Home > > シラヤマギク

シラヤマギク

  • Posted by: winc
  • 2009年9月18日 07:20

きのうも庭のアベリアにクロアゲハやセセリ蝶が訪れていました。
ジョロウグモがあちこちで網を張っています。

きょうは里山にあった「シラヤマギク」をお届けします。

「白山菊」と書きます。

別名はムコナ(婿菜)と呼ばれるそうです。
春の若芽は食用にされるそうです。

林の道端で咲いていました。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)

高さ1メートル程でしたが、上の方で枝分れして白い花を付けていました。

花は直径2センチ程で、誰か、花びらをとったの?という感じで、
まばらに花びらが付いています。

互い違いに付く葉の表面には毛があり、ざらついていました。

下の方の葉は上の方の葉と違い、柄が長く、三角形をしていました。
縁には粗いギザギザがあります。

北海道~九州に分布します。

キク科の植物です。

Comments:4

mini 2009年9月19日 23:27

ホントだ(^0^)
誰かが取ったみたいに不思議な感覚で花びらが付いていますね。
それに、若芽が食べられるんですか?!
どんな味がするのか興味があります。
この花のように、クセのない、優しい歯ざわりな感じかな~

きなこ 2009年9月22日 10:52

婿菜とはユニークな名前
嫁菜もあるんだよね・?
葉のバランスも凛とした茎もいいね
それに食べられるとは。きっと葉は
てんぷらによさそうね@@

winc Author Profile Page 2009年9月23日 09:14

miniさん、お返事遅くなってごめんなさいね。
連休中、我が家に東京から初めてマメ台風が来て、対応に追われて忙しく、おかげでお返事遅くなってしまいました(~_~;)やっと昨晩去って行き、ホッとしましたが、どっと疲れが?・・(笑)
若芽、私も食べてみたいです^^。

winc Author Profile Page 2009年9月23日 09:19

きなこさん、そう、嫁菜に対して婿菜としたらしいです。
若芽や若い葉は、天ぷらでもいいかもネッ(^_-)-☆

コメントフォーム

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://winc-fab.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/116
Listed below are links to weblogs that reference
シラヤマギク from fab

Home > > シラヤマギク

Search
Categories
Index
Photos
Access Thanks!
  • Total : 888787
  • Today : 545
  • Yesterday : 696
Feeds

Return to page top