Home > Archives > 2014年1月 Archive

2014年1月 Archive

松竹梅の皿

  • Posted by: winc
  • 2014年1月31日 20:58

つい この間、おめでとうを言ったと思ったら、あっという間に
睦月が過ぎにけり。

きょうはまた、植物の描かれた器をお届けします。
少し凝った形の松竹梅が描かれた銘々皿です。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)

上方に松葉と竹の葉が金色で描かれ、左横の赤いのは梅の蕾だと
想われます。
地色は写真では白っぽく見えますが実際は青磁です。
地には竹がレリーフ状に表されています。
皿の縁取りには銀色が使われています。

もうひとつ、紹介します。

碁盤か将棋盤か?わかりません。
仙人の集まりでしょうか?
頭上には松が見えます。
呉須の銘々皿です。

八事五寸人参

先日、公園のユリノキに実がいっぱい付いているのに気付きました。
きょうも青空の下、ユリノキの実はいっぱい付いていました。
日中少し暖かかったせいか、スズメ達が木の下に何羽も集まって
盛んにおしゃべりしたりしていました。

きょうは午年にちなんで?農業センターで買い求めた、
「八事五寸人参」をお届けします。
このニンジンはここ名古屋で研究栽培されているそうです。
八事(やごと)というのは名古屋の地名のひとつです。
私の住んでいる地域のすぐ隣りです。

「八事五寸人参」は愛知の伝統野菜のひとつだそうです。

(写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)

大正時代に農家が作付けしたニンジンで、甘味が強く、
柔らかく早く煮え、煮くずれしにくいのが特徴です。
芯が小さく、濃いめのオレンジ色でサラダにも良いです。
長さは五寸(15 センチ内外)でやや太めです。

5月中旬頃、繊細なレースのような花が咲き、8月に種を採るそうです。
9月に種を撒き、収穫は12~3月まで。

このニンジンを使ったドレッシングやジュース、ジャムがあるそうです。

ニンジンの原産地はアフガニスタンで、日本への伝来は16世紀だそうです。

セリ科の植物です。

クラッスラ・ムスコーサ

  • Posted by: winc
  • 2014年1月26日 14:42

2日前から新しいルビーネックレスが開花しました。
小さいけれど黄色の花から元気をもらっています。

きょうは秋に農業センターで買い求めた、ちょっとヒカゲノカズラに似ていて
面白いなと思った植物をお届けします。
クラッスラ・ムスコーサです。
園芸植物だと思います。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)

別名「青鎖竜(セイサリュウ)」と言います。
多肉の小さな葉が重なって密につき鱗片のようにも見えます。
それが塔のように積み重なって、鎖状というか紐状につながっています。

買ってから2ヶ月半ほど過ぎ、途中で植え替えたせいか草姿が変わりました。
ニョロニョロと蛇のように、はたまた龍のように伸びていき、
只今の長さは15~20センチ程になり、よく分枝しています。

上から見ると、向かい合って付く葉が十文字に配列しているのがわかり、
ちょっとピラミッドのようでもあります。

南アフリカ原産で、我が国へは大正時代終わりに導入されたそうです。

花は夏から秋にかけて咲くそうですが、見れたらいいですね~。

ベンケイソウ科クラッスラ属の多肉植物です。

ルビーネックレス

  • Posted by: winc
  • 2014年1月19日 14:27

寒い日が続いていますが、皆様おかわりありませんか?
連日、窓から見える猿投山の向こうに冠雪した山々が見えます。
私は、この寒さにめげ気味で外への取材は二の足を踏んでいます^^;。
きょうは部屋の中の多肉植物が開花したのでお届けします。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)

蕾が付いて先がピンク色になったので、ピンクの花が咲くものと
想っていましたら、黄色の可愛い花が咲きました。

次の日、花が満開になりました。
花の大きさは2センチ程です。
花びらのように見えるのは舌状花なので、キク科です。
筒状花は周辺部から開花して、柱頭が2裂した雌しべが
突き出しているように見えます。

三日ほど経って蕾がまた開き、2つ開花しました。

後姿はこんなふうです。
苞の先がピンク色です。

朝に開き夕方には萎むようです。

茎が赤紫色ですね。
少しグリーンネックレス(別名:緑の鈴)に似ているので、
調べを進めたところ、どうやらキク科の「ルビーネックレス」という
名のようです。
別名、紫月(シヅキ)ともいうそうです。

南アフリカ原産です。

☆おまけ~(^o^)

ところで、サボテンと多肉植物との違いをご存じでしょうか?
実は、アレオーレ(刺座)というものが有るか無いかの違いですよ。
アレオーレ、刺座(しざ)とはトゲの根元にある綿状の座布団みたいな物です。
アレオーレが有るのはサボテンで、無いのは多肉植物です〆(^∇^* )メモメモ 。

松と竹の柄の器

  • Posted by: winc
  • 2014年1月14日 11:48
  • その他

玄関のカラタチバナの赤く艶やかな実が目立ちます。
マンションの庭ではサザンカが咲いています。
よく見ると、ジンチョウゲの蕾も少し色づいてきました。
お正月を過ぎると梅春というように春が待ち遠しくなりますね。
きょうは植物柄の器をお届けしたいと思います。
お正月におせちを盛った銘々皿です。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)

松と竹が描いてあります。
赤い花?のようなものは、梅の花と言いたいのですが・・?
さて、何でしょうか?

皿の側面にはこんな模様が・・↓

竹の柄のお茶碗↓

もう一点↓

次のは右側の竹の他、梅にウグイス?↓

皆様のお宅にもこういう器があるのでは?
季節によって日常使う器を替えてみるのもひとつの楽しみですね。

2014年ご挨拶

  • Posted by: winc
  • 2014年1月10日 15:50
  • その他

皆様、遅まきながら、新年おめでとうございます。

(写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)

まずは温かいお雑煮など召し上がって・・。
おっと、あすはもう鏡開きですよぉ~^^;;
皆様お揃いで穏やかなお正月を過ごされたことかと存じます。
私は何十年ぶり?にお正月の三が日とも、着物を着て過ごしました。
親戚や行きつけのお店に着物姿で行ったら、本人の気持ちも
さることながら、周囲の見る目も違ったようです^^。

今年は午年ですね。
Wikipediaによれば「午」は「忤」(ご:「つきあたる」「さからう」の意味)
で、草木の成長が極限を過ぎ、衰えの兆しを見せ始めた状態を表している
とされ、後に、覚え易くするために動物の馬が割り当てられたそうです。

さて、馬が付く言葉は・・というと、
農耕馬、戦闘馬、競馬、天馬、馬力、馬蹄、馬頭観音、
馬鈴薯、馬刺し、野次馬など・・。
そういえば、毎回見ているあの「馬医」もありました~(笑)。
忘れちゃいけない「馬酔木」も~。
あ、「馬肥やし」や、「馬の脚形」「馬の鈴草」も・・。
ともあれ、空駆ける天馬のごとく、躍動感ある一年にしたいものです。

☆fabも九度めのお正月を迎えました。
これも皆様のご声援の賜物と感謝しています。
ゆる~り、ゆるりと今年も更新してゆくかと思いますが、
どうかfabをよろしくお願いいたします。m(_ _)m

Index of all entries

Home > Archives > 2014年1月 Archive

Search
Categories
Index
Photos
Access Thanks!
  • Total : 1328341
  • Today : 299
  • Yesterday : 481
Feeds

Return to page top