Home > > | 草の実 > フタリシズカの実

フタリシズカの実

きょうで6月ももう終わり。
今月は皆様のおかげで1年7ヶ月ぶりに2桁回数アップできました。
有難うございますm(_ _)m。

さて、きのうの16時半頃、今季初めてマンションで
コシアキトンボが旋回しているのを見ました。
例年より遅めのお出ましか~^^。
いつもより2メートル程上空を旋回していました。

きょうは滋賀の山でであった「フタリシズカ」を
お届けします。
「二人静」と書きます。
(余談:「二人静」といえば、両口屋ですが、こちらは
「ににんしずか」と呼ぶ和三盆のお菓子です^^;)

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)

「フタリシズカ」という名は、静御前とその亡霊の舞姿を
2本の軸にたとえ、名付けられたようです。
花穂が2本、だから「一人静」に対して「二人静」と
私も思っていましたが、実際には穂が1本、2本、3本、4本・・数本と、
まちまちで一定しないそうです。

山野の林下に生え、草丈は30~60センチ程です。

群生しているのもありました。

茎の先に穂状に米粒のような花を付けますが、もう花が終わって
緑の実が付いているようです。

センリョウ科の植物です。

Comments:4

三つ子ばあば 2012年7月 1日 08:11

二人静。。。つながりで。
以前、駒ケ根にある同じ名前の宿に泊まったことがあります。
ホテルのわきにもフタリシズカが植えてあり、その時に姿と名前を覚えました。
和だけれど、なんだかロマンチックな響きの名前ですよね~。
ちなみに、宿も料理もなかなか素敵でしたよ。

winc Author Profile Page 2012年7月 1日 10:44

三つ子ばあばさん、こんにちは。
それはよかったですね~^^。
あの、早太郎温泉のそばですか?
確かにロマンチックな命名で、三つ子ばあばさんの好みかな・・^^v

きなこ 2012年7月 2日 09:52

二人静とはほんとに良いネーミングですよね
コケと共生している様子は、陽があまり射さない
ところに多く見られるのでしょうか
群生しているようで、涼しい景色ですね
これからの夏日には思い出しそうです  

winc Author Profile Page 2012年7月 2日 17:40

きなこさん、こんにちは。
思い出していただけるとうれしいです^^。

コメントフォーム

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://winc-fab.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/410
Listed below are links to weblogs that reference
フタリシズカの実 from fab

Home > > | 草の実 > フタリシズカの実

Search
Categories
Index
Photos
Access Thanks!
  • Total : 846356
  • Today : 609
  • Yesterday : 428
Feeds

Return to page top