January 26, 2009

ハクサンボクの実

1月26日、
植物園を歩いていたら、木陰に何やら赤い実が・・。
寒さで少し、凍てているのもありました。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
20090116_hakusanboku_01573.JPG

何だかガマズミに似ているような?・・
「ハクサンボク」でした。
「白山木」と書きます。

20090116_hakusanboku_01572.JPG

本州の山口県以南、九州、琉球の海岸に生えているそうです。
これは1メートルちょっとでしたが、2~6メートルになるそうです。

20090116_hakusanboku_01575.JPG

葉は向かい合って付いており、常緑で、革質で光沢があります。
そして、上半部に鈍い波形のギザギザがあります。

秋に赤くなった実がまだ残っていたようです。

スイカズラ科の植物です。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 10:09 AM | コメント (4)

January 14, 2009

オオバヤシャブシの実

1月14日、
冬枯れの風景の中にオオバヤシャブシが枝を広げていました。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
20090104_oobayashabusi_01462.JPG

近づいて見ると、実が付いていました。

20090104_oobayashabusi_01463.JPG

長さ約2センチ程の楕円形の実が枝に付いています。

関連の過去記事はこちら→オオバヤシャブシの花

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 04:29 PM | コメント (0)

January 07, 2009

イチゴノキ

1月7日、
きょうははや、七草。
新年もあっという間に一週間が過ぎ・・。
ベランダに出たら、緑の葉のようなものがニョッキリと・・。
何やらヒヤシンスの球根のよう・・?
去年、鉢植えで育てて終わった株を違う場所に植え替えて
いたのをすっかり忘れていました^^;
ここのところの春の陽気で出てきたらしい・・。

春といえば、イチゴの季節?
きょうは「イチゴノキ」を紹介します。
「苺の木」と書きます。
実がイチゴに似ているので、名付けられました。
「ストロベリーツリー」とも言います。そのまんまですね^^;

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
20090104_itigonoki_01410.JPG

背丈ほどの木に、今、アセビやドウダンツツジに似た花を
開花しています。

20081214_itigonoki_00864.JPG

花の他、昨年の花の実が熟していました。

20081214_itigonoki_00862.JPG

直径1.5センチほどの実は食べられますが、ジャムや
果実酒に利用されるそうです。
イチゴというより、ヤマモモに似ているみたい・・。
葉の縁にはギザギザがあります。
南ヨーロッパ原産で、本来は5メートル程になる常緑高木
だそうです。
ツツジ科の植物です。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 12:06 PM | コメント (0)

January 06, 2009

ハンカチノキの実

1月6日、
きょうも良いお天気に恵まれ、暖かい日ですね^^。
青空を見上げると、ハンカチノキに実がまだ付いていたので、
これをお届けしましょう。
(写真は4日に東山植物園で撮りました。)

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
20090104_hankatinoki_01430.JPG

10メートル程の落葉高木です。
枝先をアップすると・・

20090104_hankatinoki_01435.JPG

ハンカチ、カ~チカチ♪の実(実際、硬いらしい^^;)

20090104_hankatinoki_01431.JPG

中国南西部の高山に自生する珍しい木だそうです。
この東山植物園のハンカチノキは、名古屋の友好都市、南京市
から昭和56年に贈られた木で、日本では最大級のものだそうです。

ハンカチノキ科の植物です。
4月末~5月初めに咲くハンカチのような白い花?もアップ
できるといいな・・。

*↓fab Photo Galleryを更新しました↓のでご覧ください。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 12:09 PM | コメント (0)

December 20, 2008

ユズリハの実

12月20日、
外に出しっぱなしにしているシャコバサボテンが次々に開花
しています。
もうそろそろ部屋に入れようと思っていますが・・^^;

さて、遠目にも葉が青々、艶々している5メートル程のユズリハ
がありました。
近づいて仰ぎ見ると、葉陰にあらっ?!

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
20081206_yuzuriha_00529.JPG

たわわになっている藍色の実を発見!
白く粉をふいているようにも見えます。

20081206_yuzuriha_00533.JPG

ちょっとブルーベリーのような実ですが、これには毒があり
食べられないそうです。

20081206_yuzuriha_00538.JPG

雌雄異株です。

20081206_yuzuriha_00542.JPG

余談ですが・・、
長野県の木曽では、江戸時代には厳しい森林管理の統制の
ため、門松を飾ることが禁止され、このユズリハの葉を鏡餅と
共に床の間に飾ったり、ユズリハで注連飾りを作り、お正月を
迎えたそうです。
この伝統は、今でも木曽の家々に残っているところがある
そうです。
もうそんな時節を迎えますね・・。

過去記事もご覧くださるとうれしいです^^v
ユズリハ

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 09:26 AM | コメント (8)

December 19, 2008

ツルウメモドキの実

12月19日、
きのうは一時、雨も降りましたが、きょうはお天気よさそうですね^^。

さて、近所の藪の中にあった橙色の実、「ツルウメモドキ」の実
をお届けしましょう。

落葉性のつる植物で、全国の人里から山地に分布しています。
雌雄異株だそうです。
地面から茎を伸ばし、木に寄りかかるようにして数メートル上
まで伸び上がり、それから枝に巻き付いていました。
空を仰ぐと、いっぱい実が付いていました。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
20081212_turuumemodoki_00748.JPG

地面近くに生えていたものです。

20081212_turuumemodoki_00744.JPG

実は黄色く熟すと3つに裂け、中から赤橙色の直径7~8ミリ程の
丸い種が現れます。

20081212_turuumemodoki_00746.JPG

割れた皮の色と実の色の対比がとても美しいですね~♪

秋の生け花材料やリースとして花屋さんでもよく見かけますね。

ニシキギ科の植物です。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 08:27 AM | コメント (0)

December 18, 2008

サネカズラの実

12月18日、
室内にあるパキラの葉の柄や葉の真ん中に通る筋の上に
水滴のように点々と蜜が出ています。
最初に見つけて舐めた時は衝撃でした!
ん? 甘~い\(@^o^@)/ !
このようにパキラにはライン状の蜜腺があるんですね。
ドラセナの葉にも同じように蜜が出ていました♪

さて、きょうは赤く熟した「サネカズラ」の実をお届けしましょう。
「実葛」と書きます。
実が美しいつる植物(葛)ということで、名付けられました。
昔、これから粘液をとって、それを整髪料がわりにしたそうで、
別名ビナンカズラ(美男葛)とも言います。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
20081214_sanekazura_01201.JPG

つる性の低木です。
葉は互い違いに付いています。
関東以西~九州の山野などに生え、庭木や生垣にも利用されます。

もっと熟しているのもありました↓
20081214_sanekazura_01197.JPG

百人一首にも歌われています。

名にし負はば 逢坂山の 実葛 人に知られで くるよしもがな
                        藤原定方

マツブサ科の植物です。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 08:27 AM | コメント (2)

November 06, 2008

ゴンズイの実 その2

11月6日、
数日前、あるお店の裏に、あれ~っ?こんな時期だっけ?と
思いながら、シキミの花を見つけました。
よく見ると他に数個付いていましたが終わりがけで、
シキミの実も二つほど付いていました。
かなり大きな木でした。
普通はお墓などに植えることが多いですが・・。

さて、きょうは秋に実がはじけるととっても目立つ「ゴンズイ」に
今年も登場してもらいます。
過去記事はこちら→ゴンズイの実

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
20081101_gonzui_09483.JPG

「権萃」と書きます。
本州(茨城県および富山県以西)~琉球の山地に自生しています。

20081101_gonzui_09479.JPG

紅色の小舟のような実の中からテラテラした黒い実が現れると、
つい(≧[◎]oパチリしたくなります。

20081101_gonzui_09469.JPG

ミツバウツギ科の植物です。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 07:49 AM | コメント (4)

October 24, 2008

アロニアの実

10月24日、
きょうは雨のち晴れとか・・?

しかし、今年はいつまでも暑いですね。
まだ、日中は半袖着てもちょうどいいくらいの日も多いです・・。
さきおととい、市内の歩道脇にまだ、ゼニアオイが咲いていました。
季節の歩みもいつもよりゆっくりなのかしら?
なのに、街ではもうクリスマス商戦だとかー(ーー;)

きょうはセイヨウカマツカとも言う「アロニア」をお届けします。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
20081017_aronia_08752.JPG

北アメリカ原産のバラ科の常緑低木です。
高さは1.2~1.5メートル程、地面からたくさん株立ちしていました。

20081017_aronia_08754.JPG

艶々で赤く色づいた実は6~7ミリ程でした。
葉の縁には細かいギザギザがありますね。

日本に入ってきてまだ25~30年程ですが、現在ポストブルーベリー
として、ひそかに注目されている果実のようです。
そのままでは渋く苦いそうで、ジャムやジュース、果実酒として
利用されるそうです。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 08:39 AM | コメント (2)

October 02, 2008

ミヤマガマズミの実

10月2日、
待ちに待った青空!
さっそく洗濯物のオン・パレード^^
朝から虫の音や鳥の声も耳に心地よいです。

きょうは赤い実を付けた「ミヤマガマズミ」を紹介します。
「深山莢迷」と書きます。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
20080911_miyamagamazumi_07347.jpg

高さ4メートル程の落葉低木です。   
北海道~九州の丘陵地や山地の林に分布しています。

20080920_miyamagamazumi_07946.JPG

葉は向かい合って付いています。 
葉の縁にはギザギザがあり、先は尖っています。
葉の長さは6センチ程、幅は4センチ程でした。
↑すぐ上の写真の実はまだ未熟ですね。

20080920_miyamagamazumi_07950.JPG

熟すと実は赤くなります。
一粒口に含んだところ甘酸っぱかったです^^;

スイカズラ科の植物です。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 10:29 AM | コメント (4)

September 24, 2008

ドッグローズの実

9月24日、
きょうは絵の教室に、お友達がお庭に咲いた素晴らしい秋咲きの
バラと共に、ドッグローズの実を持ってきてくれました^^。

4日前によそでドッグローズの実の写真を撮ったのを、
ちょうど思い出したので、それをお届けします^^;

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
20080920_rosa canina_07892.JPG

ドッグローズはRosa canina(ロサ カニナ)というのが本名のようです。
ヨーロッパ原産の野薔薇で、オールドローズと呼ばれる
原種の薔薇のひとつです。

20080920_rosa canina_07894.JPG

5~6月に白~淡いピンクの一重の花を咲かせます。
ハート形の5枚の花びらを持つ、素朴で可憐なバラです。

20080920_rosa canina_07897.JPG

このバラの実をローズヒップと言って、 ビタミンCがレモンの数十倍
含まれており、ハーブティーとして人気が高いようです。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 06:06 PM | コメント (4)

September 21, 2008

モチノキの実

9月21日、
きのうは彼岸の入り、お墓参りに行ってきました。
きょうは雨ばかり・・窓を閉めると蒸し暑いですね。

さて、先日、上を向いて歩いていたら、赤い実を発見!
モチノキの実でした。
もう、モチノキの実が赤く色付いてきましたヨ^^
きょうは「モチノキの実」をお届けします。

「黐の木」と書きます。
この木の樹皮から鳥黐(とりもち)が採れるので名付けられました。
別名はホンモチというそうです。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
20080913_motinoki_07423.JPG

本州の宮城県以南~南西諸島に分布する常緑高木です。

葉は長さ5~6センチ程で、革質で先の尖った楕円形。
雌雄異株です。
実が付いているのは雌株ですね^^。

20080913_motinoki_07424.JPG

実は鮮赤色で、直径1センチ程の大きさがあります。
モチノキ科の植物です。
これからどんどん実が赤くなりますね^^。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 05:36 PM | コメント (4)

September 17, 2008

カンレンボクの実

9月17日、
朝晩、虫の声がよく聞こえてきますネ^^。

きょうは面白い実のなる「カンレンボク」をお届けします。
「旱蓮木」という漢名を音読みしたもので、別名はキジュ(喜樹)
と言うそうです。

中国南部原産の落葉高木で、中国南部では街路樹として植栽され、
わが国へは大正時代に渡来したそうです。
高さ10メートル近くあり、見上げて撮りました。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
20080913_kanrenboku_07394.JPG

葉は互い違いに付き、長さ10~30センチ程と大きく、
表面には光沢があります。
葉脈が目立っています。
花期7~8月だそうです。
(何でもボンボンのような可愛い丸い花が付くらしい。)

今は実が付いています。どうにか実も撮れました^^
黄緑色でモンキーバナナの房をもっと小さく球体にした感じです。

下に落ちていたものを拾ってきました。
実は直径3センチ程でした。
踏まれたらしく、ペチャンコになって色も変わってしまったようです^^;

20080917_kanrenboku_07757.JPG

オオギリ科、ヌマミズキ科という見解もあるようですが、
大きく分けて、ここではミズキ科の植物としておきます。
(私は植物の専門家ではありませんので悪しからず^^;)

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 07:29 AM | コメント (8)

September 16, 2008

シナアブラギリの実

9月16日、
三連休も済んで・・何だか(^。^;)ホッ!

大変遅くなりましたが、きのう・・
*8月に載せた植物をfab Photo Galleryに更新しました!
のでご覧くださいm(_ _)m
*fab Photo Galleryも写真内をクリックすると
大きい画像で見られます。

さて先日、東山植物園で木に実がなっているのを発見!
随分背の高い木でした。
木の上の方はこんなふうでした。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
20080913_sinaaburagiri_07680.JPG

高さ10~12メートルもあり、5倍ズームではこれが限界~!
葉はハート形。

20080913_sinaaburagiri_07683.JPG

果実は直径3~4センチ程。

調べたら「シナアブラギリ」でした。
「支那油桐」と書きます。
中国原産のアブラギリという意味で、実からアブラが採れ、
葉が桐に似ているので名付けられました。
別名はオオアブラギリとも言います。
落葉高木です。

20080913_sinaaburagiri_07678.JPG

実の中には数個の大きな種子があるそうです。
種子からは桐油が採れ、和傘や提灯用の油紙や、ニスなどの
塗料用の油に使われるそうです。
有毒なので食べることはできません。

20080913_sinaaburagiri_07670.JPG

トウダイグサ科の植物です。
桜の花が終わる頃から咲きだすという花も見てみたいものです。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 10:30 AM | コメント (4)

September 03, 2008

プルーン

9月3日、
昨夜も結構な量の雨が降りましたが、今は止んで少し
青空も見えています。

さて、先日、車で信号待ちしていたら、鮮やかなブルーの実が
目に飛び込んできました。
引返して、何とか写真を撮ってきました。
どうもプルーンのようです。

きょうは渓谷の植物を脱線して、「プルーン」をお届けします(^^;)

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
20080821_puru-n_06792.JPG

バラ科の植物です。
別名は西洋スモモともいいます。

アメリカのカリフォルニア州が一大産地ですが、わが国では
長野県が一番の産地です。
プルーンは雨により裂果が起こりやすいため、比較的雨の
少ない所が産地に適しているそうです。
日本国内生産量のおよそ6割を占める前述の長野県の他、
主に青森県、北海道などで栽培されています。

ところで、プルーンの日をご存知ですか?
毎月26日とのこと。(2007年7月より制定)
なぜ?26日なのかしら(^^;)

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 08:16 AM | コメント (6)

September 02, 2008

マルバノキの実

9月2日、
雨が降ったり止んだりのお天気・・。
静かな中に時おり鳥の声が・・。

9月に入りましたが、まだ渓谷の植物を紹介しきれないので
もう少し、お付き合いくださいね。
きょうは渓谷に生えていた「マルバノキ」をお届けします。

渓谷の道を歩いていたら何やら実の付いた木を発見!

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
20080713_marubanoki_05057.JPG

風船で作ったハート型のような実が二つ仲良くくっついて・・。

20080713_marubanoki_05060.JPG

「マルバノキ」でした。
「丸葉の木」と書きます。
確かに葉が丸い。

20080719_marubanoki_05954.JPG

ハートのような丸っこい葉は長さ5~10センチ程で、
長い柄を持ち、互い違いに付いています。

もう、色づき始めた葉もありました。

20080713_marubanoki_05082.JPG

秋にはもっと美しく紅葉し、そして落葉するそうです。
落葉が済んだ11月頃に、暗紅色の星型の花が
背中合わせに咲くそうです。

別名はベニマンサク(紅満作)ともいうそうです。
以前にアップしたシナマンサクと同じマンサク科の植物です。

20080719_marubanoki_06099.JPG

高さは2~4メートル程です。
本州、中部地方から近畿地方、それに広島県と高知県に
分布しています。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 09:52 AM | コメント (6)

August 27, 2008

ヒョウタンボクの実

8月27日、
例年になく、残暑見舞いも何だかピンとこないこの頃のお天気、
涼しいのは助かりますが、大丈夫かな?とも思ってしまいます。

さて、きょうは渓谷で見つけた赤い実のなる木をお届けします。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
20080719_hyoutanboku_05780.JPG

「ヒョウタンボク」です。
「瓢箪木」と書きます。
赤く実った実が2個くっついて瓢箪のように見えるので
名付けられました。
北海道、本州、四国の山地に生える落葉低木です。

20080719_hyoutanboku_05782.JPG

ひょたん形の赤い実2つは美味しそうなんですが猛毒なので、
要注意!

スイカズラ科の植物です。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 09:11 AM | コメント (8)

August 26, 2008

ハマセンダンの実

8月26日、
昨日の朝、マンションのヤマモモの木にかけた巣にヒヨドリが
やってきて、大きく口を開いた雛にエサをやっている姿を
見つけました(*^^)
数日前からどうも雛鳥のような声がするなあと思っていたら、
燈台下暗しでした(^^;)
今朝はもう巣は空っぽでした(>_<)

きょうは「ハマセンダン」の続き、「ハマセンダンの実」を
お届けします。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
20080821_hamasendan_06790.JPG

実は1センチ程で、深く4~5裂します。

20080821_hamasendan_06776.JPG

種は楕円の球体で長さ2~3ミリ程で、黒色で艶があります。

20080819_hamasendan_06741.JPG


20080819_hamasendan_06751.JPG

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 10:19 AM | コメント (2)

August 20, 2008

カワラハンノキ

8月20日、
やっと、朝晩は初秋を感じられるようになりました。
が、日中の気温はまだ35度近くあります^^;

きょうは、王滝渓谷の岩の多い場所で、少し増水すると
浸かるような所に生えていた「カワラハンノキ」を
お届けしましょう。

「河原榛の木」と書きます。
河原に生えるハンノキということで名付けられました。
雌雄同株で落葉します。
高さは3メートル程でした。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
20080815_kawarahannoki_06727.JPG

葉は互い違いに付いています。
卵をさかさにした形で上の方が幅が広く、長さは5~10 センチ程、
幅は3~7 センチ程で、先端はまるく少し凹んだ形のものもあります。
若い実が付いていました↓

20080815_kawarahannoki_06728.JPG

中部以西、四国、九州の流れのある水辺に生えます。
カバノキ科の植物です。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 08:40 AM | コメント (4)

August 08, 2008

サンカクヅル

8月8日、
きょうは88で葉っぱの日~♪
今朝、ベランダから、ヤマモモの木の葉陰にかけた誰か?の
空巣に若いヒヨドリが飛んで来て入っているのが見えました^^。

きのうのツルつながりで「サンカクヅル」を紹介しますヨ。
「三角蔓」と書きます。
葉が三角形をした、つる植物ということで名付けられました。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
20080719_sankakuduru_05938.JPG

本州~九州の山地の林縁に生えています。
秋には紅葉し落葉する、つる植物で雌雄異株だそうです。
三角形で先が尖った葉は互い違いに付き、長さ6~9センチ程。
縁には浅いギザギザがあります。

20080719_sankakuduru_05943.JPG

実は直径5ミリ程で9~10月に黒く黒く熟し、食べられるそうです。
ヤマブドウなどより酸味が薄いらしく、ジュースや薬用酒にも
するそうです。

20080719_sankakuduru_05940.JPG

古くに行者が山で修行した時に、このサンカクヅルの蔓を
切って、中の水を飲んで喉を潤したという言い伝えから、
別名はギョウジャノミズ(行者の水)と言うそうです。

日本にある小型の野生の葡萄のひとつです。
ブドウ科の植物です。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 11:12 AM | コメント (4)

July 26, 2008

フサザクラ

7月26日、
きょう、あすと「夏祭り」が各地で行われますね。
♪仕立ておろしの浴衣着て 一箸つけた冷麦の~♪
この歌、フォークぽくってなつかしい。
井の頭の歌姫こと、アノ人の歌ですよねっ^^。
週末ごとに夏祭りに出かけていたのは
♪遥か夢の彼方に~♪

さて、きょうも渓谷の植物のひとつ、「フサザクラ」を紹介します。
「総桜」あるいは「房桜」と書きます。
(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
20080719_husazakura_06144.JPG

渓流を覆うように生えていました。
高さ8メートル程になる落葉高木です。

20080719_husazakura_06136.JPG

樹皮が白っぽく、いわゆるサクラに少し似ている部分もあって、
房状の花をつけるところからフサザクラと名付けられました。

20080719_husazakura_05993.JPG

サクラと名付けられていますが、桜の仲間ではありません。
(サクラはバラ科)
フサザクラ科の植物です。
花は花びらやガクのない原始的な植物の一つだそうです。
花も見たいものです。
薄い葉には長い柄があり、広卵形で先端が尾のようにとがり、
粗く不揃いなギザギザがあります。

実は扁平で房状の翼があります。
若い実は緑色ですが、熟すと黄褐色になり、中に1つずつ種子が
入っています。

20080719_husazakura_05990.JPG

宮城県以南、四国、九州に自生しています。
河原や沢沿いの崩壊地、山の谷間に生えています。
フサザクラ科の木は日本ではこの1種だけです。(1科1属1種)
その他、樹皮からは鳥黐(とりもち)を採るそうです。
別名をタニグワとも言います。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 10:22 AM | コメント (2)

July 25, 2008

マタタビ

7月25日、
朝4時から、もうにぎやかな鳥の声、そしてセミの声のシャワー
に起こされてしまいました(^^;)

きょうは、「ネコにマタタビ」という言葉で有名な「マタタビ」を
紹介しましょう。
疲れた旅人がマタタビの果実を食べたところ、元気になって
また旅を続けることができるようになったということから、
「又旅」と名付けられました。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
20080719_matatabi_06212.JPG

北海道~九州の山地の林の縁に生えている落葉性のつる植物です。
つるの先のほうの葉は、花が咲く6~7月頃に部分的に白くなり、
遠目にもよく目立ちます。
これは昆虫を誘引するサインとなっているという説もあります。

20080719_matatabi_06219.JPG

葉は互い違いに付き、縁にはギザギザがあり、毛があります。
実は長い楕円形で、先は尖り長さ1.5~2センチ程。

20080719_matatabi_06215.JPG

帰りに道の駅で「マタタビの実」(500グラム入り)を買いました。
そのまま、生で噛むとすご~く辛い!苦い!ヾ(≧Д≦*)ゞ
生ではたちうちできないので、塩漬けにすることに・・。

20080719_matatabi_05402.JPG

3回ほど洗ううちに、実の数を118個も数えていました^^。
2日程したら、塩漬けなので塩辛いですが、食べられる
ようになりました。

その他、マタタビの蕾の頃か、花の開く直前に
「マタタビアブラムシ」という小さな昆虫が花の子房に
産卵すると、花後、正常の形をした果実とはならず
虫こぶのようになり、 これを、木天蓼(もくてんりょう)と
呼んで生薬として用いるそうです。

20080719_matatabi_06217.JPG

マタタビ科の植物です。
同じ科にはサルナシがあります。
過去記事→サルナシの実

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 06:56 AM | コメント (2)

July 24, 2008

オニグルミ

7月24日、
朝から暑いですね~(^^;)
あ~っ、また、涼しい山へ行きたいなぁ~。

さて、きのうは食べられないクルミだったので、
きょうは食べられるクルミを紹介しますね・・(^m^*)クスッ 

「オニグルミ」です。
「鬼胡桃」と書きます。
実の殻がごつごつしてとても硬く、鬼のように手ごわいので、
名付けられました。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
20080719_onigurumi_05555.JPG

20メートル程になる落葉高木です。
北海道~九州の山野の川岸などに分布しています。
雌雄同株で1本の木に雄花と雌花を付けます。
花も撮ってみたいものです。

葉はこんなふうに付いています。

20080719_onigurumi_05560.JPG

先が尖った実がいくつか集まり房のように付いています。

20080719_onigurumi_06294.JPG

中にご存知の「クルミ」が入っています。
でも、市販のクルミは別種で、それより小さくて殻が硬く、
割るのが大変ですが、とても美味しいようです。
脂肪が50~60%あり、蛋白質は15~30%あるそうです。
美味しくて栄養があるので、リスやサルなどの動物には
重要な食物ですね。

材は、強くて狂いが少ないので、家具等に使われます。
うちの本棚もクルミ材です。
クルミ科の植物です。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 09:14 AM | コメント (10)

July 23, 2008

サワグルミ

7月23日、
夏の空です。
まずは渓谷林の代表である、見上げるような
「サワグルミ」にご登場願いましょう。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
20080719_sawagurumi_05686.JPG

「沢胡桃」と書きます。
沢筋に生えるクルミという意味です。
別名をカワグルミ、フジグルミというそうです。
クルミ科の植物です。
高さ30メートルになる落葉高木で雌雄同株です。
北海道~九州の山地の渓谷に生えています。
まっすぐな幹が美しい。

20080719_sawagurumi_05675.JPG

葉は羽根のような形です。
実が付いていました。

20080719_sawagurumi_05685.JPG

残念ながら、クルミと名が付いても実は食べられないそうです。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 07:40 AM | コメント (6)

July 12, 2008

ヒイラギの実

7月12日、
午前中に実家で棚経があり行ってきました。
午後から気温がまた上がったようで、とても暑かったですね~。
ふ~(^_^;;)

きょうは、ちょっと前から黒っぽい実が付いていた「ヒイラギの実」
を紹介します。
よく通る道沿いに垣根として柊が植えられています。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
20080530_hiiragi_03329.JPG

実は夏にできますが、花は冬に咲きます。

花やその他の詳しい情報については、過去記事をご覧ください→

ヒイラギの花

実は黒紫色の楕円形で1.5センチ程の大きさです。

20080612_hiiragi_04041.JPG

ヒイラギは関東以西~沖縄に分布し、庭木としても植えられています。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 03:14 PM | コメント (12)

July 01, 2008

マユミ

7月1日、
切り過ぎて去年咲かずじまいだったシコンノボタン
が蕾を付けてくれました。咲くのが楽しみ~♪

きょうは「マユミ」の若い実を紹介します。
「真弓」と書きます。
この木で弓を作ったので、真弓と名付けられました。

秋に色づいた赤い実を付けたマユミは印象的ですが、
緑色の実をつけた、今の季節のマユミはいかがでしょう~♪

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
20080619_mayumi_04180.JPG

横顔は・・

20080619_mayumi_04179.JPG

なんだか、後ろ向きが多いですね^^;

20080619_mayumi_04178.JPG

隅が角張った四角い巾着のような形がユニークですね。
ニシキギ科の植物です。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 09:56 AM | コメント (4)

June 17, 2008

ブラックベリー

6月17日、
ここのところ梅雨の中休みで、2~3日水やりをしないと
クタッとしてしまう植物もあり、今朝急いで水をやりました^^;

きょうは、またまたU氏宅にあった、「ブラックベリー」を紹介
したいと思います。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
20080606_burakkuberi-_03419.JPG

これは栽培種で、別名をセイヨウヤブイチゴ(西洋藪苺)とも
いうそうです。
アメリカ原産の木イチゴでつる性です。
バラ科の植物です。

20080606_burakkuberi-_03422.JPG

葉は縁にギザギザがあるのが3枚集まっています。

20080606_burakkuberi-_03421.JPG

実が赤いのが美味しそうですが、とても酸っぱくて食べられません。
黒く熟すまで待ってください^^;

20080606_burakkuberi-_03417.JPG

それではと、完熟した黒い実をそのまま食べてみました。
コクのある甘酸っぱさでした^^。
食べる時、茎等に鋭い刺があるので注意がいります。
新鮮なうちは生食で、採って3日も過ぎたら、ジャムにして
食べたほうがいいかもしれません。
今、健康フルーツとして注目されているようです。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 09:50 AM | コメント (8)

June 11, 2008

ユスラウメの実

6月11日、
きょうもかろうじて、梅雨の中休み・・。
あちらこちらでキンシバイビヨウヤナギが花盛り。
黄色がいっぱい!

でも、きょうは赤!
友達のU氏宅にあったユスラウメの実を紹介します。
「桜桃」「梅桃」と書きます。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
20080606_yusuraume_03426.JPG

葉には両面とも細かい毛がいっぱい。葉裏は少し白っぽい。
葉の緑の陰に隠れるようにして赤い艶々した実が・・。
小さなサクランボのような実です。実の大きさは直径1センチ程。
よく見ると木の枝から3ミリ程の柄を出して実が付いています。

実の付いた枝をくださったので、家の窓際に飾って遊びました。

20080608_yusuraume_03979.JPG

赤い実をしばらく眺めた後、食べてもみました!
実の中の種は6ミリ程でした。
完熟の実は甘酸っぱくってとても美味しい実でした(*^^)v
赤い宝石のような綺麗な実で、結構たくさん実を付け
食用にもなるので、庭にユスラウメがあるのはいいですね。

バラ科の植物です。
中国原産で、我が国には江戸時代初期に渡来したそうです。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 05:40 PM | コメント (10)

January 22, 2008

フユイチゴの実

1月22日、
寒空の中、キンカンの実(ブログ内過去記事→キンカン その3
がベランダで黄色く熟れています。

きょうは林などの縁に赤い実が目立つキイチゴの一種、
「フユイチゴ」の実を紹介します。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
080113_huyuitigo_08182.JPG

「冬苺」と書きます。
バラ科の植物です。
果実が冬に熟すことから名付けられました。
関東以西、四国、九州の主に林の縁に生えます。

080113huyuitigo_08183.JPG

葉にはギザギザがあります。
茎や葉やガクなどにも毛が生えています。

直径1センチ程の艶々した赤い実は、ほのかに甘酸っぱく
素朴な味でした。

*「フユイチゴの実」を1月のfab Photo Galleryに追加しました↓

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 09:34 AM | コメント (10)

January 20, 2008

アズキナシの実

1月20日、
はや、睦月も20日となりにけり・・。
玄関のカラタチバナの実はまだ健在、
鳥に見つかってない?

同じように、赤い実が美しい・・「アズキナシ」を紹介します。

「小豆梨」と書きます。
実がナシに比べ小さいためアズキナシと名付けられました。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
080113azukinasi_08193.JPG

別名はハカリノメ(秤の目)と言います。
枝に点々とならぶ皮目のことを目盛りに例えたそうです。

080113_azukinasi_08194.JPG

バラ科の落葉高木で、高さは10~15メートル程になります。

080113_azukinasi_08195.JPG

実はアズキのようにこまかく美しい。

080113_azukinasi_08198.JPG

北海道、本州、四国、九州の山地帯に分布します。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 08:11 AM | コメント (10)

December 07, 2007

むべの実 その2

12月7日、
きょうもいい天気、暖かくなる模様。
さて、きのうのムベ、こんなにたくさんいただきました~^^。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
20071206_mube_06050.JPG

野性的に食べようと(*^m^*) ムフッ、
完熟していたのを手で割ったら↓
20071206_mube_06042.JPG
果汁があふれてきました。
口の中で種だけより分けて果肉をいただきます。
う~ん、素朴で優しい甘さ!美味しい~\(*^▽^*)/!

果肉をきれいに採った後の姿↓
20071206_mube_06045.JPG

ここで・・皆様にお詫びm(__)m。
>「表皮に浮かんでいる黒い点々は
中の種が透けて見えてるものらしい。」
と、きのう書いたことは、訂正したいと思います。すみません。
なぜならば、実を切って中身を食べた後の皮を調べたら、
結構厚くて、一番外の皮は薄いのですがその内側にクッションの
ように果肉があり、そのまた内側はコルク?のようになっており、
触るとジョリジョリしていました。
黒い種を取っても、皮の外側にあった模様は消えませんでした。
黒い点々は種ではなく、黒っぽくみえる斑模様だと思われます。
熟すと出る模様かな~?詳しくはわかりません。

黒い種は縦8ミリ*横5ミリで、食べたムベの種を数えたら、
何と!106個もありました!!種だらけ~^^。
でも本当に美味しかったです。
下さったU氏、ご馳走様(^人^)でした。 

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 09:46 AM | コメント (12)

December 06, 2007

ムベの実

12月6日、
♪あなたと植え~た ムベの木に 
今年も 赤紫の 実がなりました~♪
なんちゃって~替え歌o(*^▽^*)oあはっ♪
きのう、友達んちで撮らせてもらったムベの実を紹介します。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
20071205_mube_05980.JPG

鶏卵大~少し大きめの実まで、例年より多く生ったそうです。
20071205_mube_05978.JPG

表皮に浮かんでいる黒い点々は中の種が透けて見えてるものらしい。
20071205_mube_05976.JPG

ムベについて、もっと知りたい方は・・
ブログ内過去記事もご覧下さい→ムベの花
 

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 07:32 AM | コメント (16)

November 03, 2007

シキミの実

11月3日、
きのう、車で走っていたら、分離帯に植栽されている
クレマチスの紫の花がまだ咲いていました。

きょうは、主に山地に自生するシキミを紹介します。
「樒」と書きます。
「悪しき実」とされ、それが略されてシキミになったそうです。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
071007_sikimi_04511.JPG

花のあとの実はこのように面白いユニークな形ですが、
特に実は毒性が高いそうで、その種にアニサチンという
ケイレン性の強い神経毒が含まれているそうです。

071007_sikimi_04505.JPG

葉や樹木を燃やすととても強い臭いを放つため、昔から墓地や
寺院に植えられ、墓前や仏前に供える花として日本の仏教と
関わりの深い植物です。
今も葬儀にシキミを供える所もあります。

071007_sikimi_04507.JPG

本州(宮城、石川以西)、四国、九州に分布する常緑木です。

071007_sikimi_04515.JPG

シキミ科の植物です。

もっとこのシキミの毒のことを詳しく知りたい方には、
この本を紹介します↓

ブログ内関連記事→毒草を食べてみた
 
 


花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 09:51 AM | コメント (12)

October 22, 2007

イイギリの実

10月22日、
きょうは、先日、上京した折に行った○○川○楽園で
見つけた植物を紹介します。

遠くから見ると大木の上部に赤いものが見えます。
近づいて木を仰ぐように見ると、ブドウの房のような
真っ赤な実がぶら下がっていました。

この写真は友達が撮ってくれました↓(^人^)ありがと!
PA191528-iigiri_2.jpg

「イイギリ」です。
「飯桐」と書きます。
昔、この大きな葉でご飯を包んだことから名付けられました。
葉裏はやや白っぽいです。
葉柄は赤みを帯びて長いです。
雌雄異株で、もちろん、これは雌株です。
本州、四国、九州、沖縄に分布している落葉高木です。
イイギリ科の植物です。

花も撮りたいのですが、高木の花はやはり5倍ズームじゃ
無理かも・・^^;
 


花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 10:03 PM | コメント (12)

September 30, 2007

ヘビノボラズの実

9月30日、
きょうで9月もおわり。
だんだん秋の気配が濃くなりますね。
きのう、きょうと雨も降ったりして、さすがに涼しくなり、
セミの声も聴かれなくなりました。

きょうは去年撮ったヘビノボラズに実が付いていたのでアップします。
(アンダーバーの所をクリックして下さい。過去の記事に飛びます。)

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
070923_hebinoborazu_03745.JPG

メギ科の植物です。
湿地の開けた場所や林縁に生育する落葉低木です。

070923_hebinoborazu_03746.JPG

高さは1メートル以下のものが多いようですが、これは2メートル
近くありました。
日本固有種(日本だけにしか自生しない種)の上、 東海地方の他は
近畿地方と宮崎県に自生しているのみで、絶滅寸前の貴重種だそうです。

070923_hebinoborazu_03742.JPG
(後ろに写っている太い木は違います。ヘビノボラズは前の細い木です。)

実はもう少しすると真っ赤な色になるそうです。
赤い実も写真に撮りたいですね~^^。
そして春に咲く花も・・。
 

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 06:43 PM | コメント (12)

August 29, 2007

巨峰の実

8月29日、
雨が時折降るものの・・蒸し暑い曇天・・。

皆さん、突然ですが・・巨峰の実って初めは緑色で、熟して
食べ頃になると、あの黒紫色になること、知ってました?

私はこの夏初めて知りました。(^^;)
実家にブドウが植えてあったのですが、緑色の小粒のブドウだった
ので、ずーっと緑色のままでした。

この7月に偶然、お友達の庭で緑のブドウを発見し、これは?
とたずねると、巨峰とのこと!
えーっ?巨峰も最初は緑なの~!とびっくりしました。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)

070704_kyohou_01565.JPG

上の写真は、お友達の家の窓にかかる素敵な雰囲気の巨峰(7/4)

070704_kuohou_01562.JPG

棚の巨峰をアップで・・(7/4)

070828_kyohou_02903.JPG

「色づいてきたよ。」とのお知らせで、きのう(8/28)の写真

070829_kyohou_02907.JPG

玄関先のフェンスのがよく熟れていました・・(8/28)

お土産?にいただいた巨峰は、さすが、作り主の愛情がこもった
いいお味でしたヨ。
ご馳走さまでした(^人^)。

ブドウ科の植物です。
今度は花も撮ってみたいな・・。
 
 

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 12:48 PM | コメント (6)

June 24, 2007

ヤマモモの実

6月24日、
きょうは雨・・。
きのう撮った「ヤマモモの実」を載せますね~(* ^ー゚)ノ

「山桃」と書きます。
ヤマモモ科の植物で高さ5~10メートルになります。
関東南部以西の山地に分布しています。
雌雄異株です。
撮影したのは植栽された雌株で、高さ6~7メートルでした。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
070623_yamamomo♀_01417.JPG

近づいてみると、すっごーい!
実だらけ~~!!

070623_yamamomo_01415.JPG

撮影中にも数羽のヒヨドリが実をついばんでおり、
下を見ると、地面にもたくさんの実が落ちていました。

070623_yamamomo_01413.JPG

たわわに実った実の大きさは、ひとつが1センチ程。
美しい色の実ばかりで、勝手に「食べる宝石」と命名しました!(^_-)-☆

070623_yamamomo_01411.JPG

よく熟れた実は甘酸っぱいというより、素朴な甘さで充分
美味しかったです。(*^^)v


花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 10:38 AM | コメント (18)

March 06, 2007

ナワシログミ

3月6日、
きょうも風が強い一日でした~(>_<)。
さすが~三月、風吹く三月・・。

おととい撮った「ナワシログミ」を紹介します。
実がぶらさがっていましたが、まだ未熟です。
「苗代茱萸」と書きます。
初夏、苗代を作る時期に果実が赤く熟すことから名付けられました。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
070304nawasirogumi_05632.JPG

グミ科の植物です。
伊豆半島以西~九州の暖地の海岸近くに生えています。
高さ2メートル程の常緑低木で分枝し、一部の枝先が鋭い刺に
なっています。

070304_nawasirogumi_05630.JPG

葉は柄があり互生で革質。裏は淡褐銀色。
庭木としても植えられますが、実はナツグミのようにおいしくはない
そうです。

昔、実家に「ビックリグミ」という大きくて甘い実のなるグミの木が
ありました・・。
あ~、もう一度あのグミの実を食べてみたいな~。 
 
 

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 02:42 PM | コメント (4)

February 28, 2007

アオキの実

2月28日、
記録的な暖冬だった2月もきょうで終わりですね。
風の強い一日でまいりました・・(≧~≦)!

少し前に撮った「アオキの実」を紹介します。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
070224_aokinomi_05347.JPG

ミズキ科の植物です。
実は1.5~2センチ程で、冬から翌春にかけて雌株の実は熟し、
赤くなってよく目立ちます。

070224_aokinomi_05386.JPG

「アオキの花」も知りたい方はこちらをクリックなさってください
アオキの花


花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 06:45 PM | コメント (0)

February 20, 2007

ズミの実

2月20日、
きょうはとても暖かい日でしたね~。
駐車場の車内の温度も上がり、一時冷房をかけるほどでした。

日当たりの良い山野に生える「ズミ」(酢実)の実が、公園に
ほんの少しだけ、まだ残っていたので紹介します。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
ズミの実05086.JPG

実は直径 6 ~ 10 ミリくらいの球形で、秋に赤く熟します。
高さ 10 メートルほどになります。
庭木や生垣にもよく使われています。

ズミの実05088.JPG

別名コリンゴともいいますが、サクランボっぽいですネ。
リンゴやサクランボと同じ、バラ科の植物です。
味は「酢実」の名のとおり、酸っぱいらしいです。
果実酒にするそうです。 
 
 

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 06:02 PM | コメント (4)

February 18, 2007

ハッサク

2月18日、
ここ数日、冬が戻ってきたようなお天気でしたが・・
きょうは雨もあがりお日様が・・。
きょうは、春風の薫る頃に食べたい!柑橘のひとつ
「ハッサク」(八朔)を紹介します。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
ハッサク04270.JPG

締まった果肉に、口の中でプチプチと弾ける食感と、爽やかな
味と香りが特徴の、ミカン科の植物です。
広島県原産で樹形や果実はブンタンに似ています。
和歌山県をはじめ温暖な各地で栽培されています。
名古屋では今月(2月)が収穫時期です。
今、市場に出回っています。

ハッサク04274.JPG

5月に香りの良い白い花を咲かせます。 
 
 

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 11:43 AM | コメント (2)

February 07, 2007

ユリノキの実

2月7日、
暖かい日が続いています。
お天気がよいので、ある公園で空を仰ぎながら歩いていたら、
えーっ?落葉後の高木に花?
まるで乾いた花(ドライフラワー)のように見えますね。
あっ、チューリップのような花形、これが「ユリノキ」か~!

「やった~!」
仰ぐようにして写真を撮りました。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
070203_yurinokinomi_05022.JPG

帰宅して調べたら・・
「ユリノキ」(百合の木)はユリに似た花の木、の意味だそうです。
5~6月にユリというよりはチューリップのような花が咲き
英名はtulip treeと言います。
別名は半纏木(はんてんぼく)」、「奴凧(やっこだこ)の木」、
「軍配(ぐんばい)の木」、→それぞれ、葉の形から。
その他、「チューリップの木」→花の形から。
北米原産で高さ20メートルにもなる高木です。
モクレン科の植物です。

そして、花のように見えたのは、なんと「実」!でした。
070203_yurinokinomi_05024.JPG


また、木の下にはバラバラになった実の断片が落ちていました。

ユリノキのブーメラン05028.JPG

乾いた花びらのように見えたのは、種(タネ)でした。
風に吹かれて1枚、また1枚と散るそうで、回転翼がついています。
下の写真はこのブーメランです。(上の写真の種を横から撮ったもの)
ユリノキの実、横向き05108.JPG

初夏に咲く花も是非見たいものです(^_-)-☆

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 10:08 AM | コメント (2)

January 29, 2007

キヅタの実

1月29日、
地味だけど可愛い実をみつけました。

(写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
060109_kidutanomi_05246.JPG

ベレー帽をかぶったどんぐり?のようなこの紫褐色の実は、
「キヅタの実」です。

「木蔦」と書いて、木のように太く大きくなるツタの意味です。
(注):2006/11/28にアップした
ツタ
とは違いますヨ!

ウコギ科の常緑低木です。
冬でも枯れないので、別名をフユヅタとも言います。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 11:26 AM | コメント (0)

January 21, 2007

ノイバラの実

1月21日、
きょうは、私の家のそばの冬枯れの風景の中に、
彩りを添えていた赤い実を紹介します。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
060121_noibaranomi_05465.JPG

「ノイバラ」の実です。
「野茨」あるいは「野薔薇」と書きます。
名のとおり野生のバラです。 
 
060121_noibaranomi_05462.JPG

5月頃、白い花を集まるように次々と咲かせます。
花の様子も知りたい方はこちらをクリックなさってください。
ノイバラ

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 09:49 AM | コメント (0)

January 16, 2007

シャシャンボの実

1月16日、
きょうは学生時代の友達5人で久々に会って食事し、話に花が咲き
ました。
学生時代の友達は、ほんとにいいものだと再認識しました。
私の宝物です。
みんな、ありがとう!

さて、帰りに駐車場で見つけて撮った木・・。
きょうの一枚!

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
070116_shashanbo_04652.JPG

帰宅して調べたら「シャシャンボ」でした。
名はササンボ(小小ん坊)の意味だそうです。
照葉樹林やアカマツ林の林縁に多い暖帯の低木で、石川県、茨城県
以南に分布しています。ツツジ科の植物です。

070116_shashanbo_04650.JPG

葉は長さ5センチ程で革質です。
透かして見ると葉脈の網の目が葉の両面に見えます。
葉の縁には浅いギザギザがあります。
写真ではよくわかりませんが、葉柄は5ミリ程で、紅色をしています。
実は球形で黒紫色に熟し、白い粉をふいています。
甘くて食べられると図鑑に書いてあったので・・試しに口に含んだら、
完熟してなかったせいか甘くはなく、美味しいとはいきませんでした。
つぶすと鮮やかな赤紫色の汁が出ました。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 06:23 PM | コメント (3)

January 12, 2007

ナンテンの実 その2

1月12日、
このところ、冬晴れが続いています。
暖冬のせいか、もう京都府立植物園で梅の蕾も開いたと
ニュースが流れていました。

きょうは「シロミノナンテン」を紹介します。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
061220_shirominanten_04403.JPG


  
こちら↓は普通の「ナンテン」、葉が赤くなっています。

061220_nanten_04410.JPG


もっとナンテンが知りたい方はこちらへどうぞ→ナンテンの実

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 10:46 PM | コメント (4)

January 08, 2007

クロガネモチの実

1月8日、
きょうは成人の日、あいかわらずしっくりこない・・・。
もともと「成人の日」は15日の小正月行事だったはずー(ーー;)

ともあれ、「七草」も過ぎ、もうお餅も食べ飽きた頃・・・?
きょうはモチはモチでもモチノキ科の「クロガネモチ」を紹介します。

「黒鉄黐」と書きます。
「黐」の字がむつかしい字でしょ・・(^^;)
若い枝が紫黒色を帯び、モチノキの仲間なので名付けられました。

(写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
061221_kuroganemoti_04470.JPG

本州(関東地方・福井県以西)~沖縄、朝鮮、中国、台湾の山野に
生えている高さ10~20メートルの高木です。

冬に雌株には赤い球形で直径6ミリ程の果実がたくさんつくので、
庭園木や公園樹などに植えられています。(雌雄異株)

冬に彩りを添えている赤い実は、ヒヨドリの大好物だそうです。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 01:25 PM | コメント (8)

November 12, 2006

カラタチバナの実

11月12日、
きのうから強い風が吹き、外での撮影は無理・・
きょうの寒気で一気に秋が深まるかも・・。
マンションのケヤキもやっと黄葉してきました。

さて、玄関に置いてあるカラタチバナの実が赤く熟したので、
今年こそ、鳥に食べられる前にアップしま~す(*^^)v。
「唐橘」と書き、きのうアップしたカラタチと同じ字を当てます。
ややこしい~(>_<)!

(写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
061112カラタチバナの実03406.JPG

ヤブコウジ科の植物で高さは20~70センチ程です。
我が家のは高さ50センチ程でした。
別名は同じ仲間のマンリョウ(万両)に対してヒャクリョウ(百両)
といわれるそうです。
(私は露店で小さいのを買ったのですが、その時は「百万両」と
書いてありました・・^_^;;)
本州(茨城県・新潟県以西)~沖縄、中国、台湾に分布しています。
日本にも分布していますがなぜか「唐」と名に付いています(>_<)。

先はとがって、ふちに波状のゆるいギザギザがある葉が、互い違いに
付いていますネ。
球形の実は7ミリ程でした。
赤くなると、めざとく鳥がついばみに来ているようで、すぐになく
なってしまいますが、今年はバッチリ写真が撮れて・・(^。^;)ホッ!

白や黄の実の付く園芸種もあるそうです。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 12:06 PM | コメント (0)

November 11, 2006

カラタチの実

11月11日、
里山の林の中に黄色のまん丸の実を見つけました~。
「カラタチ」です。
「唐橘」と書きます。
「唐から渡来した橘」という意味で唐橘、その略で「カラタチ」と
名付けられました。
花は歌でも有名ですネ~♪カラタチ、カラタチ、カラタチの花~♪

(写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
カラタチ03036.JPG

高さ2メートル半程のミカン科の植物です。
きれいな球形の実は苦味が強くて食べられないそうですが、
乾燥させて薬用にはするそうです。
落ちていた丸い実の直径を計ったら、4.5センチ程ありました。
柑橘特有の爽やかな香りもほのかに残っていました・・。

また、茎や枝には鋭い大きな刺が互い違いに付いていますね。
これを生垣にして防犯にも利用されています。
また、柑橘類栽培の台木にも使われています。

春に香りの良い白い花が咲くそうです・・。
見てみた~い(^o^) !

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 10:05 AM | コメント (2)

November 04, 2006

タンキリマメの実

11月4日、
きょうは、近くの藪にあった「タンキリマメ」を紹介します。
去年から「トキリマメ」か?「タンキリマメ」か?悩んでいたのですが、
やっとちょっとまともな?写真が撮れ、判断がついたのでアップします。

(写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
タンキリマメ02892.JPG

「痰切豆」と書きます。
豆に薬効があり痰が切れる(俗説)というので名付けられました。
千葉県以西の本州~琉球、朝鮮、中国、フィリッピンに分布している
そうです。
林や草原、荒地等に生育している、マメ科のつる植物です。

葉は3つの小さな葉からなり、ひし形のようで角は丸い。
そして、葉の先はゆるやかに閉じています。
判断に迷う程よく似たトキリマメとの違いは、このように葉先が急に
細くなっていないことです。
また、葉は厚めで、表裏両面と縁に毛があります。
鞘が真っ赤になっているものの中に、まだ緑のもありますネ。

タンキリマメ02900.JPG

上を見あげると・・鞘がはぜて黒くてツヤツヤした豆が・・・
2個づつ飛び出るように付いているのも、面白いですね~。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 02:54 PM | コメント (2) | トラックバック

October 29, 2006

トウゴマの実

10月29日、
きょうも穏やかな秋日和・・。「トウゴマ」の実を紹介します。
「唐胡麻」と書きます。

手の平のような大きな葉は 5 ~ 11 (写真のは8裂)に分かれ、
ギザギザがありますネ。
アフリカ北東部原産でトウダイグサ科の植物です。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
トウゴマ02680.JPG

別名はヒマと言うそうです。
種子は有毒です。食べることはできません。
種からとれるひまし油(蓖麻子油)は下剤、印刷インキなどに
使われるそうです。
茎葉や果実が赤くなる品種(アカヒマ)は、園芸用に栽培し切花に
するそうです。

トウゴマ02677.JPG
下のほうにある黄色っぽい花は終わりかけた雄花のようです。

追伸:夏に咲く花の状態も見たい方は→花盗人の花日記をご覧下さい。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 12:56 PM | コメント (7) | トラックバック

October 26, 2006

テンジクメギの実

10月26日、
きょうは灰白色の実がいっぱい付いていた「テンジクメギ」を紹介します。
「天竺目木」と書きます。
中国雲南省原産の常緑低木でメギ科の植物です。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
テンジクメギ02655.JPG

葉の縁はギザギザでヒイラギの葉のようでした。
ギザギザのそれぞれの先に鋭い刺が付いています。
茎にはもっと大きく鋭い刺がありますネ。

テンジクメギ02656.JPG

春には黄色の花を付けるそうです。
黄色の花も見てみた~い!

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 06:05 PM | コメント (2) | トラックバック

October 15, 2006

新高

10月15日、
秋晴れの穏やかな日ですね。
各地で秋祭りもたけなわですが、きょうは食欲の秋で、
「新高」(にいたか)という梨を紹介します。
千葉からの到来物ですが、この10月中旬が旬の梨です。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
新高02591.JPG

以前にfabに載せた豊水
と同じ赤梨(果皮が褐色のもの)に分類されます。
昭和2年に新高と命名されたそうです。

本当に大きな梨で、赤ちゃんの頭くらいあり、重さは700グラム
~1キロ程もあります。
この写真のは800グラムありました。
直径も15~16センチありました。

新高02590.JPG
<お皿(直径23センチ)の上で・・。>

ひとりで一個はとても食べきれません(>_<)。

肉質はやや粗めで柔らかく、甘みは強かったです。
ご馳走様でした~!

バラ科の植物です。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 11:05 AM | コメント (8) | トラックバック

September 03, 2006

豊水

9月3日、
残暑はあるものの、やはり真夏の暑さとは違いますね・・。
日差しも風もかわってきました。
行楽するにも、家での~んびりするのにも過ごしやすくなりました。

きょうはそんな日のデザートにぴったりの「豊水」を紹介します。
千葉からの到来物の梨です。(千葉は梨の名産地)

(写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
豊水01526.JPG

梨はバラ科の植物です。
カリウムが多いそうです。
「豊水」は、「幸水」という梨の後、8月下旬頃から出回る品種です。
美味しい梨の見分け方は~形に注目!
高さより横に張りのある方がより良いものだそうです。
「豊水」の皮を剥いている時から、果汁がしたたり落ちるほど
多汁で甘いです。
果肉は多汁のためやや柔らかめですが、適度なシャリシャリ感は
あり、とても美味しい梨でした~♪


その他、梨(アリノミ)について参考資料は下記へ↓
(「20世紀」の画像あり。)
アリノミ

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 10:28 AM | コメント (0) | トラックバック

August 26, 2006

リザマート

8月26日、
小さい頃、実家に葡萄棚があり、その下に丸テーブルと椅子が
おいてあり、そこで「夏の生活」をやった覚えがあります。
午前中の葡萄棚の下は、結構涼しい風も吹いてきて能率も上がりました。
カナブンがよく飛んでくるので、葡萄に袋をかぶせる仕事を父と
一緒にしたこともいい思い出です。

きょうは到来物の葡萄、「リザマート」を紹介します。
(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
リザマート01440.JPG

この葡萄は赤紫色で、形はやや四角張って細長い。楕円形っぽい?
一粒の長さは3.5センチ程で結構大粒です。
皮ごと食べられる品種でいいのですが、中に種は1~2個あり、
これをとるのが少々面倒ですネ。種をかんでしまうと渋い?!

リザマート01438.JPG

実はとても甘くて、厭味のない甘さで美味しい。
が、巨峰の甘さとは違う甘さです。酸味はほとんどありません。

また、実は硬くしまっていてサクサク?とした食感で、これが
この」葡萄の特長です。

熟しすぎると実が柔らかくなり、味も落ち美味しくありません。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 11:42 AM | コメント (4) | トラックバック

July 23, 2006

アンズの実

7月23日、
あいかわらずのどんよりした梅雨空・・。
朝からセミの声がたえまなく聞こえている・・。

ここんとこ、白や緑の画面ばかりが多い気がするので・・
きょうは明るい橙色にしませう~。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
アンズ01177.JPG

「これ、なーんだ?」

完熟したウメ?モモ?

それらが混じった感じで、イイ感じの果実です。
果肉とタネをパカッと離すことができるのが特徴です。
食べると優しくほのかな甘みがします。
種は平たい形をしてます。

答えは「アンズ」!
杏色のあんず(杏子)です。
色にホレてお店で買いました~。

アンズのアップ01174.JPG

表面にはモモのように細かい毛があり、触るとビロードのようです。
中国から伝えられ、万葉集にもカラモモとして登場するとのこと。
長野県千曲市(旧、更埴市)は「 アンズの里」として知られています。

さぁ~て、もひとつ食べよっかな~♪

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 10:56 AM | コメント (6) | トラックバック

July 11, 2006

ウスノキ

7月11日、
猿投山にあった真っ赤で艶のある可愛らしい実を紹介します。
「臼の木」と書きます。
ツツジ科スノキ属で高さは50センチ~1メートル程の落葉低木です。

(写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
ウスノキ3.JPG

別名はカクミノスノキ(角実の酢の木)と言います。
直径約8ミリ程で5つの稜がある臼の形の実です。
北海道、本州、四国、九州の山地に生えます。
花期4~5月、果期7~9月です。


参考:本州の太平洋側にあるこの木を、コウスノキとして分ける説
もあります。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 08:57 AM | コメント (2) | トラックバック

July 06, 2006

ハナイカダの実

7月6日、
「わぁ~、これ何?葉っぱの真ん中に豆が載っかってるよ~!」

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)
ハナイカダ3.JPG

これは、葉の上に花を咲かせて実を付ける、とてもおもしろい植物
「ハナイカダ」です。
「花筏」と書きます。
葉を筏(いかだ)に見立て、その上に乗る花や実を筏の上に
乗る人に見立てて名付けられました。

よく見ると葉に実がひっついている様子。
そして、葉の真ん中近くまでの葉脈が太くなっていますネ。

ハナイカダ1.JPG

雌雄異株で、この2枚の写真のは雌株です。
ミズキ科で、山のやや湿った所に生える落葉低木です。

この実は熟すと黒紫色に変わるそうです。
今度は花も、黒くなった実も見てみたいですネ~。

「ママッコ」とか「ヨメノナミダ(嫁の涙)」という別名もあるそうです。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 07:52 AM | コメント (10) | トラックバック

January 27, 2006

ネズミモチの実

1月27日、
きょうは、きのう「火に強い木」に紹介した木のひとつ、
「ネズミモチ」の実を取り上げます。

「ネズミモチ」って、ネズミの餅?
いいえ、そうではありませんっ!

ネズミモチ05607.JPG

写真のように、実がネズミの糞に、葉がモチノキに
似ているので、名付けられました。

「なるほど、ふむふむ・・。」

別名は「タマツバキ」というそうです。

でも実をみる限りでは、「ネズミモチ」の方がピンときて
覚えやすくはないでしょうか?

実は7~10ミリで熟すと黒っぽくなります。

関東地方以西の山地に自生していますが、よく生垣や
庭木、公園樹として植えられています。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 09:24 AM | コメント (0) | トラックバック

January 18, 2006

シャリンバイの実

1月18日、
きょうは、少し寒かったですね~。

「シャリンバイ」を紹介します。

「車輪梅」と書いて、
枝や葉が車輪状に出て、花が梅の花に似ているので名付けられました。

シャリンバイ05264.JPG

実は写真のように球形で黒紫色に熟し、白い粉をかぶったように見えます。

暖地の海岸近くに自生しているそうです。

樹皮から大島紬の染料を採るそうです。

庭木としても栽培されていますが、この木はひとり生えだそうです。

先日、友人宅で撮ったものです。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 07:23 PM | コメント (4) | トラックバック

January 17, 2006

ヤブコウジの実

1月17日、
きょうもいいお天気~少し風はありますが・・。

きょうは「ヤブコウジ」を取り上げます。

「藪柑子」と書きます。
そのまま訳すと、藪にある柑子(甘い果実の意)ですが・・
味わっていないのでわかりません~。

やや日陰のところに10~20センチの丈ながら、
直径5~6ミリの球形の赤い実をつけて愛らしい姿です。

ヤブコウジ05256.JPG


寒いせいか?細かいギザギザがある葉も赤くなっています。
地下茎で増えます。

斑入りの園芸種もあるそうです。
マンリョウと同じ仲間です。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 10:54 AM | コメント (0) | トラックバック

January 16, 2006

ハンノキの実と雄花

1月16日、
きょうもきのうに続き、いいお天気~。

きょうは「ハンノキ」を取り上げます。
「榛の木」と書いて「ハンノキ」ですが、「ハリノキ」ともいいます。
語源は不明。

雌雄同株。
実は、松かさのような形で熟すと黒っぽくなり、
長さは1.5~2センチ程のものです。
雄花は黒渇紫色で長さ4~5センチ程で垂れ下がっています。

ハンノキの雄花と実05279.JPG

雄花の形はグローブ?のようで面白い!

ハンノキ雄花05283.JPG

あなたは何に見えますか?

湿地の周辺などに多いのですが、これは庭木を撮りました~。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 12:28 PM | コメント (3) | トラックバック

January 10, 2006

マサキの実

1月10日、
きのうの午後、近くの林?を散歩していたら「マサキ」の実が付いていた
ので紹介します。

「マサキ」は
海岸近くの林に自生し、高さは2~6メートル程になります。
葉は対生に付き、柄があり、葉のふちにはギザギザがあります。

庭木としても栽培されています。

実は球形で11~1月に熟すと3~4裂し、黄赤色の仮種皮
を持った種子を出してきれいです。

060109マサキ.JPG

「ツリバナ」(fabの2005年10/20分に掲載しています。)や
「マユミ」、「ニシキギ」、「ツルウメモドキ」と同じ仲間です。

マサキの実04457.JPG


斑入りの「キフクリンマサキ」や「オウゴンマサキ」等、
多くの園芸種があります。

余談ですが、「オウゴン~」で思い出しました~!
きょうは”十日えびす”。
関西の方はえべっさんのほうが馴染みかも?

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 10:55 AM | コメント (0) | トラックバック

December 31, 2005

マンリョウの実

12月31日、
2005年もきょうで満了?!
ということで、「マンリョウ」を取り上げます。

「万両」と書いて名前が縁起が良く、赤い実が正月の生け花
にも使われます。

マンリョウの木1.jpg

葉は厚く光沢があり、ふちに丸っこい波状のギザギザがあります。

マンリョウ04553.JPG

実は6ミリ程の球形で赤く熟し葉の下にぶら下がるように付くのが
特徴です。

淡黄色の実のなる「シロミノマンリョウ」というのは園芸種です。


~ここで年末のご挨拶を~

fabも今年5月から始めてはや8ヶ月、
皆様のおかげで何とかここまでやってこられました~。
改めて 皆様のご愛顧に感謝申し上げます。

どうぞ、よいお年をお迎え下さい。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 12:37 AM | コメント (5) | トラックバック

December 30, 2005

ナンテンの実

12月30日、
きょうはこの木を植えると「難を逃れる」という、縁起の良い
「ナンテン」(南天)を取り上げます。

暖地の林内に自生しているそうですが、(山口県川上村のは国の天然記念物)
庭木として園芸種がよく植えられています。

ナンテン04982.JPG


実は直径7ミリ程の球形で赤く熟し、♪ナンテン○○飴~♪
で知られるように、せき止め薬として利用されています。

葉は紅葉します。

白い実のなる「シロミナンテン」(白実南天)等、園芸種も多くあるそうです。
ちなみに「シロミナンテン」は紅葉しません。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 11:21 PM | コメント (0) | トラックバック

December 29, 2005

ヒサカキの実

12月29日、
きょうは大掃除日和~。
神棚を掃除される方もいらっしゃるでしょう。
普通、神棚には”サカキ”(榊)を飾りますよね~。

きょうは、そのサカキの親戚筋?にあたる「ヒサカキ」を紹介します。

「非榊」、「姫榊」と書きます。
名は、サカキに似てそれよりも小さい意味の「姫榊」が訛ったものだそうです。

ヒサカキ04451.JPG

常緑で互い違いに付いている葉には、丸っこいギザギザがあります。

実は直径4~5ミリの球形で熟すと黒紫色になります。

枝はサカキの代用として神事に使われることもあるそうです。


花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 09:43 AM | コメント (2) | トラックバック

December 28, 2005

センリョウの実

12月28日、
きょうで仕事納めの方もおいでと思います。
あ~っ、やっとお休みにはいった~と喜ぶのもつかの間?
あす以降は大掃除やお正月の準備に忙しくなる方も多いか?と思います。

きょうは、お正月の生け花にもよく使われる「センリョウ」を取り上げます。
「千両」と書きます。
常緑で庭木や花材として有名ですネ~。
赤い実は、縁起物として正月飾りにも使われます。

センリョウ03941.JPG

鮮やかな緑の葉と赤い実の対比がいいですね~。

頂に実がつき、葉にギザギザがあります。

熟しても黄色のままの実がつく品種もあります。
それは「キミノセンリョウ」と言います。

キミノセンリョウ04545.JPG

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 10:51 PM | コメント (0) | トラックバック

December 25, 2005

シナヒイラギ

12月25日、
きょうは、クリスマス。
「クリスマスの赤い実」として使われる「シナヒイラギ」を
紹介します。
「支那柊」と書いて、中国原産です。


シナヒイラギ04438.JPG

熟した赤い球形の実は、直径1センチ程です。
クリスマスカラーの赤と緑のコントラストで、よく目立ちますね~。

別名「チャイニーズホーリー」、「ヒイラギモドキ」ともいいます。

「シナヒイラギ」という名ですが、全くヒイラギの仲間ではありません。
葉はヒイラギと似ていますが、葉の付き方が違います。
「シナヒイラギ」の葉は左右互い違いに付いていて、モチノキの仲間です。
老いた木の葉はトゲがなくなって丸くなっています。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 10:59 AM | コメント (4) | トラックバック

December 20, 2005

センダンの実

12月20日、
きょうはやっと雪もおさまり、青空がもどってきました~♪
日陰はまだ凍って、雪も残ってはいますが・・・。

途中の川べりで「センダンの実」が目についたので
紹介します。

センダンの実05082.JPG

「栴檀」と書きます。

(「栴檀は双葉(ふたば)より芳(かんば)し」の「栴檀」です。
~栴檀は芽吹いた双葉の頃から香気があるように、
大成する人は幼少の頃から並はずれてすぐれている~
という意味です。)

~「栴檀は双葉より芳し」の「栴檀」はじつは「白檀」とのこと~でした。
「はもよう」さんにまちがいを教えていただきましたので
訂正させていただきます。
写真に撮った栴檀は、香木の栴檀とは関係がない~
ということでこの括弧内の部分は記憶から消して下さい。(12/22fab)


暖地の海岸近くに自生し、5~10メートル程にもなる
落葉高木です。

fabにはまだ、この花のアップがないのが残念です。
5、6月に薄紫の花をつけるのですが・・・。

実は古くから殺虫剤、材は家具に利用されてきました。

古名を「オウチ」といいます。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 05:46 PM | コメント (3) | トラックバック

December 16, 2005

フォックスフェイス

12月16日、
きょうは、「キツネの顔」を紹介します。

「キツネの手」なら~「手袋を買いに」というお話もありましたが・・・。

これっ!見たことありません?

フォックスフェイス03741.JPG

「キツネの顔」というネーミングどおり、やはり狐の顔に
見えませんか?

見えますよね~♪

「フォックスフェイス」は和製英語らしいです。

ブラジル原産で別名「角茄子」(つのなす)、または
「狐茄子」(きつねなす)、「カナリアナス」とも言うそうです。

ナスの仲間ですが、最初は緑の実が黄色になっても、
食べられないそうです。

丈は1メートル以上で棒に実がボコボコ付いている感じです。

花材として使われているのを何度か見たことがあります。

花屋で売っているのはもう葉もとられているので、そのまま
花瓶等に水なしで入れても2ヶ月は観賞に耐えるそうです。

彩りの少ない季節にこのつやつやした黄色の実を見ると、
何だか元気がでてくるぅ!?

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 10:50 AM | コメント (2) | トラックバック

December 12, 2005

東濃の旅 その2

12月12日、
おととい行った東濃の旅の第二弾~、
恵那のSAで見た”秋の名残”を紹介します。

カラスウリ04721.JPG

橙の実は「カラスウリ」、赤い球形の実は「サルトリイバラ」です。
「サルトリイバラの実」についてはfabの11月9日分をご覧下さい。


カラスウリ04724.JPG

「カラスウリ」の印象的なリースですネ。


DSC04723.JPG

”晩秋の絵”になる組み合わせですね・・作者は?


花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 12:30 PM | コメント (2) | トラックバック

December 08, 2005

タチバナモドキ

12月8日、
あちこちにまだ、ピラカンサがたわわに実をつけています。
鳥が食べる前に写真を一枚・・。

きょうはピラカンサのひとつ、「タチバナモドキ」を
紹介します。

「橘擬」と書いて、
名は小型の橙色の実をタチバナに見立てたことにちなみます。

タチバナモドキ04276.JPG

実はオレンジ色で、直径5ミリ程の平たい球形をしています。

関連はfabの11月19日分の「ヒマラヤトキワサンザシ」
をご覧下さい。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 04:13 PM | コメント (0) | トラックバック

November 30, 2005

ナンキンハゼの実

11月30日、
きょうで霜月も終わりですね~。

いい天気です!

きょうは公園や街路樹に植えられ、若葉や紅葉で
目を楽しませてくれる「ナンキンハゼ」を
紹介します。

「南京櫨」という字を当てます。
中国原産(ナンキン)でハゼノキ(ウルシ科)のように
種から蝋(ロウ)を採ったので名付きました。
ちなみに「ナンキンハゼ」は「アカメガシワ」と同じ仲間で
トウダイグサという科の木です。

ナンキンハゼの紅葉と実04470.JPG

秋に落葉する前、深紅の葉になり、形も菱形で美しい~。

ナンキンハゼ割れ実04347.JPG

実が熟すと茶色の殻が割れて、中から白い蝋質の衣に包まれた
種子が現れます。

可愛いですね~。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 10:59 AM | コメント (1) | トラックバック

November 25, 2005

クチナシの実

11月25日、
きのうとちがう藪の中に朱赤の実!
きょうは「クチナシの実」を取り上げます。

クチナシ04287.JPG


クチナシ04283.JPG

橙色~朱赤の実の色、目立ちますね~。
形もユニークです。
先端にガク片が残っています。

花はfabの6月9日分に「八重咲きクチナシ」として
載せています。
興味のある方はそちらもご覧下さい。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 07:09 PM | コメント (0) | トラックバック

November 24, 2005

クサギの実

11月24日、
きょうの帰り道、藪の隅にまだ「クサギの実」が付いていました~。

クサギの実04377.JPG

濃い紅色になったガクの中に藍色の実がつき、
とても美しいですね~。

花については、8月23日分に記しました。
興味のある方はそちらもご覧下さい。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 09:27 PM | コメント (8) | トラックバック

November 23, 2005

イチョウの実

11月23日、
きょうは、「イチョウの実」を取り上げます。

イチョウ2.jpg

こんなふうにして、実がぶらさがっています。
これがだんだん熟して黄色になり、柔らかくなってくると
道路などに落ちてそれを踏むと大変なことになります。
経験のある方もおられるでしょうが~かなりの悪臭です!

この臭い実の中に白っぽくて硬い種があります。
これこそが「ギンナン」(銀杏)と呼ばれている代物なのですネ~。

突然ですが~、
「ギンナンの生産量日本一」は、どこの県か?わかりますか?
→はい、それは私の地元愛知の祖父江町です!
祖父江町には樹齢100年を超えるイチョウの大木がいっぱいあり、
大きな実の「藤九郎」など、いろいろな栽培品種があるそうです。

ところで、「ギンナン」は茶碗蒸しには欠かせないですね~。
「ギンナン」の皮にキズをつけ、炒って皮を割り、
中の薄皮も剥いで茶碗蒸しにいれると~、
色がとてもきれいな翡翠色になり、しかも
ツヤツヤとして食べるのが惜しいくらい・・!
味も、ほろ苦くて素晴らしい!
(でも子供の頃は嫌いで、親に食べてもらっていました~。)

そういえば、きょうは「勤労感謝の日」、ふだん一生懸命働いて
たとえ他からギンナンのように?臭い~などと言われても
(ギンナンさん、ごめんなさい。)ちゃんと隠れた美や
独自の味を持っておられる方、そういう方にギンナン入りの
茶碗蒸しを作ってさしあげたい・・。なんて願望だけはある
わたくしでした~!

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 09:59 AM | コメント (2) | トラックバック

November 19, 2005

ヒマラヤトキワサンザシの実

11月19日、
きのう、ツグミの姿を見かけました。

♪あ~かいと~り ことり な~ぜな~ぜ あかい
あ~かいみを たべた~♪
                詞:北原白秋 曲:成田為三
(この「赤い鳥 小鳥」という歌、私の好きな歌のひとつです~。)


きょうは、ヒヨドリ等の鳥が好んで食べる「ピラカンサ」のひとつで、
実家にある「ヒマラヤトキワサンザシ」の実を紹介します。

「ヒマラヤ常盤山櫨子」という字を当てます。
常緑樹で実は房状に多数付きます。

ヒマラヤトキワサンザシ04242.JPG

少しつぶれたような平たい形をしている実ですね~。
葉も少し細めです。

実家のは、これでも今年の実(の数)は少ないそうですが、
赤い実はよく目立ちます。

別名は「カザンデマリ」です。
よく態を現している名だと感心します~。

追伸:あす、あさってと2日間お休みします。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 09:28 AM | コメント (3) | トラックバック

November 17, 2005

ソヨゴの実

11月17日、
きょうも、秋晴れの一日、
真夜中にしし座流星群が見えるとか・・?

きょうは長い柄の先に赤い実が付く「ソヨゴ」を紹介します。

「冬青」と書いて「ソヨゴ」です。
風に吹かれて葉がソヨソヨとそよぐ音から名付けられました。
別名は「フクラシバ」で、葉が肉厚で表皮が強く、火であぶると
その部分がプックリと膨れるから、だそうです。


ソヨゴ03692.JPG

よく見ると葉はやや波うっていますね~。

葉は冬もあおく、常緑の樹です。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 01:24 PM | コメント (6) | トラックバック

November 16, 2005

タカノツメの実

11月16日、
「タカノツメ」というと、唐辛子を連想される方も多いかと思いますが~
きょうは、植物の「タカノツメ」を紹介します。

「鷹の爪」と書きますが、冬芽の形が鷹の爪に似ているから
名付けられたということです。
残念ですが冬芽はまだ紹介できませんので悪しからず~。
(落葉してから冬芽ができるハズ・・。)

タカノツメ00125.JPG

別名は「イモノキ」といい、枝がもろいことによるそうです。
材は軟らかく、箸や下駄などに使われるそうです。
ちゃんと利用できるのに、「イモ」とは?・・とるにたらない
つまらないもの・・という意味でしょうが、昔の人?命名した
人は随分と基準が高いなあ~、ちょっとひどいと思うのは
私だけでしょうか?

黄葉して黒い実をつけ、きれいじゃないですか~。

黒い実ですが、つぶしてみたら紫色の汁が出ました~。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 06:18 PM | コメント (2) | トラックバック

November 15, 2005

ナナカマドの実

11月15日、
きょうは「ナナカマドの実」を取り上げます。

ナナカマド1.JPG

葉が落ちても、赤い実が晩秋の風景に彩りを添えてますね~。
紅葉も美しいので、庭や公園にも植えられます。

参考:花は5月から7月に、小さな白い花が集まって咲きます。
fabのアーカイブ、6月23日に掲載していますのでよかったら
ご覧下さい。
~あの和菓子屋さんにまた行きたくなりました~。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 07:08 AM | コメント (6) | トラックバック

November 14, 2005

ヤマグルマの実

11月14日、
きょうは「トリモチ」の材料に使われる「ヤマグルマ」の実を
紹介します。

そもそも「トリモチ」って何ぞや?

モチノキやクロガネモチという木の樹皮から採った軟らかい
ゴム状の粘着物で、捕鳥や捕虫に利用されます。

別名を「トリモチノキ」ともいう、「ヤマグルマ」は
厚く光沢のある葉が枝先に車輪状に付くので
名付けられました。

ヤマグルマ04137.JPG

写真は六甲で撮りましたが、
高木なのではっきりとは実の様子が撮れませんでした~。
残念~!

常緑樹です。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 11:31 AM | コメント (0) | トラックバック

November 13, 2005

ハナミズキの実

11月13日、
有馬の宿泊先の玄関横に「ハナミズキ」が実を付けていました~。

ハナミズキ04099.JPG

ここでは、もう紅くなった葉も落とし
楕円形の真っ赤な実だけが付いていました。

実は数個ずつ集まって付いています。

「花水木」と書いて、ミズキ属で美しい花を付けるので
名付けられました。

別名は「アメリカヤマボウシ」でヤマボウシに似た花が
春に咲きます。
北米原産で、街路樹、庭木に植えられます。


花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 10:15 AM | コメント (4) | トラックバック

November 12, 2005

サラサドウダンの実

11月12日、
2日間のお休みをいただいて、近畿地方へ行って来ました~。

きょうは、北海道西南部と徳島県以外は兵庫県以北にしかない
「サラサドウダン」の、実の写真が撮れたので載せます。

サラサドウダン04136.JPG

紅葉しかけていました。
実は花とは逆に、上を向いて付いていました~。

「更紗灯台」(サラサドウダン)と書いて、花に更紗模様
のあるドウダンです。
「ドウダン」は「灯台躑躅」(ドウダンツツジ)のことです。

山地に生える落葉樹で、高さは2~5メートル程になります。

秋にきれいに紅葉するので庭や公園にも植えられます。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 11:41 AM | コメント (0) | トラックバック

November 09, 2005

サルトリイバラの実

11月9日、
きょうは、その葉で包んだ有名な某和菓子屋(江南市)の麩饅頭にも
使われている植物の「実」を紹介します。

それはふだん「サンキライ」(山帰来)という名でも通用しています。
正しくは「サルトリイバラ」の実です。

(本当の「山帰来」は別種で日本には生育していないそうです。)
~お茶花でも普通に「山帰来」と呼んで使われているので、
和製の「サンキライ」でいいのでしょう~。

さて、名の由来は「サルトリイバラ」(猿捕茨)と書いて、
ツルにトゲがあって猿さえも捕まえてしまうという意味です。

別名は西日本で「ガンタチイバラ」とか「カカラ」と言うそうですが、
意味はわかりません~。

サルトリイバラ00055.JPG

葉は光沢があり、なめらかで、
実は、7、8ミリの球形で赤く熟します。

追伸:勝手ながらあす、あさってと2日間お休みをいただきます。


花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 03:29 PM | コメント (2) | トラックバック

November 08, 2005

ヤマボウシの実

11月8日、
きょうは、山地の林内を歩いていたら見つけた、
赤く熟した「ヤマボウシ」の実を紹介します。

「ヤマボウシ」の別名は「ヤマグワ」で、赤く熟した実を
クワの実に見立て、山の(野生の)桑ということです。

ヤマボウシ00121.JPG


ヤマボウシの実03131.JPG

実は1~1.5センチ程の球形です。
(写真では実物より大きく写っています。)

赤く熟した実は食べられるのですが・・・高い所にあり
見」るだけでした~。(残念!)

何でもうっすらと甘くライチに似ている味らしいです。

蜂や鳥も好んで食べるようです。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 10:27 AM | コメント (4) | トラックバック

October 29, 2005

イチイの実

10月29日、
きょうは朝から雨が降って静かな土曜日です。

伊那の旅で遇った木のひとつ「イチイ」の実を紹介します。

親友と「カンテン○○」の庭を歩いていたら・・・
まさに飾りのついたクリスマス・ツリーのように、赤い実が
所々に付いた木を見つけました~!
「何(の木の実)だろう?」とさっそく親友のカメラを借りてパチリ!

イチイ.JPG

写りがあまりよくなくてすみません~。

実際の葉や実をみると、以前に見たことがあった植物だった
のですがー如何せん、その場では名が出てきませんでした~。

木全体は円錐形で、ほんとに大きなクリスマスツリー
といった感じの木で、いっそう訳わからなくなりました~。

そこで、帰宅してから調べたら「イチイ」でした!
刈り込みに強く、庭木や公園にもよく植えられると
図鑑に書いてありました。
だから、円錐形に刈り込まれていたのですね~。

「イチイ」なら以前に撮った写真があったので載せます。

イチイ2.jpg

実の先端は開いていますね~。

赤く熟した実は仮種皮で甘くて食べられるそうです。が、
中の種子は有毒で、要注意です。

「イチイ」は「一位」と書いて、昔、天皇にこのイチイで作った笏(シャク)
を献上したところ、とても優れていると「正一位」という位を賜ったのが
由来で、今でも天皇即位の都度、イチイの笏が献上されているそうです。

伝統工芸品として有名な「一位一刀彫り」や根付に使われる材でもあります。

別名は「オンコ」、「アララギ」とも言いますが意味は不明です。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 12:09 PM | コメント (3) | トラックバック

October 26, 2005

ナツメの実

10月26日、
きょうは信州の「ナツメ」を載せます。

中国の原産で、すでに紀元前2~1世紀頃に利用されていた
記録があるそうで、大昔より相当重宝されて栽培されていたことが
わかります。
日本では9世紀頃に記録があるそうで、古くに渡来してきました。
我が国では果樹としての集団栽培はなく、庭園樹、家庭果樹
として植えられています。

ナツメ1.JPG

実は2~3センチの楕円~卵形で果肉は厚く、初めは緑色ですが
だんだん黄褐色になり、熟すと赤茶色に近くなります。

ナツメ2.JPG

「夏芽」と書きます。
語源は「大和本草」によると、”夏芽を生じることが多いのでナツメという”
とあるそうです。

そのまま生で食べた感じは、ちょうど小型のリンゴを食べているようで
甘酸っぱくて美味しいです。
中に1~1.5センチの種があります。

ドライフルーツや砂糖漬けの他、漢方で「大棗(タイソウ)」として
用いられます。

余談ですが、茶入れの道具の「ナツメ」は、この器の形が
ナツメの果実の形に似ていることによります。

また、中国では古くから、モモ、クリ、アンズ、スモモにナツメを加えて
5果と呼んでいるそうです。


花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 09:59 PM | コメント (0) | トラックバック

October 21, 2005

ノブドウ

10月21日、
きょう、近所の藪の縁で「ノブドウ」を見つけたので
紹介します。
「野葡萄」と書きます。
名前に「ブドウ」と付いても、実は食べられないそうです。
でも、見ているだけで楽しい実です。

ノブドウ1.JPG

実の大きさは、直径6~8ミリで球形です。
未熟な緑色の実から黄白色~薄紫、紫、赤紫、水色~と
まさに色とりどりで、ほんとに見ているだけで素敵な気分
になってしまいます~。

追伸:勝手ながら、あすから3日間のお休みをいただきます。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 06:18 PM | コメント (2) | トラックバック

October 20, 2005

ツリバナの実

10月20日、
きょうは「ツリバナの実」を紹介します。

「吊花」と書きます。
山地の林内を歩いていたら、いきなり目に赤い色が飛び込んできました。

ツリバナの実1.JPG

実は残りの最後のひとつ!?でしたが、濃い紅色と橙赤色の実の形、
そしてぶら下がっているその姿が何とも言えず・・・ただ、ただ素敵~!!

12ミリ程の球形の実が熟して5裂し、赤い実を吊り下げるのが
「ツリバナ」です。
5裂するところが他と見分けるひとつのポイントです!

色鮮やかで形もおもしろいですね~。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 07:41 PM | コメント (0) | トラックバック

October 15, 2005

クリ

10月15日、
きょうは「十三夜」です。
「中秋名月」に対しての「後(のち)の月見」という「十三夜」の月は、
満月には満たない少し欠けた形ですが、そこに美意識を見出した
日本人固有の習俗です。

「十三夜」には栗や枝豆をお供えするので、「栗名月」、「豆名月」とも
いいます。

そこできょうは、「栗」を取り上げます。

イガグリ1.JPG

ひとつのイガに実が2~3個はいっています。

「クリ」は黒実、すなわちクロミの意味で名付けられました。
縄文時代から貴重な山の幸として食べられていて、
今は栽培品も数多くあります。

別名は「シバグリ」ともいいます。
でも野生種は「シバグリ」、栽培種を「タンバグリ」ということもあるそうです。

「クリ」の食べ方は「焼き栗」にしたり、「蒸し栗」、「栗ごはん」、「栗おこわ」、
「マロンケーキ」「栗饅頭」「栗羊羹」等々、目がクリクリ~っと回るほど
バラエティに富んでいます~。あ~、おいしそう~!

でも素朴なクリ本来の味は、小さいけれど味も濃くてはるかに
おいしい「野生種のクリ」に軍配があがるようです。

また、クリは腐りにくくて丈夫で長持ちなので、柱等にも使われます。

ほんとに役にたつ木ですね~。


花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 11:12 AM | コメント (6) | トラックバック

October 14, 2005

ミツバアケビ

10月14日、
きょうの日中は暑かったですね~。
車中ではエアコンを使いました~。
でも空をみるとウロコ雲が見られ、やはり秋ですね~。

きょうは「ミツバアケビ」を紹介します。

ミツバアケビ1.JPG

名前のように葉が3枚なのが特徴です!

「アケビ」と同様、山野にあるつる性の植物です。
字は「三葉通草」、または「三葉木通」と書きます。
「アケビ」という名の由来は、「開け実」、「開けムベ」、
そして色から「朱実」説があります。

アケビが割れて中の白いところを食べるとー
(中に黒い種がいっぱいありますが、いっしょに食べ、
黒の種だけ出します。)とても甘くて美味しかったです!!


花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 06:48 PM | コメント (0) | トラックバック

October 13, 2005

ガマズミ

10月13日、
きょうは、各地の山野に生える「ガマズミ」を紹介します。
高さ2メートル前後の落葉樹です。

別名はヨソゾメ、ヨツズミなど、地方によって色々な呼び方があるそうです。

残念ながら、名前の由来や当てる漢字はよくわかりません。

森を歩いていたら、いきなり鮮紅色が目に飛び込んできてビックリ!

ガマズミ1.JPG

「ガマズミ」の実の色でした~!
木全体に実がビッシリと付いていたので、何だかすごい迫力で圧倒され、
写真では木の一部しか撮れませんでした~。

今は鮮紅色の実ですが、もっと熟すとだんだん暗赤色になるそうで、
11月になり霜が降りる頃になると、なんとこの実は白い粉を吹いて
甘くなり、食べられるようになるそうです~!

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 12:35 PM | コメント (0) | トラックバック

October 11, 2005

ヒトツバタゴの実

10月11日、
きょうは「ヒトツバタゴ」の実を紹介します。

「ヒトツバタゴ」は「一葉タゴ」の意味で、タゴとはトネリコという木
をさします。「ヒトツバタゴ」は「トネリコ」と違い単葉なので、
一葉トネリコの意味です。
「ヒトツバ  タゴ」で「ヒトツ  バタゴ」ではありません。

別名は、見慣れない木であるため、「ナンジャモンジャ」の木ともいいます。
日本では、愛知県、岐阜県、そして対馬にだけ自生する珍しい木でもあります。

下ばかり向いて写真を撮り続けていたので、腰を伸ばそうと
上を向いたら・・「ありゃ~、これはナンジャ~!?」
ブルー・ベリーの親玉かしら?と思いきや・・「ナンジャモンジャ」~でした!!

ヒトツバタゴの実1.JPG

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 07:16 PM | コメント (0) | トラックバック

October 10, 2005

アオツヅラフジ

10月10日、
「体育の日」・・ですが、あいにくの雨~。

きょうは山野に生える、つる性の「アオツヅラフジ」をお届けします。

「青葛篭藤」と書いて、「青」はつるが生時は緑色(アオ)だからー、
「葛篭」は、このつるで編んだ籠を葛篭(ツヅラ)と呼ぶのでー、
「藤」(フジ)は「藤本」(トウホン)、すなわち、木のつるをいいます。

別名は「カミエビ」ともいいます。
「カミ」は神、「エビ」は「エビヅル」(ブドウ科)に基づいています。

実は6~7ミリの球形で藍黒色に熟し、白い粉をかぶっています。

アオツヅラフジ2.jpg


花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 10:24 AM | コメント (6) | トラックバック

October 07, 2005

ゲッケイジュの実

10月7日、
きょうは雨が降っています。少し肌寒いようにも感じられます。
こんな日はローリエ(月桂樹)の葉を入れて煮込んだシチュー
などもいいかも・・・。

実家にもある、「ゲッケイジュ」の木が実を付けた写真を載せます。

ゲッケイジュ2.JPG

実は8~10ミリの楕円状球形で、熟すと黒紫色になります。
写真には、緑、赤、黒と色とりどりの実が写っていますが、
わかりますか?

「月桂樹」はローリエの他、ローレル、ベイ、スィートベイとも呼ばれ、
乾燥した葉は、シチュー、カレー、肉、魚料理そしてピクルス等の
香り付けにも利用されます。

リースにして部屋に飾ると、さわやかな香りがして、空気浄化の
効果もあるそうです。

南ヨーロッパ原産の常緑樹で、古来からこの葉で栄冠を作り
「月桂冠」として勝者の頭を飾り、褒め称えてきました。
我が国には明治38年に渡来しています。


花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 05:47 PM | コメント (0) | トラックバック

October 05, 2005

カヤの実

10月5日、
きょうは碁盤で有名な「カヤ」を取り上げます。
碁打ちの人に言わせると、カヤの碁盤は香り(カヤの木の香り)良し、
音(碁盤に碁石を打った時の音)良しで、とりわけ、柾目の通ったものは
最高級品だそうです。

カヤ3.JPG

宮城県以南~屋久島に自生し、寺社の境内にも植えられます。

常緑高木の針葉樹で、葉は硬く先は尖って、触ると痛いです。
25ミリ程の緑色の実は紫褐色に熟してさけ、、その中にある
アーモンドのような核果は食べられます。
炒って食べるとおいしいらしいです。
薬用にもなり、油も採れるそうです。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 05:28 PM | コメント (4) | トラックバック

September 29, 2005

ザクロの実

9月29日、
きょうは「ザクロ」を取り上げます。

ザクロといえば、少し前「ザクロジュース」や
「ザクロエキス」ブームもありましたね~。

古代ギリシャでは「生命の果実」、「知恵の果実」として
珍重されていたそうです。
原産地はイラン東部で地中海、中近東諸国、中国に広まり、
我が国でも庭木として親しまれている果樹です。

ザクロ2.JPG

もう少し経つと熟し、硬い果皮が不規則に割れて、中から
赤い実がこぼれんばかりにのぞくことでしょう。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 10:59 AM | コメント (2) | トラックバック

September 27, 2005

カクレミノの実

9月27日、
きょうは私のマンションの庭にもある「カクレミノ」を
紹介します。

カクレミノ2.JPG

写真の葉は切れ込みがないですが、2~3裂するものもあり、
若い木の場合は5裂するものが多いです。
葉はわりと厚くてしなやかな皮のような質感を持ち、表面は
光沢があります。

今、緑の実はもう少し経つと黒く熟します。

「隠蓑」と書いて、葉の形が身を隠す蓑(みの)にたとえられ、
名付けられました。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 11:01 AM | コメント (0) | トラックバック

September 25, 2005

スダジイの実

9月25日、
万博最終日、あっという間の6ヶ月間でした~。
モリゾー、キッコロ、森の仲間・・・ということで?
きょうはドングリの仲間、「スダジイ」を載せます。

「スダジイ」の「スダ」は意味不明、別名の「ナガジイ」は
果実の形が長(ナガ)い椎(シイ)に由来するそうです。

中部以南の暖地に生え、公園樹や庭木にもよく植えられている
枝葉の多い常緑高木です。

スダジイ.JPG


「スダジイ」の実です。
殻斗(ドングリの帽子のようなもの)が全体を覆っていますが、
熟すと3裂するのが特徴です。

スダジイ2.JPG


焦げ茶色の皮の中の白い実は、タンニンが少なく美味しいです~。


花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 08:24 AM | コメント (0) | トラックバック

September 21, 2005

アオハダの実

9月21日、
きょうは、「アオハダ」の木を紹介します。

アオハダ6.JPG

実が赤く熟して、きれいですね~。

山地に生える落葉の高木で、上を見上げないと
見落としてしまうところでした。
この写真はベンチの上に乗って、
一番低いところにある枝を上から撮りました。

「アオハダ」は「青膚」という字を当てます。
樹皮は灰白色がかっていますが、
内皮が緑色であるところか名付けられました。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 10:20 AM | コメント (0) | トラックバック

September 14, 2005

ゴンズイの実

9月14日、
きょうは秋になると目立つ木のひとつを紹介します。

「ゴンズイ」です。

ゴンズイ2.JPG

赤く熟した実が割れて、中からてらてらと光沢のある
黒い種が顔を覗かせています。

名の由来は諸説あります。
興味のある方はURLを書いておきます。

「草木名の話」
http://www.ctb.ne.jp/~akiizumi/

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 07:34 PM | コメント (0) | トラックバック

September 13, 2005

「幸水」と「20世紀」

9月13日、
きのうに続き、きょうも「ナシ」を取り上げます。

写真は美濃加茂の果樹園の取れたての「ナシ」です。
袋を被せられて育っているので、肌がきれいです。

幸水と20世紀.JPG

向かって左が「幸水」で、右が「20世紀」です。
「幸水」は茶系、「20世紀」は緑系の色をしています。

触ってみると、「幸水」は「20世紀」より
果皮の表面がザラザラしています。

食べ比べると、「幸水」の方がナシ独特の石細胞という
果肉がしっかりしていて歯ごたえがあります。
「20世紀」はよりジューシーで果汁が多いです。

両方ともとても甘く美味しかったのですが、昔から
「梨尻柿頭」といって、ナシはお尻の部分が一番甘いこと、
ご存知でしたか?

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 10:08 AM | コメント (0) | トラックバック

September 12, 2005

アリノミ

9月12日、
きょうは、秋の味覚、今が旬の「ナシ」を載せます。

「あれ~?どうしてタイトルがアリノミなの~?」
と気づいた方もおられるでしょう。

「ナシ」をアリノミと呼ぶのは”無し”に通じるのを嫌った反語です。

「ナシ」は「日本書紀」(720年)に記されていて、
10世紀以前から栽培されていたらしいです。
江戸時代にはかなり普及していたようですが、本格的には
明治初期より急速に栽培されてきたということです。

20世紀.JPG

写真は「20世紀」梨です。
9月の今(10日前後)がいちばん収穫に忙しい、
美濃加茂の果樹園で撮らせていただきました。

果皮が淡黄緑色で美しいですね~。

「20世紀」は一名カチドキともいわれ、
千葉県で発見された偶然実生の品種だそうです。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 12:18 PM | コメント (0) | トラックバック

September 11, 2005

イソノキの実

9月11日、
きょうは、秋らしい実の付いた植物を載せます。

イソノキ2.JPG

一本の木に黄緑~赤~黒まで色とりどりの実が付いていて
いいコントラスト!楽しいですね~。

実は熟すと黒くなるんですね。
黒い実を口に含むと甘かったです。

この木は「イソノキ」でした!
「磯の木」と書きますが、意味は不明だそうです。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 01:35 PM | コメント (2) | トラックバック

August 29, 2005

サンゴジュの実

8月29日、
昼間はまだ30度以上もあり、残暑の中でツクツクボウシなどの
セミが鳴いていますが、夜はもう虫の大競演に代わっています。
植物も実を付ける季節となり、きょうは「サンゴジュ」を取り上げます。

実家にもずーっと生垣に植えていました。
関東以西の沿岸地の山地に自生して、
空気汚染や日光不足にも強いらしく公園にも植えられています。
葉は肉厚で保水力があるため、
防風や防火林のために植えられることもあるらしい。

サンゴジュ1.jpg

写真は知多方面で撮りました。
赤い実が珊瑚のようだから、名付けられました。

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 01:26 PM | コメント (2) | トラックバック

August 21, 2005

イチジク

8月21日、
きょうは今が旬のイチジクをとりあげます。

アラビア南部の原産でシリアに渡来し、エジプトでは
BC2000年頃の墓石の壁画にイチジクが描かれていたそうです。
アフガニスタン、インド、ペルシアから8世紀頃中国に渡来し、
日本には江戸時代に渡来したそうですが、
栽培が盛んになったのは明治末期からだそうです。

果実の色は暗紫色のものが普通ですが、
熟してもなお白緑色のものもあり、これをシロイチジクといいます。

生食のほか、乾果、砂糖漬、ジャム等で利用されています。

イチジク1.JPG


花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 10:57 PM | コメント (0) | トラックバック

August 02, 2005

イヌビワ

8月2日、
これ、何の実かわかります?

イヌビワ1.JPG

「イチジクみたい!?」
いい線いきましたね~。
そう、イチジクと同じ仲間のクワ科の植物です。
別名「コイチジク」とも言います。その他の別名は「イタブ」、「イタビ」。

答えは「イヌビワ」!
「犬枇杷」と書いて、実が枇杷に似ているが小型で品質が悪いため、
イヌをつけて枇杷ではないの意味。

暖地海岸や里山等に見られ、小枝を傷つけると白い乳液が出ます。
ほんとイチジクみたいですね。
少し、赤く色づいてきた実もみえましたか?

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 06:43 PM | コメント (2) | トラックバック

June 28, 2005

スモモ

6月28日、
これは何でしょう?

20050628_0852_0000.jpg

きょうの到来物です。

ウメの実とよく似ていますが、果実の色が違いますね。

20050628_0856_0000.jpg

20050628_0857_0000.jpg

古く中国から渡来してきて、4月に白い花を付ける球形の果実。


20050628_0852_0001.jpg

答えは「スモモ」!

酢桃とも書いて、酸味が強いが、完熟すると甘い。
もちろん、この到来物は完熟していて、とても甘くおいしかった~!!

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 07:58 PM | コメント (6) | トラックバック

June 19, 2005

ウメの実

6月19日、
実家にウメの実が成ったのでーといっても貴重なる5個のみ。
スーパーで買ってきたウメの実をたしてウメ酒を仕込んだ。
旬になり、熟しかけてきたのでとてもいい香りがした。
洗っている時もほわあんとい~いかおり~!
ほんとにしあわせ~いいかんじ~。
洗った実を拭いて、氷砂糖を入れ、ホワイトリカーを注ぐ。
うまくいくかな?
楽しみだ~。

20050619_1639_0000.jpg


20050619_2053_0000.jpg

20050619_2058_0000.jpg

20050619_2123_0000.jpg

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 10:41 PM | コメント (4) | トラックバック

June 07, 2005

サンショウ

6月7日、
きょうもまた、今の季節にスーパーの店頭に並んでいる物をとりあげます。
それは、サンショウの実ー。

昔から、「山椒は小粒でもピリリと辛い」といいます。
そんな人はうらやましいですね。

株は雄株と雌株があり、当然ながら雄株には実が付きません。
香りのある若葉や実を香辛料にします。


20050528サンショウ1.jpg

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 05:24 PM | コメント (2) | トラックバック

June 06, 2005

ビワの実

6月6日、
ビワの木に実がなっているのを、
帰り道だけで三回も見た。

スーパーでもビワが店頭に並んでいる。

「ビワ」というと 私は
♪ビワは~やさしい~木~の実だか~ら~
だっこしあって~熟れている~
うすい~にじある~ロバさんの~
お耳~みたいな~葉の陰に~♪
という歌を思い出す。
確か、まど みちおの詩だったと思う。

ビワの生ってる姿、葉の形状、まさに詩のとおり!

でも、北原白秋作詞の ゆりかごの歌 を思い出す人のほうが多いかな?
二番の歌詞に
♪ゆりかごの上に~ビワの実が揺れるよ~
ね~んねこ、ね~んねこ、ね~んねこ よ~♪

どちらの歌も素敵ですね~。
ビワのやさしい味とともにあまーい夢をみそう・・・

20050528ビワ1.jpg

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 09:12 PM | コメント (2) | トラックバック

June 04, 2005

クワの実

6月4日、
きょうは何の日?
6と4でむし、虫の日、それより虫歯予防デーで知られているかな?

蒸し暑く、雨も降った一日だった。
帰宅途中にくわの実がなっているのを見つけ、写真を撮る。
葉は雨のため少し光って写っている。

♪山の畑のくわの実を~♪
という歌があったが、これは街の中、住宅の庭に植えられていた。

実は赤色から黒くなる。
黒いのは甘い。

20050604くわ1.jpg

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 06:11 PM | コメント (2) | トラックバック

May 27, 2005

サクランボ

5月27日、
きょうも戸外はとても暑い.

桜の木陰にサクランボの赤い小さな実が
ついているのを発見!

あすはもう、鳥が見つけて食べてしまうかな?

20050527_0941_0000.jpg

花とガーデニングのブログ・ランキングに参加しています。 応援のクリックお願い申しあげますm(_ _)mペコリ

これまでブログで紹介した写真を一堂に集めた fab Photo Gallery にも是非お立ち寄り下さい!

投稿者 winc : 04:07 PM | コメント (0) | トラックバック