Home > > ヤマアイ

ヤマアイ

  • Posted by: winc
  • 2016年2月16日 23:12

また寒の戻りがあり、寒いです。気温も一桁でした。
一時小雪も舞い、街路樹のハクモクレンがあったかそうな毛皮を
身にまとっていましたが、それでも寒そうでした^^;

さて、島で出あった植物、きょうは「ヤマアイ」をお届けします。
「山藍」と書きます。
山の藍という意味で、山地の林内に群生するようですが、
なぜか海岸近くの林縁にありました。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)

高さは30~40センチ程。

照りがある葉は向かい合って付き、葉脈が深く刻みこまれて
います。
葉は長楕円状披針形で長さ6~12センチ程、縁にギザギザがあり、
先は尖ります。
葉の表面と縁には粗い毛があります。↓

枝先の葉腋から花柄を出し、緑白色の小さな花を長い穂状に付けます。
これは雄株のようで、雄花の球状のガクは3裂し平開します。
また、雄花は多数の雄しべがあり、束生します。

茎は四角形です。

ヤマアイは日本最古の染色に用いる植物だったようですが、
現在の藍染め(タデ科のアイ)が渡来することで、その役割を
終えました。
が、「大嘗祭」の時に着る衣(「小忌衣(おみごろも)」→ヤマアイの
汁を刷り込んで模様をつけたもの)には施されているそうです。

図鑑にはヤマアイの花期は3月~7月と書いてありますが、
温暖なこちらの島では冬場でも咲いていました。

本州、四国、九州、南西諸島に分布します。

トウダイグサ科の植物です。

Comments:2

平家蟹 2016年2月17日 08:13

ヤマアイは早いですね、秋吉台では昨年11月にはもう咲いていました。
ヤマアイは漢字で書くと山藍なんでしょうけど山間の方がピッタリだなと思いましたw

winc Author Profile Page 2016年2月17日 18:19

あはは~、平家蟹さん、山間、私もそう想いました(*^^)v

コメントフォーム

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://winc-fab.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/677
Listed below are links to weblogs that reference
ヤマアイ from fab

Home > > ヤマアイ

Search
Categories
Index
Photos
Access Thanks!
  • Total : 770342
  • Today : 225
  • Yesterday : 617
Feeds

Return to page top