ネズミモチの花

今朝は大阪で地震がありましたね。
ここ名古屋も少し揺れましたが・・。
被害に遭われた方には心よりお見舞い申し上げます。

さて、きょうは・・
「ネズミモチの花」をお届けします。
「鼠黐」と書きます。
実が「鼠の糞」に、葉が「黐の木」に似ている
ことから名付けられました。

革質で厚い葉の表は光沢があり、向かい合って付いて
います。
葉の形は真ん中が広く両端は尖っています。

枝先に円錐花序(枝分かれして全体が円錐状に見える)
を出し、白い小さな花を多数付けます。

花の筒部は長めで5ミリ程あります。
先は4裂しています。
雌しべと2個ある雄しべは突き出ています。

花期は6月。
関東以西の本州、四国、九州、沖縄に分布します。
モクセイ科の植物です。

過去記事はこちら→<ネズミモチの実

★表題をクリックするとコメント欄が現れますので、
そこからコメントして下さいm(_ _)m。

☆本日、mushifab更新しました。
「カワセミ」です。
こちらへもお立ち寄りいただけるとうれしいです(*^^*)。

アメリカフウロ

きょう、車の信号待ちで分離帯を眺めていたら、
あのアメリカオニアザミがコンクリートの隙間から
ニョキッと立っていました。
思わずスマホで撮りました(*^^)v

きょうは先回と同じく アメリカ・・と名が付く
帰化植物です。
「アメリカフウロ」をお届けします。
「亜米利加風露」と書きます。

北アメリカ原産で、淡紫色~ほぼ白色の花は
径5~7ミリ程です。
花びらには筋模様が見えます。
花びらもガク片も5枚あります。
高さは10~50センチ程です。

葉は大きくは5つに深く裂け、更に切れ込んで
いますが裂れ込みの幅は広めです。
花が終わると長さ2センチ程の実になります。
写真上の方に二つ、右下にうっすらと三つ、
直立した緑の若い実が写っています。

雌しべは1本で柱頭は5つに分かれています。
雄しべは10本です。
茎には短い毛が密生し、ガクの縁には長い毛が多いです。

花期は5~6月で、道端や荒れ地、河原、野原で見ます。
本州、四国、九州に分布します。
フウロソウ科の植物です。

参考記事→イブキフウロ

アメリカオニアザミ

梅雨らしいどんよりとした空・・
ベランダではデンドロビウムが終盤に入りましたが、
パセリの花が元気です。
きょうは5月末に日当たりの良い道路沿いで出逢った
「アメリカオニアザミ」をお届けします。

和名に「アメリカ」と付いてますが、本来は
ヨーロッパ原産のアザミです。
最初は、1960年代に輸入穀物や牧草に混じって
北米経由で北海道に入ってきたようです。

花は淡紅紫色で、葉には翼(ひれ)があり、
大きく鋭い棘が出ているたくましいお姿。

6月に入り、あのアザミ元気かな?と同じ場所を見たら、
あら?影も形もありません。
誰かに刈り取られたか、抜き取られたようです。

今は要注意外来生物になっていました。
北海道、本州、四国に侵入分布しているそうです。
キク科の植物です。

★表題をクリックするとコメント欄が現れますので、
そこからコメントして下さいm(_ _)m。

☆本日、mushifab更新しました。
「ヒメウラナミジャノメ」です。
こちらへもお立ち寄りいただけるとうれしいです(*^^*)。

ウマノミツバ

梅雨の晴れ間、かなり気温が上がり、蚊も出没しました(^_^;)。
きょうは山の湿り気のある場所で出逢った「ウマノミツバ」を
お届けします。
「馬の三葉」と書きます。
ミツバは食用になりますが、「ウマノミツバ」は香りもなく、
馬にでも食べさせるしかないという意味で名付けられたようです。
高さは30~90センチ程です。
花が咲いていました。

葉は3つに裂けています。
三つのうちの両側の葉が更に2つに裂け、5角形のように
見える葉もあります。↓

よく見ると、葉の縁には、ギザギザの間にまたギザギザが
あります。↓

花は白色で、両性花と雄花が混在しています。
鉤(かぎ)状の毛があるのは両性花です。

花期は6~9月です。
北海道、本州、四国、九州の山地の林縁に生えます。
セリ科の植物です。

★表題をクリックするとコメント欄が現れますので、
そこからコメントして下さいm(_ _)m。

☆本日、mushifab更新しました。
「ブーメランみたいなアオスジアゲハ」です。
こちらへもお立ち寄りいただけるとうれしいです(*^^*)。

★<お知らせ>★
スマホでfabをご覧いただいている皆様へ・・

植物の名をスマホで調べる植物検索図鑑!
「街野植物図鑑」を連れ合いが出しましたが、
日々更新していますので、只今1000種余。
使っていただけるとうれしいです(*^^*)。
★アイホン端末をお使いのかたはApple Storeにて公開中。
★アンドロイド端末の方はGoogle Playにて公開中。
なお、入門編は無料(300種)ですので
是非お試しあれ~m(_ _)m。

オオバウマノスズクサの実

昨日、ウグイスやホトトギスの鳴き声に誘われて、
本当に久しぶりに森へ行ってきました♪
今回の目玉は思いがけずに撮れた
「オオバウマノスズクサの実」です。
きょうはこれをお届けします。
「大葉馬の鈴草」と書きます。
実の様子が馬の首にかける鈴に似ている事から
名付けられました。

「今年はオオバウマノスズクサをよく見るね~、
例年より多いんじゃない?増えているようね。」
なんて・・話ながら葉を見ると、なんと葉陰に何か
ぶら下がっている。

花ではなさそうです。
連れ合いが実に違いないというので(≧[◎]oパチリ!


よく見るとひとつだけでなく、
あちらこちらに・・(*^-゜)vィェィ♪


4~5センチ程の大きさの薄緑色の実は毛が密生しており、
六角の稜がありました。

併せて読むともっとよくわかるヘ(__ヘ)☆\(^^↓
過去記事はこちら→オオバウマノスズクサ

ウマノスズクサ科の植物です。

★表題をクリックするとコメント欄が現れますので、
そこからコメントして下さいm(_ _)m。

☆本日、mushifab更新しました。
「またも?アシブトハナアブ?」です。
こちらへもお立ち寄りいただけるとうれしいです(*^^*)。

★<お知らせ>★
スマホでfabをご覧いただいている皆様へ・・

植物の名をスマホで調べる植物検索図鑑!
「街野植物図鑑」を連れ合いが出しましたが、
日々更新していますので、只今1000種余。
使っていただけるとうれしいです(*^^*)。
★アイホン端末をお使いのかたはApple Storeにて公開中。
★アンドロイド端末の方はGoogle Playにて公開中。
なお、入門編は無料(300種)ですので
是非お試しあれ~m(_ _)m。

オヤブジラミ

明日で風薫る5月ともお別れ、
きょうは朝から雨となりました。
雨で思い出すのは・・(≧o≦;)
5月に入った最初に雨が降った日、マンションの階段付近で
久々にヘビを発見!
緑色っぽいアオダイショウでした。
ヘビが苦手な私は一瞬、声が出そうになり、慌てましたが・・
目を合わせないように何とか通り過ぎることができました。
あちらさんもびっくりしたかも?
さすがに写真など撮る余裕がありませんでした( >Д<;)。

さて、気を取り直して・・、
きょうは「オヤブジラミ」をお届けします。
「雄藪虱」と書きます。
似た植物に「ヤブジラミ(藪虱)」がありますが、
「ヤブジラミ」に比べて実が大きく黒く熟し、
たくましくみえる?ので(雄)、藪に入ると
くっついてくる種が「シラミ(虱)」に似ている
から名付けられたようです。

白っぽい花びらは5枚、写真では少しわかり辛いですが、
花びらの縁が紫色を帯びます。
花はまばらな感じでぽつぽつと付きます。

茎には下向きの短い毛が多くあります。
葉は3回3出複葉で、表にも裏にも短毛があります。
草丈は30~70センチ程です。
花期は4~5月です。
おまけ:花期が「ヤブジラミ」は少し遅く5~7月です。
セリ科の植物です。