Home > 名画の中の植物 > 飛雁を見る二美人

飛雁を見る二美人

実家にある白梅がちらほら咲いてきました。
きょうはきのうと打って変わって風のない穏やかな一日でした。
fabもいつもと違って久々に絵に出てくる植物を紹介します。

さて、きょうお届けするのは、鈴木春信の浮世絵、
「飛雁を見る二美人」(部分)1768年頃の作品です。
春信が亡くなる2年前43才頃の作品のようです。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)

隊列を組んで鳴きながら飛んでいく雁を見送る女二人、
その縁側の欄干越しに白梅が咲いています。

この梅で、秋ではなくて、春の渡りの季節だとわかりますね。

また、彼女たちが着ているきものの柄は、向かって左の女のは折鶴、
右の女のは雪笹ですね。
あまりきものには詳しくないのですが、冬から春にかかる、
ちょうど今(如月)の季節かと思われます。

なぜか?というと、
折鶴は平和への祈り→平和は"はる"とも読む→春に通じる。
雪笹は笹に被る雪 →笹の上に積もった雪が溶け、倒れていた
笹が起きあがる→春になる期待・・。
以上、私の勝手な解釈でした_(・_.)/ コケッ。。

あ~っ、春がはやく来てほしいよ~。\(^o^)/
でも花粉症はいやだよ~。(;´ρ`)
きょうは浮世絵で遊んでみました~(*^^*)

追伸:この後、ネットで雁について調べていたら・・
「雁を見上げる羊飼いの少女」ジャン=フランソワ・ミレーの
パステル画 1865年の作品という絵がありました。
やはり、列をなして渡って行く雁たちを、二人の羊飼いの少女が
見上げてる~なんだかよく似ているような・・?↓

雁を見上げる羊飼いの少女

残念ながら、本物はまだ見ていません。
機会があれば、見てみたいな~。

Comments:4

きなこ 2011年2月19日 19:21

鳥のお話絵画と絡めて
ほんとにおもしろいです
鳥を見送る心情は万国
共通、一瞬にして春が
来ました。その解釈
すんなり納得できます
日本の浮世絵の中に
何気に盛り込まれた
情緒、感激です
NHK制作の迷宮美術館
の回答者にお声がかかるかもよ

winc Author Profile Page 2011年2月19日 23:26

きなこさん、こんばんは~☆彡
時々、迷宮美術館、見てますヨ。。。(^m^)ムフ (←それだけかいっ! ^^;;

まるちゃん 2011年2月21日 08:50

新しいカテゴリのエントリーね!(^_^)v
とってもおもしろかったわ(^^)//""""""パチパチ
絵画にも造詣の深いところ さすがwincちゃん このシリーズ また期待してまーす♪

winc Author Profile Page 2011年2月21日 12:28

まるちゃん、ありがとね~♪
辛い時ほど頑張らなくっちゃね~って?(* ^ー゚)ノ
ご期待どおり仕込みますヘ(__ヘ)☆\(^^;

コメントフォーム

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://winc-fab.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/296
Listed below are links to weblogs that reference
飛雁を見る二美人 from fab

Home > 名画の中の植物 > 飛雁を見る二美人

Search
Categories
Index
Photos
Access Thanks!
  • Total : 908783
  • Today : 572
  • Yesterday : 826
Feeds

Return to page top