Home > > ツルナ

ツルナ

  • Posted by: winc
  • 2010年6月 7日 10:53

きのう久々に動物園に行ったらゾウが水浴びをしていました。
暑い日でしたし、とても気持ち良さそうでした。
コアラも珍しくよく動いていました^^。
コアラ舎の前にブラシノキが咲いて綺麗でした。

さて、きょうも海辺の植物の続き・・「ツルナ」をお届けします。
「蔓菜」と書きます。
茎がつるのように地を這って、新芽や葉が菜っ葉のように
食べられることから名付けられました。
「ハマヂシャ(浜千舎)」または「ハマナ(浜菜)」とも言います。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)

葉は肉厚で柔らかく、三角形状で柄があり、互い違いに付いています。
葉の脇に6~7ミリの花をつけます。

花びらのように見えるのは、じつはガクで花びらはないそうです。
ガクは4~5裂していて、内側が黄色です。
この写真では、雌しべの先は5つに分かれ、雄しべは8つほど見えます。

葉の表面がギラギラ光って見えますが、それは毛ではなく、
葉の表面にある細胞の小さな粒々なのだそうです。
でも、砂粒?塩粒にも見えてしまう~(^^;;)

葉は江戸時代の「大和本草」にも記されているそうで、
古くから食用とされてきました。

亡き母がよくツルナを食卓に出してくれました。
そういえば、最近は全然食べてないなぁ・・今も売ってるのかしら?

漢方では蕃杏(ばんきょう)という生薬として利用されているようです。

日本全土の太平洋側の海岸に自生します。

ツルナ科の植物です。

Comments:4

さなえ 2010年6月 9日 09:18

ツルナ・・・花びらのように見えるのが、ガク、
葉の表面の毛のようなのが、細胞?
興味深い植物ですね。

でも、私の最も興味のあるのは・・・どんな味なのかな?
どうやって、食べるのかなぁ? ってことですね(*^^)v。

winc Author Profile Page 2010年6月10日 13:42

さなえさん、こんにちは。
淡白なお味です^^。
我が家では下ゆでし、お浸しにして削りかつおをかけ、しょうゆでいただいていました。
あとゴマ油で炒めたり、天ぷらでもいいかも・・^^。

きなこ 2010年6月10日 22:16

ツルナは良く冷やして
食べるとシャキシャキしてる
感があっておいしそうだね。
今流行りのベリーリーフのようで
スーパーで見かけたら嬉しいな。
細胞の粉々がまたひんやりしてて
この季節によさそうですね

winc Author Profile Page 2010年6月11日 06:49

きなこさん、おはよう~♪
そうですね~^^、きょうもお昼間はきのうみたいに暑くなりそうだから、
ツルナのお浸しも冷やして食べると、より美味しいかも・・ねっ(*^-゜)v

コメントフォーム

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://winc-fab.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/203
Listed below are links to weblogs that reference
ツルナ from fab

Home > > ツルナ

Search
Categories
Index
Photos
Access Thanks!
  • Total : 754585
  • Today : 363
  • Yesterday : 1306
Feeds

Return to page top