Home > > オオバグミ

オオバグミ

  • Posted by: winc
  • 2016年2月 4日 11:16

昨日の夕方、スーパーへ行ったら...( ゜_゜;)ビックリ。!
駐車場待ちの車が列をなしていました。あっ!しまった!
節分で恵方巻きを買いに皆が来たのネ~、そういえば、
去年も知らずに来て・・店の入り口からなんでこんなに混んでるの?
と思ったのだっけ~_(・_.)/ コケッ。
ひえ~っ、早く買い物して退散しなくちゃとε=ε=ε=ε=┏(; ̄▽ ̄)┛
そんなこんなで、昨夜の我が家恒例の豆まきも無事済んで・・
今朝は立春!晴れて日差しが暖かそう?!窓を開けると、
斜め階下の庭にある白い梅が大きく花びらを広げています。

さて、島の植物の続きです。
きょうは海岸近くの藪で他の植物に寄りかかるようにして生えていた
「オオバグミ」をお届けします。
銀色の葉裏が特徴的です↓

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)

「大葉茱萸」と書きます。
別名を丸葉茱萸(マルバグミ) と言います。
海岸性の植物のひとつで、高さは2~4メートル程で常緑低木ですが、
枝を蔓状にのばします。
枝は高く上昇し伸びますが、分枝は下降します。

葉は長さ5~8センチ、幅4~6センチ程の幅の広い卵形で、先が尖ります。
縁は少し波打ちます。
互い違いに付いている葉は革質で、表面ははじめ銀色の鱗状毛が
ありますが、次第に落ちて深緑色になり光沢があります。
葉裏は鱗片が密生して銀白色です。
長めの葉柄があり1~2.5センチ程です。

樹皮は暗褐色あるいは灰褐色です。

実がそこここに付いていました。
長さ2センチ程の長い楕円形で、よく見ると実の表面にも
鱗状毛が密生しています↓。
この冬を越して春4月頃には赤く熟して食べられるそうです。

本州(関東以西)、四国、九州、琉球に分布します。

グミ科の植物です。

Comments:2

mini 2016年2月 9日 17:43

恵方巻き、いつの間にかすっかり定着して、どこのお店でも大盛況ですね。
これを出せば夕飯が楽チンで良いな~♪なんて思っています(笑)。

この実、人間も食べられるんですか~!?どんな味なのかな~♪

winc Author Profile Page 2016年2月10日 19:54

miniさん、こんばんは。全国的に恵方巻きが流行っているのですね。
オオバグミ、どんな味なのか試してみたいですね~♪

コメントフォーム

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://winc-fab.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/672
Listed below are links to weblogs that reference
オオバグミ from fab

Home > > オオバグミ

Search
Categories
Index
Photos
Access Thanks!
  • Total : 754643
  • Today : 421
  • Yesterday : 1306
Feeds

Return to page top