Home > > アオギリの花

アオギリの花

  • Posted by: winc
  • 2011年7月31日 16:17

道を歩いていたら、何か花殻のようなものが道いっぱいに落ちて
いたので、見上げると「アオギリ」でした。
大きいものは、高さ15メートルになる落葉高木で、
7月になると花が満開になるようです。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)

青桐と書きます。
桐に似た葉と樹皮の色から名付けられました。

伊豆半島、愛媛県、高知県、大隈半島、琉球列島などに自生して
いるようです。
公園や街路樹など、こちらで見るアオギリは植栽されたものです。

撮った写真を見たら、ひとつの花の房の中に雌花と雄花が
混在していました。蕾も実も見えます。↓

雄花と蕾のアップ↓

雄花は、こん棒のような形をしており、
先端の丸くなったところは、葯の集まりだそうです。

花びらのように見えるのはガク片(5個)で、
くるりと巻いたリボンのように反り返っています。

次は雌花のアップ↓

画面真ん中に蕾と雌花が3つ見えますね。
雌花には雄しべがありますが、ほとんど花粉がないそうです。

次は実のアップ(画面左は雄花、右が実)↓

実は5つに割れています。
これは、雌花の子房が5つの部分から成り立っていたことを
現しています。
この一つ一つの部分を「心皮」というそうです。

その他、互い違いに付く葉は、掌を開いたような形で3裂~5裂し、
長い柄があります。
葉裏はやや白っぽいです。

アオギリ科の植物です。

過去記事はこちら→アオギリ

Comments:2

mini 2011年8月 1日 16:07

ふわふわと小さな花が密集している植物を見掛けますが、
今まで、何となく「たくさん花がある~」という感想しか持っていませんでした。
でも、このように良く見ると、一つ一つが葯や雌花や雄花の集まりなんですね。
一房、一房、小さな宇宙のようで、とても神秘的に思えてきました^^

winc Author Profile Page 2011年8月 3日 07:17

miniさん、おはようございます。
朝からうれしいな\(^o^)/  こんな感想が聞けて・・。
植物の世界に少しでも興味を持っていただけ、こんな幸せなことはありません(^人^)

コメントフォーム

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://winc-fab.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/323
Listed below are links to weblogs that reference
アオギリの花 from fab

Home > > アオギリの花

Search
Categories
Index
Photos
Access Thanks!
  • Total : 770276
  • Today : 159
  • Yesterday : 617
Feeds

Return to page top