Home > > バッコヤナギ

バッコヤナギ

  • Posted by: winc
  • 2013年5月 2日 14:14

父の三回忌等あって随分ご無沙汰してしまいましたm(u_u)m。

今、実家の庭にはボケや卯の花、ツツジが咲いて
バラや芍薬が蕾を持っています。

さて、fabもこの5月で9年目を迎えました。
ここまでやってこられたのも皆様のおかげです。
改めて感謝申し上げますm(_ _)mペコリ。
これからもボチボチやっていくつもりですので、どうぞよろしく
お願いしますm(_ _)m

さて、きょうは少し時期が遅くなってしまいましたが、
「バッコヤナギ」をお届けします。

4月初め頃の写真↓

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)

「バッコ」の語源には諸説あります。
「バッコ」とは、東北地方の方言でお婆さんの意味で「婆ッコ」、
灰白色の尾のような雌花を老女の白髪にたとえたとする説。
「バッコ」はアイヌ語の老婦を意味するpakkoからきている。
「バッコ」とは東北地方でベコ=牛のこと・・etc.

また、別名は山に生えるネコヤナギという事から
ヤマネコヤナギとか、サルヤナギともいわれるそうです。

名の由来はこれくらいにして・・細長い葉が多い
ヤナギの仲間の中で、バッコヤナギは葉の幅が広いことと、
葉裏に白い毛が密生している点が特徴です。

また、普通、ヤナギの仲間は水気の多い場所を好みますが、
バッコヤナギは山麓や丘陵地帯の比較的乾燥した明るい場所に
生えるようです。

以下、4月終わりの写真↓

落葉高木で、高さ10メートル程になります。

雌雄異株で、4~5月頃、 葉に先立って開花します。

  

柔らかな綿毛が出ています。

新葉は黄緑色で、後に深緑色になります。
葉は互い違いに付きます。
葉の長さは8~15センチで少し厚みがあり、光沢もややあります。
葉の縁はゆるい波状のギザギザがあります。

若い枝の樹皮はやや灰色がかり、滑らかです↓

北海道(西南部)・本州(近畿以東)・四国に分布します。

ヤナギ科の植物です。

Comments:0

コメントフォーム

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://winc-fab.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/477
Listed below are links to weblogs that reference
バッコヤナギ from fab

Home > > バッコヤナギ

Search
Categories
Index
Photos
Access Thanks!
  • Total : 863514
  • Today : 251
  • Yesterday : 974
Feeds

Return to page top