Home > > ダイオウグミ

ダイオウグミ

  • Posted by: winc
  • 2013年6月 2日 13:00

今年は名古屋も5月28日に早々と入梅宣言がありました。
今朝は早くからカラスやシジュウカラやキジバトの元気な声がして
いましたが、時々パラッと雨粒も・・。

きょうは「ダイオウグミ」をお届けします。
先月、実家に行ったら、幼い頃に思い出のあるビックリグミの実が
なっているのを発見!
もうとっくに絶えたとばかり思っていたのに・・、
うれしくてまだ緑色のその実を≧[◎]oパチリ!

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)

そしてその後10日ほどしてまた訪れたら、この間は緑色だった
ビックリグミが真っ赤に熟れていました。
4つあった実が2つしかなくなっていました。
ヒヨドリが食べたのかな?
カメラがなかったので、家に持ち帰り撮影しました。

実は2~3センチの長楕円形。
実が大きいのでビックリグミとも呼ばれますが、本名は「ダイオウグミ」。
「大王茱萸」と書きます。
ダイオウグミはトウグミ(唐茱萸)の園芸種らしいですが、実家では
ビックリグミと呼んでいて、私が小学生の時に父が植えてくれたものです。
大きくて甘い実は妹と競争で食べた記憶があります。
2つとも食べてみましたが、ともに完熟しており、最初少し渋いかな?と
思ったのですが、甘酸っぱい果肉に、皮も薄く溶けるように口の中へ・・。
後はただただ懐かしい甘さが残っただけ・・(#^.^#)。
中にあった種は長さ1.8~2センチ程で、縦の溝が8個ありました。

ダイオウグミの木肌↓

互い違いに付いている柔らかい感触で波打つ葉の表の様子↓

指で葉表を触るとザラついています。
そして、緑色の中に小さな白い星状毛が葉一面に見えます。↓

葉の裏は銀白色に見えます↓

アップにした葉裏はこんなふうでした↓

白や茶色のポツポツ模様が見えますが、鱗状毛のようです。
葉の裏はしっとりした感触でした。

グミ科の植物です。

思いがけず、何十年ぶりかに食べることができ、うれしかったです。

Comments:4

まるちゃん 2013年6月 2日 13:46

懐かしい味 おクチにできて良かったね~♪
梅雨入りして 蒸し暑かったり小寒かったり 体調気をつけてね。

winc Author Profile Page 2013年6月 2日 17:39

まるちゃん、有難う!

きのこ山書房 2013年6月 3日 06:28

子供の頃うちにもビックリグミが有りました。
昔はよく植えられていたのかもしれませんね。
ぬめりと渋さがある独特の風味、なつかしく思い出しました。

winc Author Profile Page 2013年6月 3日 08:10

きのこ山さん、おはようございます。
そうでしたか・・。
実家には昔、ザクロやイチジク、カキやブドウやグミなど、
食べられる実がつく木もたくさん植えてありました。 
今はクワやビックリグミしかありません^^;

コメントフォーム

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://winc-fab.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/481
Listed below are links to weblogs that reference
ダイオウグミ from fab

Home > > ダイオウグミ

Search
Categories
Index
Photos
Access Thanks!
  • Total : 886148
  • Today : 391
  • Yesterday : 536
Feeds

Return to page top