は5ミリ程でした。

071007_murasakimimikakigusa_04464.JPG

地面に小さな葉がいくつか見えますか?(写真の右下部)
泥中に細い地下茎があるらしく、所々に3~5ミリの小さな
ヘラ形の葉が散らばっていました。

こちらもご覧ください

過去のブログ内記事→ミミカキグサ
 
                    

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 12:20 PM | コメント (8)

October 10, 2007

ツルニンジン

10月10日、
こないだの日曜日に、去年も行った県内の湿地に行ってきました。
去年はもう花が終わっていて、見られなかった「ツルニンジン」
を紹介します。
念願のツルニンジンの花を見ることができ、うれしいです! (^ー^* )
つる植物で、根が朝鮮人参に似ているので名付けられました。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
071007_turuninjin_04284.JPG

別名はジイソブ(爺蕎)というそうです。
「ソブ」というのは木曽の方言で、そばかすの意味。
釣鐘形の花の内側にある紫褐色の斑点を、「お爺さんのそばかす」
にたとえたものらしい。

北海道から九州に分布し、花の直径は2.5~3センチ程。
雌しべの先は三つに分かれています。

071007_turuninjin_04289.JPG
花の先が5つに分かれています。

071007_turuninjin_04263.JPG
珍しく?6つに分かれているものもありました。

071007_turuninjin_04286.JPG

蕾が付いているのもありました。
葉の裏はやや白っぽく葉脈が浮き出ています。

キキョウ科の植物です。
結構、個性的な花でした^^。
 

 

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 06:43 PM | コメント (12)

October 06, 2007

コナギ

10月6日、
きのう、まだツクツクボウシの声がしていましたが、
きょうは、実家の生垣のキンモクセイに蕾がついていました。

午前中、たまたま水田のある所に行ったら、そこにひとつだけ
紫の花がポツンと稲のそばに咲いていました。
撮りたてのホヤホヤ~~「コナギ」を紹介します。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
071006_konagi_04111.JPG

ミズアオイ科の植物です。
コナギはナギ(ミズアオイの古名)に似ているが小型である
という意味だといわれています。

コナギとミズアオイは、どちらも水生植物で同じような場所に
生え、葉の形もよく似ています。
(*ミズアオイは絶滅危惧種です。)

071006_konagi_04110.JPG

東南アジア原産の古い時代の帰化植物であり、稲作の渡来時に
いっしょに入ってきたそうです。
背丈の低い水田雑草ですが、イネに最も害を及ぼすそうです。
花は小さくて(1.5センチ程)、きれいなのに・・。
 
 

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 04:17 PM | コメント (14)

September 28, 2007

イボクサ

9月28日、
きょうは、先日行った湿地にひとつだけ咲いていた「イボクサ」を
紹介します。
「疣草」と書きます。
この草の汁を疣(イボ)につけると取れることにより名付けられた
そうです。が、薬効は定かではないらしいです^^;

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)

070923_ibokusa_03666.JPG

ツユクサ科の植物で、ツユクサに似ていますが、花がちょっと
違います。

070923_ibokusa_03665.JPG

本州~琉球の湿地や水田に生えます。
三枚の花びらが印象的です。
横向きの写真も撮ればよかったですね~。
今回はこれでご勘弁を^^; 
 

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 10:25 AM | コメント (10)

September 26, 2007

ススキの花

9月26日、
こんばんは。
昨夜の十五夜の月もきれいでしたが、今夜の月はきのうより
なんだか大きく、いっそうきれいに見えます。

きょうは、お月見に付き物の「ススキ」をもう一度載せたいと
思います。
ススキは日本全土の日当たりの良い草原に株を作って群生します。
過去のブログ内記事も併せてご覧下さい→ススキ

花が咲いてる穂がありました。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
070923_susuki_03741.JPG

黄色の葯が垂れ下がっています。

070923_susuki_03740.JPG

ススキが風になびく姿は、秋の風情にピッタリですね・・^^

 

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 09:19 PM | コメント (8)

September 25, 2007

タヌキマメ その2

9月25日、
まだ、ツクツクボウシが鳴いています。
彼岸になって、毎日は水遣りしなくても済むようになった
けれど、きょうは晴れたので水遣りをしました。
さすがに100鉢近く(ほとんど小さい鉢ばかりですが)に
水遣りをすると、汗が出てたまらない~(^^;;)
夜もまだ、少し窓を開けて寝ています。
去年の今頃より、やはり暑い、蒸し暑い!

さて、土日、三重県にキャンプと湿地に行ってきました。
キャンプ場ではクツワムシはじめいろんな虫がいました。
きょうは湿地の植物を紹介します。

毛むくじゃらの姿に青紫の美しい花が印象的な「タヌキマメ」
です。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
070923_tanukimame_03801.JPG

7年前にも一度見たことがあったのですが、また偶然再会
できて、とてもうれしいです!
マメ科の植物です。
湿地の比較的日当たりの良い所に、ひとつだけありました。
高さは18センチ程でした。

070923_tanukimame_03802.JPG

ふさふさと褐色の長毛に覆われています。
東北南部以西~琉球、朝鮮、中国、東南アジア、インドに
分布しているそうです。

ブログ内記事→タヌキマメ

 

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 11:22 AM | コメント (14)

September 16, 2007

センニンソウ その2

9月16日、
車で走っていたら、林の縁に白い十字型の花の群生を発見!
「センニンソウか?」と・・車を止めてそばに寄ると、
やはり「センニンソウ」でした。

センニンソウは以前にも載せたことがありますが、もう一度
載せます。
過去の記事はこちら↓
センニンソウ

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)

070909_senninsou_03382.JPG

キンポウゲ科の常緑のつる植物です。
キンポウゲ科の植物には有毒であるものが多いですが、
センニンソウも有毒です。

070909_senninsou_03370.JPG

花の直径は2センチ程、4枚の花びらのように見えるものは
ガクで、花びらはありません。

070909_senninsou_03385.JPG

葉にはギザギザはありません。

070909_senninsou_03389.JPG

日本全国に分布しています。
今一度調べたら、実にある長い毛を仙人のあごひげに例えて
名付けられたという説もありました。

名の由来となった?実も、是非見たいものです。
 


花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 11:00 AM | コメント (14)

September 13, 2007

シラタマホシクサ

9月13日、
朝、少し気温が上がると、まだ、ツクツクボウシの声が
聞こえて来ます。

でも、マンリョウやカラタチバナに青い実が付いていて、
♪今は もう秋~♪

きょうは公園の湿地にあった「シラママホシクサ」を
紹介します。

「白玉星草」と書きます。
別名はコンペイトウグサとも言うそうです。
東海地方の限られた湿地にだけ、生えています。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
070909_siratamahosikusa_03275.JPG

ホシクサ科の植物で、高さは20~40センチ程です。

070909_siratamahosikusa_03246.JPG

花が直径5~8ミリ程の白い球で、星のようにも見えることから
名付けられました。

070909_siratamahosikusa_03247.JPG

花は小さいですが、適度に群がって咲く姿は星を散りばめたようで
なかなかいい感じです。


花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 12:53 PM | コメント (12)

September 10, 2007

ヒヨドリジョウゴ

9月10日、
朝からツクツクボウシ鳴く。
曇っているものの、やや蒸し暑い。
洗濯をしたもののパリッと乾かず・・。

きのうの午後、公園に行ったら半ば草刈された後で
焦ったのですが^^;「ヒヨドリジョウゴ」を見つけたので
紹介します。(^^)v

「鵯上戸」と書きます。
実が赤く熟すとき、鵯(ヒヨドリ)が好んで食べるので、
鵯(ひよどり)上戸(じょうご)と名づけたそうです。
が、そういう観察例はないそうです(>_<)!・・??

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
070909_hiyodorijyougo_03202.JPG

ナス科のつる植物です。
全国の野や林の縁に生えます。

070909_hiyodorijyougo_03208.JPG

面白くも美しく枝分かれした先に、花が付きます。
花の径は7、8ミリで、5枚の花びらが開いた後、反り返ります。
花が終わり、もう青い実が付いているのも見えますね~。
この実は熟すと赤くなりますが、有毒なので、食べられません。

花をアップにしてみました。↓
070909_hiyodorijyougo_03199.JPG

黄色い雄しべは5本ありくっついたように見えます。
先が少し茶色がかっています。
筒状の雄しべの真ん中から雌しべが長く飛び出しています。
花もユニークでしょ♪

070909_hiyodorijyougo_03211.JPG

葉の形はアサガオに似たものなど、いろいろで、表も裏も柔らかい
毛で覆われおり、触ると気持ちよかったです。

茎にも長い軟毛が生えていて、よく目立ちます。
 
 

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 03:51 PM | コメント (10)

September 02, 2007

ガガイモ

9月2日、
きのうは、とってもラッキーな日でした!
以前から見てみたい・・と思っていた「ガガイモ」の花に、偶然、
出逢うことができたから・・です(*^-゜)vィェィ♪
さっそく紹介しますね~♪

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)

070901_gagaimo_08327.JPG

藪の中で、他の植物にからみついていました。
ガガイモ科のつる性植物です。
北海道~九州の日当たりのよい藪、土手、原野などに自生しています。

070901_gagaimo_03132.JPG

花びらは5つに分かれ、深く裂けています。
径は1センチ程で、結構毛深く、ユニークな花です。
花は鼻を近づけると、少しですが独特の匂いがあります。

070901_gagaimo_03103.JPG

花は近づいてよく見ると、うっすらと紫ががってもいます。
真ん中にある雌しべはヒュル~ンと飛び出ています。
雄しべはその根元に集合しているらしいですが、よく見えません。

雌しべの根元から蜜が盛んに分泌されるらしく、その溝にアリが
数匹、頭をつっこんでいました。↓

070901_gagaimo_03105.JPG

葉は長さ5センチ、幅3センチ程で柄があり、向かい合って付いて
おり、ハート形で先はとがっていました。

070901_gagaimo_03100.JPG

そして、葉の裏面は白緑色です。
葉も茎も細くて柔らかい毛が生えていました。
茎を折ると白い乳液が出てきました。

070901_gagaimo_03126.JPG

根は、アルカロイドを含み有毒だそうです。

ところで、「ガガイモ」って名は?
「ガガ芋」?
「蘿芋」と書くそうですが・・
どんな芋?っと思いますよね。
芋というのは芋の形に見える実のことを指すようです。
ガガとはスッポンのことで、葉の形がスッポンの甲羅の形に似て
いるからという説など、諸説あるようです。

今度は「芋」由来の実も、是非、見てみたいものです。(^^)
 
 

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 12:35 PM | コメント (10)

August 25, 2007

ハナキリン

8月25日、
二日前(23日の処暑)、ツクツクボウシの初鳴きを聴きました。
が、日中の暑さはまだ、たじろぎません。
ふーふー言って過ごしています。

きょうは陽を好み、乾燥に強い「ハナキリン」を紹介します。
「花麒麟 」と書きます。
トウダイグサ科の植物です。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
070808_hanakirin_02512.JPG

サボテン科の「モクキリン(杢麒麟)」に姿が似ていて、1年中
よく花を咲かせることから「花麒麟」の名になったそうです。
アフリカのマダガスカル島原産で大正初期に渡来したそうです。

花びらのように見えるのは苞で、花は中心にある小さな部分です。
園芸品種が多く、花色も白、黄、桃紅色と豊富です。

070808_hanakirin_02513.JPG

鋭いとげがいっぱいあります。
寒さと日光不足には弱いですが、乾燥に強く
あまり手間をかけずに育てることができます。
 
 

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 11:10 AM | コメント (3)

August 20, 2007

ツルラン

昨夜、雷雨の後、コオロギの初鳴きを聴きました。
ここ2、3日のうちに風と雲や陽射しが変わってきました。
日中はまだ、「あ~、あっつぅ~!」を連発するものの・・
♪そして~また、季節は~変わり行くけれど・・♪

きょうは、地元の植物園の温室の中で咲いていた
植物を紹介します。
「ツルラン」(鶴蘭)です。
先回はサギで、今回はツル・・^^。

(写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
070808_tururan_02519.JPG
***右に写っている葉はツルランの葉ではありません。***
***ツルランの葉は撮れませんでした(>_<)。***

白地にオレンジ色のぽっちが真ん中にあり、これが丹頂鶴を
思わせるところから「ツルラン」と名付けられました。

ラン科の植物です。
花の形は以前にアップしたエビネによく似ています。

もっと近くに寄って花のアップも撮りたかったのですが・・(^_^;)

東南アジアからオーストラリアの熱帯の原産だそうです。

かつては、林縁や沢沿いに普通に見られる種でしたが、近年は
林の伐採や、園芸用の採集、乱獲により激減し、限られた地域
以外ではほとんど見られなくなってしまったそうです。

沖縄方面に行かれる方、この花に遇ったら、そーっと見てやって
くださいネ。    
 
 

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 03:07 PM | コメント (4)

August 17, 2007

サギソウ

8月17日、
朝から猛暑で、ベランダやマンションの花壇に水遣りをしました。
いつもそうなんですが、きょうは特に汗だくで、蚊に手足どころか、
まぶたや頬、首や口の横まで刺されさんざんでした。ふ~(^_^;;)。

昼間、歯医者に行くためにやむなく車に乗ったけど、もう灼熱地獄
~\(◎o◎)/
勘弁してよ~~(≧~≦) (≧o≦) !!

あすも酷暑のようですが、お寺の『施餓鬼会』(せがきえ)に行く
予定が・・(^^;)

日当たりのよい湿地に生える「サギソウ」を紹介します。
「鷺草」と書きます。
ラン科の植物です。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)

070810_sagisou_02617.JPG

暑さも忘れるほどの清楚な美しい姿・・
まさに鷺草ですね~^^。
花の姿が白鷺が羽を広げて飛んでいるように見えるので
名付けられたようです。

070810_sagisou_02620.JPG

しかし、花姿の美しさゆえに、野生のものは盗掘がひどくて、
絶滅危惧種になっているようです。
悲しいことです。
栽培して花が咲いている鉢植えは、花屋やデパートやホームセンター
などで売られており、ポット植えの苗や球根は、通販などで売って
います。

070810_sagisou_02622.JPG

サギソウに限らず、野の花はそっとしておいて
やりたいものですね・・。

余談ですが、世田谷区の「区の花」にもなっているそうです。 
 
 

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 07:52 PM | コメント (6)

August 12, 2007

ミソハギ

8月12日、
きょうもとても暑かったですね~(^_^;
午前中にお墓参りに行ってきました。

数日前に以前から撮りたかったお盆の花「ミソハギ」を
見つけ、やっと撮れたのでアップしますネ・・^^v

明るい湿地に生え、高さは1メートル程のミソハギ科の植物です。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
070810_misohagi_02636.JPG

名の由来は、この花に水をふりかけ、禊(みそぎ)に使われる萩で
あったことから、「みそぎはぎ」と言われていたものが、
「ミソハギ」になったとの説があります。

070810misohagi_02633.JPG

そして、盆の頃に咲くので、盆花として仏前に供えられるそうです。
が、こちらの花屋には売っていないので、供えたいのですが・・
かないません。(> <。)。。

070810_misohagi_02638.JPG

花びらは6枚のものと5枚のものがありました。

070810_misohagi_02631.JPG

花は上のように付いていました。
雄しべが結構長く突き出ています。
 
 

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 04:05 PM | コメント (10)

July 23, 2007

アラゲハンゴンソウ

7月23日、
久しぶりに夏らしい暑さの一日でした。
それもそのはず・・?暦では「大暑」でした^^。
日差しが照りつけ気温も上がりましたが、
風もあったのでまだ、凌げました~(^^);

近くの公園で撮った花を紹介します。
”ルドベキア”という名でも呼ばれます。
キク科の帰化植物です。
北アメリカからカナダにかけての原産で、
花卉として栽培されてもいます。
写真を撮った花は、アラゲハンゴンソウの園芸品種です。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
070720_aragehangonsou_02015.JPG

茎や葉に粗い毛があります。

070720_aragehangonsou_02019.JPG

高さ80センチ程、花の大きさは7~8センチでした。

070720_aragehangonsou_02018.JPG

紫褐色のボタンのようなのが真ん中にありますネ。
(同じ仲間のオオハンゴンソウはここが黄緑色だそうです。)
 
 

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 03:34 PM | コメント (8)

July 21, 2007

ツユクサ その2

7月21日、
きょうから夏休み、
でもセミの声はすれども子供の声はしてきません(>_<)。

ずーっと梅雨空続きで、気分もブルー・・。
気を取り直して・・きょうは、ブルーはブルーでも爽やかになるブルー。
道端に咲く「ツユクサ」を・・。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)

070719_tuyukusa_01894.JPG

横顔も・・

070719_tuyukusa_01907.JPG

こんなのも結構ありました・・

070719_tuyukusa_01901.JPG

日本全土にある、ツユクサ科の植物です。
6月~9月まで咲きます。

ブログ内関連ページ→ツユクサ



花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 11:52 AM | コメント (6)

July 14, 2007

香り胡蝶蘭

7月14日、
朝から断続的に雨が降っています。
今は結構雨がザーザー降っていて、やはり予報どおり
名古屋にも台風がやって来そう~。
ほんとはきょう、上京するつもりだったけど・・
残念ながら、断念。
替わりに花屋で芳香性のある胡蝶蘭を買う・・?\(^^;ナンデヤネン
まあ、まぁ~\(・_\)ソノハナシハ (/_・)/オイトイテ

こんなお顔です。(花の大きさは3.5センチ程)

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
070714_barenthini-_01768.JPG

小さいけど、香りがほんとにいいんです!
名は「バレンティニー」(と、札に書いてありました)。

その横顔は
070714_barenthi-ni_01751.JPG

もっと、アップすると・・

070714_barenthi-ni_01758.JPG

ランの花って、造形がスンゴォ~イ!
とても整っていて、完璧!
神秘的ですらある~と思ってしまう・・。

蕾も開くといいなぁ~(*^^) 

 

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 05:20 PM | コメント (8)

July 11, 2007

トケイソウ その2

7月11日、
きょうもジメジメ~梅雨空ですネ。
早く太陽が戻ってくるように(^^)インパクトのある花を・・♪
以前にも友達が撮ったトケイソウの写真をアップしたことがある
のですが、今度は私が撮った写真をアップしますネ。
6月の「時の記念日」頃から咲いている「トケイソウ」を紹介します。
8月頃まで楽しめます。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
070613_tokeisou_00892.JPG

3つに分かれた雌しべが時計の長針、短針、秒針のように見える
ような花を咲かせるので、名付けられました。
英名でパッションフラワーと呼ばれ、キリストの受難の花だそうです。
一般にパッションフルーツと呼ばれる物はクダモノトケイソウの実です。
亜熱帯から熱帯に分布し、温帯では果物として、または観賞用の
園芸植物として栽培されます。
とても種類が多く何百とあり、紫、赤、白、黄と色とりどり、
形も個性派揃いです。

070613_tokeisou_00889.JPG

ほんとに印象的な形の花です。
写真の花は10センチ程でした。
ガクと花びらが同じ色と形なので、10枚花びらがあるように
見えますネ。
トケイソウ科の植物です。
 
 

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 02:57 PM | コメント (13)

July 09, 2007

トキワハゼ

7月9日、
きょうは曇天。梅雨空です。
朝、また、ラッカセイの花が3個咲きました。^^
夕方にはしぼむかな?

それから・・ナント、先ほどから今年初のセミの鳴き声が
聞こえています^^v

さて、きょうは「トキワハゼ」を紹介します。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
070623_tokiwahaze_01379.JPG

草地で見つけて撮った写真ですが、道端や庭にも生えます。
4月から~11月頃までほぼ一年中、長い間花を咲かせるので、
「常盤(ときわ)」の名がついたようです。

070623_tokiwahaze_01380.JPG

1センチ程の唇形の小さな花です。
全体は白っぽく見えますが、近づくと
オレンジの斑点模様がユニークな花です。
ゴマノハグサ科の植物です。


花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 10:30 AM | コメント (6)

July 05, 2007

ラッカセイの花

7月5日、
ベランダにつるした鳥用に作った落花生のリースから、
ラッカセイの種が知らないうちに、すぐ下にあったプランターに
こぼれたらしく、先月の5日、ちょうどひと月前に芽がいきなり
出て、葉まで付いてきたのを発見していました・・。

そしたら、今朝、こんなふうに黄色の花が付いているでは
ありませんか?!

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
070705_rakkasei_01576.JPG

マメ科の植物で、マメ科特有の蝶形をした花です。
大きさは1.5センチ程で、濃い黄色の筋が入っています。

070705_rakkasei_01571.JPG

ラッカセイといえば、千葉ですね。
これも千葉産のですヨ^^。
国産ラッカセイの七割を占める千葉県産のラッカセイは、明治に
なって栽培されはじめたようです。

千葉県以外では茨城県、神奈川県、栃木県、静岡県、鹿児島県、
宮崎県、熊本県で栽培されているそうです。

実が付くといいんですが・・?

ブログ内関連記事→ラッカセイの実

 
 

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 01:59 PM | コメント (7)

June 30, 2007

ビロードモウズイカ その2

6月30日、
皆さん、いつもfabをお読みいただきありがとうございます(v_v*)
6月16日に蒔いた綿の種、5粒のうちの2粒の芽が出て、
今朝見たら、双葉状態で14センチ程の高さになっていました^^。

さて 先日、車で近所を走っていたら、わぁお!(☆o☆)
ビロードモウズイカ、発見!
やった~!
会いたかったヨォ~!

以前撮った場所には、もうビロードモウズイカは影も形もなく、
もう一度見たいとずーっと思っていたので・・(#^_^#) ヘヘ。
あわてて、駐車し、カメラ、カメラ~♪
まず一枚、
(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
070617_mouzuika_00935.JPG

道路のアスファルトの隙間に生えたビロードモウズイカ

070617mouzuika_00949.JPG

花の様子は・・

070617mouzuika_00942.JPG

葉などに白い細かい毛が密集して生えていました。

070617_mouzuika_00941.JPG

ヨーロッパ原産のゴマノハグサ科の帰化植物です。
ロゼット状の葉から、1メートル程茎を伸ばしていました。
黄色の花は1.5センチ程、雄しべが5本ありました。

「ビロードモウズイカ」はビロードのような毛が生えた
「モウズイカ」の意味です。

「モウズイカ」は、もう一度言いますが「モウズイ」+「カ」ですよ!^^

ブログ内関連ページ→ビロードモウズイカ

 
 
 

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 09:08 AM | コメント (8)

June 28, 2007

ネジバナ

6月28日、
公園の芝生の上で見つけました~♪
「ネジバナ」です!
「捩花」と書きます。
小さな花(5ミリ程)が茎にねじったようにして
螺旋状に付くことから名付けられました。

高さは10~30センチ程です。
ねじれの巻き方は左、右、両方あるようです。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
070623_nejibana_01359.JPG

古くは「モジズリ(捩摺)」とも言われ、百人一首にも詠まれています。
花は下から上へ咲き上ります。
花の形はまさにランです。
もちろんラン科です。
ただし、ラン科の植物によく見られる「距」
とよばれる突き出たシッポ?のようなものは、
ネジバナにはありませんでした。

070623_nejibana_01370.JPG

が、とても庶民的で、道端や日当たりの良い芝生など、
草丈の低い草地に普通に生えています。
皆さんも気をつけて見てください。^^

花色は普通、淡紅色ですが、変化が多いそうです。
北海道から九州、奄美、琉球まで分布しています。


花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 10:36 AM | コメント (8)

June 26, 2007

ヒナギキョウ

6月26日、
きょうは曇天・・。

芝生の中で見つけた小さくて愛らしい花を紹介します。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
070623_hinagikyou_01363.JPG

「ヒナギキョウ」でした!
「雛桔梗」と書きます。
キキョウの小さいものという意味です。
キキョウ科の植物で、関東以西の日当たりの良い原野に分布
しています。

070623_hinagikyou_01365.JPG

高さは20~40センチになり、1センチ程の薄い青紫色の花を
ひとつ付けます。
 
 


花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 07:46 AM | コメント (8)

June 22, 2007

フェイジョアの花

6月22日、
皆さん、こんばんは。
いつもfabを応援していただき、ありがとうございます。

雨も上がり明日はとても暑くなりそうですネ。

先日、あるギャラリーに友達とおじゃました折、
玄関先で突然このフェイジョアの花がお出迎えしてくれ、感激!

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
070613_feijyoa_00905.JPG

もっとアップで・・
070613_feijyoa_00901.JPG

この花の実も見てみたい方はこちらへ
ブログ内の関連記事→フェイジョア
 
 

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 10:40 PM | コメント (6)

June 18, 2007

ユリノキの花

猿投山も厚い雲に隠れ、周辺が雨にけぶっています。
露草はまさに露がしたたり、濡れて青い色がよりいい感じです。

さて、きょうはきのうやっと撮れた「ユリノキの花」を載せます。
この2月にアップしたユリノキの実の時、お約束した「ユリノキの花」です!
3週前から通い、やっと花が咲いた「ユリノキ」にめぐり合うこと
ができました~♪
高木でこれが全体の写真です。

(写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
070617_yurinoki_00962.JPG

花はこの歩道橋に上がってズームして撮りました。
咲いていたのは、この1輪のみで、後はまだ、蕾でした。

070617_yurinoki_00956.JPG

薄黄色にオレンジ色の帯が見え、雄しべも見えています~♪

空を向いて咲くので、中までは写せませんでした。
歩道橋に梯子でもかけて、撮らないと無理かも・・(-_-;)

070617_yurinoki_01029.JPG

また、葉の形から「ハンテンボク」(半纏木)とも言うのも
上の写真からもおわかりでしょう。

北米原産でわが国へは明治時代に渡来し、観賞用に植えられた
そうです。
今はよく公園や街路樹に植えられていますね。
9日にアップしたタイサンボクと同じモクレン科の植物です。

上を見て歩かないと、花の存在はわかりません。
花の姿がとらえられて、うれしいです^^v


花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 01:26 PM | コメント (11)

June 16, 2007

キキョウソウ

6月16日、
きょうも梅雨の晴れ間・・・
きのうは風が強くて、交差点に立っている時、
吹き飛ばされそうになりましたが・・(^_^;)
きょうは穏やかなお天気になりそう・・・。

公園の石のそばに、おぉ~、きれいな色の草花が・・と
思って見ると「キキョウソウ」でした!

「桔梗草」と書きます。
(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
070603_kikyousou_00682.JPG

キキョウ科で北アメリカ原産の帰化植物です。
高さは60センチほどになるそうですが、
写真の花は15センチ程と、もうひとつのは18センチ程でした。
葉は柄がなく、ハート形、ふちにギザギザがあり、
互い違いに付いています。
星形の花は1センチ程の大きさでした。

070603_kikyousou_00681.JPG

この花色の他、白~濃い紫色まであるそうです。
昔、観賞用に栽培されたらしいですが、1940年代に
東京で帰化状態にあることが確認されたとのこと。
今では、東北南部以南に広く分布し、道端や芝生などに
生えているそうです。

別名はダンダンギキョウとも言います。
なるほど~と思われた方も多いのでは?     
 

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 07:21 AM | コメント (0)

June 14, 2007

ヤブニッケイ

6月14日、
きょうは藪に咲いていた「ヤブニッケイ」の花を紹介します。

クスノキ科の常緑高木で、高さは10メートル程になるそうです。
(写真の木はまだ若く3メートル程でした。)
「藪肉桂」と書きます。
藪に生える肉桂の意で、肉桂に比べて香りが劣ることをも
意味しています。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
070609_yabunikkei_00810.JPG

葉には特徴ある3つの筋(脈)があり、表面は緑色で光沢が
あります。
葉裏は灰緑色です。

070609_yabunikkei_00802.JPG

花は5ミリ程の小さな花です。
花びらは6枚、雄しべは12個、雌しべは1個です。

  

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 08:05 PM | コメント (4)

June 11, 2007

タヌキモの花

6月11日、
きょうは爽やかなお天気、風も心地いいですネ^^。
この間、ある池に行きました。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
070602_hitujigusa_00570.JPG

ヒツジグサ(睡蓮)が咲いていました。
ブログ内関連記事→ヒツジグサ

070602_hitujigusa_00572.JPG

よく見ると、ヒツジグサの他に小さな黄色の花が見えます。

070602_tanukimo_00562.JPG

黄色の小さな花は、あの「タヌキモ」の花でした!

池や沼、水田に浮かんでいる食虫植物です。
海草?のような藻の茎は10~25センチ程で、葉は互い違いに
付いて細かく分かれ、多数の捕虫嚢を持っています。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 01:50 PM | コメント (2)

June 09, 2007

タイサンボク その2

6月9日、
きょうは雷雨や大雨が降って大変でしたね~。
合間を縫って、車で熱帯魚の餌を買いに行きがてら、
「タイサンボク」の写真を撮りに行ってきました~♪

「タイサンボク」は二年前には、ケータイで撮った写真を
載せました。
ブログ内関連記事→
タイサンボク

今回はコンデジで撮った写真です。
開きかけの蕾です~♪
葉は楕円形で、厚みと照りもあります。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
070609_taisanboku_00831.JPG

一週間程前から目を付けていた2メートルほどの位置に
あった蕾も、きょうはちょうど開いていました~(^_-)-☆

070609_taisanboku_00830.JPG

花は開くと16~20センチはある大輪でした。
強い香りありと図鑑には書いてありますが、この木は
6~7メートルの高木で、きょうは風も結構あったせいか?
残念ながら香りはわかりませんでした(>_<)。

大きいものは20メートルにもなる常緑高木だそうです。
もっとアップで・・

070609_taisanboku_00841.JPG

すべてが大ぶりですね~^^。
それもそのはず・・北アメリカ原産のモクレン科の植物です^^v 
 

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 11:19 PM | コメント (2)

June 05, 2007

アカンサス

6月5日、
サツキの花も終わりがけになり、初夏の花が台頭して
くるようになりました。

きょうは、ウィリアム・モリスのデザインでもおなじみの
「アカンサス」を紹介します。

アザミに似た葉を持つことから、別名はハアザミ(葉薊)と
いいます。
地中海原産のキツネノマゴ科の植物です。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
070602_akansasu_00568.JPG

古代ギリシャでもコリント式建築の円柱頭に、この葉の
飾り彫刻が施されました。
その他、家具や花瓶、椀などにその優雅な葉模様を刻み、
衣装等の装飾モチーフにも使われています。

070602_akansasu_00563.JPG

葉は光沢があり、丈50センチ以上、
ギザギザの先端には棘があります。
茎は人の背丈ほどに大きくなります。

070602_akansasu_00565.JPG

大きな唇形の花が咲きます。
耐寒性があり戸外で栽培できます。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 09:50 AM | コメント (2)

June 02, 2007

ノハカタカラクサ

6月2日、
朝から小鳥の囀りが盛んに聞こえます・・。
玄関のベゴニアやベランダの匂いゼラニウム匂いゼラニウム その2
などに如雨露で水をやりました・・。

きょうはマンションのやや日陰に生えている
「ノハカタカラクサ」を紹介します。

「野博多唐草」と書きます。
別名はトキワツユクサとも言います。
ツユクサ科の植物です。
茎はよく枝分かれし地を這い、茎から根を出して広がります。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
070527_nohakatakarakusa_00502.JPG

花瓶に挿すと数日で白い根が出ました。
繁殖力旺盛です。

南アメリカの原産の帰化植物です。
昭和初期に、白斑の入った園芸種が観賞用に導入され、
それが野生化し、斑がなくなったものだそうです。

緑色の葉の裏や茎は、紫がかっているところもあります。

070527_nohakatakarakusa_00503.JPG

直径1センチ程の3枚の花びらを持つ白い花は、雄しべが長く、
なかなかきれいです。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 08:35 AM | コメント (2)

May 30, 2007

ブルーキャットミント

5月30日、
きょうは雨、去年の今頃より肌寒い・・。
マンションの階段で、カタツムリも2匹見かけました。
我が家のベランダではシナモン・ゼラニウムやブルーキャットミント
の花が咲いています。

「ブルーキャットミント」を紹介します。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
070504_buru-kyattominto_00093.JPG

コーカサス・イラン原産のシソ科の植物です。
草姿は柔らかく、立ち姿もナヨナヨとして、どちらかというと
横に這うように育ちますが、結構強くて耐寒性もあり、
冬でも戸外に出しっ放しにして大丈夫です。

別名はチクマハッカ(筑摩薄荷)というらしく、
葉を触ったり、もむととても甘く優しいハッカの香りがします。
あ~、いい匂い~(*^^)v

ネコの好きなハーブとして有名らしいですが、我が家には
ネコがいないので・・( ̄~ ̄;)mモゴモゴ ~~。

花は長いほうが1センチ程の小さな花です。
葉には荒い丸みを帯びたギザギザがあり、卵形で、やや灰緑色、
裏面は白味を帯びます。
また、茎葉とも軟毛に覆われています。

070504_buru-kyattominto_00071.JPG

アップにすると、花が何だかイカ?に見えてきました~。
いえ、シュナウザー?にも見えてきました~(^^♪。 
 
 

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 03:02 PM | コメント (2)

May 28, 2007

クサタチバナ

5月28日、
あちこちで鳥の子育てが始まっているような・・?
ヒナの声がして、親鳥が巣から出たり入ったり、忙しくも
ほほえましい光景です^^。

きょうは、「クサタチバナ」を紹介します。
「草橘」と書きます。
タチバナはミカンの古名。
花がミカンの花のようで、かつ、草なので、こう名付けられました。

(写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
020524_kusatatibana_1.JPG

ガガイモ科の植物です。
高さ30~60センチで、山地の木の陰に生えています。
関東以西の本州と、四国に分布しています。

ネーミングにぴったりな、古式ゆかしい純白で清楚な花です。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 07:15 AM | コメント (2)

May 27, 2007

オオヤマレンゲ

5月27日、
五月ももう最終週。
前半はまさに風薫る五月で絶好調でしたが、
後半は嵐が起こり、ひっかきまわされ大変でした・・?
といってもこれは当方の心象風景です(>_<)。

なかなか更新できないにもかかわらず、たくさんの方が
fabをのぞいてくださって感謝申しあげますm(__)m。

照る日、曇る日・・あるけれど、
どうぞこれからもよろしくお願いします。
(今しばらくは、撮りだめた画像をアップということになるかと
思います。)


さて、オオヤマレンゲ・・
「大山蓮華」と書きます。(人の名のようですね~^^)
別名は「ミヤマレンゲ」とも言います。
山に生え、高さ2~4メートル程の落葉低木です。
モクレン科の植物です。

(写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
020524_ooyamarennge_1.jpg

直径5~10センチ程の芳香のある白い花が、うつむいて咲きます。
卵形の蕾も可愛いですネ。
写真は公園で撮ったものです。

020524_ooyamarennge_6.JPG

花の形は「蓮華」の名のとおり、ハスのようなカップ状です。
明るい緑色の葉と白いマグノリアのような花、素敵ですね~。

和菓子屋の備前の壷にも生けられていました・・。 
 
 

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 07:52 AM | コメント (0)

May 21, 2007

デンドロビウム その2

5月21日、
苦しい時ほど、一輪の花を・・。

遅まきながら・・
我が家のデンドロビウムが咲いてくれました~♪
いつもは3月には咲いていたので、
今年はもう音沙汰なしか?と思っていたのですが・・。

花数はちょっと少なかったのですが、
咲いてくれてうれしい~(^^♪。

(写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
070514_dendorobiumu_00407.JPG
リップに淡い黄緑の目のある白い清楚な花です。

070510_dendorobiumu_00291.JPG
花びらの先がピンク色で、リップに赤褐色の目がはいっています。

070510_dendorobiumu_00288.JPG
白い花のものに比べて大きい花が咲きます。

fab内の関連記事

デンドロビウム

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 06:18 AM | コメント (2)

May 15, 2007

5月のバラ

5月15日、
♪忘れな~いで 忘れな~いで
時はな~がれ過ぎても~
    (中略)
五月 この僕が かえ~る まばゆい五月~
赤いバラは~思い出のバラは~君の庭に~
咲くだろうか~♪

あなたの心に
「5月のバラ」 を・・

(写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)

070510_bara_00295.JPG

↑真ん中は「ブラック・ティー」

070510_bara_00314.JPG
   
芳香高きバラよ 

”酒とバラの日々”に乾杯!
 
 

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 11:27 AM | コメント (4)

May 10, 2007

ブライダルベール

5月10日、
薫風さわやかな五月、緑まばゆい五月。
このいい季節・・結婚式シーズンですね^^

きょうは我が家にある、
木立ベゴニアの「ブライダルベール」を紹介します。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)

070430_buraidarube-ru_08176.JPG

アップで・・

070509_buraidarube-ru_00259.JPG

花が半球のように付くので、花の重みで下垂れして
シャンデリアのように咲くので、吊り下げ型の植木鉢
にしているんですよ^^                 
 
 

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 10:18 AM | コメント (6)

May 06, 2007

ヒトツバタゴ

5月6日、
今が旬、別名「ナンジャモンジャ」で知られている、
「ヒトツバタゴ」を紹介します。
雪のように白い花が木全体を覆うように咲いています。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
070505_hitotubatago_00165.JPG

写真はきのう名古屋市内の某大学の構内で撮りました。
左下に歩いている人の帽子が見えますね・・。
かなり大きな木でした。

ちなみに「ヒトツバタゴ」は「1つ葉のタゴ(トネリコ)」の意で
「ヒトツバ タゴ」です。

070505_hitotubatago_00149.JPG


中国福建省の原産で中国、台湾、朝鮮半島に自生。
国内では長崎県対馬北端と、岐阜県木曽川周辺、
瑞浪、恵那、中津川、長野県の一部、そして私の
住んでいる愛知県では、犬山に自生しています。

また、実生で数が増えたのか?GW中に市内の街路樹に
なっているのも見かけました。

070505_hitotubatago_00150.JPG

モクセイ科の落葉高木で、葉には長い葉柄があり、向かい
合って葉が付いており、裏面には細かい毛が生えています。
花は、長さ5~10センチで円錐のような形で付いています。
4片に細長く切れ込んだ白い花は、長さ15ミリ程です。

白い花が清楚に、そして大木に咲いた花は遠目にも、まさに
雪が山に降りかかったようで、壮観な眺めでもありました。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 02:59 PM | コメント (4)

May 03, 2007

ポーポーの花

5月3日、
きのうは♪夏も近づく八十八夜~♪
若葉や新茶の季節となりましたね^^。

きょうは、友人からいただいた枝の第二弾、「ポ-ポ-」の花を
紹介します。
ポポー、またはアケビガキ(実がアケビに、葉が柿に似ているので)
とも言います。
バンレイシ科の落葉植物です。
アメリカ南部~東部の原産で、わが国へは明治時代に渡来しました。
現地では高木になるそうですが、
わが国では3メートル程の低木になることが多いようです。
耐寒性があるので、地植えするそうです。
(去年の夏、北海道旭川近郊でも地植えで結実したそうです。)

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
070426_po-po-_07862.JPG

花は、葉が出る前に木の幹に直接付いて、下向きに咲きます。
3センチ程になる花は花びらが6枚あり、よく見ると細かい毛が
あります。
花は最初は緑色(↑上の写真、黒紫色の花のすぐ下の花)をして
いますが、やがて黒紫色に変わります。

070426_po-po-_07849.JPG

葉にも新葉のせいか、細かい毛があり光沢もあります。
枝は若い枝は黒っぽく、白ニキビのような細かい斑点があります。
古い枝は灰色をしています。

ポーポーの実は秋に熟し、ねっとりとした食感でとても甘く、
香りが強いと友人から聞きました。
とても美味しいらしいので、アップできるといいですね~♪

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 08:10 AM | コメント (4)

April 28, 2007

ムベの花

4月28日、
きのうからマンションのケヤキも全体を新緑の衣に着替えました~♪

きょうはお友達にいただいた枝の「ムベ」の花を紹介します。
「郁子」と書きます。
アケビ科の常緑つる性植物です。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
070426_mube_07870.JPG

関東以西、四国、九州、琉球、朝鮮南部、台湾、中国に
生えているそうです。
別名はトキワアケビ(常磐通草)とも言います。
雌雄同株です。
2センチほどの花で、少し香りがあるようです。

070426_mubenomebana_07882.JPG
上の写真は雌花です。
雌花は雄花よりずっと数が少ないです
雌花には中心部に3つの雌しべがあります。
花びらのように見えるものは顎だそうで、外側の顎は幅が広く
バナナの皮のようで、内側の3枚の顎は幅狭く線状です。

普通、顎は6枚だそうですが、8枚のもありました。↓
070426_mubenomebana_07904.JPG

顎は厚地のビロードの様です。
顎の色は雌花も雄花も、クリーム色~淡紅紫色を
帯びたものまであります。

雄花はこんなふうに付いています。
070426_mubenoobana_07876.JPG

葉は3~7枚の小葉からなり掌のよう、、新葉は触るとしっとりと
した感触です。古葉は少し厚く、光沢が出ています。
裏面は淡緑色で主脈がはっきりしており、葉の網目模様が
目立ちます。
070426_mubenohaura_07896.JPG

なかなかに味わい深い花ですね・・^^              

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 07:38 AM | コメント (8)

April 26, 2007

ボリジ

4月26日、
きょうも朝からウグイスの声・・どうも公園の方から
聞こえてきます。
お天気がいいので、パンジーのプランターに水やり
をしたら、ダブル・レインボーが見えました^^v

きょうはベランダにある、ひときわ目をひきつけるブルー
の色鮮やかな「ボリジ」を紹介します。
瑠璃色の花が咲く萵苣(チシャ)ということでルリジシャ、
学名からボラゴ草とも言うそうです。

南欧原産のハーブの一種で、ムラサキ科の植物です。
花以外、全草、毛で覆われていて、特に茎や葉はボリジ
(borra:ラテン語で剛毛の意味)の名のとおりゴワゴワ、
ザラザラした毛がいっぱいで触るとチクチクします。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
070414_boriji_07444.JPG

若菜は、サラダにするそうです。
高さは50センチ~1メートル 程になります。
花もつぼみも下を向いたようにうつむいて咲きます。

070414_boriji_07445.JPG

青い星型の花が印象的ですね~♪
ボリジの青色は「マドンナ・ブルー」と言われ、ある画家がこの花の
絞り汁で聖母マリアの着衣を塗ったことからきているそうです。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 10:27 AM | コメント (4)

April 24, 2007

フユアオイの花

4月24日、
我が家のプランターに植えた覚えはないのですが、
鳥が運んできたのか?気がついたら可愛い幼苗が生えてきて、
水をやっていたら、小さな花が付きました。
調べたら、どうやらアオイ科の「フユアオイ」らしいです。
春に咲くのにフユアオイとはこれいかに?
(名の由来はよくわかりません。)

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
070422_huyuaoi_07735.JPG

花は地味で小さく、1センチ程で5枚の花びらの先がピンク色を
帯びています。

070414_huyuaoi_07455.JPG

東アジア原産で野菜として栽培されるとのことです。
我が国へは江戸時代に野菜として導入され、栽培されたようですが、
野生化したものも見られるそうです。
帰化植物です。
「鳥の贈り物」と勝手に思っています。(*^-^*)

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 02:49 PM | コメント (4)

April 21, 2007

キンギアヌム

4月21日、
きょうはきのうの続きです。 別のお友達が、やはり教室に
持ってきた、素晴らしい「キンギアヌム」を紹介します。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
070418_kingianumu_07492.JPG

花瓶の白っぽい花のほうです。(薄紫の花はラベンダー)
キンギアヌムは、ラン科の植物です。
オーストラリア原産で、デンドロビュームと同じ仲間です。
070420_kingianumu_07569.JPG

花の径は1.5センチ程の小型の花ですが、この白い花には
ダイヤモンドダストのような煌きがあり、
唇形の花びらには淡紫色の斑点がありました。

070418_kingianumu_07487.JPG

小振りで可愛らしい花ですね~♪
薄紫のラベンダーが、より白のキンギアヌムを引き立てていますね。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 10:27 AM | コメント (4)

April 20, 2007

チューリップ

4月20日、
ここ数日、朝7時頃、♪ホーッホケキョッ、ケキョケキョケキョ・・♪
と、ウグイスの声が聞こえてきます。
庭のツツジも咲き始め、ハーブの花が次々と咲いています。
ケヤキも日ごと、緑を増して、樹液を盛んに飛ばしています。

すっかり春ですね~。

きょうは、私の習い事をしている教室に先日お友達が家から
持ってきた、素晴らしいチューリップを紹介したいと思います。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
070418_chu-rippu_07475.JPG

チューリップはユリ科の球根植物です。
和名は鬱金香(うこんこう)というそうです。
別名は牡丹百合だそうです。

16世紀にトルコからヨーロッパに伝わり、オランダ等で品種改良が
加えられ、日本へは140年程前(江戸時代)に伝わったそうです。
今日では多様な園芸品種(数百品種)のチューリップがあります。

070418_chu-rippu_07484.JPG

ちなみに写真のチューリップで名前がわかったのは・・
ユリ咲き→白に赤の絞りの”マリリン”
フリンジ咲き→白のフリンジの”スワンウィングス”
八重咲き→紫の八重の”ライラックパーフェクション”でした。
あとのはちょっと名前がわかりません。(-_-;)

あなたの好きなチューリップはありましたか?

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 07:10 AM | コメント (0)

April 14, 2007

モミジイチゴの花

4月14日、
きょうも風が強くてたまらない~(>_<)!
この風でもう桜も舞い散ってしまうことでしょう・・。

さて、先日出かけた山で、去年違う山で見つけて食べたことのある
(美味しい黄橙色の実~♪)「モミジイチゴ」の花が咲いていました。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
070408_momijiitigo_07322.JPG

バラ科の植物です。
葉がモミジの葉に似ているので名付けられました。
別名はキイチゴ(木苺、あるいは黄苺))です。
一見して木になる苺で、実が黄色に熟すことからです。

070408_momijiitigo_07326.JPG

中部地方以北の本州の山野に普通に生える落葉低木です。
茎には鋭い刺が多くあります。
葉は互い違いに付いて、ギザギザがあり、開いた手の形を
しています。
花は径2.5~3センチ程で、枝の下に並んでうつむいて咲いて
いるので、カメラを下からさしこむようにして撮りました。

真っ白な花が印象的です(*^-^*)。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 10:58 AM | コメント (8)

April 12, 2007

ミヤマキケマン

4月12日、
きのう、車で桜並木のトンネルを通ったら、
ずーっと花吹雪の中でした。
桜吹雪に酔ってしまいそうなほど、幻想的でした・・。
あと少し、名残り桜の余韻に浸りましょう。

さて、きょうは「ミヤマキケマン」を紹介しましょう。
「深山黄華鬘」と書きます。
華鬘は仏壇の欄間などを飾る仏具のことをいうそうです。
深山とつきますが、低山の林縁、路傍で見かけました。
日当たりのいい斜面に群生していました。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
070408_miyamakikeman_07278.JPG

近畿以東の本州に分布しています。
長さ1.5~2センチ程の黄花を付けます。
葉は羽の形をしています。
高さは20~40センチ程です。

070408_miyamakikeman_07163.JPG

ケシ科の植物です。
茎や葉を傷つけるといやな匂いがするそうです。
可愛くてきれいな花ですが、有毒なので注意!

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 09:13 AM | コメント (2)

April 10, 2007

シュンラン その2

4月10日、
わがマンションの桜は、風が吹くとハラハラと散る程度で、
朝晩寒いせいか?意外にも長持ちして、目を楽しませて
くれています(*^^)v

きょうはまさしく春の花、「シュンラン」をもう一度、紹介したい
と思います。
(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
070408_shunran_07379.JPG

明るい雑木林の林縁に咲いているのを見つけました!
地味な薄い緑色なので、周囲の植物の色と溶け合っていて、
よく見ないと見つけられません。
シュンランを見つけて、ますます春が来たことが実感できました。
(*^-^*)
070408_shunran_07373.JPG

さて、下の写真ですが・・
上と左右に開いた3枚の花びら(じつはガク)と、その内側に
開いていない緑色の花びらが2枚覆い被さっていますね。
その下にひだのある唇形の白色の花びらが1枚ありますね。
うつむき加減に咲いているので写真が撮りにくく、写真には
あまりうまく写っていませんが、白っぽい花びらには赤紫の紋様
がありました。

070408_shunran_07372.JPG

高さは10センチ程でした。
北海道から屋久島まで分布し、中国にも生育しています。
単子葉植物でラン科の植物です
東洋ランの代表でもあり、昔から愛され、水墨画や塗り物の椀や
皿、お盆のモチーフに描かれたりしています。

ブログ内関連ページ→シュンラン

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 07:35 AM | コメント (2)

April 07, 2007

ヒメオドリコソウ

4月7日、
桜もそろそろ・・ハラハラと花びらを落とす風情・・
きょうは、おととい載せたホトケノザと同じシソ科の
「ヒメオドリコソウ」を紹介します。

「姫踊り子草」と書きます。
環状に付く花の付き方を、踊り子が並んで踊る様に例えて
名づけられました。
姫は小さい、小形の、という意味です。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
070328_himeodorikosou_06440.JPG

ヨーロッパ原産で明治時代中期に帰化植物となったそうです。
本州、四国に分布しています。
道端や空き地、荒地に群生して生えることが多く、日当りの強い
場所では葉が赤紫色を帯びるようです。

070328_himeodorikosou_06445.JPG

花はシソ科の特徴である唇形の花です。
この植物も一度は見たことがある方も多いのでは?

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 09:23 AM | コメント (2)

April 05, 2007

ホトケノザ

4月5日、
きょうは遅ればせながら・・暖地の道端に普通に生えている
「ホトケノザ」を紹介します。
やっと紹介できて(^。^;)ホッ!
今年は暖冬で、日当たりの良い所では、もう1月頃から
ピンク色の花をほころばせていました。

「仏の座」と書いてシソ科の植物です。
花の下の2枚の葉が包み込むようになっており、これが
仏の蓮華座に似ているので名付けられたそうです。
別名はサンガイグサ(三階草)とも言います
花が段々に付くことによります。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
070330_hotokenoza_06725.JPG

花は紅紫色の細長い筒状で、模様が付いています。
シソ科の特徴の唇形をしていて可愛い花ですね。

070329_hotokenoza_06648.JPG

花期が長く6月くらいまで咲いています。
皆さんも多分一度は目にしたことがあるのではないでしょうか? 
 

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 09:04 AM | コメント (2)

April 02, 2007

ゴヨウアケビ

4月2日、
きょうはほんとに花曇り。
家の近くで満開の桜をバックにアケビの花を見つけました!
最初ミツバアケビかな?と思ったのですが葉の数が違うようです。
葉は3枚のものと4枚のものと5枚のものが混在してました。
家へ帰って調べたら、アケビとミツバアケビの雑種で
「ゴヨウアケビ」ということが判りました~(*^^)v

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。
            きょうの写真のバックはソメイヨシノです^^)
070329_goyouakebi_06660.JPG

葉は3~5枚の柄がある小さい葉からなる掌を開いた形をしています。
葉の表面は濃緑色、裏面は淡緑色で、縁には波状のゆるい
ギザギザがあります。
下の写真では2個の雌花が見えますね。
3枚の花びらのように見えるのはガクだそうです。
花びらはありません。
突き出ているのは雌しべで円柱形で先がベタベタしていました。
雌しべの数を調べたら6本と7本のがありました。

070329_goyouakebi_06670.JPG

次の写真↓で、左右の雌花に対して上下にぶどうのような房状
にぶら下がっているのが雄花の群れです。
雌雄同株でアケビ科の植物です。

070329_goyouakebi_06661.JPG

つる性の植物で落葉します。
本州、四国、九州の丘陵や山地に生えます。


追伸:きょうから「薄桜色」に背景色換えました。
    ちなみに3月は「桃花色」でした。
  

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 11:04 AM | コメント (3)

March 28, 2007

ネコヤナギの花

3月28日、
きょうは、穏やかな日になりました。
山の川のほとりに「ネコヤナギ」(猫柳)がありました。
これは若い雄花のようです。
赤い「やく」と黄色い花粉が目印。

(写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
070310_nekoyanagi_05884.JPG

ヤナギ科の植物で雌雄異株です。
雌花は絹毛が目立つふさふさとした感触であり、これを
ネコの尻尾に見立てて、「ネコヤナギ」と名付けられました。
北海道から九州に分布する落葉の低木です。
山間渓流などに自生します。

渓流に春を告げる植物です~♪

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 08:36 AM | コメント (0)

March 27, 2007

モモの花

3月27日、
もう、卒業式や終業式も済んで春休みですね~。
保育園や幼稚園の卒園式で、
♪・・・モモのお花もきれいに咲いて もうすぐみんなは一年生~♪
という歌を歌いませんでしたか?

もう桜がチラホラ咲いていますが・・
数日前に撮った「モモの花」をアップします。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
070320_momo_06140.JPG

中国北部原産で、高さ3~8メートルになり落葉します。
サクラやウメと同じバラ科の植物です。
薬用として渡来しましたが、果実を食用とする品種と
観賞用の品種(ハナモモ)があり、広く栽培されてもいます。
ハナモモには八重咲きや菊咲き、枝垂れ、箒立ちなど
変化が多いです。
ピンク(桃紅色)の他、白色~濃紅色まで色の変化も多彩です。

070320_momo_06147.JPG

ひな祭りの切り花にも使われますね。
我が家は4月までお雛さまにお越しいただいています・・(*^-^) 
 

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 08:34 AM | コメント (0)

March 24, 2007

バイモ

3月24日、
朝から曇り空、午後から雨が降るとの予報・・。
きょうは、中国原産の薬用植物ですが、観賞用として庭にも
植えられている「バイモ」を紹介します。
「貝母」と書きます。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
070320_baimo_06292.JPG

ユリ科の植物です。
高さは50~60センチ程です。
薄黄緑色で内側に網目の入った鐘形の花を下向きに付けます。

070320_baimo_06293.JPG

花の形から編笠に似ていることから、別名は「アミガサユリ」
ともいいます。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 08:56 AM | コメント (0)

March 22, 2007

レンプクソウ

3月22日、
久々に暖かい日となりました・・。
マンションの庭の椿の花は真ん中だけ鳥に食べ散らかされています。
パンジーも花びらを誰か?に食べられています。
久しぶりにホースで水撒きしたら、ダブルで虹が見えました。

きょうは一属一種の珍しい花を見つけたのでアップします。
「レンプクソウ」(連福草)です。
レンプクソウ科の植物で一科一属一種です。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
070320_renpukusou_06272.JPG

よく見ると小さな薄黄緑色の花(直径4~6ミリ程)が5つ
集まってひとつの花になっています。
さらによく見たら、一番上の花は花びらが4枚、周りの4つは
花びら5~6枚に分かれていました。

070320_renpukusou_06318.JPG

別名は「ゴリンバナ」ともいうそうです。
高さ8~15センチ程で林内に生え、白色の細長い地下茎で
増えます。
近畿地方以東から北海道に分布し、北半球の温帯に広く
分布しているそうです。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 10:33 AM | コメント (0)

March 20, 2007

モクレン

3月20日、
きょう、ニュースで那覇の末吉公園でコガネノウゼンが満開
とのこと、聞きました。
あ~、なつかしい~!
去年の2月に沖縄に行った時、咲き始めていました。

さて、こちらは・・?
きのう、たまたま通った所にモクレンが咲いていました。
きょうは母校の校歌の歌詞にもある♪もくれんの花咲きて~♪
の「モクレン」を紹介します。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
070319_mokuren_06106.JPG

高さ4メートル程になる落葉低木で、原産地は中国南西部です。

070319_mokuren_06107.JPG

「木蓮」と書きます。 
モクレン科の植物です。
以前にアップしたタイサンボクカラタネオガタマ、ユリノキ
と同じ仲間です。
別名はモクレンゲ(木蘭華)、あるいはシモクレン(紫木蓮)とも
いいます。シモクレンのほうがとおりがいいかな?

070319_mokuren_06108.JPG

モクレンは葉に先立って花が咲きます。
大形で暗紫色の花が枝先に上向きに付きます。
ハクモクレンより半月~1ヶ月程遅れて咲きます。 
 
 

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 09:21 AM | コメント (1)

March 16, 2007

ヒマラヤユキノシタ

3月16日、
弥生三月もあと半月となりました・・。

きょうは、「ヒマラヤユキノシタ」を紹介します。
原産地がヒマラヤやチベットで、ロゼット状で革質の厚い葉と、
群咲くピンクの花が特徴のユキノシタ科の植物 です。
別名は「オオイワウチワ」とも言います。

(写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
070227_himarayayukinosita_05462.JPG

耐寒性もあり、半日陰のほうが好きな植物です。
ロックガーデンの植え込みでも見たことがあります。
過湿には少し弱いが、丈夫な植物です。


花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 11:38 AM | コメント (4)

March 14, 2007

ラッパズイセン

3月14日、
きょうはちまたではホワイトデーとか・・

\(・_\)ソノハナシハ (/_・)/オイトイテ

あ~、明るい空になりました~♪
先日、親戚のラッパズイセン(の一品種)が満開になっていました。
黄色い花がいっぱい~!元気をもらえそうなのでアップします。

(写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
070304_rappazuisen_05680.JPG

地中海沿岸が原産のヒガンバナ科の植物です。
花の真ん中の部分がラッパのような筒状になっているので、
「ラッパ水仙」。・・明瞭ですね。
070307_rappazuisen_05740.JPG

1本の茎に1つの花が付きます。 
 
 

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 09:01 AM | コメント (0)

March 13, 2007

スノーフレーク

3月13日、
きのうは、松明の炎が夜空を焦がす、奈良の東大寺二月堂の
「お水取り」でしたね。
お水取りは大仏が開眼した752年から途切れることなく続く伝統行事
で、今年で1256回目だそうです。
”お水取りが済むまでは、寒さに油断しちゃいかん”と亡き母が
よく言ってました。
あともう一息で春が訪れることでしょう。

きょうは「スノーフレーク」を紹介します。
ヒガンバナ科の植物です。
オオマツユキソウ(大待雪草)、あるいはスズランズイセン(鈴蘭水仙)
とも言われます。

(写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
060328_suno-hure-ku_07373.JPG

球根と葉の形がスイセンに似ていて、花の形がスズランに似ている
ことから、一つの茎に2~8個の花を下向きに付けます。
オーストリア、ハンガリー、欧州南部の原産です。
6枚の花びらすべての縁にある緑色の斑点が特徴です。

お洒落で可愛い花ですね~♪

 
 

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 02:05 PM | コメント (3)

March 12, 2007

ノースポール

3月12日、
きょうは、きのうよりもっと寒~い!
暖かさに慣れた身にはこたえますーっ。

白い北極のような花?
「ノースポール」を紹介します。

(写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
060328_no-supo-ru_07387.JPG

白い花が覆うほどに咲くことから、「北極」がイメージされ、
名付けられたキク科の植物です。
原産地はアフリカ北部です。
日本には1960年代頃に伝えられたそうで、まだ50年も経って
いません。
マーガレットに似ていますが、それより小型で、花の直径は
2~3センチ程で鉢植えやプランターによく植えられます。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 04:28 PM | コメント (0)

March 11, 2007

ヒメカンアオイ

3月11日、
雨があがり、風の強い日になりました~(≧~≦)。
きょうは、きのう出かけた先の林の中で見つけた植物を紹介します。

「ヒメカンアオイ」です。
ウマノスズクサ科の植物です。
本州(愛知県、岐阜県、長野県、石川県、富山県、紀伊半島)と
四国(高知県南東部)に分布しているそうです。
花も見つけることができました!

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)

070310_himekanaoi_05979.JPG

葉の根元にあるのが、「ヒメカンアオイ」の花です!

070310_himekanaoi_05981.JPG

柿のヘタ?のような花は、葉の付け根のあたりの落ち葉をそ~っと
掻き分けると、その下の地面に咲いていました!
とても地味な花だし、落ち葉を掻き分けないと見つけることは
できないでしょう。
3枚に裂けた花の直径は2センチ程でした。
中心が筒状になっており暗く、中を覗こうにも地面に張り付く
ように咲いているので、よく中まで見られなかったです(>_<)。

中には雌しべと雄しべがあるそうです。
花粉を運ぶのはアリだともカタツムリだともいわれています。

こういう花もあるんですね~(^_-)-☆ 
 
 

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 01:42 PM | コメント (0)

March 09, 2007

ルッコラの花

3月9日、
あちこちで合格発表など聞かれ、受験生やその親御さんは
一喜一憂で大変な季節、お察しいたしますm(__)m。
また、就職などでこの3月から研修という方もおられることでしょう。
ちまたではインフルエンザなども流行っていて、体調管理には
油断のできない季節ですね。
こんな季節こそ、美味しいものを食べ乗り切っていただきたい
ものです。

さて、きょうはイタリアンサラダには付き物という程、
よく使われる食材でもある「ルッコラ」を紹介します。
英名でロケットとも言われます。
写真は友人宅で撮った「ルッコラの花」です。
(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
070307_rukkora_05719.JPG

地中海沿岸原産のアブラナ科の植物です。
花はアブラナ科に特有の十字型で、花びらには紫色の脈が
入っています。
大きさは1.5~2センチ程です。

070307_rukkora_05721.JPG

ハーブの一種で、葉を生食すると、ゴマのような風味と多少の
辛みと苦みがありますが、それがまたサラダのアクセントとなり
美味しいですね(*^^)v。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 10:41 AM | コメント (4)

March 02, 2007

フサアカシア

3月2日、
きのう、ある高校の正門に「卒業式」と書いてありました。
そう、3月は別れの季節でもあるんですね・・。
でも次に新しい出会いと期待が持てる時期ですね(*^-^*)。

式といえば、花・・。
花屋さんもきのうは忙しかったでしょうね・・。
店先から春の花の香りが漂ってきそうです~♪

きょうは春の色、黄色の花、別名「ミモザ」ともいう
「フサアカシア」を紹介します。

(写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
070227_husaakasia_05467.JPG

友人宅の庭木として植えられていたのを撮らせてもらいました。
春の歓びあふれる鮮やかな黄色で、ポンポンのような
ふわふわの可愛い小さな花です。
オーストラリア原産のマメ科の植物です。
この季節の切花として、花屋で売られたりしています。

余談ですが・・
裏ごしした卵の黄身が、ミモザの花を連想させる事から、
裏ごし卵を散らすサラダをミモザサラダと言いますね。
グリーンの野菜等と合わせて、あなたのセンスで色美しい
ミモザサラダを作ってみてはいかがでしょうか?
きっと春を呼ぶ食卓になることでしょう・・(^^♪

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 07:38 AM | コメント (8)

February 27, 2007

アブラナ

2月27日、
枝垂れ梅が見頃とか~TVの画面から梅の香りが漂って来そう・・♪
この週末は道路が大渋滞かも・・^_^;

さて、きょうは「アブラナ」をとりあげます。
「アブラナ」(油菜)とは、なたね油をこの種子からしぼってとるからです。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
070203_aburana_04926.JPG

「アブラナ」より「ナノハナ」と言ったほうがとおりがいいようですね。
「菜の花」は”野菜(菜っ葉)の花”という意で名付けられました。
からし醤油で「菜の花」のおしたし・・もいいですね。

070203_aburana_04927.JPG

花びらが十字状の花でアブラナ科の植物です。
千葉県の県花でもあります。
今頃は青い空に黄色の花がよくうつる素晴らしい景色なのでしょうか?
まさに南房総の風物詩ですね・・(*^^)v

本日は1本のナノハナでお許しを・・^_^;

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 10:39 AM | コメント (0)

February 24, 2007

ブンゴウメ

2月24日、
いいお天気でしたが、少し寒く、風の強い日でした。
車に乗って外出中、橋の近くにえっ?もう桜か?と思いきや、
気になったのでその木の所まで引き返し、確かめました・・。
桜ではなく、ウメでした。(^。^;)ホッ!
「ブンゴウメ」(豊後梅)でした~。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
070224_bungoume_05381.JPG

バラ科の植物で半八重白花です。
光の加減か、やや淡紅色を帯びて見えます。
花はボリュームがあり、とてもたくさん付いています。
小鳥のさえずりがするので、頭上を見たら・・
花に「メジロ」が数羽来ていました~♪
上の写真の左半分の真ん中ほどにメジロが
かろうじて写っているのがおわかりでしょうか?
(写真内をクリックして、大きい画面でご覧下さいm(__)m)

とても大きくて立派な木で丈夫そうでした。

070224_bungoume_05379.JPG

果樹としても栽培されているそうです。
梅の一変種でアンズとウメの間種という説もあり、
果実も大きめのようです。

大分県の県花・県木だそうです。
他の梅と比べて、遅め(20日間程)に開花する梅だそうです。


花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 02:18 PM | コメント (2)

February 15, 2007

スタンフォード・ミニチュア

2月15日、
きょうは強い北風が吹いて、お~っ寒~い!
きのうまでのポカポカ陽気に慣れた体には、
少々刺激になっていいかも?
(でも風邪にはご用心!)

「寒くても中はあったか、○○の家」~?ってなことで
我が家でも南側のリビングの窓辺近くは暖かく快適~♪
根茎性ベゴニアの「スタンフォード・ミニチュア」が
花を付けていました。

(写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
スタンフォード・ミニチュア05250.JPG

花は5ミリ~7、8ミリのハート形、
葉はビロードのような光沢があります。
裏の葉色は銅色です。(銅葉)
茎や葉に短い毛があります。

なかなか花が付かなかったのですが、
やっと花が付いてとてもうれしい~♪

根茎性のベゴニアに興味のある方はこちらへもどうぞ
アンバー・グロー 


花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 12:29 PM | コメント (0)

February 13, 2007

フクジュソウ その2

2月13日、
去年の3月のある日、福寿草が咲いたよ、撮りにこないか?
と 声かけてくれたね・・

高校の時、ハンドボールやっててかっこよかった・・
ギターも弾くの、上手だった・・
カメラが好きで、陶芸も・・レンズ型の茶碗をつくった!
と 見せてくれたね・・

友達思いのやさしいあなた
いつも温和で皆をつなげてくれた・・

今までほんとにありがとう!

きょうはあなたが写した写真を使わせていただきます。

そちらで私の選んだ写真、見てもらえますか? 

2006 福寿草 Ⅱ 007.jpg


2006 福寿草 Ⅱ 004.jpg





花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 09:55 AM | コメント (3)

February 04, 2007

白梅

2月4日、
きょうは立春。
きのう、梅林に行ってきました。
紅白の梅が植えられていましたが、先回、紅梅をアップしたので
きょうは白梅をアップします。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
070203_hakubai_05000.JPG 

白い梅はまたいい香りで、そこはかとなく気品があります。 
070203_hakubai_04986.JPG 

おもわず、うっとりとし、梅の香りを満喫してきました~♪

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 11:41 AM | コメント (5)

January 31, 2007

紅梅

1月31日、
きょうで睦月ともお別れ。
暖かな日和でした~♪
白梅はまだ蕾が固かったのですが、紅梅の蕾はほころび始めて
いました。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
070126_koubai_04826.JPG

「東風吹かば 匂いおこせよ 梅の花 主なしとて 春な忘れそ」
                                  菅原道真
梅の香りは奥ゆかしく、ほんのりといい香りですね・・。
この木は屋根より高くて、いい匂いが嗅げなかったのが、残念でした。

070126_koubai_04825.JPG

バラ科の植物です。
中国原産の樹木で、奈良時代に薬用として導入され、
元々は「ムメ」と発音されていたそうです。

その他:大阪府、和歌山県、福岡県、大分県、茨城県の県木です。

ウメの実についても知りたい方はこちらをクリックなさってください
ウメの実

付録:fabの背景色は"日本の伝統色"の色にしています。
   1月は前半は「鴇色」(ときいろ)、後半は「東雲色」(しののめいろ)でした。
   2月からは「紅梅色」(こうばいいろ)にしてみます。
この「紅梅」、まさに「紅梅色」ですね~♪


花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 08:23 PM | コメント (0)

January 30, 2007

侘び助

1月30日、
気温も上がって、穏やかで過ごしやすい一日です。
お寺のそばを通りかかったら、赤い花が目につきました。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
070126_wabisuke_04831.JPG
茶花としても有名な「侘び助(わびすけ)」でした。
茶道のワビ(侘)とスキ(数奇)の複合語、あるいは(侘)と
スキ(好)の複合語、また千宗易の下僕の侘助にちなんで
名付けられたそうです。 

070126_wabisuke_04829.JPG

椿の一品種で葉も花も小ぶりで花は筒状に咲き、早咲きで
赤、白などの一重の花を半開します。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 10:01 AM | コメント (4)

January 25, 2007

アセビの蕾 その2

1月25日、
大寒の最中というのに、ここのところ暖かい日が続いています。
歩いていたら、白いアセビの蕾を見つけました~。

(写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)

070119_shiroasebinotubomi_04691.JPG

先日、載せた赤いアセビの蕾と合わせてご覧くださるとうれしいです(*^-^)

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 08:59 AM | コメント (0)

January 20, 2007

ソシンロウバイ その2

1月20日、
きのう、やっと「ソシンロウバイ」が撮れました~(^o^)
去年とほぼ同じ時期に咲いてくれました。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
070119_soshinroubai_04700.JPG
平屋の屋根より高い丈がある去年と同じ老木です。
今年も精いっぱいたくさんの花を付けています(*^^)v 

070119_soshinroubai_04704.JPG
バックに青い空と仲間の花がいっぱい応援してくれている中に、
寄り添うように咲いていた若いカップル?のような花・・(*^-^*)

070119_soshinroubai_04707.JPG
透けるような花びらも素敵~♪
ロウバイ科の植物です。

*「ロウバイ」という名前の由来に、去年調べた説以外のが見つかりました。
「臘梅」と書いて「臘」は、年の暮れ。旧暦12月のこと、つまり新暦
1~2月に咲く梅のような花の意味です。
梅も香りが良いですが、ロウバイはまた違った良い香りです。

鼻を近づけると、「ソシンロウバイ」は花びらのように透き通った
強い香気があります。ウ~~ンいい香り~♪
今年もソシンロウバイにあえてよかった~\(*^▽^*)/

ソシンロウバイを詳しく知りたい方はこちらをクリックなさってください。
ソシンロウバイ


花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 10:50 AM | コメント (2)

January 19, 2007

アセビの蕾

1月19日、
外出先からの帰り道、離れたところから見るとまるで赤い花が
咲いているように見えたので、寄ってみるとアセビの蕾でした。

(写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
060109_asebinotubomi_05249.JPG

(このアセビはベニバナアセビ、薄桃色の花の咲く品種なので
つぼみが赤い。)
すずらんに似たつりがね形の花を2月下旬頃から付けはじめ、
5月頃まで咲かせます。
ツツジ科の植物です。
高さ数メートルになる常緑低木です。
寒さや乾燥に強く本州、四国、九州の山地の乾燥気味の場所に
ひろく自生しています。

木に有毒成分を含んでいて、動物が食べると中毒を起こし、
「足しびれ」することが名前の由来。
馬が食べると麻痺して酔っぱらったようになることから、
漢字では「馬酔木」と書きます。

もう少しだけ、知りたい方はこちらをクリックなさってください。
→関連記事:アセビ

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 08:07 AM | コメント (4)

December 29, 2006

ハボタン その2

12月29日、
今朝、小雪が風に舞い、やっと冬らしいお天気となりました。
雪雲も見えるのですが時折、陽も射し、鳥たちの囀りも
どこからか聞こえてきます・・。

はや29日、じつは年賀状は済んだものの・・
まだまだ新年までにやることだらけ・・(>_<)なんですが・・

ブログは書きつつ・・・
玄関だけは、今年は新年用に「ハボタン」を置いてみました。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)

061222_habotan_04481.JPG
まわりの葉の色の濃いのは一株に7個も花が付いていて
2年もので今年のいちおし!と花屋さんが言うので・・
買ってきました(^^♪。
あとは今の主流の「ミニ葉牡丹」を寄せてみました。

061220_habotan_04415.JPG
↑これは某お宅のアレンジですが・・シンプルでいいでしょ。
真ん中の葉の緑が効いている・・(^_-)-☆

皆様のお宅はどんなお花を飾られるのでしょうか?

<お知らせ>
さる26日の台湾の地震で、fabが借りている香港のサーバーの
海底ケーブルがダメージを受け、27日から28日夜まで画面が
出なくなりました。
その後、復旧しましたが、大変ご迷惑をおかけしましたこと、
ご報告申し上げます。

それでは・・今年はこれで失礼します。
この一年もfabをご愛顧くださり、ありがとうございました。
皆様、良いお年をお迎えください。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 11:33 AM | コメント (1)

December 27, 2006

ウィンターコスモス

12月27日、
きのうは12月なのにすごい雨量・・。
異常気象が懸念されます。

さて、きょうはコスモスのような花形で、黄色花を秋から
冬にかけて咲かせる「ウインターコスモス」を紹介します。

別名は「ビデンス」、「キクザキセンダングサ(菊咲栴檀草)」
とも言います。
原産地は北アメリカです。
草丈は35センチ程で、寒さには強く5枚の花びらを持っています。

(写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
051103_winter cosmos_03766.JPG


花色は写真(白に中心部は黄色)の他・・
黄色、クリーム色、そして桃色花を咲かせる品種もあるそうです。

日当たりの良い所が好きな花です。
キク科の植物ですが、センダングサの一種だそうです。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 11:22 AM | コメント (0)

December 25, 2006

自生のサザンカ

12月25日、
あなたはその体いっぱいに
大きな心で招き入れてくださった・・
「ようこそ、ようこそ・・・・・ね」と

よく働いたその手・・
そのぬくもり、忘れません・・


いつもとても大らかな心で、皆のために尽くしてくださった
広くやさしい心のあなたに、年の暮れのきょう、
自生の「サザンカ」を手向けます。


(写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
061219_sazannka_04266.JPG


花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 08:39 PM | コメント (3)

December 23, 2006

シャコバサボテン

12月23日、
あすはもう?クリスマス・イブ・・
毎年、クリスマス近くに咲く実家の「シャコバサボテン」を
紹介します。
サボテン科の多肉植物です。
「シャコバ」は、葉の形が蝦蛄(しゃこ)のようだから
名付けられました。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
061129_shakobasaboten_03626.JPG

ブラジル原産で、明治初期に日本に入ってきたということです。
花が12月頃に咲くので、「クリスマスカクタス」とも言います。

061129_shakobasaboten_03625.JPG

この写真はまだ蕾のある状態の実家の「シャコバサボテン」ですが、
今も戸外で咲いてます。
いつも室内に入れてから咲くのですが、今年は戸外にあるうちに
早々と咲いてしまったと・・・父の弁。
これも温暖化のせい・・?

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 10:51 AM | コメント (2)

December 13, 2006

銅葉の白いベゴニア

12月13日、
きょう、我が家で10年来親しんできた「クラウン・ローチ」という
熱帯魚とお別れしました・・。

とても臆病で、でも愛嬌のあった・・我が家の人気者、
「ローチ」に捧げます。

(写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
ベゴニア白・銅葉01881.JPG

向こうでも友達作って楽しくやってね~。
長いこと、私たちを楽しませてくれてありがとね~!

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 10:06 AM | コメント (0)

December 10, 2006

カトレヤ

12月10日、
きょうは雨もあがり車で買い物に出たら、風に落ち葉が
クルクルと舞っているのを見かけました・・。
お店ではもう~歳末の福引をしていました。
何だかせわしない気持ちで店を後にしました・・。

きょうは「カトレヤ」を載せます。
ラン科の植物です。

(写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
カトレア01497.JPG

カトレアの原産地はメキシコからブラジルにかけての
中南米で、標高1000~2000メートルにかけ分布しており、
木や岩に着生しています。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 09:20 PM | コメント (8)

December 06, 2006

サザンカ その2

12月6日、
きょうは垣根にサザンカが見事に咲いていたので、載せます。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
垣根のサザンカ03759.JPG
「勘次郎」:たくさんの蕾も付いていました~*^^。

ピンク03764.JPG
「乙女山茶花」:恥ずかしそうに・・控えめに・・(#^.^#)

白03756.JPG
「富士の峰」:純白で富士の峰に降る白雪といったイメージかな?

去年もサザンカを載せたと思いますが、一重でした。
今年は八重のサザンカです。
去年の記事も読みたいな~と思う方は下線のある部分をクリックして下さい。

寒い季節、色のある花を見ると、元気が出ませんか・・(*^-^*)v

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 07:28 PM | コメント (3)

November 24, 2006

ヒメツルソバ

時折 風が吹くと、ケヤキやサクラもハラハラと落葉するものの、
比較的穏やかで暖かい秋の一日でした。
きょうは近所にあった「ヒメツルソバ」を紹介します。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
ヒメツルソバ03909.JPG

ヒマラヤ地方原産で明治時代に渡来したタデ科の植物です。
栽培されていますが、野生化してもいます。

ヒメツルソバ03908.JPG

写真のはわかりにくいですが、葉に紫色の山形の斑が入り、
匍匐して広がっていきます。
(ひとつ上の写真のが、わかりやすいですネ。)

直径1センチ程のピンク色の球状の小花が可愛いです。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 01:36 PM | コメント (3)

November 22, 2006

コダチダリヤ

11月22日、
きょうは初めて見た、大きな大きな花を紹介します。
車で愛知県内を走っていたら、めちゃ背丈?のある大きな木?に
コスモスのような淡いピンク色の花を発見!

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
コダチダリヤ全体03505.JPG

近寄って見ると、ダリヤのような花。↓

コダチダリヤのアップ03508.JPG

葉はこんなんでした。↓

コダチダリヤの葉03502.JPG
羽状複葉が十字対生になっていて、変わってる~!

皆目、見当がつかず、帰宅してあ~でもない、こ~でもないと調べた
結果、なんと「コダチダリア」(木立ダリヤ)なるものと判明!
あ~、すっきりした~!

コダチダリヤ03492.JPG

「皇帝ダリア」とも言うそうです。
キク科 でメキシコ、コスタリカの原産。
私が見たのは、高さ3メートル程のでしたが、5メートルにも生長
する木立ち性のダリアだそうです。
木のように大きいですが、これは草だそうです!
えーっ!?ですよネ。
晩秋から初冬(11月中下旬~12月初旬)が開花盛期だそうで、
その後、地上部が枯れるのでしょうね。
まだ、いっぱい蕾があったので、しばらく楽しめそうです。

ほんとすごい迫力の、見上げて楽しい花でした~♪

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 08:57 PM | コメント (3)

November 17, 2006

キチジョウソウ

11月17日、
きょうは里山の湿り気のある樹下の日陰に群生していた花を紹介します。
最初はジャノヒゲかと思いましたが・・調べたら「キチジョウソウ」
でした。
「吉祥草」と書きます。
この花が咲くと吉事があると言い伝えられている縁起花でもあり、
よく栽培もされてるようです。

(写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
キチジョウソウ03063.JPG

葉の間から高さ8~15センチ程の短い花茎が直立し、
直径1センチ程の淡紅色の花が多数付いています。
無毛で鮮やかな濃緑色の葉は、平行な葉脈がはっきり出ています。
本州(関東以西)、四国、九州に分布しているユリ科の植物です。
花期は長く、9~12月です。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 08:51 AM | コメント (2)

November 14, 2006

サフラン

11月14日、
きょうはきのう我が家で咲いた「サフラン」を紹介します。
この球根は先月近くの大学でいただいてきたもので、そのうちの
2つをを土に植えました。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
サフラン03454.JPG

高さは13センチ程でした。
きれいな薄紫色の6枚の花びらと松葉のような細い葉っぱですね。
触ってみたら全然痛くはありませんでした。
赤くて長い雌しべは基から3つに分かれ、さも3本のように見えますが、1本です。
この雌しべを乾燥させて薬用にしたり、布や食材の染色に使ったりします。
サフランライスやパエリヤ等の黄色もそうです。

サフラン03451.JPG

地中海沿岸を原産とするアヤメ科の球根植物です。
江戸時代末期にオランダ船により渡来したもので、大分県や宮城県で
栽培されているとのことです。

注意:春に咲くのはクロッカスです。紫の他、白、黄の花もあります。
   似た花にイヌサフラン(有毒)があります。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 11:31 AM | コメント (2)

October 31, 2006

コバノランタナ

10月31日、
きょうで10月も終わりですが、見事に花をいっぱい付けた
「コバノランタナ」を見つけました~♪
「小葉のランタナ」と書き、ふつうのランタナより葉が小さい
のでこう名付けられました。

(写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
コバノランタナ02712.JPG

熱帯アメリカ原産のクマツヅラ科の常緑低木です。
ランタナの仲間ですが、ほふく性があり、寒さにやや強い性質
もあるので、グランドカバーにも適します。
日当たりの良い所を好んで、5月~11月頃まで開花します。
やさしい色合いが素敵です~♪

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 08:43 AM | コメント (6) | トラックバック

October 24, 2006

ハゼラン

10月24日、
雨もあがり、穏やかな秋の一日に・・。
きょうは実家に「ハゼラン」が咲いていたので載せます。
「爆ぜ蘭」と書くようです。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
ハゼラン02563.JPG

膨らんだ蕾が次々と爆ぜるように開花するので、爆ぜ蘭と
名付けられたそうです。
「ラン」と言っても、蘭ではなくスベリヒユ科の植物です。
熱帯アメリカ原産で明治初期に渡来したそうです。

ハゼラン02561.JPG

花は直径8ミリ程、実は直径4ミリ程です。

ピンクの花と線香花火みたいな小さく丸い実が可愛い~!

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 09:56 AM | コメント (4) | トラックバック

October 22, 2006

ヤマシロギク

10月22日、
きょうは、秋の野にぴったりとくる野菊のひとつ、
「ヤマシロギク」を紹介します。
「山白菊」と書きます。
山に咲く白い菊という意味、そのままです。
本州、四国、九州に生えるキク科の植物です。

(写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
ヤマシロギク02463.JPG

花は密集して咲き、花びらも多いです。

野山で小菊を見つけると、ホッとしますネ・・(*^-^*)。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 08:47 PM | コメント (6) | トラックバック

October 19, 2006

キセルアザミ

10月19日、
きょうは湿地に生える「キセルアザミ」を紹介します。
「煙管薊」と書きます。

(写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
キセルアザミ02435.JPG

マルハナバチ?のせいで花が下向きになっているのではありません。
花は、茎の先端に横向きまたはこのように下垂れて1個付きます。
その花が咲いた姿が火をつけた煙管(キセル)に似ているので
名付けられました。
花が終わると上向きになるそうです。

花色のグラデーションが美しい~♪

高さ50~100センチでキク科の植物です。


花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 09:29 AM | コメント (4) | トラックバック

October 13, 2006

オタカラコウ

10月13日、
今朝、ツツッピー、ツツッピーと窓の外で声がするので、
開けてみたらマンションの欅の枝に「ヤマガラ」が・・・。
9日に行った湿地の帰りにも「ヤマガラ」を見たので
何だか二重にうれしくなりました~♪

さて、きょうはその湿地の沢筋に沿って生えていた
「オタカラコウ」を紹介します。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
オタカラコウ02401.JPG

「雄宝香」と書きます。
宝香とは防虫剤や香料にする竜脳香のことで、根や茎の香が
竜脳香に似ていることから宝香と名付けられたそうです。
雄は同じ仲間の雌宝香(メタカラコウ)と比べ、大きくがっしりした
感じにみえるので「雄タカラコウ」と付けられました。

オタカラコウの花02403.JPG

花は茎の先端に枝分かれせず穂状に咲き、全体の様子は
メタカラコウに似ていますが、より大型で、何よりも葉が三角に
角張っていないので、区別がつきます。

オタカラコウの葉02399.JPG

本州、四国、九州の山の湿地や谷筋、沢筋に生えるキク科の植物です。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 03:59 PM | コメント (4) | トラックバック

October 10, 2006

アケボノソウ

10月10日、
きのうやっと風がおさまったので、久しぶりに豊田の奥の湿地
に出かけました。
前からずーっとあいたいと思っていた「アケボノソウ」に遇うこと
ができました~♪

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
アケボノソウT00078.JPG

「曙草」と書きます。
花の白い部分を明け方の空にたとえ、その先端に散りばめ
られている黒っぽい点々を暁の星に見立てて、名付けられた
ということです。ロマンチックな命名ですネ~。

北海道から九州に自生しているそうです。
山野の湿った場所に生育しており、茎は四角形で、高さは
1メートル程でした。

花はとてもシックでお洒落なデザインです。
アケボノソウ02427.JPG

ひとつの花は直径が2センチ程の大きさです。
2つの黄緑色の丸い斑点はとてもインパクトがありますが、
これは蜜腺だそうです。
その外の黒紫色の点々もスパイスが効いていますね。

リンドウ科の植物で、センブリの仲間です。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 09:23 AM | コメント (2) | トラックバック

October 07, 2006

ノハラアザミ

10月7日、
強風の一日でした・・。
車道に倒れでた自転車の車輪が風のためにクルクル~~(@_@)
回っていました。
きょうは秋の野原に普通に見られる「ノハラアザミ」を紹介します。
「野原薊」と書きます。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
ノハラアザミ全体.jpg

背丈は40~100センチでキク科の植物です。

美しい花ですが、触ろうとすると棘に刺されて「欺かれた」と言う
のがアザミの語源だそうです。
野原に咲くアザミということで名付けられました。

ノハラアザミのアップ.jpg
(強風のため、撮影できず(>_<)・・昔撮った写真で代替しました。)

良く似たノアザミは春に咲き、ノハラアザミは晩夏から10月頃まで
咲いています。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 03:46 PM | コメント (0) | トラックバック

October 04, 2006

モミジハグマ

10月4日、
きょうは、今の季節に森に咲く「モミジハグマ」を紹介します。
「紅葉白熊」と書きます。
モミジに似た形の葉を持つ白熊(ハグマ)の意味。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
モミジハグマ全体02468.JPG

ハグマとは、ヤクの尾の毛のことで、払子(ほっす)に作り、
槍や旗、兜などの飾りにするもの。
白い花をこれに見立てて名付けられたようです。

モミジハグマ02477.JPG

本州、四国、九州の山などに生えるキク科の植物です。
高さ30~50センチ程でした。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 09:35 AM | コメント (8) | トラックバック

October 01, 2006

オミナエシ

10月1日、
きょうから10月、秋の七草のひとつ「オミナエシ」を紹介します。
「女郎花」と書きます。
万葉の時代から和歌にも詠まれ、オミナは女を指します。
エシはメシ(飯)がなまった言葉といわれ、米花(こめばな)とも
呼ばれたオトコエシ「男郎花」と対のようです。
オミナエシの別名は、黄色の花が粟に似ていることから、粟花
(あわばな)だそうです。

(写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
オミナエシ01558.JPG

北海道、本州、四国、九州の日当たりの良い草地に生えます。
高さは1メートル程、枝先に黄色の花がたくさん付いています。
オミナエシ科の植物です。


お知らせ:
大変ご迷惑をおかけしましたが、きょうからコメントを元どおりに
戻しました。
また以前のように、コメントをいただけるとうれしいです。
どうぞよろしくお願いします。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 11:06 AM | コメント (7) | トラックバック

September 30, 2006

タチフウロ

9月30日、
きょうは「タチフウロ」を紹介します。
「立風露 」と書きます。
山地の草原や林縁に生え、平地や乾燥地では見られません。
フウロソウ科の植物です。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
タチフウロ01658.JPG

花の写真だけ見ると、ゲンノショウコに似ている愛らしい花
と思いますが、「タチフウロ」の花は3センチ程あり、
丈は50センチから70センチ近くまで大きくなる植物です。

タチフウロ01655.JPG

花には、ピンクの花びらに赤紫色の筋があります。
うつむいた蕾が特徴です。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 11:06 AM | コメント (0) | トラックバック

September 28, 2006

マツムシソウ

9月28日、
庭から虫の音が聞こえてきます・・。
きょうは「マツムシソウ」を紹介しましょう。
「松虫草」と書きます。
マツムシの鳴く頃に咲くからということで、名付けられました。

(写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
マツムシソウ01581.JPG

北海道~九州の日当たりのよい山地の草原に生えます。
高さ50センチ程のマツムシソウ科の植物です。

清楚で涼しげな色の花ですネ。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 07:29 PM | コメント (0) | トラックバック

September 26, 2006

シラヒゲソウ

9月26日、
きょうは、やはり湿地に咲く花のひとつ「シラヒゲソウ」を紹介します。
「白髭草」と書きます。
白い花びらの先が、ひげのように細かく分かれているので
名付けられました。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
シラヒゲソウ01609.JPG

フリンジ、あるいはレースのような繊細な花びらが素敵ですネ~♪

シラヒゲソウ横01608.JPG

高さは10~15センチ程、葉は茎を抱くようなハート形です。
本州、四国、九州の山地の湿地に生えます。
fabに以前にアップしたウメバチソウ
と同じユキノシタ科の植物です。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 02:19 PM | コメント (0) | トラックバック

September 23, 2006

トモエソウ

9月23日、
湿地を歩いていたら、いきなり鮮やかな黄色の花が一輪、
目に飛びこんできました~。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
トモエソウ横01692.JPG

えっ!ビヨウヤナギ?!
まだ、咲いてるの?しかもこんな湿地に?と思ったのですが・・。
調べたら、「トモエソウ」でした!

「巴草」と書きます。
オトギリソウ科の植物です。
やはり、同じ科であるビヨウヤナギの親戚でした。
日当たりの良い湿地に自生しています。
葉は向かい合って付いています。

花は5センチ程と大きめです。
トモエソウ01690.JPG

花びらのつき方がねじれているように見えることから、トモエと
名付けられたそうです。
そう言えば、でんでん太鼓の模様は、回るような、渦のような三つ巴
ですね。(#^.^#)

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 07:29 AM | コメント (0) | トラックバック

September 20, 2006

カラスノゴマ

9月20日、
尾高高原の帰り道、車道にいきなり小猿が走り出て来たかと思ったら、
親猿が後を追って小猿を抱えんがばかりにして林の中へ・・。
林に目をやると、なんと10匹近くの猿が声をあげながら移動して
いくところでした。
あわててカメラを構えましたがシャッターを押す間もなく、猿たちは
視界から消えてしまいました・・(>_<)。

自然の中で猿の集団を見たのは初めて!(*^^)v
それにしても小猿も無事でよかった!ふ~(^_^;;)。

きょうはこの尾高高原にあった「カラスノゴマ」を紹介します。
「烏の胡麻」と書きます。
シナノキ科の植物です。
高さ30~60センチ程。
花期は8~9月。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
カラスノゴマ全体01936.JPG

花後すぐに実を付け、その色と形がゴマに似ていることから・・。
そして全体がゴマより大きいので
カラスという接頭語がつき、名付けられました。
ただし「ゴマ」と名が付いても種子は食べることはできないそうです。

カラスノゴマ01938.JPG

黄色い5枚の花びらを持つ花が下向きに付き、長い雄しべが見えます。
(これは仮雄しべだそうです。)
本当の雄しべはその下にある短い方です。
葉の表裏ともに毛でおおわれており、裏の方が密です。

カラスノゴマの花と実01945.JPG

長さ3センチ程の棒状で細長い実が見えますね。
若い実のようで、緑色をしています。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 02:25 PM | コメント (2) | トラックバック

September 18, 2006

サワギキョウ

9月18日、
台風の影響か??2階のベランダに「アオダイショウ」がヒョッコリおめもじ!
網戸越しに・・アボガドの木の葉陰に何かうごめく物あり・・と
見たらビックリ~ヘビがこちらを向いていました!
洗濯物干しの竿に絡み付いて進行していきました。

きょうは湿地にある「サワギキョウ」を紹介します。
「沢桔梗」と書きます。
沢に生えるキキョウという意味で名付けられました。
北海道、本州、四国、九州の日当たりのよい湿地に生育します。
草丈は50センチから大きいものは1メートルを越えることもあり、
花の形はミゾカクシ(すみません、まだ未アップでした(>_<)!)
に似ています。

(写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
サワギキョウ01747.JPG

花は長さ3センチ程です。
花期は8~9月
茎は中空で、傷が付くと白い乳液を分泌し、この茎汁や若芽を含み
全草、有毒だそうです。

特徴ある花の形と、インパクトのある色で目立っていました。


お知らせ:「コメント」について
いつもfabを見てくださりありがとうございます。
コメントもたくさんいただき大変励まされ有難いのですが、ここんとこ
日に300以上も困ったコメントがあり弱っています。只今、その対策中ですが、
心あるコメントを下さる皆様にもご迷惑をおかけすることになり、心苦しい
のですが、しばらくお時間をいただきたくお願い申しあげます。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 08:51 PM | コメント (0) | トラックバック

September 15, 2006

ユウガギク

9月15日、
湿地の脇に咲いていました・・。
キク科の花です。

(写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
ユウガギク01570.JPG

「柚香菊」と書きます。
柚子の香りがするから名付けられたのでしょうが、匂いは嗅いでない
のでコメントできません(>_<)。

近畿地方以北の本州の山野の草地、道端、湿地などに生えます。
花期は7~10月。
「優雅」と書くほうがお似合い?の野菊でした。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 07:23 AM | コメント (3) | トラックバック

September 14, 2006

ヒツジグサ

9月14日、
きょうは、やっとお日様も覗いて、朝から洗濯に大忙しでした。

午後の光が射す水辺に、白くて清楚な花「ヒツジグサ」が
咲いていました。

(写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
ヒツジグサ01644.JPG

「未草」と書き、未の刻(午後1時~3時の間))に花が開くこと
から名付けられました。
この写真を撮ったのは、ちょうど1時ちょっと前の昼下がりでした。
夕方4時~5時には閉じるとのことですが、
天気が悪くても花は開くらしい。
スイレン科の植物です。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 02:06 PM | コメント (0) | トラックバック

September 08, 2006

綿の花

9月8日、
きょうは、「綿の花」を紹介します。
アオイ科の植物です。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
綿の花芽01503.JPG
上の写真は花芽です。
シソの葉のようなガクに包まれた中に蕾ができます。

綿の花01502.JPG
これが満開状態の綿の花です。
よく見ると、薄いクリーム色にほんの少しピンクがかって見えます。

綿01508.JPG
花色がクリーム色からピンク色、そして赤紫色になってしぼみ、枯れます。
しぼんで枯れたのも見えますね。

この後、コットンボールができます。
これは後日のお楽しみに・・(^_-)-☆。


花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 07:19 AM | コメント (2) | トラックバック

August 29, 2006

カリブラコア

8月29日、
朝6時にツクツクボーシの初鳴きが聞こえ、目が覚めました。
少ししたらクマゼミも鳴き始めました。
先週、東京へ出張した家の者曰く、「東京はミンミンゼミばかりだった。」
こちら(名古屋)では数年前まではアブラゼミも鳴いていたのですが、
ここのところ、とんと鳴き声が聞かれません。

きょうはベランダの「カリブラコア」を紹介します。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
カリブラコア01480.JPG

ナス科の植物です。
ペチュニアに似た花で小型です。

カリブラコア桃01461.JPG
ピンク
花の径は2.5~3センチ。

カリブラコア黄01284.JPG

花の径は2センチ

日当たりの良い場所に置くと花がたくさん付き、
鉢からあふれるように咲きます。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 07:57 AM | コメント (0) | トラックバック

August 23, 2006

キツネノカミソリ

8月23日、
きのうの雷雨のおかげで、夜は過ごしやすかったですね・・。
きょうは処暑ですが、太陽がまぶしく日中は気温が上がりそうです。

夏のオレンジ色の花のひとつ、「キツネノカミソリ」を紹介します。
「狐の剃刀」と書きます。
名前の由来は葉の形がカミソリに似ていることとありました。
でも、花が咲くときには葉はもうなくなっています。

本州から九州の主に林縁に生育するヒガンバナ科の植物で、
ヒガンバナと同じく有毒植物のひとつです。

(写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
キツネノカミソリ1.JPG

頭にキツネという名前が付いた植物は? と遊んでみました。
キツネノカミソリ、キツネノマゴ、キツネノテブクロ、キツネノ・・
・・(w_-; ウゥ・・( ̄~ ̄;)mモゴモゴ~もう出てきませんー(ーー;)。

牧野の植物図鑑を調べたら、16種ありました。
えーっ、ウッソー!こんなにあるの?~(>_<)。
まだまだシュギョウが足りません ウゥ・・(T_T)。

きょうはこれまで・・。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 09:49 AM | コメント (2) | トラックバック

August 19, 2006

ヒメガマ

8月19日、
水の多い湿地に、大国主命と縁が深いガマが・・
と思いきや、「ヒメガマ」が生えていました。

「姫蒲」と書きます。
名は、ガマに比べて葉が細いことに由来します。
ガマ科の植物で、高さは1~1.5メートル程です。

(写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
ヒメガマ01261.JPG

花期は7~8月頃、上が雄花、下が雌花(フランクフルトソーセージ
の様?)で、花と花との間が空いているのが、いちばんの特徴です。
これでガマやコガマと区別ができます。


花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 10:56 AM | コメント (4) | トラックバック

August 10, 2006

フシグロセンノウ

8月10日、
日中はすごい炎暑でしたね~。
でも、きょうの早朝は風に秋の気配を少しだけ感じましたヨ。
この夏の盛りもあと一息かと思いますが・・・??

日中でも少し暗い林の中の流れの際に、この花の色がポーっと
浮かび上がっていました。

(写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
フシグロセンノウ2.JPG

光量不足?で、目で見た色はもう少し橙色がかっていたと思います。
一度見たら、忘れられない花です。
「フシグロセンノウ」です。
「節黒仙翁」と書きます。
茎の節が黒っぽいセンノウ(京都の仙翁寺に伝わったという花)ということ
ですが、流れを渡って花のそばまで行き、よく見てみないとわかりません。
それは無理な状況でした~(>_<)。

ナデシコ科で、背丈は80~90センチ程でした。
葉は対生で、花の直径は5センチ程でした。

そういえば・・・
熊谷守一の「アゲ羽蝶」という作品にはこの花が描かれていますネ。

この花にもう一度会いたいなぁ・・。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 02:39 PM | コメント (2) | トラックバック

August 07, 2006

シコンノボタン

8月7日、
きょうは87で花?の日でもあるようです・・。
友人から分けてもらった「シコンノボタン」の花が、昨日初めて
咲きました~♪
咲いたばかりの写真です。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)

シコンノボタン01276.JPG

「紫紺野牡丹」と書きます。
ノボタン科の植物でブラジルの原産です。
葉はやや肉厚で、まるでビロードのような柔らかい短い毛が
敷き詰められており、花色は美しい濃紫紺色をしています。
花びらは普通5枚です。

今朝はこんなふうになっていました。
シコンノボタン01280.JPG

いわゆる1日花です。花は一日しか持ちません。
花びらが散ると特徴ある雄しべの形がはっきりし、別名を
スパイダー・フラワーというのがよくわかります。
まさにクモの足の様・・。

葉は向かい合って付いています(対生)。
よく見ると交互に90度向きをかえて対生の葉が付いています。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 02:26 PM | コメント (2) | トラックバック

August 03, 2006

デュランタ

8月3日、
きのうから、庭で赤トンボが飛び回るようになりました。
きょうもセミの大合唱~、ちょっと庭に出てセミを写真に撮ろうと
しましたが、汗が滝のように出ただけでろくな写真は撮れず・・(泣)

気を取り直して、ベランダの「デュランタ」を紹介します。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
デュランタ01188.JPG

タイワンレンギョウとも言うそうです。
クマツヅラ科の植物です。
原産地はメキシコで、我が国へは明治中期頃に渡来したそうです。
我が家には10年程前に到来しました~。

デュランタ01190.JPG

この白っぽい淡色で縁取られた濃紫色の花は「タカラヅカ」と言う
園芸品種です。
「宝塚」というと、♪すみれの花 咲く頃~♪ということで菫色
→紫色→花の色で命名したのかな?と勝手に連想しています。
その他白花種の「アルバ」、 花の色が薄紫色の「ヴァイオレット」、
葉が黄緑色の「ライム」と言う品種もあるそうです。

デュランタ室内01250.JPG

葉は向かい合って付いています(対生)。
枝先に小さな紫色の花を房状に咲かせる姿は優美で品があります。
「デュランタ」という名は、16世紀頃、ローマ法王の侍医で
植物学者の「デュランテス」という人の名から付けられたそうです。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 11:45 AM | コメント (0) | トラックバック

August 01, 2006

ムクゲ その2

8月1日、
きょうから葉月。
川べりに咲いていた「ムクゲ」の花・・。
仲良く咲いていたので・・何だかもう一度撮りたくなった~。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)

ムクゲのピンク2つ01229.JPG

「木槿」と書きます。
ひとつひとつの花は1日でしぼみますが、次々と開花し、初夏から秋
まで長く花が楽しめます。

ムクゲのピンク01228.JPG

よく見ると、5つの花びらの中心に、先が5裂している雌しべと、
これに付着した雄しべが多数あります。
アオイ科でハイビスカスの仲間です。
(先日アップした「アメリカフヨウ」も同じ仲間です。)

fabの2005年8/18にも関連記事があります。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 10:43 AM | コメント (4) | トラックバック

July 28, 2006

アメリカフヨウ

7月28日、
夏空になり連日35度を超える炎暑、
そして蒸し蒸しと暑~い!
なぜか、ここ東海地方でも大幅に梅雨明けが遅れているとのこと・・。

街中のお寺の前を通りかかったら、敷地内の花壇に大人っぽい
口紅色?の大きな花がこっちを見て~と呼んでいました。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
アメリカフヨウ01183.JPG

手の平いっぱい広げてもまだ大きい!
直径20~25センチもある巨大な花を付けていますヨ。
「アメリカフヨウ」です。
まさにアメリカ美人?!
お寺には何だかミスマッチ・・?(と思うのは私だけ?)
否、国際性があって良いのかも・・??趣味の問題か・・。

アメリカフヨウ01184.JPG

アオイ科でハイビスカスの仲間です。
雄しべの先にピューと雌しべが伸びていますネ。
横から見ると状態がよくわかります。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 08:25 AM | コメント (0) | トラックバック

July 26, 2006

ナツメの花

7月26日、
ナツメの花が咲いていました。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
ナツメ1.jpg


ナツメ2.jpg

5ミリ程の薄緑の小さな花が葉の脇にたくさん付いています。
クロウメモドキ科の植物です。
「チャングムの誓い」の宮廷料理に利尿や強壮に効果があるこの
ナツメの実が使われていましたネ~。
ナツメの実については、fabの2005年10/26の記事をご覧下さい。
画面右の索引のナ行をクリックしても出てきます。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 06:41 AM | コメント (0) | トラックバック

July 19, 2006

ヤマノイモの花

7月19日、
よく降った雨も午後近くに上がり、薄日が射すとともに
セミの声・・。
猿投山も青くくっきりと窓の向こうに姿を現し、北側の窓辺
近くでコシアキトンボが旋回している。

きょうは別名をジネンジョ(自然薯)とも言う「ヤマノイモ」、
その花(多分、雄花)を紹介します。

(写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
ヤマノイモ1.jpg

広辞苑をひくと「自然薯」は「自然生」(じねんじょう)の転で、
栽培されているナガイモに対して自生しているヤマノイモの称
とあります。
土質を選ばず、山野等に普通に生えているヤマノイモ科の
植物です。
葉は対生です。
7月~8月に白いとても小さな花(直径2ミリ程)を付けます。

また、秋には葉のつけ根に珠芽(むかご)を付けます。
このむかごはお米と混ぜて炊き、むかごご飯にしていただきます。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 03:26 PM | コメント (2) | トラックバック

July 15, 2006

ヤマアジサイ

7月15日、
夏の装いも清々しく・・水もしたたるいい○○○?
といきたいところですが・・

連日、日中は汗、玉の汗、あ~っ、滝のような汗が・・・うヒョゥ~~(@_@)
この頃、うだるような猛暑でまいりますぅ~~(≧~≦)。
まだ、梅雨明けでもないのに・・・(≧ ≦)Ω

さて、気分を換えて・・きょうは「ヤマアジサイ」を紹介します。
サワアジサイの別名があり、薄暗い林の下や沢沿いに生えます。

日本原産で、福島県以西の本州・四国・九州に分布する落葉低木で
高さは1~1.5メートル程です。
 
(写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
ヤマアジサイ4.JPG

葉は対生し、長さ10~15センチ程で葉には光沢がないのが特徴です。
ガクアジサイに似た少し小型の花が6月から7月にかけて咲きます。
まず、まわりに4枚の花弁状の萼を持つ装飾花、その後、中心部に
ある多数の普通花が咲きます。

花の色は薄く紅色を帯びるものから白色、紫色を帯びるもの、
青色のものなどあり、地域で様々で変異が大きいそうです。

関東・東海・近畿地区の花の色は白で、花の色の変異はほとんどない
そうです。
(ちなみに写真の花は愛知県の猿投山で撮りました。)

ユキノシタ科の植物です。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 07:39 AM | コメント (0) | トラックバック

July 04, 2006

オカトラノオ

7月4日、
きょうはいいお天気でした~。
久しぶりに窓から山並みがくっきりみえました・・。

日当たりの良い草原にトラのシッポのように咲く
「オカトラノオ」を紹介します。

(写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
オカトラノオ00819.JPG 

「岡虎の尾」と書き、長く伸びて垂れて咲く花の様をトラの尾に
たとえて名付けられました。

白い花はつけねの方から咲いていきます。
雄しべは5本、雌しべは1本です。
サクラソウ科の植物です。

トラといっても、可憐で清楚な感じがしますね~。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 10:24 PM | コメント (0) | トラックバック

July 01, 2006

ミヤマヨメナ

7月1日、
きょうから7月・・
文月~誰かに手紙でもしたためたくなる月でもあります・・。
きょうは、
奥三河の林道にあった「ミヤマヨメナ」を紹介します。

(写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
ミヤマヨメナ00550.JPG

「深山嫁菜」と書きます。
深山に生えるヨメナの意味です。
別名はノシュンギク(野春菊)とも言うキク科の植物です。
本州、四国、九州の山地林内に自生し、高さは 20~50センチ程、
白~薄紫の花色です。 

ミヤマヨメナ00552.JPG

追伸:園芸品として親しまれているミヤコワスレ(都忘れ)は
   このミヤマヨメナの園芸種で、江戸時代から生け花用の花材
   として用いられていたそうです。

控えめな美しさを持ち、心を和ませてくれそうな花です・・。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 10:16 AM | コメント (0) | トラックバック

June 28, 2006

カキラン

6月28日、
春日井にある、やや日当たりの良い湿地を歩いていたら、
「カキラン」に遇うことができました~♪
先日のトキソウといい、この頃ラッキーが続いています!

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)

カキラン00894.JPG

「柿蘭」とカキます。
柿色の花の色からこの名が付いているそうです。
な~るほど・・ですね。

カキラン00895.JPG

高さ30~70センチ程でラン科の植物です。

カキラン00985.JPG

緑の中に咲いていると、あまり目立たないようですが、よく見ると
花の中の配色がなかなかに心にくい・・。
これも自然のなせる業なのですね。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 05:50 PM | コメント (2) | トラックバック

June 25, 2006

ヤマオダマキ

6月25日、
きょうは、山の崩壊地にひっそりと咲いていた「ヤマオダマキ」
の花を紹介します。
「山苧環」と書き、そのまま山にある苧環ということです。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)

ヤマオダマキ00406.JPG

花の形が麻糸を巻き取った苧環(おだまき)に似ているところから
名付けられたそうです。

ヤマオダマキ00413.JPG

キンポウゲ科の植物で、山地の草地や林縁にも生え、
高さは30~70センチ程です。

淡黄色のやさしい花色がいいですね・・。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 11:39 AM | コメント (4) | トラックバック

June 22, 2006

トキソウ

6月22日、
きょうはまた梅雨空が戻ってきそうですね・・。

ずーっと、一度は見てみたいと思っていた、「トキソウ」に
ついに遇うことができました~♪
日当たりのいい湿地に生えていました。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。) 
トキソウ00605.JPG

「朱鷺草」と書きます。
薄いピンクの花の色を鳥のトキ(朱鷺)の羽の色に見立て
名付けられました。  

トキソウ横00590.JPG

日本(北海道~九州)、中国、朝鮮半島原産のラン科の植物です。
レッドデータブックで絶滅危急種に指定されています。
可憐なトキソウ、来年もあいたいものです・・。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 06:44 AM | コメント (4) | トラックバック

June 18, 2006

ヤマホタルブクロ

6月18日、
あなたは静かに訪れた・・
貝の口に結んだ帯をして
腰をかがめて杖をつき
はるばると・・

私・・
そして皆の心の中に灯をともしてくれた人よ!


紫陽花がよく似合う雨の日のきょう、
あなたに「ヤマホタルブクロ」の花を手向けます。

(写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
ヤマホタルブクロ00523.JPG 

 
ヤマホタルブクロ00534.JPG 

追伸:「螢袋」という名は子供がこの花の中に螢を入れて遊ぶ
    ことから付けられた名前だそうです。
    また、この花が下を向くのは、雨に濡れると壊れやすい
    花粉を守るためだそうです。
    梅雨時に咲く知恵を持った 賢い花ですネ。
    (キキョウ科の植物です。)

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 07:09 PM | コメント (4) | トラックバック

June 12, 2006

シライトソウ

6月12日、
きょうは気温も上昇し暑いので、どこかの滝にでも行って
涼みたいくらい・・・
というわけで?「白糸の滝」ならぬ「シライトソウ」(白糸草)
を紹介します。
細くて白い花の姿から名付けられました。

(写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
シライトソウ00150.JPG

中部以南の山地に生えるユリ科の植物です。
下の方の葉はロゼット状(写真の右側に写っています。)
で、高さは20~30センチ程でした。
近くに数本咲いていましたが、よく見ないと見落としかねません。
まさに白糸、楚々と咲いておりました。


花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 11:45 AM | コメント (2) | トラックバック

June 09, 2006

コアジサイ

6月9日、
きのうの午後、こちらでは入梅宣言がありました~。
梅雨にはアジサイがつきものですが・・・
きょうは湿った林間にひっそりと咲き、控えめで清楚な姿
をみせる「コアジサイ」を紹介します。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)

コアジサイ00067.JPG

「小紫陽花」と書きます。
ユキノシタ科の植物です。
別名はシバアジサイともいいます。
高さは1~1.5メートル程で、葉にはギザギザがあり、
小さい花がいっぱい集まってひとつの花のかたまりをなし、
その直径は4~5センチ程です。
 

コアジサイ横00062.JPG

関東以西の本州、四国、九州の林間に自生しています。

薄紫の花色は日が経つとだんだん白に変化するようです。


花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 09:06 AM | コメント (6) | トラックバック

May 31, 2006

バラとりどり

5月31日、
きのう、友達の家に咲いていたバラをいただいてきました・・(^^♪。
とても美しかったのでアップします。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)

とりどりのバラ09957.JPG

友達が丹精込めて作ったバラばかりです。(*^_^*)


ピエール・ド・ロンサール09964.JPG

↑こちらは人気のある、つるバラ「ピエール・ド・ロンサール」~♪


ブラック・ティー09590.JPG

↑こちらは同じく友達の庭にあった「ブラック・ティー」です。
ユニークな色ですネ~。
 
 

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 07:49 AM | コメント (4) | トラックバック

May 30, 2006

シャリンバイの花

5月30日、
きょうは5月らしい日になるかな?
晴天で暑くなるとのこと・・
歩道の植え込みにあった「シャリンバイの花」を紹介します。

(写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
シャリンバイの花09702.JPG

「車輪梅」と書きます。
名のとおり、梅に似た花を付けています。
バラ科の植物で、葉に変異が多いそうです。
緑の葉に白い花が映えていました。

fabの7/18シャリンバイの実もご覧ください。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 08:41 AM | コメント (2) | トラックバック

May 28, 2006

センダンの花

5月28日、
きょうもはっきりしないお天気・・、
川べりに咲いていたセンダンの花を紹介します。
fabの12/20センダンの実以来、
ずーっと気になっていたのですが、やっと花を見ることができました~!
しばしセンダンの花をお楽しみ下さい。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
センダン川べり09771.JPG 


センダン09758.JPG  


センダンのアップ09753.JPG

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 10:05 AM | コメント (2) | トラックバック

May 25, 2006

ノイバラ

5月25日、
きょうは、晴天!
幼い頃読んだ「いばら姫」の絵本にも出てきた~
「ノイバラ」をお楽しみ下さい。

(写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
ノイバラ09435.JPG

野にある「イバラ」、つまり野にあるトゲのある植物ということから
名付けられました。
北海道~九州の山野に生育するバラ科の落葉低木です。
朝鮮半島や中国にも分布しているそうです。

(写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
ノイバラ09434.JPG


花びら5枚の2センチほどの白い小型の花がたくさん咲き、
茂みのようになります。
葉の縁はギザギザになっており、枝にはたくさん刺があります。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 08:48 AM | コメント (2) | トラックバック

May 21, 2006

カキツバタ

5月21日、
きょうはお天気がよく、風も結構強く気温も上昇しましたが、
午後から「カキツバタ」を見に出かけました~。

愛知県刈谷市の小堤西池、初めて行きました。
国の天然記念物の「カキツバタ群落」です。
アヤメ科の植物で、我が愛知県の県花でもあります。

(写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
カキツバタ群落00113.JPG

去年より遅く咲き始め、まばらに咲いている・・と
ボランティアの方が話されました。

(写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
カキツバタ09457.JPG

濃い青紫や薄い紫の花が池の周辺に咲いていました。
池の深そうな所には生えておらず、湿地、浅水池に
生えていました。
(反対にアヤメは乾いた所が好きなようです。)

(写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
赤紫色のカキツバタ00112.JPG

中にひとつ、ふたつ赤紫色の花のもありました~。
結構、花の色や花びらやガクの形や数が違う花、八重咲き、
よれ咲きの花もあって変異が多いそうです。

池のまわりにはトンボも見られ、鳥の声やウシガエルの声も
聞かれました~。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 06:10 PM | コメント (3) | トラックバック

May 19, 2006

キーウイの花

5月19日、
きょうも雨・・。
薄紫のキリの花や真っ白いエゴの花がたくさん落ちていました・・。

きょうはキーウイの乳白色の花をお楽しみください~。

(写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)

キーウイ2.JPG

「えーっ!?これがあのキーウイの花~?」
初めて見た方は結構びっくりするかも・・?

雌雄異株で、これは雌花です。
マタタビ科のつる性植物で、台湾、中国原産です。
日本でも栽培しており、愛知や伊那や鎌倉で棚作りにしている
のをいくつか見ています。

キーウイの名はニュージーランド特産のキウイバード(奇異鳥)に、
果実の茶褐色の毛むくじやらの外見が似ていたので
名付けられたそうです。
スーパーではニュージーランド産のものしか見たことありません~。

キウイフルーツの他、揚桃、チャイニーズグーズベリー、シナサルナシ
ともいわれるそうです。

普通のグリーンキーウイの他、ゴールドキーウイも売り出していて
食べてみましたが、ゴールドの方がより甘くて美味しかった~。
ビタミンCもより多いらしい。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 04:28 PM | コメント (6) | トラックバック

May 17, 2006

シラン

5月17日、
ランというと、一般には豪華な花を連想しますが・・
きょうはそこここの露地にさりげなく咲いている庶民的なラン、
皆様が多分知ってるランを紹介します。

(写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)

シラン09043.JPG

「これはシランわ~」とおっしゃいますか?

ラン科の植物でシラン、「紫蘭」と書き、名前の由来は花の色からです。

唇形の下の方の花びらには5条程の縦にフリルを寄せたような
波打つ筋がありますネ。
庭には古くから観賞のために栽培されていて、白花のものもあります。
日本原産で寒さにも強く、育てやすいランです。

よく見ると、なかなかに味わい深い花です。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 09:52 PM | コメント (3) | トラックバック

May 14, 2006

ウツギ

5月14日、
きょうは「卯の花」で知られている「ウツギ」をお楽しみください。

「空木」と書き、ユキノシタ科の植物です。
山野の日当たりのよい林縁や道端に見られるが栽培もされる。
枝が中空なので空木と名付けられました。
旧暦4月(卯月)に咲く(現在の5、6月)ので、卯の花ともいう。

(写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)

ウツギ2.JPG

小学校唱歌「夏は来ぬ」の歌詞の中にも「卯の花」は登場していますネ。
♪卯の花の匂う垣根に 時鳥 早も来鳴きて 忍音もらす 夏は来ぬ♪
                   作詞 佐佐木信綱
この「匂う」は花の香りではなく、匂うような美しさ、白い花が楚々と
咲く様を匂うと表現されたものらしい・・。
なぜなら、ウツギの花に香りはありません。

また、ウツギの垣根は最古の生垣のようです。
すでに7世紀の万葉集に詠まれているそうです。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 09:55 AM | コメント (4) | トラックバック

May 12, 2006

ライラック

5月12日、
5月なのに、なかなかスカッと爽やかな日になりません~。
きょうは、花瓶に挿した「ライラック」をお楽しみください。

(写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)

リラ09000.JPG

甘~い芳香を漂わせています。
「ムラサキハシドイ」とも言うように、薄紫色の花が普通ですが、
白、赤、青、八重咲きもあるそうです。

香水などの香料にも使われます。
「リラ」とも言われ、詩歌にもよく出てきます。
薄紫色のイメージでムードのあるお洒落な花ですね~。
私の好きな花のひとつです。

ヨーロッパの原産ですが、寒さに強く札幌の市の木にもなっており、
6月に「ライラック祭り」があるそうです。

モクセイ科の植物です。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 09:32 AM | コメント (2) | トラックバック

May 08, 2006

キリの花

5月8日、
きょうは岩手県の「県の花」でもある「キリ(桐)」の花を紹介します。

ゴマノハグサ科の植物です。
(ノウゼンカズラ科という図鑑もあるようです。)

(写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)

キリ全形09156.JPG

高さ5~15メートル程の中国原産の落葉高木です。
葉が開く前に花は下から上へと咲き上がるようです。

高木なので下に落ちていた花を調べたら、
淡紫色の一つの花の長さは5~6センチ程。 
花は筒型で先が5裂して唇形となり、花筒の中に乳白色っぽい
筋が2本ありました。
花全体は短い毛に覆われていました。
甘い香りも少しあり、虫が寄ってくる。
下に落ちた花の筒の中にはアリがいました。

(写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
キリ2.JPG

キリの木材は、軽くて柔らかく、木目が美しいという特徴を持って
います。
その上、燃えにくくて湿気を通さず、ひずみも少ないという大変な
すぐれものです。
ちなみに私も嫁入り道具に桐の箪笥や下駄を買ってもらって今でも
使っています。
また、琴や木箱にも使われ、屑を焼いて懐炉灰にも用いたらしい。
(昔、「桐灰」という商品がありました。)
樹皮は染料、葉は除虫用にもなり、ほんとに役立つ木です。

薄紫色の花は気品があり、美しい~!

追伸:
1周年記念にコメントを下さった方へ~
この場を借りて心よりお礼を申しあげます。m(__)m。

これからゆるゆる~~とアップしますのでどうぞ
お付き合いくださいますよ~に。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 06:37 PM | コメント (4) | トラックバック

April 30, 2006

オキナグサ

4月30日、
きょうも朝からウグイスの声に釣られマンションの花壇の
パンジーの花殻摘みにいそしみました~。

きょうは筑波実験植物園で撮った「オキナグサ」を紹介します。

「翁草」と書きます。
実の長く白い毛が生えている様子が翁の白髪のように見える
ことから、 名付けられました。

オキナグサ1.JPG

キンポウゲ科の植物です。
本州、四国、九州、中国、朝鮮半島の 山野の日当たりの良い
草地などに自生しているそうですが、今では数少なくなり幻の
花と言われる、貴重種です。
(環境庁の植物版レッドリストで絶滅危惧2類)

4月下旬から5月の初旬にかけて開花します。
花は初め下向きに咲き、のち上を向き、最後に萼片を
散らせるそうです。
地味な花ですが、見飽きない花です。



お知らせ:
きょうで、fabも一周年続けることができました!
これも皆様のおかげでと心より感謝しています。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 11:20 AM | コメント (10) | トラックバック

April 29, 2006

キランソウ

4月29日、
きょうから「ゴールデン・ウィーク」でお休みの方も多い
ことかと思います。

きょうは、「ジゴクノカマノフタ」というインパクトのある名を
別名に持つ「キランソウ」を紹介します。

「金瘡小草」という字を当てるそうです。
名の由来は不明です。

キランソウ2.JPG

ロゼット状の葉で、裏面は紫色を帯び全体に粗い毛があります。
本州、四国、九州に自生しています。
1センチ程の濃紫色の唇形の花を付けます。

別名の由来は、地面に平らに張りつくように
葉を広げることによるそうです。

シソ科の植物です。 

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 08:44 AM | コメント (0) | トラックバック

April 28, 2006

ムスカリ

4月28日、
ここ3日間、毎日午後からウグイスの声が近所から
聞こえてきてうれしいです。

きょうは「ムスカリ」を紹介します。

ムスカリ07199.JPG

ユリ科の植物で原産地は地中海沿岸、 西南アジアだそうです。

別名 は 「グレープヒヤシンス」と言うそうです。
花の形が葡萄に似ているから・・のようです。

ムスカリ08772.JPG

ムスカリとはギリシャ語のmoschos ムスク(麝香:ジャコウ)のことで、
ジャコウの香りを持つ種類があることから名付けられたようですが、
写真のは、香りがありませんでした。   

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 08:55 AM | コメント (2) | トラックバック

April 27, 2006

サクラソウ

4月27日、
きょうは、江戸時代半ばから広く栽培されている植物でもある
「サクラソウ」を紹介します。
「桜草」と書きます。

我が国では、北海道南部、本州、九州の林間の湿地や原野の
草間に生え、ときに群生するそうです。

サクラソウ1.JPG

合弁花で花びらは5裂しています。

英名のprimroseはprimerole(最初に咲く花)から転訛したもので、
サクラソウという名も春先に咲く花という意味であり、
バラやサクラとは全く関係がないそうです。

シクラメンやルリハコベと同じサクラソウ科の植物です。

花は美しく清楚な感じがします。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 11:08 AM | コメント (0) | トラックバック

April 26, 2006

ヒメハギ

4月26日、
今年は花見が済んでもなかなか最低気温が上がって
きません。今朝も寒く感じました~。

きょうは、「昭和の森」で見つけた「ヒメハギ」を紹介します。
「姫萩」と書きます。
萩の花に似ていて、かつ小形なので「ヒメハギ」だそうです。

ヒメハギ08908.JPG

日当たりのよい山野の道端に生えていました。
ラン?に似た花、あるいはマメ科の蝶形の花の様。
やや青みがかったピンクの花。

ヒメハギ08882.JPG

ヒメハギ科の常緑植物でした~。
丈は7~8センチ程でした。
花の開いた後に生長し、20センチ程になるそうです。

全国の山野に普通に生えているそうですが、
私は初めて見ることができて、うれしいです!

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 08:49 AM | コメント (0) | トラックバック

April 25, 2006

フモトスミレ

4月25日、
きのうの午後、1時過ぎ、マンションの生垣のカイヅカイブキの
あたりから惚れ惚れする美しいウグイスの声が・・・。
とても歌?がうまかったです~(*^^)♪v

きょうは先日行った「昭和の森」にもあった「フモトスミレ」を紹介します。
「麓菫」と書きます。
山の麓に多いことから名付けられました。

フモトスミレ08946.JPG

葉は灰緑色で、しばしばこの写真のように葉脈に沿って白い筋が入ります。
株ごとにまとまって咲き、山地等の日当たりのよい所に生えていました。
本州(岩手県以西)、四国、九州に自生しているそうです。

下の写真は4年前に葦毛湿原で撮ったものです。

fumotosumire0.jpg

この写真ではわかりにくいのですが、小さな白い花の
下の方の花びらに紫色の筋が入ります。
赤紫色の距と花茎が特徴です。
なかなかに渋可愛い?スミレです。 

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 07:52 AM | コメント (2) | トラックバック

April 24, 2006

ハナニラ

4月24日、
木々の緑が日一日と濃くなっています。
マンションの中の小道の脇に今咲いている「ハナニラ」を
紹介します。

「花韮」と書きます。
白っぽい星形の花が目を引きます。

ハナニラ08491.JPG

背丈20~30センチのユリ科の球根植物です。
南米アルゼンチン産の帰化植物で、ニラと同じような線形の葉は
真ん中に筋脈がはいり地面に寝たような状態に広がっています。

花が美しく、草姿はニラに似ていて、葉を傷付けるとニラのような
匂いがするので名付けられました。確かに少し匂いがしました!

別名はセイヨウアマナ(西洋甘菜)とも呼ばれます。

ハナニラ08613.JPG

春に2センチ程の白~薄紫色の星形の花を咲かせます。
雄しべは花の中央の筒状部分に納まって飛び出していません。
花びらは平らに開き、中央に入る 紫色の筋があります。
花びらの裏にはもっとはっきり紫色の筋が入っていますヨ。

ハナニラ裏08974.JPG

後ろ姿も結構美しい花ですネ~。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 12:20 PM | コメント (4) | トラックバック

April 23, 2006

バコパとパンジーの寄せ植え

4月23日、
きょうは我が家の玄関を飾っている「寄せ植え」を紹介します。   


玄関寄せ植え08408.JPG

パンジーとバコパの寄せ植えです。
パンジーはスミレ科、バコパはゴマノハグサ科の植物です。


寄せ植え08409.JPG

バコパはとてもボリュームが出ました~♪
 

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 08:40 AM | コメント (0) | トラックバック

April 22, 2006

ミツバアケビの雄花

4月22日、
きょうは「ミツバアケビの雄花」を紹介します。

アケビ科の植物です。
名のとおり、葉は三つ葉です。
つる性で花色は黒紫色です。
小さなブドウの様で長さは2~3センチ程でした。

ミツバアケビの雄花07612.JPG

雌花は・・・残念ながらまだ撮れていません。


*ブログ内関連ページ
fabの2005年10/14に「ミツバアケビ」の実を掲載。
ミツバアケビ

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 04:58 PM | コメント (2) | トラックバック

April 21, 2006

アオキの花

4月21日、
きょうは、マンションに咲いていた「アオキ」の花を紹介します。

「青木」と書きます。
山野の常緑林内に生えることが多いですが、
庭木としても広く植えられ、多くの園芸品種があるようです。

名前は、枝が青い(緑色))ことから、名付けられたそうです 。

アオキの雄花07444.JPG

↑の写真は雄花です。雄しべが4つあります。 
        

ミズキ科の植物で、雌雄異株です。

アオキの雌花07461.JPG

↑の写真は雌花です。雌しべが1つあります。
この雌しべの子房が膨らんで、冬に楕円形の赤い実を
付けます。

雄花、雌花ともに紫褐色の花びらが4枚ある小さい花ですが、
なかなかに存在感のある姿ですね~。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 11:39 AM | コメント (3) | トラックバック

April 20, 2006

ヒイラギナンテン

4月20日、
きょうはきのうの「ヘビノボラズ」と同じメギ科の仲間の
「ヒイラギナンテン」を紹介します。

「柊南天」と書きます。

ヒイラギナンテン07329.JPG

別名はトウナンテン(唐南天)ともいいます。
江戸時代に中国より渡来したそうですが、今も庭木として
よく植えられているのを見ます。

ナンテンのような枝振りと、ヒイラギのようなトゲのある葉から、
この名前が付いたそうです。

ちなみにきのうの「ヘビノボラズ」の花は、色も形もこの花に
よく似ているらしい~。
初夏に咲くそうですが見れるかな?

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 03:38 PM | コメント (2) | トラックバック

April 18, 2006

タチツボスミレ

4月18日、
きょうは、皆さんも一度は目にしたことのある?
「タチツボスミレ」を紹介します。

スミレ科で「立坪菫」と書きます。

タチツボスミレ1.jpg


人家周辺から道端や山地まで、日本全土に自生しています。
数あるスミレの中でも最もポピュラーなスミレだと思います。

花色もやさしく、縁にギザギザのある丸いハート形の葉を持つ
とても可愛いスミレです。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 12:08 PM | コメント (4) | トラックバック

April 17, 2006

オオイヌノフグリ

4月17日、
いいお天気ですね~。
洗濯いっぱい干しました~。

きょうはこんな気持ちのいい日にピッタリの
「オオイヌノフグリ」を紹介します。

「イヌノフグリ」という植物があり、それより、花の大きいもの
という意味です。
「オオーイヌノフグリ」ということです。
「オオイヌノーフグリ」という意味ではありませんヨ。

しかし、
何でまた~こんなインパクトのある名前?

実の形から名付けられた名前だそうです。
(残念ながら、はっきりと実を見たことがありませんが・・。)

オオイヌノフグリ08347.JPG


(あまりうれしくない?名前をいただいてかわいそう!と、
「星の瞳」という名?で出てもらいたい~なんていう方も
fabの読者の中におられるようです。(笑))

ゴマノハグサ科の植物です。
明治時代にヨーロッパ?から渡来した帰化植物だそうです。
平地の道端や空き地、畑のあぜ道など普通に生えています。
皆さんもきっと目にしていると思います。

オオイヌノフグリ08350.JPG


目に染むような空色の花ですネ~。
日光に敏感で、日が当たっている時だけ花開きます。
開花時の直径は1センチ程です。

陽だまりに可憐に咲く愛らしい花です。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 12:57 PM | コメント (2) | トラックバック

April 15, 2006

シュンラン

4月15日、
きょうは春の蘭と書く「シュンラン」を紹介します。

乾燥した落葉樹林内に生えるラン科の植物です。

シュンラン1.JPG

別名はホクロ(黒子)とか、「ジジババ」とも言われるそうです。
唇弁にある濃紫色の斑点が、ホクロやしみに似ていることから
付けられたと言われています。

山野草として人気があり、よく栽培されているようです。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 02:22 PM | コメント (0) | トラックバック

April 14, 2006

ヤマルリソウ

4月14日、
きょうは足助の落葉樹林で撮った「ヤマルリソウ」を
紹介します。

「山瑠璃草」と書きます。
山に咲くルリソウという意味で、ルリソウは花色が瑠璃色
だからということです。

ヤマルリソウ1.jpg

ムラサキ科の植物で、花径が1センチ程の小さな花です。
淡い青紫色の可愛い花ですね~。
やや波打つ葉は根元からロゼット状に広がっています。

本州の他、四国、九州に自生しているそうです。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 03:33 PM | コメント (0) | トラックバック

April 13, 2006

キルタンサス

4月13日、
きょうはベランダにある「キルタンサス」を紹介します。

かれこれ15年程、毎年花を付けてくれています。

キルタンサス07140.JPG

花は細長いラッパ状で、やさしいサーモンピンクの色あいです。

ヒガンバナ科の植物で、南アフリカ東海岸の原産です。

キルタンサス07267.JPG

キルタンサスというのは、ギリシア語で“曲がった花”と
いう意味だそうです。
 
キルタンサス07145.JPG

花に鼻を近づけると・・・
ストロベリーの甘い香りがして
何度でも嗅いでみたくなります~(笑)。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 11:55 AM | コメント (1) | トラックバック

April 12, 2006

カタクリ

4月12日、
きょうは足助にあった「カタクリ」を紹介します。

ユリ科の植物で「片栗」と書きます。
早春に下向きのピンクの花を咲かせます。
丈は10~15センチ程。

カタクリ1.jpg

「もののふの 八十乙女らが 汲みまがふ 寺井の上の 堅香子の花」
という万葉集に詠まれている 堅香子=カタカゴは、カタクリの
花だと学校で教えられた記憶があります~。(大伴家持の作)

昔は「カタクリ」の鱗茎からデンプンをとって、「片栗粉」を
作っていたそうですが、今はジャガイモのデンプンで
「片栗粉」を作っていますネ。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 06:10 PM | コメント (2) | トラックバック

April 11, 2006

コバノミツバツツジ

4月11日、
フロントガラスに花びらハラハラと舞い散り、
バックミラーには雨に煙る桜並木が・・・
この雨で、もうそろそろ桜も見納めかしら・・。

きょうは雨の止み間の「コバノミツバツツジ」を
紹介します。(トヨタの森にて)

「小葉の三葉躑躅 」と書きます。
葉が枝先に3枚輪生しているので、ミツバツツジと言いますが
そのなかでも小さな葉を持つものという意味あいだと思います。
ツツジ科の植物です。
花びらは5つに裂けて、雄しべは10本です。

コバノミツバツツジ08070.JPG

葉が出る前に開花するので、花が目立ちます。

コバノミツバツツジ08066.JPG

山地にはえる落葉低木で、高さ1.5~3メートルほどです。
静岡以西の西日本に分布しているそうです。

コバノミツバツツジ08125.JPG

里山の春を彩る、紫がかった薄いピンクの花は綺麗ですネ~。
アカマツの多い林内で撮りました。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 03:54 PM | コメント (2) | トラックバック

April 10, 2006

ショウジョウバカマ

4月10日、
きょうは、花曇り?雨も降るとか・・。
トヨタの森にあった「ショウジョウバカマ」を紹介します。

「猩猩袴」と書きます。
ユニークな形をした赤い花を猩々(しょうじょう:中国の
伝説上の動物)に、光沢のあるヘラのような葉を
ロゼット状に出した様を「袴」に見立てて
名付けられたようです。

ショウジョウバカマ08157.JPG

ロゼット状の葉から茎をスーッと出し、
海岸近くの林から人里、田の畦、低地の湿原、
池沼、高山の湿った場所にまで生えるそうです。

ショウジョウバカマ08172.JPG

樺太、北海道、本州、四国、九州、朝鮮半島に分布しています。

ショウジョウバカマ08296.JPG

花色は赤い花から淡紅色、青紫、白までいろいろあるそうで、
まるでお酒呑みの顔色のようというと失礼かしら?
(ちなみに友人がメールに添付してきた花は、青っぽい花で、
鉢に栽培されていましたヨ。)
また、別名を「カンザシバナ」とも言うそうです。
納得ですね~。

↓上から撮った写真です。
ショウジョウバカマ上08256.JPG

ユリ科で 常緑の植物です。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 09:43 AM | コメント (4) | トラックバック

April 09, 2006

ハルリンドウ

4月9日、
きょうは、きのうの収穫物のひとつ、トヨタの森にあった
「ハルリンドウ」を紹介します。

「春竜胆」と書きます。
行きに見つけたときは半開きだったのですが、
帰りに見た時には開いていたので写真を撮りました。
光に敏感な植物のようです。

ハルリンドウ08278.JPG

目が覚めるようなコバルト・ブルーの花ですね~!

リンドウ科の植物で、春に咲くリンドウということで
名付けられました。

山野の日当たりのよい、やや湿ったところに生え、
背丈は5~10センチ程です。

花は長さ2~3センチの漏斗形で、花びらの先は五裂し、
裂片の間には副片があり、中に紫色の筋がはいってます。

ハルリンドウ08290.JPG

開いた花の横には、螺旋状にねじれた状態の蕾が
数個見えますネ~。


根を乾燥した物は漢方薬となり、竜胆(リュウタン)と
呼ぶようです。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 02:17 PM | コメント (2) | トラックバック

April 07, 2006

ジンチョウゲ

4月7日、
きょうは、「ジンチョウゲ」を紹介します。

「沈丁花」と書きます。 

ジンチョウゲ赤07490.JPG

香料の沈香のようないい香りがあり、丁子(ちょうじ)のような
花をつける木、という意味で名付けられました。

ジンチョウゲ科の植物で、中国原産の常緑低木です。
高さは1メートル程です。

甘く濃い香りを発散するので、この香りで春の到来を
感じるという方もおられるでしょう。
私も好きな香りです。
まさに自然がくれた優れた芳香剤ですね~。

わが国には室町時代に渡来し、今でも庭木によく使われ、
お馴染みの植物です。

花びらにみえるのは、花びらではなくガクの先が4つに
割れたものだそうです。

下の写真はシロバナジンチョウゲです。

ジンチョウゲ白07197.JPG

他に、葉に斑が入る品種もあるようです。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 02:11 PM | コメント (1) | トラックバック

April 06, 2006

桜鑑賞日

4月6日、
きょう、入学式という方も多いでしょう。
「ご入学おめでとうございます。」

入学式にはやはり桜がお似合いだ と私は思います。
私にとっては、桜の景色は小さい時から記憶に刷り込まれ、
何かと思い入れの多い花です。

さくら07883.JPG

マンションのソメイヨシノも、かれこれ四半世紀以上毎年花を
付けていますが、昨年より花が多いように思います。

さくら07816.JPG

昨日の雨や風で少し散りかけましたが、まだきょう、あすは
大丈夫そうですネ。


さくら07817.JPG

上を見上げたら、枝が碁盤の目のような格子柄?


さくら07861.JPG

しばし、桜を愛でて過ごしましょう。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 02:09 PM | コメント (2) | トラックバック

April 05, 2006

ヒサカキの花

4月5日、
春の天気は「ふるふくどん」って知ってました?
「降る吹く曇」て書きますヨ。

きょうはその「降る」、雨です。
雨に濡れた小さな春の花、「ヒサカキの花」を紹介します。

雨のヒサカキの花07761.JPG

ツバキ科の植物で、虫媒花です。

ヒサカキの花07728.JPG

目立たない花ですが春の訪れを感じさせる独特の匂いがあるので、
開花がすぐにわかります。

日当たりの良い場所に生育するヒサカキの枝には、びっしりと
下向きに花が付きます。

ヒサカキの花07727.JPG

写真の花は多分、雄花だと思うのですが・・。

この白い花の他に赤っぽい花もあったのですが、撮り損ないました。

冬に実を付ける「ヒサカキの実」はこちら
ヒサカキの実

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 11:11 AM | コメント (0) | トラックバック

April 04, 2006

ヒュウガミズキ

4月4日、
きょうは春を飾る優しい黄色の花のひとつ、「ヒュウガミズキ」を
紹介します。

「日向水木」と書きます。
ミズキという名ですが、マンサク科の植物です。

中部地方西北部、石川県、福井県、岐阜県および近畿地方北部
で自生しているそうです。

これは栽培品だと思います。

ヒュウガミズキ07307.JPG

高さ1.2~2メートル程で庭木や生垣によく植えられます。

近縁のトサミズキと比べて、少し小振りで優しい感じがします。
枝は多く分枝し、細く折れやすい。

花径8~9ミリの淡黄色の花が1~3個、穂のように垂れ下がって
咲きます。

花の後に、葉脈に特徴のある葉が出ます。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 11:23 AM | コメント (2) | トラックバック

April 03, 2006

シハイスミレ

4月3日、
きょうはまた、強い風。

きのう撮った「シハイスミレ」を紹介します。

「紫背菫 」と書きます。
葉の裏が紫色であることから付いた名前だそうです。
スミレ科で花期は4~5月です。

シハイスミレ07692.JPG

中部地方~九州に分布しているそうです。
丈は4~5センチ、花の径は1,5センチ程でした。

シハイスミレ07686.JPG

雨の中、けなげに咲いていました・・。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 12:20 PM | コメント (2) | トラックバック

April 02, 2006

マメナシの花

4月2日、
きょうは雨や雷で大変な?一日でした。
でも私にとっては、久々に大収穫があり、ラッキーな一日でした。

愛知県を中心に三重・岐阜・長野県だけに自生している
貴重な植物「マメナシ」の花に遇えたからです。

マメナシ07778.JPG

まだ、蕾が多くて咲いていたのはこの2輪だけ。

バラ科ナシ属の植物です。
別名「イヌナシ」と呼ばれるのは、その実が小さくて(1cm程度)
まずいからだそうです。
食用梨の原種の一つとも言われています。

現在は栽培ナシの台木として利用されているそうです。
(去年の夏頃、岐阜県の果樹園のオーナーから話を聞きました。)

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 06:01 PM | コメント (4) | トラックバック

March 22, 2006

ナスタチューム

3月22日、
そろそろ、お天気下り坂~!
気分まで落ち込まないように、きょうは
オレンジや黄色の花で元気が出そうな「ナスタチューム」を
紹介します。

東南植物楽園の花壇に植わっていました~。

ナスタチューム05807.JPG

ノウゼンハレン科の植物です。

南アメリカのペルー原産で、江戸末期に渡来したそうです。

ナスタチューム05844.JPG

別名は、「金蓮花(きんれんか)」:花が黄金色で葉がハス
の葉に似ていることから。

または、「凌霄葉蓮(のうぜんはれん)」: 花が凌霄葛
(のうぜんかずら)に、 葉がハスの葉に似ていることから。

ハーブとしてもよく知られ、花はエディブルフラワーとしても
利用されますネ。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 01:34 PM | コメント (2) | トラックバック

March 21, 2006

ラン

3月21日、
「暑さ、寒さも彼岸まで~」
きょうは春分の日、お彼岸の中日ですが、
ここ数日風が強い日が続き寒いですね~。

沖縄ビオスの丘にあったランを紹介します。

ブラッソレリオカトレヤ属プリンセス・キコ”ほほえみ”06381.JPG

ブラッソレリオカトレヤ属プリンセス・キコ”ほほえみ”

ブラッソレリオカトレヤ属デビー・ミヤオ”ヤチヨ”06388.JPG

ブラッソレリオカトレヤ属デビー・ミヤオ”ヤチヨ”

ブラッソカトレヤ属マイカイ”マユミ”06390.JPG

ブラッソカトレヤ属マイカイ”マユミ”

名前は図鑑で調べましたが、ランは種類が多くて困ります~。
間違っていたら、教えてくださいね。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 01:35 PM | コメント (3) | トラックバック

March 19, 2006

フキノトウ

3月19日、
きょうは北海道銘菓、六花亭の包み紙、ホワイトチョコの
パッケージの柄にも登場する「フキノトウ」を紹介します。

住宅地の中の道路を歩いていて、何の気なしに家の法面に
目をやると、こんなものが目に飛び込んできました~!

フキノトウ07192.JPG

なんと、フキノトウ!
こんなところでおめもじするとは・・・?!

フキノトウはフキの若い花茎で、葉が出る前にフキノトウが
先に地上に出てきます。

採らずにいるとあっという間に茎が伸びてこのような花が咲きます。
まさに「薹が立つ」とはこのこと!

日本原産のキク科の植物で、本州、四国、九州の陽当たりの
良い山野に生えます。

天ぷら、煮浸し、汁の実、油炒めの他、フキ味噌にして食します。
「フキ味噌」の春の訪れを感じさせるほろ苦さは格別です。

我が家では奥伊勢宮川の「自然がいちばんじゃ」という
「ふきのとう味噌」を常備しており、肴にしています。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 03:42 PM | コメント (3) | トラックバック

March 18, 2006

コデマリ

3月18日、
きょうは天気が下り坂で、少し寒いですね~。

ちょっと早いかもしれませんが、切花の「コデマリ」を買ったので
紹介します。

コデマリ07187.JPG

「小手毬」と書きます。
写真は園芸種で早生のものです。
  
別名はテマリバナとも言うそうです。

中国原産で高さは1~1.5メートル程になります。

小さな五弁の花が、手鞠のように丸く集まって枝先に付くので
名付けられました。

コデマリ枝先07188.JPG

バラ科で シモツケやユキヤナギの仲間です。
ユキヤナギと同様に、枝が弓状に湾曲します。

しなやかに垂れる枝に白い小花の塊をいくつも付ける様子が美しいので、
庭木や公園樹、花材にもよく使われています。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 11:42 AM | コメント (3) | トラックバック

March 15, 2006

サンシュユ

3月15日、
きょうは、友人宅で「サンシュユ」の花が満開だということで、
さっそく行って撮らせてもらったので、紹介します。

サンシュユ07206.JPG

「山茱萸」と書きます。

黄色の花が青空に映えていますね~。

別名を「ハルコガネバナ」ともいいます。

ミズキ科で高さ3~5メートル程の木です。

新葉が出る前に花が付きます。

中国や朝鮮半島の原産で江戸時代に薬用植物として渡来し、
今では観賞用のために多くの家庭や公園に植えられています。

サンシュユ07212.JPG

よく見ると黄色の花が放射線状に集まって咲いてますネ。

サンシュユをもっと知りたい方はこちらをご覧ください。
サンシュユの実と冬芽

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 08:27 PM | コメント (2) | トラックバック

March 04, 2006

フクジュソウ

3月4日、
きょうは沖縄シリーズ?はお休みです。

友人宅で数日前から咲き始めた~との連絡を受けて
きょう撮らせてもらった花の写真を載せます。

その花は昔から旧暦の正月(2月)の祝花として用い、
別名を元日花ともいう花です。

もうわかりましたか?

「フクジュソウ」です!

「福寿」(幸福と長寿)という縁起のよい名前から
正月の飾りとして、栽培もされています。

昔から、春を告げる代表的な花の一つで、花の少ない
早春に鮮やかな黄金色の花を咲かせてくれます。

フクジュソウ07052.JPG

花の大きさは3~4センチで丈は10~15センチ程でした。

例年より、遅い開花だそうです。

この花は、夜間や曇りの時には花びらを閉じて、
日光が降り注ぐと全開するとの友人の弁。
きょうはお天気もよく気温も上がったので、全開していました~!

フクジュソウ07053.JPG

帰宅してから調べてみると、
寒い時期に咲くので、花の中の温度を下げないために、いつも
太陽の光を集めて その熱を貯め、虫たちを呼んでいるらしい。

中国北東部、東アジア原産ですが、北海道、本州、四国、
九州に分布し、山や林の中に3月~4月に生えるそうです。

キンポウゲやイチリンソウの仲間です。

根と茎は有毒だそうです。

黄金色の見事な花を、愛でるだけにしましょう~!

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 08:19 PM | コメント (2) | トラックバック

February 10, 2006

ペンタス

2月10日、
きょうは、東南植物楽園から「エジプトの星の花」とも言われる花を
紹介しま~す。

ペンタス・ランケオラタ05838.JPG

「ペンタス」です。

「ペンタス」はギリシア語の「5(pente)」が語源で、5つの花びらの数
から名付けられました。

南アフリカからアラビア半島原産の植物です。

我が国へは明治末期~大正初めに渡来したそうです。

「サンタンカ」(fabの7/3分に掲載)に似ているので、
「クササンタンカ」(草山丹花)とも言います。

星形の花をくす玉のようにつける可愛い花ですね~♪

この他に濃いピンク、赤、白などの花色があるようです。
また、矮性の園芸品種もあります。

ここ沖縄では戸外で地植えされ、越冬しています。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 01:41 PM | コメント (0) | トラックバック

January 31, 2006

アンバー・グロー

1月31日、
睦月を飾る最後の一日は雨でした~。

きょうは我が家のベゴニア(根茎性)の「アンバー・グロー」を
紹介します。

アンバー・グロー05661.JPG

寒い時期ですが、根茎性ベゴニアは今が花時です。
葉だけでも美しいですが、可憐な花が付くと、もっと素敵になります!

花は、あまり目立たないものが多く、
開花も秋から冬にかけてのものがほとんどです。

アンバー・グロー05665.JPG

小さな花達ですが,こんな時期に心を和ませてくれます~♪

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 09:28 AM | コメント (1) | トラックバック

January 30, 2006

デンドロビウム

1月30日、
きょうは明け方から雨が降っているので、
きのうから咲き始めた室内にある花を紹介します。

ランのひとつ、「デンドロビウム」です。

デンドロビウムというのは属名で、ギリシア語の
dendron(木)と bios(生活)に由来し、
樹上に着生することによるそうです。


白デンドロ1.JPG

デンドロはまるで白鷺のように楚々と咲いています。
数年前によそからいただいたもので、
残念ながら名はわかりません。

去年は3月4日に4輪咲いたのですが、
今年はとても早くに咲き、花数もやや多めでうれしいです!


白デンドロ2.JPG

ほのかに気品あるいい香りがします~♪

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 11:36 AM | コメント (0) | トラックバック

January 21, 2006

ソシンロウバイ

1月21日、
きょうは受験生にとっては大事な日~
近くの高校の校門にも「センター試験会場」の看板が立てられていました。

今日一日頑張った受験生、およびご家族の方、本当にお疲れ様でした~。

さて、fabのきょうの花は~
黄色の蝋細工のような花で、闇夜でもそれとわかる程、香りが良い・・
「ロウバイ」の花~、
その仲間で、花が大きめで花の中に赤味がなく(ロウバイは中が赤い)
黄色一色の「ソシンロウバイ」を紹介します。
「素心蝋梅」と書きます。

近所に大木があり、2~3日前まで硬い蕾でしたが、
きょうは多数花開きはじめていました~!

ソシンロウバイ05500.JPG


葉が出る前に花を付けます。

中国原産で、庭木や鉢植え、花材に使われます。

冬のピーンと張り詰めた冷気の中、この黄色の花を見て、そして香りを
かぐと、何だかとても幸せな気分になってしまいます・・。

どうか、明日も頑張ってください~。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 08:13 PM | コメント (1) | トラックバック

January 13, 2006

冬のバラ

1月13日、

冬のバラ04837.JPG

原種のバラは一重咲き、5枚の花びらのものですが~
これは、園芸種のバラです。

喫茶店の庭に咲いていました。
近づいて匂いをかいだけど、残念ながら香りはありませんでした~。

(香りがいいバラで天然香水が作られますが、1グラムの香水をとる
ためには1400本以上のバラの花が必要だとか・・。)

でも 寒いのに健気に咲いていました~!

体は、マスターが1杯ずつ淹れてくれる熱いコーヒーで暖まり、
心は、このバラから元気をもらいました~!

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 10:39 AM | コメント (1) | トラックバック

January 11, 2006

スイセン

1月11日、
きょうは、鏡開き。
鏡開きの由来は他のブログに譲ることにして~
fabでは鏡にかけて、鏡のような水面に映る自分の姿に恋した
美青年ナルキッソスのお話で有名な「スイセン」を取り上げます。

「スイセン」といっても園芸種までいろいろ種類がありますが、
清らかで美しく気品高く、とてもいい香りを漂わせる花ですね。

あの越前海岸で有名な福井県の県花でもあります。
写真は房咲きのものです。

ニホンズイセン.JPG


室町時代の書物に、「水仙花」、「雪中花」の言葉が、書かれて
いたそうです。
安土桃山時代には、松、蓮、杜若、菊と共に、華道で格調高い
花として珍重されていたそうです。

原産地はスペイン、ポルトガル、北アフリカなど地中海沿岸
だそうです。
中国では、水の豊かな土地を好むことから「水仙」と
名付けられたということです。

花言葉の「自己愛」は、水面に映る自分の姿に恋した
ナルキッソスの化身となって水辺にスイセンが咲いたという、
ギリシャ神話に由来します。
この話は中国名と同様、スイセンが水に縁の深い花で
あることを表しています。

水の精、 クリアーなイメージの花でもあります。
「オンディーヌ」?のイメージかな?

また「ナルシス・ノアール」というオリエンタルな香りの
香水もありますネ~ 。
訳すと「黒水仙」ですが、成分には黄水仙がはいっている
ようです。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 04:38 PM | コメント (0) | トラックバック

January 07, 2006

オレンジ・ルブラ

1月7日、
きょうの花をupする前に、皆様にお侘びをしなければなりません。
きのうの写真は「タイニー・ジェム」ではありませんでした。
違う写真をupしてしまい、申し訳ありません。
本当の「タイニー・ジェム」の写真に差し替えさせていただきました
のでお許しを願いたいと思います。
ご迷惑をおかけし、すみませんでした。


さて、気を取り直して~
きょうは木立ベゴニアの「オレンジ・ルブラ」を紹介します。
この花は結構光が好きなので、明るくないと開花しません。
東あるいは南のベランダがいいでしょう。

オレンジルブラ01377.JPG

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 02:04 AM | コメント (2) | トラックバック

December 06, 2005

キミガヨラン

12月6日、
窓の向こうに、ブルーグレーの雲がかかった猿投山が
見えます。

散歩の途中、なつかしい花が咲いていたので、紹介します。
「キミガヨラン」です!

「君が代蘭」と書きます。
「ユッカ」の一種です。

私の出身中学の玄関にも植えられていました~。
美術で写生の時間に描かされた?ので、
いや、多感な時期に描いたので?・・・印象深い~!
(何十年前の話~?)

キミガヨラン04360.JPG


北米原産の常緑樹で、庭木として植えられています。
葉が硬く、葉先の刺が強烈です。
触るともちろん、痛い!です。

日当たり、排水の良い所を好みますが耐寒性もあり、
暖地では戸外で越冬できます。
釣鐘形の花は春にも咲きます。。

参考までに~「観葉植物用のユッカ」は、
葉が柔らかく葉先に刺はありません。
「青年の木」という名で市場に出ているそうです。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 08:05 AM | コメント (3) | トラックバック

November 06, 2005

アキノキリンソウ

11月6日、
きょうは、秋の山野を彩る黄色の代表的な花のひとつ、
忘れてはならない「アキノキリンソウ」を紹介します。

比較的、日当たりの良い山野によく見られ、
丈は20~80センチ程です。

アキノキリンソウ00029.JPG

写真のは横に倒れて咲いていました~。

別名は「アワダチソウ」(泡立草)で、花が穂状に盛り上がった所が
泡が立っているように見えるので名がついたようです。

同じ仲間に北米原産の「セイタカアワダチソウ」があります。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 10:56 AM | コメント (0) | トラックバック

November 05, 2005

ヤマラッキョウ

11月5日、
きょうも、いい天気で暑いくらいですね~。

晩秋の草原を彩る植物も残り少なくなりました~。

きょうは、山に自生しているラッキョウの意味を持つ
「ヤマラッキョウ」を紹介します。

ヤマラッキョウ00169.JPG

茎の先端に紅紫色の小花を球状に多数つけ、
雄しべが花びらより長く出ています。
秋も遅くなり、写真のはやや花が少なめですね~。
ラッキョウやニラの匂いはしませんでした~。

冬になると地上部は枯れてなくなるそうです。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 11:04 AM | コメント (0) | トラックバック

November 02, 2005

ミズギク

11月2日、
きょうは、秋の湿原を彩る黄色の花、「ミズギク」を紹介します。

「水菊」と書いて水辺に生える菊で、茎は普通は枝分かれせず、
直径3センチ程の黄色の花を1個付けます。

ミズギク1.JPG

写真は3日前に撮ったものです。
秋も深まり、もう花は数本あっただけでした~。

昔はこどもが胸に付けて勲章にして遊んだらしいです。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 03:32 PM | コメント (2) | トラックバック

November 01, 2005

リンドウ

11月1日、
きょうから霜月です~。

でもきょうは寒くなく快晴で、空気が澄んでいるのか
遠くの山なみ(猿投山)が、黄葉になった欅の間から
くっきり見えます。

きょうの空のように青い花、2日前に撮った「リンドウ」
を紹介します。

リンドウ2.JPG

湿原を歩いていたら、明るい草地にいきなり
「リンドウ」が生えていました~!

まわりの木はちらほら紅葉しかけていている中、
やはり、この「ゲンチアナ・バイオレット」の花の色は
けっこう目立ちます~。

そういえば・・・
「リンドウ」はこの間旅した、長野県の県花でもあります。

秋が深まり、霜が降りる頃まで咲いているのかしら・・?

「竜胆」と書いて、根は薬用に利用されます。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 11:38 AM | コメント (2) | トラックバック

October 17, 2005

ウメバチソウ

10月17日、
きのう取材した湿地にもあった「ウメバチソウ」を紹介します。

ウメバチソウ1.JPG

山地の湿り気のある、日当たりの良い所に生えることが多いです。

「梅鉢草」と書いて、花の形が「梅鉢」の紋に似ているので
名付けられました。

花は2センチ程の大きさの白い花で、
確かに梅の形をしていますね~。


花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 11:50 AM | コメント (2) | トラックバック

October 16, 2005

ミミカキグサ

10月16日、
きょうは湿地に生える食虫植物の「ミミカキグサ」を取り上げます。
茎は5~15センチでその先に黄色の花を付けます。
写真に撮ったのは5センチ程のものでした。

ミミカキグサ00197.JPG

花のあと、ガクが大きくなり、果実を包んだ姿が「耳かき」に似ている
ので、「耳掻草」ということです。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 10:17 PM | コメント (0) | トラックバック

October 09, 2005

ミゾソバ

10月9日、
きょうは、やっと晴れたので取材にいきました。
水田や湿地に群生している「ミゾソバ」を取り上げます。

「溝蕎麦」と書いて、溝に生えるソバに似た草という意味です。
別名は「ウシノヒタイ」ともいい、葉の形が牛の額に似ているからです。

ミゾソバ1.JPG

花の色は、淡紅色または白色のもあります。

葉の形が「牛のひたい」に見えましたか?

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 09:22 PM | コメント (0) | トラックバック

October 08, 2005

ノコンギク

10月8日、
きょうは「寒露」、
露が冷気によって凍りそうになる頃をいいます。

秋もだんだんと深まっていくのですね・・。

きょうは私の好きな花のひとつ、「ノコンギク」を載せます。

「野紺菊」と書いて、野に咲く紺色の菊ということですが、
花の色は、紺というより、どちらかというと紫で、そればかりでなく
薄い紫から白っぽいものまで様々です。

ノコンギク1.JPG

「ヨメナ」とよく似ていますが、ノコンギクは葉の両面に毛があり
ざらついています。

野山によく咲いている素朴な花です。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 01:23 PM | コメント (0) | トラックバック

October 06, 2005

キンモクセイ

10月6日、
きょう実家へ行ったら、生垣の「金木犀」が芳香を放っていたので
さっそく写真を撮りました。

金木犀1.JPG


中国原産の常緑樹で、庭や公園に植えられています。
強い芳香があるので、目隠ししていても「あっ、キンモクセイだっ!」
とわかります。
黄橙の小花が集まって咲いていますが、あまりに花付きがよい
大きな木だと、少し離れたいくらいの芳香を放ちます。

このキンモクセイの香りをかぐと、「あ~、秋だなあ~」と実感します。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 05:35 PM | コメント (2) | トラックバック

October 04, 2005

ボントクタデ

10月4日、
きょうは午後からは雨も降り、蒸し暑い一日でした。

水辺や湿地に生える「ボントクタデ」を紹介します。

「凡篤蓼」と書きます。
ボントク=ポンツク(愚鈍者)の意。
ホンタデは葉に辛味があり、「ボントクタデ」には辛味がないので
名付けられました。

ボントクタデ1.JPG

写真でははっきりしませんが、葉の中央部黒斑があります。
茎は紅紫色で、花穂は垂れてまばらに淡紅色の花をつけます。
ミズヒキに似た花ですね~。
同じ仲間です。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 06:28 PM | コメント (2) | トラックバック

October 02, 2005

ツルリンドウ

10月2日、
きょうは朝早くから岐阜県に取材に行きました~。
タイミングよく撮れた「ツルリンドウ」を紹介します。

山地に生える「つる植物」で、淡紫色の釣鐘形の花を付けます。

ツルリンドウ2.JPG

楚々として美しいですね~。


もう1枚、花と実がいっしょに撮れた写真も付けます。
(実はこれが本命!)

ツルリンドウの実2.JPG

花より実の方が目立ちますね~。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 06:56 PM | コメント (2) | トラックバック

October 01, 2005

ヒレタゴボウ

10月1日、
きょうから10月、
きょう10月1日は「コーヒーの日」なので(これホント!)
コーヒーでも飲みながら?fabを覗いてみて下さい。

きょうは、水辺や湿地の植物を紹介します。
水田雑草の「ヒレタゴボウ」です。

ヒレタゴボウ3.JPG

「鰭田牛蒡」と書きます。
別名「アメリカミズキンバイ」ともいい、熱帯アメリカ原産でアジアに
帰化しています。

黄色の花の直径は3センチ程で、4枚の花びらがあります。
茎葉はしばしば暗紫色を帯びます。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 02:08 PM | コメント (0) | トラックバック

September 28, 2005

ミヤギノハギ

9月28日、
きょうは「秋の七草」のひとつである「萩」を
取り上げます。

写真は「ミヤギノハギ」です。

ミヤギノハギ1.JPG

山野に自生しますが、よく公園や庭に植えられています。

枝先が枝垂れるのが特徴です。

「宮城野萩」と書き、本種が仙台附近の宮城野から出たため
という説もありますが、はっきりしません。

万葉の時代には、秋といえば花は「萩」と決まっていたようで
万葉集に「萩」を詠んだ歌は141種もあるそうです。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 10:53 AM | コメント (2) | トラックバック

September 23, 2005

ヒガンバナ

9月23日、
「秋分の日」、そして「お彼岸の中日」です。
午前中に墓参りに行ってきました。

きょうは「ヒガンバナ」を載せます。

秋の彼岸頃、咲くので名付けられました。
有名な別名では「曼珠沙華」(マンジュシャゲ)とも言います。

私は「曼珠沙華」というと、
学生の頃 習ったこの短歌を思い出します。

「曼珠沙華 一むら燃えて 秋陽強し
         そこ過ぎてゐる しづかなる徑(みち)」
                       ~木下利玄~

ヒガンバナ1.jpg

真っ赤な色が印象的な花で、昔から絵に描かれたり、
歌に詠われたりしていますが、
昨今はTVニュースでも映像されることが多いですね~。

古く中国から渡来した植物で、花の咲いている時に葉はなく、
枯れると線形の葉が出ます。

茎にアルカロイドを含む有毒植物です。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 05:58 PM | コメント (4) | トラックバック

September 22, 2005

ツリガネニンジン

9月22日、
きょうは、釣鐘形の青紫色の花が印象的な
「ツリガネニンジン」を載せます。

「釣鐘人参」は花の形が釣鐘形で、白く太い根を朝鮮人参に
たとえて名付けられました。

ツリガネニンジン2.JPG


別名は「ツリガネソウ」、「トトキ」です。
「トトキ」は古くから言われ、春先の若芽は食用となり、
特に美味だそうです。

根は薬用となります。


花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 03:53 PM | コメント (0) | トラックバック

September 20, 2005

カリガネソウ

9月20日、
きょうは、きのう取材した中から「カリガネソウ」を紹介します。

カリガネソウ5.JPG

「カリガネソウ」(雁草)は別名を「ホカケソウ」(帆掛草)といい、
いずれも花姿から名付けられました。

草丈は1メートル程、葉はギザギザで対生です。

何といっても花形がユニークで、花から長い雄しべが上方に
突き出て、クルクルッと巻いているのが面白いですね~。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 04:20 PM | コメント (0) | トラックバック

September 19, 2005

ナンバンギセル

9月19日、
きょうは、きのうの「ススキ」と関係がある
「ナンバンギセル」という植物を紹介します。

寄生植物で、ススキ、ミョウガ、サトウキビ、チガヤ、ショウガ
の根に寄生します。

「ススキ」の根に寄生している「ナンバンギセル」
を撮ることができました。


ナンバンギセル1.jpg

「南蛮煙管」と書き、花姿が南蛮人が煙草をすうパイプ
(キセル)に似るので名付けられました。

別名は「オモイグサ」です。

「道の辺の 尾花が下の 思ひ草
         今さらさらに 何をか思はむ」
                        ~万葉集~

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 09:43 AM | コメント (0) | トラックバック

September 18, 2005

ススキ

9月18日、
きょうは陰暦8月15日にあたり、「中秋の名月」です。
秋晴れの一日らしいので、夜は「お月見」できそう・・?

さっそく「お月見団子」を買ってこなくては~!
そして「芋名月」なので、「サトイモ」も~。

おっと、その前に秋の七草のひとつでお月見には付きもの
の「ススキ」もお供えしなくては~ということで、
「ススキ」にご登場願います~。

ススキ2.JPG

そもそも「ススキ」はスくスく立つ木(キ)の意味だそうで、
「薄」、「芒」と書きます。

別名は茅(カヤ)とも言います。
この葉で屋根を葺くことから刈屋根(カりヤね)の意味。

また古くから花穂の姿から「尾花」(ヲバナ)として、
和歌に詠まれてきました。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 11:11 AM | コメント (2) | トラックバック

September 17, 2005

ハイネス雅

9月17日、
朝から秋晴れの一日、
きょうは、苗を買ってから3年越しでやっと咲いたバラ
を紹介します。

その名は「ハイネス雅(みやび)」!
雅子様のご成婚記念に岐阜で作られた品種です。
ややサーモンピンクがかった優しい色合いで、
雅子様のように上品で芳しい香りがします。

050915ハイネス雅.JPG


苗は岐阜の○フェスタで買いました。
なかなかうまく咲かないので、首を長~くして待っていましたが、
2~3日前に蕾が初めて付き、ついに花開いてくれました~!
我が家のは鉢も小さいので小ぶりの花ですが、
この青空のように、とってもうれしいです!

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 12:03 PM | コメント (2) | トラックバック

September 15, 2005

ゲッカビジン

9月15日、
一雨去り、急に秋めき、朝から虫の声がしています。
と同時に、近くにある高校の学校祭の練習か、鼓笛隊や
ブラスバンドの音も秋風に乗って耳に届いてきます。

さて、きょうは昨夜一輪咲いた、我が家の「月下美人」を紹介します。

月下美人1.JPG


月下美人2.JPG

夜8時頃から、蕾だった花の口が解け始め、5分咲き、8分咲き・・・
だんだん、芳香も強くなってきます。
11時から12時頃佳境にはいり、ほんとにすっごくいい匂~い!!
まさに夢心地、桃源郷?
そして夜中まわって午前4時頃に起きて見ると~
もうしぼんでうなだれています。
(私は夜中1時頃には眠たくなってしまい、残念ながら
何時にしぼむのか?は未確認です。すみません。)

強い芳香は濃厚かつ豊潤で、一度嗅いだら忘れられません。
(香りは届けられないのが残念です!)

まさに「一夜の女王」です!

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 11:19 AM | コメント (4) | トラックバック

September 10, 2005

ホトトギス

9月10日、
きょうは、茶花でも有名な「ホトトギス」を紹介します。

花びらにある紫の斑紋が鳥のホトトギスの胸の斑紋と
似ているので名付けられました。

山間部の谷川の縁など湿った半日陰に自生しています。

ホトトギス1.jpg

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 11:48 AM | コメント (2) | トラックバック

September 09, 2005

タヌキマメ

9月9日、
きょうは結構ユニークな植物を紹介したいと思います
一度見たら、忘れられない姿かも?

タヌキマメ1.jpg

写真は以前に撮ったものですが、これ以来見ていません。
見つけた時はびっくり!
「何、コレ~!?」

ガクに包まれた豆果や、正面から見た花の顔、
何か動物に似てません?

そう~、「たぬき」!
この植物は「タヌキマメ」というんです。(狸豆)

草丈は20センチ程でした。
大きいものでも60センチ位だそうです。
東北以西に自生しているそうです。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 12:50 PM | コメント (2) | トラックバック

September 08, 2005

センニンソウ

9月8日、
台風一過の秋晴れになりました。

きょうは「白露」です。
大気が冷えて露が出来始める頃。
山里の草に白露が宿り、秋を感じる頃という意味です。

虫の音、雲、風、陽射し、モード、食欲etc.・・・
あなたは何に秋を感じますか?

fabでは「センニンソウ」を紹介します。
「仙人草」と書きますが、意味は不明だそうです。

センニンソウ2.JPG


この写真は里で撮りました。
最初、南アルプスの麓で見た印象がとても強くて
(その時はいい写真が撮れなくて)もう一度見たいと
思っていたら、再会するチャンスが訪れたのです。

山では7月下旬に咲いていましたが、里ではひと月程
遅れて咲くようです。

つる性で美しい花ですが、有毒です。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 09:43 AM | コメント (0) | トラックバック

September 07, 2005

ヤブラン

9月7日、
台風の影響で風が強いので、きょうは撮影できません。
それで、以前に撮った「ヤブラン」を紹介します。

関東以西の林の陰に自生する常緑の植物で、「藪蘭」
と書きます。
ヤブのようなところに生え、葉がランの葉に似ているから
名付けられました。

葉は深緑色で光沢があり、紫色の小花が多数つきます。

ヤブラン1.jpg

やや幅広の剣形の葉の両側に、黄白の筋がはいる
<フイリヤブラン>は園芸種です。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 10:56 AM | コメント (2) | トラックバック

September 06, 2005

アレチヌスビトハギ

9月6日、
きょうは「アレチヌスビトハギ」を載せます。
「荒地に多いヌスビトハギ」という意味です。

「ヌスビトハギ」という字は「盗人萩」と書きます。
泥棒の足跡に豆果(豆のさや)の形が似ているので
名付けられました。
「ヌスビトハギ」の豆果は2節です。

しかし、
「アレチヌスビトハギ」の豆果は4~6節(たまに3節も有)です。

この豆果の節の数をみれば、「アレチヌスビトハギ」か?
「ヌスビトハギ」か?が区別できます。

アレチヌスビトハギ2.JPG

豆果が付いているのがわかりますか?

写真の豆果は3つの節にくびれているので、
「アレチヌスビトハギ」でいいですね。

花はピンクのかわいい蝶形花ですね~。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 09:42 AM | コメント (0) | トラックバック

September 05, 2005

ソフィー・セシール

9月5日、
台風の影響で雨が降っています。
で、きょうは我が家の「木立ベゴニア」の
「ソフィー・セシール」を紹介します。

ソフィー・セシール2.JPG

木立ベゴニアの中でも割合背丈が大きくなる種類です。
葉の裏が銅色で切れ込みが深く、葉だけでも観賞
に堪えますが・・・。
花は、充分な光と肥料がないと、なかなか咲きません。

去年も咲かなかったのですが、今年は調子よく
咲いてくれました。
ほんとにうれしいです!


花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 10:48 AM | コメント (0) | トラックバック

September 04, 2005

ヘクソカズラ

9月4日、
あまりにかわいそうな名が付いていますが、
実はとっても素敵な花=「ヘクソカズラ」を紹介します。

ヘクソカズラ.JPG

つる植物です。
花は鐘状で白っぽく、内側は紅紫色です。

ヘクソカズラの実.JPG

実の大きさは6ミリ位で黄褐色に熟しています。

きょう、この写真が撮れたのはとてもラッキーなことでした!
まさに「花も実もある」写真です!

この花は、別名の「サオトメバナ」(早乙女花)と呼ぶのが
ふさわしいと思いませんか?


花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 09:02 PM | コメント (4) | トラックバック

September 03, 2005

ワレモコウ

9月3日、
きのう、秋の野草のひとつ、「ワレモコウ」
が休耕田で取材できたので載せます。

「ワレモコウ」は由緒ある植物で、
<徒然草>第百三十九段に、家にありたき草のひとつとして
記述されています。

ワレモコウ2.JPG

やや遠くにあったので、ズームしたらこんなふうになりましたが、
なかなか風情のある植物です。

よく見るとまだ下の方に小さな花がついていますが、
上のほうは花が終わってガクだけでした。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 10:06 AM | コメント (0) | トラックバック

September 01, 2005

コマツナギ

9月1日、
きょうから9月(長月)にはいったのに、
いきなり残暑が復活し、暑かったですね~。

きょうは「コマツナギ」を紹介します。

原野や道端に生え、紅紫色の美しい蝶形花を付けます。

馬をつなげるほど丈夫な茎だから、「駒繋ぎ」と書いて
「コマツナギ」と名付けられました。

コマツナギ2.JPG


花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 08:23 PM | コメント (0) | トラックバック

August 27, 2005

ジンジャー・リリー

8月27日、
台風が去ってから、日中はまた残暑が戻ってきましたね~。

この土、日は夏休み最後の週末となり、めいっぱい遊びに行くにも、
ねじり鉢巻で宿題を仕上げるにも、ピリリッと気合を入れまショウ(ガ)~??
というわけで、本日は「ショウガ」をとりあげます!?

「ショウガ」といっても主に観賞用に利用される「ジンジャー・リリー」、
別名ガーランド・リリーともいわれる花を紹介します。

写真は、芳香のある白い花をつけるコロナリウムという品種です。
ジンジャーリリー.JPG

追伸:ウコンもショウガの仲間で、切花として利用される品種もあります。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 09:32 AM | コメント (0) | トラックバック

August 23, 2005

クサギ

8月23日、
朝から弱い雨が降ったり、やんだり~。
台風の影響なのか?とても蒸し暑い~。
セミもまだ鳴いています。
でも、きょうはもう「処暑」・・・そろそろ暑さも峠を越え、
だんだんと涼しくなっていくはず・・・。

きょうは近所の雑木林の日当たりのいい縁に生えていた
秋の季語でもある「クサギ」を取り上げます。

広卵形の葉で両面に毛があり、葉をもむと臭気がします。
木や葉の薬品臭から臭い木、臭木「クサギ」の名がついたそうです。

しかし、花には芳香があります。
花は合弁花で花冠は5裂し、雄しべは4本、
雌しべは1本で花から長く飛び出しています。

クサギ5.JPG

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 10:33 AM | コメント (1) | トラックバック

August 20, 2005

シュウカイドウ

8月20日、
私の好きなベゴニアの日本版、「シュウカイドウ」
を取り上げます。

カイドウ(海棠)→バラ科の植物、に花色が似て
秋に咲くので「秋海棠」と書いて「シュウカイドウ」です。

中国原産で江戸時代に渡来したそうです。

半日陰の湿地が好きで、日本の屋外で越冬できる
数少ないベゴニアの一種です。

雌雄同株で淡紅色の花をつけ、まず雄花が多く咲き、
のちに雌花が咲きます。

シュウカイドウ1.jpg

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 03:00 PM | コメント (0) | トラックバック

August 18, 2005

ムクゲ

8月18日、
昼間はまだまだ暑いですが、
朝夕は少し涼しい風が吹き、一息付けました。

きょうはお寺に「施餓鬼」に行きました。
庭に「ムクゲ」が咲いていました。

「フヨウ」とよく似た花で、ハイビスカスの仲間です。

「フヨウ」との見分け方は主に葉の形で見分けます。
「ムクゲ」は葉が主に3裂していると覚えて下さい。

中国、インドが原産ですが、
江戸時代からかなりの園芸種があります。

「宗旦」(そうたん)という品種です。
20050705ムクゲ宗旦.jpg

「白祇園守」(しろぎおんまもり)です。
20050705ムクゲ白祇園守.jpg

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 05:52 PM | コメント (0) | トラックバック

August 17, 2005

プルンバゴ

8月17日、
昨夜、大文字の送り火も済みましたが、
日中は相変わらすの猛暑が続いています。

きょうは、ブルーの涼しげな色の花、
「プルンバゴ」を取り上げます。

「ルリマツリ」ともいうこの花、
南アフリカの原産です。

日当たりの良い所を好み、細く長い茎を伸ばして
つるのようにもなり、よく分枝します。
そして、暖地では戸外も越冬できます。

「プルンバゴ」はラテン語のplumbum(鉛)からきており、
鉛の中毒に効くといわれたことから名がついたそうです。

プルンバゴるりまつり1.JPG

花色は青の他、白もあります。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 08:03 AM | コメント (2) | トラックバック

August 16, 2005

ジニア

8月16日、
きょうは「ヒャクニチソウ」(百日草)ともいわれる
「ジニア」をとりあげます。

名のとおり、長期間に渡り花の持ちがいいです。
メキシコ原産で、キクの仲間です。

花色は赤、白、黄、橙、桃そして黄緑等豊富にあり、
花壇や鉢物、切花と用途も広いです。

咲き方も一重咲き、八重咲きとあり、
草丈も10センチのものもあれば、1メートルになるものもあります。

写真は分枝性に富み、細葉で一重咲きの、
「ホソバヒャクニチソウ」です。

ジニア1.JPG

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 03:14 PM | コメント (0) | トラックバック

August 15, 2005

ハス

8月15日、
きょうはお盆に欠かせない花・・「ハス」
を取り上げます。

大きく波打つ盾形の葉、水辺からスーっと伸びた茎、
その先に大きく美しい花を付ける姿は
涼しげで気品がありませんか?

花色は紅色、淡紅色、白色、そして黄色もあるらしいです。

原産はインドらしいです。
日本には遠~い昔に中国から渡来した水草です。
今では各地の池や沼、あるいは水田に植えられています。

根茎は節が多く、食用の「レンコン」になります。
種子も食用になります。そのままでとてもおいしいです。
「ハスの実」といって、砂糖漬けになったものも売られています。

「ハス」は古名の蜂巣(ハチス)の略で、実の入った花托の様が
蜂の巣のように見えるから名づけられました。

ハス1.jpg

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 08:17 AM | コメント (2) | トラックバック

August 14, 2005

コウホネ

8月14日、
きょうは、各地の浅い池や沼等に生える水草、
「コウホネ」を取り上げます。

「河骨」と書いて、川に生えて根茎が白骨のように見えるので
名がついたようです。

水面からスーっとでた茎の先に黄色の花や、
葉っぱの形が印象的ですね~。

コウホネ1.jpg

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 09:41 AM | コメント (0) | トラックバック

August 13, 2005

ポーチュラカ

8月13日、
「ハナスベリヒユ」」ともいわれる「ポーチュラカ」を紹介します。

花色が豊富で白、黄色、ピンク、オレンジ、複色などあり楽しくなります!
一重も八重のものもありますよ。
夏のカラフルな花壇向きの花です!

花は太陽が大好きで日中のみ開花し、曇りや雨、夜間時には閉じる傾向があります。
耐寒性がないので、寒冷期は戸外は無理で室内等に入れないとダメなようです。

マツバボタンも仲間です。

ポーチュラカ1.JPG

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 10:24 AM | コメント (0) | トラックバック

August 12, 2005

クズ

8月12日、
きょうは葛湯に入っている葛粉の原料「クズ」を紹介します。

私のマンション(丘陵地)の庭にもあります。
主に山野に普通に生える大形で丈夫なつる性の植物です。
根にデンプンを含んでおり、葛粉がとれます。
食用の他、風邪の漢方薬のひとつである葛根湯など薬用にも使われます。

名の由来は、「クズ」は大和(奈良県)の国栖(クズ)であり、
昔、国栖の人が葛粉を作って売りに来たので、自然にクズと
呼ばれるようになったとのこと。

クズ1.jpg

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 11:44 AM | コメント (2) | トラックバック

August 11, 2005

スイフヨウ

8月11日、
きょうはフヨウの園芸品種の「スイフヨウ」を取り上げます。

漢字では「酔芙蓉」と書き、朝は白い花で午後になると
ピンクに変わり、夜には紅色となり、翌朝しぼむが落花しないので、
この木には白、ピンク、紅色の花が混在しているのを見ることができます。

花色が赤く変わるのを酒の酔いにたとえて名づけられたようです。

スイフヨウ1.jpg

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 07:30 PM | コメント (1) | トラックバック

August 10, 2005

ミズヒキ

8月10日、
皆様のおかげで、fabはきょうで100回目を迎えることができました~!!
本当に有難うございます。

きょうはめでたいので、水引「ミズヒキ」をお届けします。

林のへりで少し湿った所に自生し、夏から秋にかけて
まばらな穂状に赤色の小花をつけます。
花穂を「水引」にたとえて名がついたようです。

白花のものを「ギンミズヒキ」、
紅白が混ざったものもあって、それは「ゴショミズヒキ」と言います。

ミズヒキ2.JPG

これからも今の季節の花を毎日更新していくつもりなので、
どうぞよろしくご愛顧くださるよう、お願いします。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 07:57 AM | コメント (6) | トラックバック

August 09, 2005

オクラ

8月9日、
きょうは、緑色の夏野菜で切り口が星型になり、
納豆、とろろと並んでネバネバ三兄弟とも言われる
「オクラ」を取り上げます。

明治時代に渡来しているそうですが、
私は25年程前に初めて「オクラ」なるものを知り、
特に切り口の星型が気に入って食べています。
生育期が短い作物で関東以西なら4月以降に種を播くと
7月頃には収穫できます。
オクラはトウがたつと堅くなってしまうので、
あまり大きくならないうちに採って食べたほうがいいです。

オクラ1.JPG


ワタの花やトロロアオイ、フヨウやムクゲの仲間です。
花は夜間、または早朝に咲き、午前中にしぼみます。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 10:39 AM | コメント (2) | トラックバック

August 07, 2005

ヒマワリ

8月7日、
きょうは誰がつけたのか?8と7でハナ・・
「花」の日にモなっているらしい。

夏の花の代表格、皆様ご存知の「ヒマワリ」を取り上げます。
「ヒマワリ」というと何を連想しますか?

「ゴッホ」、「太陽」、「映画”ひまわり”のテーマ曲と共にソフィア・ローレン」、
「夏休みの絵日記の表紙」、「シャワーの先」という声も・・・?。

昔からある「ヒマワリ」は、大きな花で30センチ以上になり、
黄色で真ん中が黒っぽいのがほとんどでしたが、
今は背丈も低く多花性のものや、
色も黄橙色からクリーム色まで、
また切花用から鉢植え用まであり、
変化に富んだ園芸種が数多くあります。

ヒマワリ1.JPG

きょうも暑い一日になりそうー。
黄色は「元気」が出る色!
さあ~「ヒマワリ」を見て”元気出していきまっしょい!!”

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 09:01 AM | コメント (2) | トラックバック

August 06, 2005

カンナ

8月6日、
実家の庭にあった思い出の花のひとつ・・。
幼くて背が低かったせいか、
カンナの花が大きく、大きく見えました~。
赤や黄、橙と色鮮やかな花・・

この写真は知多へ行く途中、信号待ちでパチリ!

カンナ1.JPG

「カンナ」は明治の末(1910頃)に渡来し、今は全国的に栽培される夏の花。
正しくは「ハナカンナ」といいます。
ふだん見るカンナはたいていがこの「ハナカンナ」です。


花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 10:25 AM | コメント (2) | トラックバック

August 05, 2005

トケイソウ

8月5日、
きょうも朝からセミが元気に大合唱~!

まさに夏ー!!というイメージにピッタリの熱帯植物を
紹介します。

トケイソウ2.JPG

真夏の暑くて熱い!?時刻をコクコクと刻む・・
ーその名もズバリ!「トケイソウ」

真ん中が時計の針のようでしょう~。

色も形もなんとなく、トロピカル~。

写真はY氏が撮られたものです。 画面左のは蕾です。

つる植物で巻きひげがあり、関東地方以南なら
生垣や分離帯のフェンスに使われています。

「パッションフラワー」とも呼ばれます。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 10:10 AM | コメント (2) | トラックバック

August 03, 2005

ナガバオモダカ

8月3日、
池のような所に行ったら、水辺に涼しげな白い小さな花・・。
オモダカに似ている植物を見つけました。
でも葉がヤジリ型でないので調べたら、「ナガバオモダカ」でした。

ナガバオモダカ1.JPG

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 03:17 PM | コメント (0) | トラックバック

July 31, 2005

ソテツ

7月31日、
文月もきょうでおしまい。

fabもついに3ヶ月、書き続けることができました。
これもひとえに毎日のように読んで下さる皆様のおかげです。
ありがとうございます!
心より感謝いたします!!
どうぞこれからもご愛顧の程、よろしくお願い申し上げます。

きょうは「ソテツ」を取り上げます。
日本では沖縄や九州南部に自生していますが、
公園や庭などにも植えられています。
雌雄異株です。
写真は雄株の写真で雄花が咲いています。

ソテツ1.JPG

ソテツ2.JPG

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 07:53 AM | コメント (2) | トラックバック

July 30, 2005

キササゲ

7月30日、
きょうの朝、曇っていたのでこれはいいと、
車に乗って植物写真を撮りに出かけました。
ところが途中で雨が降ってきてもはやこれまでか?と思いきや
昼近くには太陽がギンギラと照りつけ、汗は吹き出てTシャツもビショぬれ、
アスファルトの道路は溶けそうでたまりませんでした!
長袖を着ていったのに、手に日焼け止めを塗っていかなかったので、
かゆくなり熱を持ち大変なめにあいました。

真夏を強く感じた一日でした!

さて、きょうの収穫は「キササゲ」です。

「木大角豆」という字をあてます。

木を見上げたら、花がひとつだけ、いちばん上に咲き残っていました!

DSC01126.JPG

実はまさにササゲです!

DSC01124.JPG

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 07:29 PM | コメント (1) | トラックバック

July 29, 2005

卓上の花

7月29日、
きょうはとても暑く、昼から雨もパラつきましたが
”焼け石に水”でたまりませんでした。
こんな時は本屋さんか、喫茶店にずーっといたいような~。

我が家で臨時喫茶店を営業しましょう~。

まずはちょっとした花。
あり合わせの自家栽培の花をシンプルなコップに挿したもの~。

20050726卓上の花1.jpg

お次はコーヒー それとも紅茶?ハーブティー?サワードリンク?
お好みをどうぞ~。

さて、BGMは何を流しましょうか?


花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 08:06 PM | コメント (0) | トラックバック

July 28, 2005

サルスベリ

7月28日、
きょうは、夏の間、長く咲いている木の花を紹介します。
「サルスベリ」です。
猿滑り(サルスベリ)という名は、木の肌がツルツルしててサルも木から滑り落ちるということから
名付けられたようです。
別名は”百日紅”(ヒャクジッコウ)、花期が百日にわたるほど長いところからついた名です。

中国原産の落葉高木ですが、江戸時代には渡来していたようです。

花色は濃い紅桃色~淡桃色~白色までいろいろあります。

20050705サルスベリ1.jpg


花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 07:27 AM | コメント (0) | トラックバック

July 27, 2005

コスモス

7月27日、
台風一過の朝、真っ青な空が広がり風はやや強いが心地よい。

まだ、立秋前ですが、はやコスモスが咲いていました!

「コスモス」という名は”装飾、美しい”の意味で、花が美しいことにちなんでつけられたようです。
メキシコ原産で明治中期に渡来し、キクの仲間です。
別名、オオハルシャギク、また「秋桜」(アキザクラ)ともいいます。

コスモス2.JPG

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 07:44 AM | コメント (2) | トラックバック

July 25, 2005

ホテイアオイ

7月25日、
暑いので、涼しげな色の花をつける「ホテイアオイ」を取り上げます。

葉柄の下が大きく膨れて水に浮いています。
この葉柄の形が布袋様のおなかのようなので名がついたようです。

花はきれいですが、帰化植物で繁殖力が強く、
近年、溝や池などに増えすぎてやっかいな害草になっているので残念です。

ホテイアオイ1.JPG

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 03:02 PM | コメント (3) | トラックバック

July 24, 2005

ヤマユリ

7月24日、
鳳来寺付近で撮った「ヤマユリ」を載せます。

大きな花で芳香もあります。

日本固有のユリで、今が盛りのようです。

別名のヨシノユリ、エイザンユリ、ホウライユリはそれぞれ吉野山、比叡山、鳳来寺山にちなんでいます。


ヤマユリ1.JPG

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 02:40 PM | コメント (0) | トラックバック

July 20, 2005

ハマユウ

7月20日、
きょうもとても暑かった~。
そういえば、18日は海の日でしたね。
あ~、海へ行きたい~。
海といえば波、波といえば貝殻~。

みなさんは「なみとかいがら」という歌をご存知ですか?
私の好きな歌です!
まどみちお氏が作詞し、中田喜直氏が作曲した歌です。

♪うずまきかいがら ど~してできた な~みがぐるぐる うずまいてできた♪
♪ももいろかいがら ど~してできた な~みがきんきら ゆうやけてできた♪
♪まんまるかいがら どーしてできた な~みがまんまるい あわたててできた♪

あすから、夏休みですね~。
楽しい思い出いっぱい作りたいですね~。

自生地が浜辺の「ハマユウ」を載せます。

ハマオモト2.JPG

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 08:57 PM | コメント (3) | トラックバック

July 19, 2005

ミセス・ハシモト

7月19日、
きょうは木立ベゴニアの「ミセス・ハシモト」に登場願います。

私は勝手に”木立ベゴニアの女王”と呼んで可愛がっています。

葉は真緑で花は大きく真っ白です。

斑入りのものに比べて、真緑の葉は葉焼けしやすくデリケートです。

また、陽がきつい所に置くと、花色が真っ白でなくピンクがかってしまいます。

「深窓の麗人」のように育てなくてはなりません。

ミセスハシモト2.JPG

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 05:29 PM | コメント (0) | トラックバック

July 17, 2005

イソトマ

7月17日、
朝からセミ時雨~。

そこで涼しげな色の「イソトマ」を取り上げます。

葉は線状で不規則な形ですが、花は長い筒状の先が5裂して星型です。

イソトマ2.JPG

追伸:10年来可愛がっていた熱帯魚の「プレコ」(吸い付きナマズ)が、
きょうの午後亡くなったので、あすのブログはお休みします。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 09:56 PM | コメント (0) | トラックバック

July 15, 2005

スパティフィラム

7月15日、
きょうも暑いので白い花をとりあげる。
ミズバショウに似ている。
水気が大好き。
花の様に見える「ホウ」は最初白くて、だんだん黄緑色になる。
花は赤ちゃんが使う、ゴムでできたくわえ歯ブラシ?のようだ。
我が家には、8年前にきて去年株分けをした。

スパティフィラム2.JPG

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 04:58 PM | コメント (0) | トラックバック

July 14, 2005

マダガスカルジャスミン

7月14日、
きょうも30度を越す暑さだった。

白くて芳香のある花、マダガスカルジャスミンを載せます。

花の形や香りがジャスミンに似ているのでこの名がある。

マダガスカルジャスミン5.JPG


マダガスカルジャスミン2.JPG

葉の裏の模様がおもしろい。

マダガスカルジャスミン1.JPG

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 11:24 PM | コメント (0) | トラックバック

July 13, 2005

キンカン その2

7月13日、
朝からクマゼミの元気のいい声が聞こえてきた。

この間、蕾だったキンカンの花が満開になった。
茎や枝に短いトゲがあるが、白い小花を開き、近づくといい香り。

20050712キンカン2.jpg

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 06:22 PM | コメント (0) | トラックバック

July 09, 2005

キンカン

7月9日、
キンカンの花の蕾がついた。
そういえば、
去年漬けたキンカン酒、まだ飲んでない。

20050709キンカン1.JPG

きょう、月下美人の木の枝に腰空(コシアキ)トンボがとまっていた。
今年初めてのコシアキトンボをみたのは~6月7日。(毎年この位の時期に出現している。)
今では数匹が、常に決まった高さ(地上5メートル位)でくるくる旋回している。
この写真ではわからないが、トンボの腰の辺が黄色~白っぽくなっていて、
腰が空いているように見えるのだ。

腰空トンボ1.JPG

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 11:37 AM | コメント (0) | トラックバック

July 08, 2005

ビロードモウズイカ

7月8日、
きょうは「モウズイカ」に登場してもらいます~。
といっても「ビロードモウズイカ」です。

「何、それ?」
「ビロードのモウズイカ?」
「モウズイカって?」
「変な名前!」
「モウズイカってイカの仲間?食べられるの?」→「ざん ね~ん!」
(イツモワタシハイカトマチガワレルノダ、アーア)

さあ~本人?のご登場です!
まずは、おなか辺りの写真からー。
コレ「なんや」?

20050707_1325_0003.jpg

お次は頭の辺ー。

20050707_1324_0001.jpg

その次、足元の辺ー。
20050707_1325_0001.jpg

そして?

20050707_1323_0000.jpg

このノッポさんが、三叉路にいきなり出現した時はビックリ!!
あわてて私は車を降り、さっそく取材!
背丈は2メートル位、全体は灰緑色、毛におおわれている。
黄色の花が下から咲きあがる。

「モウズイカ」とは「もうずい花」、「もうずい」は「毛錐」と書いて筆のこと。
筆は、毛で作られていてその形が錐(キリ)のようだから。

それにしても背後の建物、怪しく超ポップで目立ちますよね~。

「モウズイカ」・・・モウ、覚えていただけましたか?

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 11:15 AM | コメント (2) | トラックバック

July 03, 2005

サンタンカ

7月3日、
銀座の某デパートのウィンドウディスプレイの前のプランターに植えられていた花。
ヴィヴィッドな色が目に飛び込んだ。

20050703サンタンカ1.jpg      20050703サンタンカ2.jpg

「サンタンカ」・・・まさに夏の花!ですね~。

写真のは多分「スーパーキング」という園芸品種だと思う。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 11:44 PM | コメント (0) | トラックバック

July 02, 2005

ネムノキ

7月2日、
東京芸大の美術館で「植物画世界の至宝展」に行った帰り、午後4時半頃、
食堂前にネムノキの花が咲いていた。

20050702ネムノキ2.jpg

夕方から開花し、夜になると葉が閉じて垂れ下がる(眠る)らしい。
「ネムノキ」の名の由来である。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 10:10 PM | コメント (0) | トラックバック

July 01, 2005

ハンゲショウ

きょうから7月、
いよいよ夏本番~。

きょうは「ハンゲショウ」を取り上げます。

「ハンゲショウ」は「半夏生」と書きます。なぜ「半夏生」と書くのか?

漢方薬の「半夏」(はんげ)→カラスビシャク「鳥柄杓」が咲く頃にこの花も咲くから。

夏至から11日目頃を「半夏」(はんげ)と言う。その頃花が咲き生い茂るから~。

また、「半化粧」と書くこともあります。
葉の半分位が白く化粧をしたように見えるから~。

また、別名を「片白草」といいます。
葉の半分が白くなるから、そして葉の表が白く、裏は白くないから~。

いろいろ諸説があるようですが・・・

ドクダミの仲間ですが、「ハンゲショウ」は水辺や湿地に群生し、
花序がトカゲの尾のように穂状になります。

ハンゲショウ1.JPG

下の写真はカラスビシャクです。

カラスビシャク.jpg

デジカメで撮りました~。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 11:56 AM | コメント (2) | トラックバック

June 30, 2005

ヤブカンゾウ

6月30日、
きょうは6月の末日、
またの名を「ワスレグサ」という「ヤブカンゾウ」を取り上げます。
中国ではこの花を見て憂いを忘れるという故事があるそうです。
皆様もこの花を見て、憂さを晴らして下さい。

野原や堤のそばに、広い線形の葉に橙色の八重咲きの花が咲きます。

ヤブカンゾウ1.JPG

橙色がまぶしい~!
ヤブカンゾウ2.JPG

デジカメで撮りました~。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 09:47 PM | コメント (2) | トラックバック

June 29, 2005

アジサイ その2

6月29日、
やっと雨が降った~!
たくさんは降らなかったが、少しは潤ったかな?

あすで6月もおしまい。
6月の花の代表としてアジサイをもう一度とりあげましょう。

~アジサイという名の由来~
「あじ」は「あつ」で集まること、
「さい」は真「さ」の藍 の約されたもので、
青い花が集まって咲く様子から名づけられた。

「アジサイ」は「ガクアジサイ」をもとにして、日本で生まれた園芸品です。
「ガクアジサイ」は「額アジサイ」という意味で、まわりに装飾花の咲いた様子を額にたとえたもの~。

下から2番目の写真は「隅田の花火」という名のアジサイで、
いちばん下の写真は「カシワバアジサイ」です。

20050614アジサイ5.jpg

20050621_1623_0000.jpg

20050621_1623_0001.jpg

20050621_1805_0000.jpg

20050621_1621_0000.jpg

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 07:25 PM | コメント (2) | トラックバック

June 27, 2005

ツユクサ

6月27日、
昨夜はとても寝苦しく、参りました。
昨日からクーラーをつけ始めました。
去年は7月にはいってからしかつけなかったのに・・・
今年は梅雨にはいってもなかなか雨が降らず、一部の地域では節水命令も出ているらしい。

きょうは雨乞いをかねて?
「つゆくさ」に登場してもらいましょう。

青い色の花が美しい~!
デジカメで撮りました。

ツユクサ3.jpg

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 06:56 PM | コメント (1) | トラックバック

June 26, 2005

ノウゼンカズラ

6月26日、
きょうは曇ってはいるが、とても蒸し暑い。

~夏に咲く樺色の美しい花~ノウゼンカズラ
落葉蔓性植物で、庭木によく植えられる。

ノウゼンカズラ4.JPG

樺色と緑色の対比が」美しい~!
デジカメで撮ってみました~。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 04:04 PM | コメント (2) | トラックバック

June 25, 2005

ヒルガオ

6月25日、
近くの雑木林に咲いていたヒルガオです。

昼日中に花を咲かせるところから、昼顔という。

茎はつるとなり、左巻きにからみつく。
葉の両端は耳状にとがっている。
花の形は朝顔に似て、漏斗状である。

20050620ヒルガオ1.jpg

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 11:51 AM | コメント (2) | トラックバック

June 23, 2005

ナナカマド

6月23日、
きょう、和菓子屋に入ったら、この白い花が迎えてくれた。
店主に何の花と訊ねると「ナナカマド」の花との答え。
秋にナナカマドの赤い実は見たことがあったが、花は初めて見た。

ナナカマドの材は燃えにくく、かまどに7度入れてもまだ焼け残るというので
この名がついた。

20050623ナナカマド27_0001.jpg

20050623_ナナカマド1.jpg

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 08:38 PM | コメント (1) | トラックバック

June 21, 2005

タイサンボク

6月21日、
きょうは夏至。

「ノリタケの森」に行ったらタイサンボクが咲いていた。
高木なので特徴のある花芯が、携帯では撮れず~、ざんね~ん!!
葉は大きく、濃緑で光沢がある。そして革質でかたく、シャクナゲの葉に似ている。
花も20センチ近くあり、白くて大きい。
大山木、泰山木とも書く。

20050621_1113_0003.jpg

20050621_1113_0000.jpg

20050621_1113_0001.jpg

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 08:30 PM | コメント (2) | トラックバック

June 18, 2005

ゴーヤ その3

6月18日、
今朝、ついに待望のゴーヤの雌花が付いた!!

雄花は咲いていなかったので、きょうは受粉させることができない。
まだ、咲いたばかりで全体にややヒョロっとしてみえる。
雌花は黄色で形も雄花同じようだが、雌しべがとび出ている。
子房もやや膨らんでいる。これがゴーヤの実?かな?
ブツブツも見える。
あ~、楽しみだな~っ!

20050618ゴーヤ雌花2.jpg

20050618ゴーヤ雌花1.jpg

20050618ゴーヤ雌花3.jpg

20050618ゴーヤ雌花4.jpg

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 10:33 AM | コメント (4) | トラックバック

June 17, 2005

ゼニアオイ

6月17日、
きょう会った人とゼニアオイの話をしたので載せます。

ゼニアオイは江戸時代から日本にあった。
昔から人家や畑の際等に植えられて、親しまれていた。
耐寒性があるので露地で越冬する。

ゼニアオイは銭葵と書いて、花の形に由来する。

20050528_1441_0000.jpg

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 10:23 PM | コメント (0) | トラックバック

June 16, 2005

テッポウユリ

6月16日、
実家の庭にテッポウユリが咲いた。
白くて清楚なイメージがピッタリ!
夏の花である。

イチゴの実が成っていたので、載せます。

20050614テッポウユリ2.jpg

20050614テッポウユリ3.jpg


20050615_1514_0001.jpg

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 11:31 PM | コメント (2) | トラックバック

June 14, 2005

アブチロン

6月14日、
きょうも日中の戸外は暑かった。
スーパーの帰り道、暑くても頑張って?咲いているアブチロンを見つけた。
きのう紹介した「タチアオイ」と同じ仲間だが、見た感じが全然ちがう。

和名はウキツリボクというらしい・・・そんな感じですよね。

花屋さんによっては、チロリアンランプという名前で売っているところもあるかも?
こちらの名もナルホド~と思いません?

20050614アブチロン1.jpg

20050614アブチロン2.jpg

20050614アブチロン2_0002.jpg


花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 05:05 PM | コメント (1) | トラックバック

June 13, 2005

タチアオイ

6月13日、
きょうは、また、また暑い日であった!

プランターの花に散水ホースを使って水遣りしてたら~
なんと、「二本の虹」を見ました!
こんなの初めて!
水しぶきの中にいきなり現れた、ダブル・レインボー!!
一本の虹なら、水遣りしがてら時々見てたけど~。

一本の虹は外側の赤から内側にー
橙、黄、緑、青、藍、紫と七色。
その外側(上の方)にもう一本の虹、これはあまりはっきりしないが、
色の順が逆のようだった。
要するに、赤の下にもう一本の赤がくる。
わかるかな?
絵でかくとはやいがー、如何せん。技術がない。
写真も撮りそこなったし、あー情けない。

きょうは暑くて??情けないブログになりにけり~。
お許しを。

写真はカンカン照りにポストに投函しに行った帰りに撮ったもの。
きれいな色のタチアオイに元気をもらいました。

20050613タチアオイ1.jpg

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 03:51 PM | コメント (4) | トラックバック

June 12, 2005

アジサイ

6月12日、
ついに今年初めての蚊取り線香記念日となった。

蒸し暑くてたまらない。

マンションのアジサイも色づいてきた。

一週間程前の雨の日に撮った写真と比べると、
白から青にかわってきたのがわかる。

きょうは、アジサイも水を欲しがっているようにみえる。

ポストの横の壁にカノコ蛾がじーっとしていた。

20050604アジサイ2.jpg


20050612アジサイ4.jpg

20050612カノコ蛾.jpg


花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 05:30 PM | コメント (2) | トラックバック

June 11, 2005

ゴーヤ その2

6月11日、
今朝もゴーヤの花が咲いた。
ここ数日次々と雄花が咲いている。
雄花は咲いて一日でしぼんでポトンと下に落ちてしまう。

ゴーヤの花は小さいけれど黄色でめだつので、
小さい虫たちがいつもやってくる。

雌花も早く付かないかなあ~。

20050610ゴーヤ4.jpg

20050611_0913_0000.jpg

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 09:41 PM | コメント (2) | トラックバック

June 10, 2005

オリヅルラン

6月10日、
今朝、オリヅルランが咲いているのを発見!

我が家では年中、戸外に出しっ放しなのに、ほんとに強い!
丈夫!   ほめてやりたい。

そして小さいけど結構素敵な花を付ける。

オリヅルランという名から、ランの仲間と思っていませんか?

それがなんと、ユリ科なんです。

あのアロエや、アガパンサスやアマナ
そしてツバメオモトやシライトソウまで同じ仲間です。

20050610オリズルラン1.jpg


20050610オリズルラン2.jpg


20050610オリズルラン5.jpg

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 09:27 AM | コメント (2) | トラックバック

June 09, 2005

八重咲きクチナシ

6月9日、
きのう通った時はまだ蕾だったのに、
きょうはもう開いていた、コミュニティ道路のクチナシ。

もう19時近くだったので、光が足らず葉がうまく映らなかった。
葉は光沢があり、楕円形、花は甘く濃厚ないい香りを放つ。
ほんとにいい香りがするので、
私は車の中に置いて芳香剤がわりにしたことがある。

また、くちなしは古くから
きんとんやたくあんなど黄色の色付けに使われてきた。

花は八重咲きの他、一重もある。
一重のは黄色の花柱が目立つ。
そして花は白色で、小輪から大輪もあり、
コサージュにも用いられる。


20050609クチナシ1.jpg

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 09:03 PM | コメント (0) | トラックバック

June 08, 2005

ビヨウヤナギ

6月8日、
きょうは5月に紹介したキンシバイと同じ仲間の
ビヨウヤナギをとりあげます。

細い葉をヤナギの葉に見立ててこの名がある。
花は黄色でキンシバイに似ているが、
花びらは平たく開いて、花びらよりも長くて数多いオシベが
風にユラユラゆれて、より目立つ。

20050608ビヨウヤナギ1.jpg

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 08:01 PM | コメント (0) | トラックバック

June 03, 2005

ゴーヤ

6月3日、
2日休んでいる間にゴーヤの花がひとつ開いた。
初めて苗を植えたが、ゴーヤの成長は随分はやい。
実がなるのが楽しみだ。


20050603ゴーヤ1.jpg

20050603ゴーヤ2.jpg

20050603ゴーヤ3.jpg

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 09:12 AM | コメント (1) | トラックバック

May 31, 2005

ダチュラ

5月31日、
5月ともきょうでお別れ~。
日中はかなり戸外は暑かったが、
散歩の途中でダチュラ(チョウセンアサガオ)の花を見つけた。

20050531ダチュラ1.jpg

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 05:55 PM | コメント (0) | トラックバック

May 30, 2005

ヤマボウシ

5月30日、
くもり時折雨、
土曜日に鈴鹿に行った時に撮った花を載せます。

ヤマボウシです。

白い花びらのように見えるのは花ではなく、
本当の花は真ん中にある緑の丸い部分。
ここに20~30個の花が集まっています。

20050528ヤマボウシ1.jpg

20050528ヤマボウシ3.jpg


花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 12:17 PM | コメント (0) | トラックバック

May 28, 2005

ウワミズザクラ

5月28日、
久しぶりにドライブに行った。
行き先は鈴鹿、市内でおもしろい花を見つけた。

ウワミズザクラだと思う。
上溝桜と書くらしい。
花が穂状に咲いて、とても桜と思えない。
満開だった。

20050528ウワミズザクラ1.jpg

20050528ウワミズザクラ2.jpg

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 10:57 PM | コメント (0) | トラックバック

May 26, 2005

キンシバイ

5月26日、
きょうも初夏の心地よい一日、
だが、駐車場においた車の中は灼熱地獄だった~!
エアコンが効くまでと一服していたら、
スーパーの駐車場の植え込みに黄色のカップ咲きの花・・・!
ヒペリカムの一種、キンシバイの"ヒドコート"が花ひらいていた。

20050526_1146_0000.jpg

20050526_1146_0001.jpg


花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 02:29 PM | コメント (0) | トラックバック

May 25, 2005

ロリポップ

5月25日、
きょうは昼前から気温が上昇ー。
ユリが咲いてきました。

白色でふちがピンクのロリポップです。

20050524ユリ、ロリポップ2.jpg

20050524ユリ,ロリポップ1.jpg

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 05:48 PM | コメント (0) | トラックバック

May 24, 2005

ドクダミ

5月24日、
ドクダミの花が咲いていた。
やや日陰に群生している。
十薬ともいわれ、
古くから民間薬として用いられている薬用植物である。
おできや水虫や鼻の病気、便秘、冷え性にも効くといわれる。


ドクダミ2.jpg

20050524ドクダミ7_0002.jpg


花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 09:08 PM | コメント (0) | トラックバック

May 23, 2005

キングサリ

5月23日、
花屋の店先でキングサリを見かけた。
マメ科の木で、黄色のフジのような花穂を垂らす。
まさに金の鎖のようー。

20050522キングサリ1.jpg

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 04:33 PM | コメント (0) | トラックバック

May 22, 2005

ブルーカーペット

5月22日、
雨模様の一日。
やみ間にプランターの植物を撮る。

ヒルガオ科のブルーカーペット、
花は薄青で朝顔を小さくしたような形で
陽がささないと開花しない。
茎はつるのように下垂れて、表面に毛がある。
葉は互生で丸っこいややハートのような形、
表面はこまかい毛におおわれている。

20050519ブルーカーペット1.jpg


20050519ブルーカーペット2.jpg


花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 02:16 PM | コメント (0) | トラックバック

May 21, 2005

アマリリス

5月21日、
紫外線強し。
部屋の中は涼しいが戸外は暑い。

今朝、アマリリスが開花した!

去年より、数日早い開花だった。

この花が咲くといつも

♪~ラ・リ・ラ・リ・ラ・リ・ラ~調べはアマリリス~♪

の歌が口をついて出る。

20050521アマリリス6.jpg

20050521アマリリス2.jpg

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 03:57 PM | コメント (0) | トラックバック

May 20, 2005

サツキ

5月20日、
街の植え込みにはサツキツツジが目立つようになりました。
一般にはサツキと呼ばれます。
盆栽や庭木にも植えられています。

20050519サツキツツジ0_0000.jpg


20050520_1302_0000.jpg

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 09:36 PM | コメント (0) | トラックバック

May 19, 2005

ディモルフォセカ

5月19日、
晴天だったのでディモルフォセカがよく開いた。
花は朝に開いて夕方に閉じる。
曇りの日は閉じたまま。
キクの仲間である。

20050510デーモルフォセカ.jpg

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 07:08 PM | コメント (0) | トラックバック

May 18, 2005

オオキンケイギク

5月18日、
5月の空地にはオオキンケイギクが満開。
黄色の花が群生する様は、
晴れた空の青に映えてなかなかいい。
しかし
昼から雨模様。

オオキンケイギク2.JPG

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 05:19 PM | コメント (0) | トラックバック

May 17, 2005

匂いゼラニウムその2

5月17日、
きょうもさわやかな初夏の風が吹く一日でした。
ベランダでは
ピンクのフェア・エレンゼラニウムと
シナモンのようないい香りがする
シナモンゼラニウムの花(ピンク)が真っ盛りです。

20050517フェア・エレンゼラニウム2.jpg

↑フェア・エレンゼラニウム

20050517シナモンゼラニウム2.jpg

↑シナモンゼラニウム

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 06:33 PM | コメント (0) | トラックバック

May 16, 2005

モッコウバラ

5月16日、
さつき晴れの一日。
緑風が心地いい。

垣根にいっぱいモッコウバラが咲いていた。

きょうは、私が初めてデジカメで撮った写真を載せますね~。

モッコウバラ1.JPG


モッコウバラ3.JPG

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 08:11 PM | コメント (0) | トラックバック

May 15, 2005

シャクヤク

5月15日、
実家の庭はボタンに替わって、
今、シャクヤクが真っ盛り。
16輪も花が付いていた。
去年より多く咲いた。

「立てば芍薬、座れば牡丹、
      歩く姿は百合の花」
とは昔の話か?


20050515_1315_0000.jpg

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 09:09 PM | コメント (0) | トラックバック