Home > > コメナモミ

コメナモミ

  • Posted by: winc
  • 2009年10月15日 14:56

マンションのケヤキにカラスが巣を作っています。
今朝も大きな声で鳴いてから、あわただしく飛び去っていきました。

きょうは、センダングサに似ている「コメナモミ」を紹介します。
メナモミに似て、やや小さいことから名付けられました。
各地の山野の荒地や道端に生えています。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)

高さは30~100センチ程です。
うっすらと毛がはえた茎は、しばしば紫褐色を帯びることも多いです。

葉は長さ5~10センチ程の卵円形で、先はとがっています。
そして、向かい合って付いています。

また、3本の葉脈が目立ち、縁のギザギザはちょっと不規則です。

周辺部に小さな花びらに見える花の先は3つに裂けています。
そして、中央部には管状にみえる花があります。

黄色の花の部分を取り囲んでプツプツの緑色の部分があります。
これを腺毛というそうです。

腺毛から出る粘液で、くっつきむしになるそうです。

キク科の植物です。

Comments:2

mini 2009年10月17日 18:11

くっつきむし^^
昔よく遊んだのを思い出しますね~
100センチにもなったら、体中にくっついてしまいそうです

winc Author Profile Page 2009年10月17日 18:22

miniさん、こんばんは♪
くっつき虫とか、ひっつき虫とかいわれますね・・私なんか今でもよく藪や林に行くので、
いっぱいくっつけていますね^^;

コメントフォーム

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://winc-fab.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/125
Listed below are links to weblogs that reference
コメナモミ from fab

Home > > コメナモミ

Search
Categories
Index
Photos
Access Thanks!
  • Total : 754812
  • Today : 37
  • Yesterday : 553
Feeds

Return to page top