Home > > アクシバ

アクシバ

  • Posted by: winc
  • 2010年6月26日 14:19

森にくるんとカールした花びらが特徴の小さな花が咲いていました。
きょうはこの「アクシバ」をお届けします。
「灰汁柴」と書きます。
昔は、アクシバの木を燃やした灰で、灰汁を作って用い、灰汁柴と
名づけられたという説など諸説あるようです。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)

高さ20センチ程、枝はよく分かれて水平に広がっていました。

乙女が頬を染めたような、初々しい花の蕾が見られました。

葉は互い違いについており、縁には細かいギザギザがあります。
葉の表面は毛があり、裏はやや白っぽくて無毛、網状の葉脈が目立ちます。

花は、深く4裂して、外側にカールしています。

雄しべや雌しべが長く突き出ています。

三代に亘るような写真も撮れました^^↓

九州~北海道に分布します。

ツツジ科の植物です。

Comments:2

mini 2010年6月27日 15:14

三代に亘る・・・本当ですね^^
恥ずかしそうに下を向いて頬を染めた乙女にも見えるし、
植物を人間に例えるのも、
面白いですね~♪

winc Author Profile Page 2010年6月27日 18:25

miniさん、こんにちは。
いつも見ていただき、ありがとうございま~す♪
ちなみに最後の写真では、私は右のようですが^^;miniさんは左かな?
これからが楽しみですねっ^^。

コメントフォーム

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://winc-fab.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/209
Listed below are links to weblogs that reference
アクシバ from fab

Home > > アクシバ

Search
Categories
Index
Photos
Access Thanks!
  • Total : 939038
  • Today : 187
  • Yesterday : 754
Feeds

Return to page top