Home > > | 草の実 > ナンバンハコベ

ナンバンハコベ

このところ、あちこちで文化祭が行われているようです。
昼間はまだ夏の名残がありますが、夜は虫の声が静かに響いてきます。

きょうはナンバンハコベをお届けします。
山の明るい草地で、花と実を付けていました↓

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)

「南蛮繁縷」と書きます。
別名ツルセンノウともいうそうです。
もともと昔から日本にある種ですが、花が異国風と言う意味で
ナンバンハコベと名付けられたそうです。

茎はつる状でよく枝分かれし、他の植物に寄りかかって生長します。

卵形のような葉は2センチ程で、向かい合って付いています。
茎や葉には細かい毛が生えています。

花はとてもユニークな形です↓

帽子のように見える緑色のガクは半球形で5裂しています。
そして開花と共に、5裂したガクの先がだんだん外へと反り返ります。

また、細い5枚の花びらは離ればなれにつき、中ほどで急に外に
折れ曲がって反り返り、先は2つに分かれています。

緑色の実は熟すと黒くなります。↓

北海道~九州の山野に生えています。

ナデシコ科の植物です。

Comments:2

きなこ 2010年9月20日 10:01

緑がめにしみるー・*・
ツルになって実がなるなんて
何度も楽しめるね
和風のようで南蛮なのね”
ナデシコ科というのも意外
な感じで繁縷って書くのね!
教わるわー

winc Author Profile Page 2010年9月20日 21:30

きなこさん、こんばんは。
いつも見てくださってありがとう!
ナデシコ科でつる状になるのはこのナンバンハコベくらいかな?
よかったらハコベ
見てくださ~い^^。

コメントフォーム

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://winc-fab.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/247
Listed below are links to weblogs that reference
ナンバンハコベ from fab

Home > > | 草の実 > ナンバンハコベ

Search
Categories
Index
Photos
Access Thanks!
  • Total : 888762
  • Today : 520
  • Yesterday : 696
Feeds

Return to page top