Home > シダ植物 > フユノハナワラビ

フユノハナワラビ

マンションのケヤキも黄葉してきました。
近くの高校の敷地内にあるイヌエンジュの実が茶色くなっていました。
クスノキの葉も一部は赤くなり、緑の実もほとんど黒色になって
いました。
黒い実をかじったら中から油がいっぱい垂れました。
クスノキの実に結構な量の油が入っていたのは新発見でした(*^^)v

さて、きょうは「フユノハナワラビ」をお届けします。
「冬の花蕨」と書きます。
晩秋から冬にかけて直立した胞子葉を伸ばし、胞子葉の姿が
あたかも花が穂状に咲いたように見えるので、フユノハナワラビと
名付けられました。

里山の草刈りがされたような日が当たる道端の草地に
生えていました。

(それぞれの写真内をクリックすると大きい画面に変わります。)

高さ15~30センチ程。
ギザギザがある葉の先は鈍頭で尖っていません。

胞子葉↓

密に2列に並んだ種のように見える粒々は胞子嚢で、
中には胞子がたくさん詰まっています。

本州~九州に分布するシダ植物です。

ハナヤスリ科の植物です。

Comments:2

mini 2016年11月14日 12:56

シダ植物なのに日の当たる場所…しかも、すくっと堂々と(?)生えているんですね。

winc Author Profile Page 2016年11月16日 09:08

miniさん、おはようございます。植物もいろいろ・・ですねっ^^。

コメントフォーム

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://winc-fab.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/740
Listed below are links to weblogs that reference
フユノハナワラビ from fab

Home > シダ植物 > フユノハナワラビ

Search
Categories
Index
Photos
Access Thanks!
  • Total : 753847
  • Today : 931
  • Yesterday : 693
Feeds

Return to page top