Home > その他 > ピカソ展にて

ピカソ展にて

  • Posted by: winc
  • 2016年2月 7日 12:21
  • その他

日曜の午後、暖かい日差しがあります。
皆様、いかがお過ごしでしょうか?
時々通る坂道に大きなクロガネモチの木があります。
まだ、こんなにたくさんの実を付けています。↓

(写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)

さて、写真とは全然関係ないのですが、きょうは島の植物を
お休みして、久しぶりにfabのa、ARTの記事でお届けしたいと思います。

きのう、美術館へピカソ展を見に行きました。
なんと会場で、私には7年ぶりに遇えた絵がありました。
それはこちら・・ 過去記事→ 海辺のジプシー娘

きのう見た絵は「ロマの女」という題が付いていて制作は
1900年でした。
んっ?(°_。)?(。_°)? 過去記事の題は「海辺のジプシー娘」で制作年は
1898年となっていました。
でも、確かに同じ絵でした(ハズ)。
この過去記事の出典は1963年河出書房発行の世界の美術23 Picasso
です。
2年の誤差があるけど?
7年前に三重県立美術館で見た時は題名や制作年とか全然頭になく、
ただ漫然と絵を眺めていたようです
・・まっ、いいかー C<*_+ )。

44.5×59センチの大きさの厚紙にパステルと油彩で描かれた絵を
今回よく見ると、新しい発見がありました。

背を丸めて座っている女性の腕には、赤ちゃんが抱かれており、
彼女の表情には疲れや不安のような雰囲気が漂い、しばし、
海の彼方にうつろな視線を投げかけて、何やら想いに耽っている
ように思われました。

きのう見た生の絵では、画面右の海の色はとても明るく美しく
キラキラしていた印象でした。
私が以前にfabに掲載した画像は青紫がかっていますが、
今回見たのはもっと生き生きとした青でした。
バルセロナの海を描いたものだったようです。
画面の左右、対角線上で明暗が分かれる感じがしました。

そして、彼女の背の向こうには赤いスカートをはいた女性の姿が
描かれているのに気がつきました。
浜辺にいる彼女を呼んでいるのでしょうか?
あと、彼女の上に着ている衣服には複雑にいくつも色が使われて
いたのが印象に残りました。

帰宅後に調べたら、ロマというのは迫害や差別を受けた
少数民族だそうです。
はたち前に描いたこのピカソの絵は、心の襞まで映し出す
素晴らしい作品だと思いました。

Comments:2

きなこ 2016年2月 9日 10:06

一枚の絵からなんと豊富な洞察力
美術館に行かずともガイドしてもらえる嬉しさよ
冬の間にもいろんな植物や生き物がうごめいているんですね
ピカソが自然とどう付き合ったか気になったりします

winc Author Profile Page 2016年2月10日 19:49

きなこさん、こんばんは。いやいや、百聞は一見にしかず・・本物を見るのは何事にも代えがたく、やっぱり生が一番!人、ひとりひとりが違う受け取り方をするのがまた素晴らしいことだと思います。
ホント、ピカソと自然とのかかわり方、興味あります(★^ー゚)bネッ♪

コメントフォーム

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://winc-fab.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/673
Listed below are links to weblogs that reference
ピカソ展にて from fab

Home > その他 > ピカソ展にて

Search
Categories
Index
Photos
Access Thanks!
  • Total : 910693
  • Today : 552
  • Yesterday : 865
Feeds

Return to page top