Home > > 原種チューリップ

原種チューリップ

  • Posted by: winc
  • 2011年3月15日 18:23

11日に大地震と大津波が発生、東北、関東はじめ被災地の皆様には、
心からお見舞い申し上げます。
既に4日経っていますが、いまだに余震をはじめ原発のこと、
連日胸が痛む不安な報道がされています。
TV等見るにつけ、被害の大きさに言葉もありません。
不安な気持ちで過ごされている方々が、一日も早く落ち着く日が
来ますようにと祈らずにおれません。
こちら名古屋は被害もなく、何か申し訳ないような複雑な気持ちです
が、きょうもすぐそばの高校から、運動場で何か競技会をやっている
のか?若人の歓声が上がっていました。
また、ホームセンターに立ち寄ったら、防災グッズをはじめ、キッチン
用品等々、個数制限で販売されており、既に品切れで入荷は未定という
ものも続出で唖然としました。

きょうは復旧への祈りも込めて、「原種のチューリップ」を
お届けします。

去年の秋に初めて原種のチューリップを植えてみました。
気温の高かった先日、花開きました。
普通のチューリップはまだ、葉が伸びている程度ですが、
この原種のチューリップは早々と開花してくれました。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)

えっ?これがチューリップ?
と思うほど、普通のチューリップと比べると、ずんぐりした感じを
受けますが、結構けなげで愛らしいチューリップです。

球根も親指の先ほどしかなく、小さいものでした。

我が家のは、茎は短く、葉は線状で、カップ状の花を開いています。
ピンク色の花が開くと真ん中の黄色の部分が目立ちます。
雌しべは1本、雄しべは6本です。

この我が家の原種チューリップは、多分、トルコからイラクあたりの
中近東に自生しているチュリパ・フミリスではないかと思うのですが?

チューリップの原種は、地中海沿岸から中央アジアにかけての
北緯40゜地帯に広く分布しているそうです。
約150種程が確認されているようです。

Comments:4

きなこ 2011年3月18日 18:22

ほんとに全容がつかめない
ばかりで復旧、復興は
長くかかるような予感が
ありますが、普段
何気にやってる土いじりが
しあわせだなとつくづく
感じ入ります
原種のちゅうりっぷ
小さいけど元気良く咲き
上を向いてるね
みなさん  がんばって

winc Author Profile Page 2011年3月19日 16:15

きなこさん、コメントありがとうございます。
連日報道されていますが、被災地の方々すべてに援助の手がゆきわたりますように・・と
願わずにおられません。
普通の生活がいかに大事で有難いことか、私もいろいろと感じることが多いこの頃です。

mini 2011年3月23日 14:25

こちらは未だに余震が続き落ち着かない日々を過ごしております。お花見シーズンには落ち着きたいものです。
チューリップの原種、私も去年見ましたが、今、市販されているものとは似ても似つかないですよね~。
ヨーロッパ貴族がいかに、品種改良を競ったかが分かります。可愛らしいチューリップを見ていると、アンデルセン(でしたっけ?)が、中から親指姫を登場させたのが納得です♪

winc Author Profile Page 2011年3月23日 20:24

miniさん、そちらは余震等で大変なこと、お察しします。
息子たちの所へ水など送ろうと思ってもなかなか送れません。
一日もはやく普通の生活に戻ることができるようにと祈るばかりです。
親指姫、なつかしいです。そうそう、チューリップから生まれたのでしたね^^。

コメントフォーム

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://winc-fab.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/303
Listed below are links to weblogs that reference
原種チューリップ from fab

Home > > 原種チューリップ

Search
Categories
Index
Photos
Access Thanks!
  • Total : 943770
  • Today : 123
  • Yesterday : 1157
Feeds

Return to page top